また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 26310 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

聖岳・上河内岳・光岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年07月28日(土) ~ 2007年07月29日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候7/28 晴れ時々曇り
7/29 晴れ時々曇り夕方にわか雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
便ヶ島登山口まで車で往復。
7月27日は遠山郷下栗の里にある民宿に泊まった。宿には共産党の不破元委員長が登山で泊まった折の色紙が目を引いた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

7/28 便ヶ島登山口5:42−6:10西沢渡6:20−9:50薊畑10:20−11:50聖岳12:00−12:50聖平小屋14:00−16:10上河内岳16:20−17:20茶臼小屋

7/29 茶臼小屋5:40-6:07茶臼岳6:15−6:55仁田岳−8:05易老岳―8:20 2236m三角点―8:50易老岳―10:20イザルガ岳10:30―11:05光岳11:20−12:05センジヶ原―13:15易老岳―15:40易老渡
コース状況/
危険箇所等
昔はけもの道が縦横に走り、道も不確かだったこの山域も、今ではしっかりした道が整備されていて全く不安はない。

西沢渡の篭渡しはしっかりした鉄製のもので、危険は全くないが、ひとりで渡る場合は腕力を要する。西沢渡からの登りは朝早い時刻で、涼しかったせいか比較的楽に登れた。

薊畑から聖岳への登りは700m近くの標高差があるので、稜線に出た後も先は長い。山頂はガスの中で、風が強く寒かった。

上河内岳近辺では雷鳥を目にした。

茶臼岳から仁田岳までは気分の良い稜線。易老岳からは先を急いでいたせいか、不注意で面平方面の下山道に入ってしまい、標高差100m以上下ってからようやく気がついて戻り、45分ほど時間をロスした。

センジヶ原の水場はややわかりにくく、登りでは見過ごしてしまったが、光岳小屋で会った登山者に場所を聞き、下りではおいしい水を得ることができた。

センジヶ原から光岳までの道では雷鳥の他、鹿も見かけた。

易老岳から易老渡までの下りはひたすら長かった。


過去天気図(気象庁) 2007年07月の天気図 [pdf]

写真

期間中の天気図。東海地方でも27日に梅雨明けが宣言されたものの、太平洋高気圧の張り出しが弱く、すっきりしない気圧配置だった。29日には御前崎付近に小さな低気圧が発生していた。このためかどうか、下山口の便が島を出発するとほぼ同時に雨が降り出し、北叉渡から下栗集落あたりにかけては大雨だった。いずれにせよ夏は雨が多い山域である。
2009年11月02日 18:43撮影 by EPSON scanner, SEIKO EPSON CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期間中の天気図。東海地方でも27日に梅雨明けが宣言されたものの、太平洋高気圧の張り出しが弱く、すっきりしない気圧配置だった。29日には御前崎付近に小さな低気圧が発生していた。このためかどうか、下山口の便が島を出発するとほぼ同時に雨が降り出し、北叉渡から下栗集落あたりにかけては大雨だった。いずれにせよ夏は雨が多い山域である。
1
遠山郷 下栗集落から望む聖岳(左)と上河内岳
2007年07月28日 04:43撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠山郷 下栗集落から望む聖岳(左)と上河内岳
西沢渡の篭渡し
2008年05月31日 10:49撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渡の篭渡し
聖岳へのガレ場の登り
2007年07月28日 11:08撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳へのガレ場の登り
上河内岳への登り。曇っていたけれど、緑が鮮やかです。
2007年07月28日 15:10撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上河内岳への登り。曇っていたけれど、緑が鮮やかです。
茶臼岳から光岳方面
2007年07月29日 06:21撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳から光岳方面
茶臼岳を振り返る
2007年07月29日 06:34撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳を振り返る
聖岳を望む
2007年07月29日 06:34撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳を望む
光岳から池口岳を望む
2007年07月29日 11:05撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳から池口岳を望む
光岳の名前の由来になったという光岩
2007年07月29日 11:07撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳の名前の由来になったという光岩
1
光岳小屋付近の鹿
2008年05月31日 10:45撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳小屋付近の鹿
1
センジヶ原の水場
2007年07月29日 12:06撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジヶ原の水場
1
遠山川の谷間
2007年07月29日 16:43撮影 by u15D , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠山川の谷間
1

感想/記録

かつては奥深かった南アルプスの南部も、遠山川沿いに便ヶ島まで車で入れるようになってだいぶ様子が違ってきました。(といっても、車で便ヶ島まで入るのはかなり大変ですが)。前日夜に便ヶ島に入っておけば、健脚の人なら聖岳日帰りも不可能ではなく、実際にやっている人も見かけました。

しかし、なんといっても標高差の大きい山です。私どもも、聖岳だけなら日帰りできるペースで登りましたが、さすがに体力を使ったらしく、聖平から上河内岳への登りは非常に長く感じ、時間もコースタイム並みにかかりました。

聖から光まで無理せず行くならば、やはり聖平と光岳小屋というように二泊するのが無難かと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2867人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 水場 けもの道 ガレ 梅雨 縦走

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ