また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2645638 全員に公開 ハイキング 御在所・鎌ヶ岳

雲母峰→鎌ヶ岳→宮越山(水沢岳)(宮妻峡から周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月13日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
1時間42分
合計
8時間7分
S宮妻峡駐車場07:2007:59P60608:0008:29P79108:49雲母峰09:0010:01白ハゲ10:41岳峠10:53鎌ヶ岳12:0413:30水沢岳13:4514:02水沢峠14:0614:53水沢峠登山口15:27宮妻峡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雲母峰の西側のP791の巻き道は一部崩壊しており危険(P791経由を行くほうがよい)
水沢峠〜宮妻狭の登山道は一部荒れており難路

装備

個人装備 水2000ml アクエリアス500ml ストックx1 行動食 ガスバーナー
備考 水沢峠〜宮妻狭のルートは一部足元が悪く、ストック大活躍
水は1000ml余った。入道ヶ岳まで行くつもりだったので適量

Myアイテム  

ss_kaze 重量:-kg

写真

平日なので駐車場はガラガラです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なので駐車場はガラガラです
1
道路から適宜杉林の尾根に取り付き、道無き道を行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路から適宜杉林の尾根に取り付き、道無き道を行きます
1
杉林を直登するのは難しかったので左へ巻くように登って行くと、植樹の境目が歩きやすそうになってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林を直登するのは難しかったので左へ巻くように登って行くと、植樹の境目が歩きやすそうになってました
これなら難なく登って行けそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなら難なく登って行けそう
尾根が痩せてくると登山道っぽくなっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が痩せてくると登山道っぽくなっている
P791付近では尾根も岩岩しくなってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P791付近では尾根も岩岩しくなってきます
一般登山道に乗りました。まずは雲母峰へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道に乗りました。まずは雲母峰へ向かいます。
雲母峰頂上。木々に囲まれて眺望が無いので、実績を付ける以外に来る意味はあまりありません。小休止をとり、鎌ヶ岳を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲母峰頂上。木々に囲まれて眺望が無いので、実績を付ける以外に来る意味はあまりありません。小休止をとり、鎌ヶ岳を目指します。
1
せっかくなので雲母西峰にも寄ってみましたが、眺望は無し。すみやかに歩を進めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので雲母西峰にも寄ってみましたが、眺望は無し。すみやかに歩を進めます。
少し行くと御在所岳が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し行くと御在所岳が見えました。
P791の分岐では経験値を稼ぐために巻き道へ行ってみることにした。崩落注意の文字を半分隠すようにに貼られた赤テープは「取り消し」を意味するのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P791の分岐では経験値を稼ぐために巻き道へ行ってみることにした。崩落注意の文字を半分隠すようにに貼られた赤テープは「取り消し」を意味するのか?
踏み跡には落ち葉が堆積しており、あまり踏まれた形跡が無い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡には落ち葉が堆積しており、あまり踏まれた形跡が無い
谷の部分でルートが崩壊していました。あの赤テープは「取り消し」ではなく「強調」だったようです。落ちればただでは済みそうにないので慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の部分でルートが崩壊していました。あの赤テープは「取り消し」ではなく「強調」だったようです。落ちればただでは済みそうにないので慎重に。
P791〜馬の背尾根分岐までの尾根は、楽ではないが難しくはないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P791〜馬の背尾根分岐までの尾根は、楽ではないが難しくはないです
1
ん?こんなルートあったっけ?地形図にも出ていない、新道?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?こんなルートあったっけ?地形図にも出ていない、新道?
1
地蔵岩っぽくなっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岩っぽくなっている
1
白ハゲ上部からの眺め。紅葉が綺麗ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ハゲ上部からの眺め。紅葉が綺麗ですね
1
岳峠に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳峠に着きました
1
こっちから見る鎌ヶ岳は岩岩しくていいいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちから見る鎌ヶ岳は岩岩しくていいいですね
3
着きました。そこそこ風があって寒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。そこそこ風があって寒い
2
鎌ヶ岳頂上から御在所岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳頂上から御在所岳
2
同、雲母峰。あそこから登って来たんだなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同、雲母峰。あそこから登って来たんだなあ
1
同、入道ヶ岳。あそこまで行くのは時間的に無理かな…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同、入道ヶ岳。あそこまで行くのは時間的に無理かな…
同、先日登った雨乞岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同、先日登った雨乞岳
1
かもしか大橋がよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしか大橋がよく見えます
これから歩く鎌尾根。中央やや左、ハゲの付いたピークがこれから行く宮越山(水沢岳)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く鎌尾根。中央やや左、ハゲの付いたピークがこれから行く宮越山(水沢岳)
1
さらば鎌ヶ岳、また会おう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば鎌ヶ岳、また会おう
鎌尾根に取り付くとすぐに鎖場。鎖を使わずとも行けるので難しくはない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根に取り付くとすぐに鎖場。鎖を使わずとも行けるので難しくはない
岩岩しくていいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岩しくていいですね
1
所々に現れるハゲ。落ちたらタダでは済まないので慎重に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に現れるハゲ。落ちたらタダでは済まないので慎重に
鎌ヶ岳はこっちから見るほうが断然格好いい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳はこっちから見るほうが断然格好いい
1
子槍。バックは雨乞岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子槍。バックは雨乞岳
2
岩岩しくていいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩岩しくていいですね
衝立岩の巻き道。鎖があるが難しくはない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衝立岩の巻き道。鎖があるが難しくはない
ここがほぼ中間点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがほぼ中間点
こうやって見るとなかなか険しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって見るとなかなか険しい
グループでの幕営に向いてそうな広場。ただ、鞍部になっているので朝夕は風が強いかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グループでの幕営に向いてそうな広場。ただ、鞍部になっているので朝夕は風が強いかも
山体がえぐれている箇所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山体がえぐれている箇所
1
山のお墓(違います)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山のお墓(違います)
宮越山を捉えました。手前にあるハゲは宮越モンスター(きのこ岩)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮越山を捉えました。手前にあるハゲは宮越モンスター(きのこ岩)
宮越モンスター軍団。直登せず、途中で右の樹林帯に取り付こう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮越モンスター軍団。直登せず、途中で右の樹林帯に取り付こう
宮越モンスター上部から鎌ヶ岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮越モンスター上部から鎌ヶ岳を振り返る
1
ここにも山のお墓が。安らかに…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも山のお墓が。安らかに…
着きました宮越山(水沢岳)
マジックペン忘れた!(やっぱり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました宮越山(水沢岳)
マジックペン忘れた!(やっぱり)
眺望はこの一方向しか無いので、あまり楽しい場所ではない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望はこの一方向しか無いので、あまり楽しい場所ではない
宮越山→水沢峠。このルートで一番危ないと思ったハゲ。うっかりズルッと滑って加速がついたらオシマイです。アイゼンとピッケル欲しくなった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮越山→水沢峠。このルートで一番危ないと思ったハゲ。うっかりズルッと滑って加速がついたらオシマイです。アイゼンとピッケル欲しくなった
1
水沢峠直前。急傾斜になってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢峠直前。急傾斜になってます
水沢峠に着きました。当初の目論見では入道ヶ岳へ行くつもりでしたが、想定していた時間をオーバーしているのでここから宮妻狭へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢峠に着きました。当初の目論見では入道ヶ岳へ行くつもりでしたが、想定していた時間をオーバーしているのでここから宮妻狭へ下ります。
水沢峠直下は急傾斜な上に登山道は荒れてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水沢峠直下は急傾斜な上に登山道は荒れてます
間違ってうっかり入り込みそうな場所にはロープが張ってあって親切
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違ってうっかり入り込みそうな場所にはロープが張ってあって親切
こっちがルートか…これはロープが張ってなかったら間違うな…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちがルートか…これはロープが張ってなかったら間違うな…
この標識が無かったら正規ルートとは思えない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識が無かったら正規ルートとは思えない…
もはや自然の沢。登山道には見えないですぅ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや自然の沢。登山道には見えないですぅ
この標識が無かったら道迷い確定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識が無かったら道迷い確定
標識があるから安心して下りて行きますけど、普通だったら「道迷い時に絶対に下りてはいけない沢」です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識があるから安心して下りて行きますけど、普通だったら「道迷い時に絶対に下りてはいけない沢」です
標識には目立つように赤テープも張ってあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識には目立つように赤テープも張ってあります
道も所々崩壊しており、油断ならない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道も所々崩壊しており、油断ならない
あっ、人工物が現れた!もうすぐ林道か(まだまだありました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ、人工物が現れた!もうすぐ林道か(まだまだありました)
間違って入り込みやすそうな尾根には標識が立っており親切
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って入り込みやすそうな尾根には標識が立っており親切
林道脇の登山口まで下りてきました。登山口が倒木で塞がれており、これで気後れした人は入って行かないほうがいいです…難路(そもそもこの林道自体が立入り禁止[後述])
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道脇の登山口まで下りてきました。登山口が倒木で塞がれており、これで気後れした人は入って行かないほうがいいです…難路(そもそもこの林道自体が立入り禁止[後述])
あとは駐車場まで呑気な林道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは駐車場まで呑気な林道です
あれがさっきまで居た宮越山かなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがさっきまで居た宮越山かなあ
林道始点。ここは立入禁止だったようです。ということは、水沢峠ルートは正規ではなくエスケープ(バリエーション)ということか。(荒れていたのも納得)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道始点。ここは立入禁止だったようです。ということは、水沢峠ルートは正規ではなくエスケープ(バリエーション)ということか。(荒れていたのも納得)
登山者は右のカズラ谷コースへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者は右のカズラ谷コースへ
無事に駐車場まで戻ってきました。お疲れさま
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に駐車場まで戻ってきました。お疲れさま
1

感想/記録

雲母峰と鎌ヶ岳を繋ぐ尾根を歩いてみたかったので、好天を狙って行ってきた。

尾根の末端(雲母橋登山口)から入山すると周回コースを取りにくいが、ちょうどいい具合に、宮妻峡の駐車場から尾根へ乗るバリエーションルートがあるようなので、これを使わせて貰うことにした。
このバリエーションを使うと、距離・時間的に鎌尾根も歩けそうだったので、最終的には入道ヶ岳も周回計画に入れたが、時間が足りなかったので水沢峠から下山した。

この水沢峠から下山するルートは沢を歩く場所があるので、夏場はヒルの被害に遭うかもしれない。(今回はさいわいヒルの姿は見なかった)

カズラ谷から登れば、鎌→宮越→入道の周回は時間的に足りると思うので、次回はこのルートで行ってみたい。

【心残り】
前回(2018年8月)鎌尾根を歩いたときに、
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1569450.html
「次にここへ来るときは、【宮越山】と書くために、マジックペンを持ってこよう」と思ったのですが、前回レコの予言どおり、忘れました…(わざと忘れたワケではないですぅ)
次こそは!(そしてまた忘れる、、、かも?)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:254人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ