また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2682874 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

雲取山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月27日(火) ~ 2020年10月28日(水)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間1分
休憩
30分
合計
6時間31分
S丹波山村村営駐車場05:4205:45小袖緑道あがり06:44茶煮場06:4507:03堂所07:0407:40七ッ石小屋下分岐07:4107:51七ツ石小屋07:5908:03七ツ石山の水場08:08七ッ石小屋上分岐08:0908:23七ツ石山08:31ブナ坂08:3208:58奥多摩小屋08:5909:06ヨモギノ頭09:27小雲取山09:42雲取山避難小屋09:4309:45雲取山09:4709:55雲取山避難小屋10:0810:27三条ダルミ12:13三条の湯
2日目
山行
3時間58分
休憩
13分
合計
4時間11分
宿泊地06:2109:02保之瀬天平09:20後山集落跡09:2209:34高畑集落跡09:3709:51親川09:5209:59お祭バス停10:0010:08所畑バス停10:1410:31丹波山村村営駐車場10:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
サオラ峠で熊と遭遇!!

写真

感想/記録

紅葉には少し早いがお気に入りの三条の湯へ!

1日目
小袖の村営駐車場に5:00前に到着
少し仮眠をとってから出発
昨日からの車もいたが今朝着いた車も合わせると20台くらいか
空が白み始めていたのでヘッドライトは持ってはいたが着けずに出発

ちょっとだけ道路を歩いて山道へ
少しずつ明るくなっていくが曇り空
今の所、鳥だけで鹿や猿、熊が出そうな気配はない
が、油断は禁物!
と言う事で、今回は鈴2個と笛を準備!
うるさいとは思うけど山では意外と静かすぎるくらい
チリンチリン、ガランゴロン鳴らしながら
時々ピーッて笛を吹きながら歩いていく

いつもよりは少し抑え目でスタート
あちこち見ながらあそこの紅葉はちょっと早いか、あそこはもう終わりか?
なんて独りで言いながら歩く
堂所までで3人に抜かれる(内1人はトレランの方)
抜かれたって気にしない
紅葉がまだ早くても気にしない
陽が差さなくたって楽しい
今回もとにかく楽しい!

七ツ石小屋にはほぼ予定通り到着
やっぱり曇り空
富士山は見えなかった
補給をとってさあ出発と思ったら また2人に先を越される
七ツ石山までは急な九十九で上がっていく
七ツ石神社位でまた1人

七ツ石山でもやっぱりガス
隙間からちょっと雲取山の避難小屋が顔をのぞかせる
ブナ坂までは下りながら紅葉を楽しむ
ここからは好きな場所
気持ちいい 良きかな

奥多摩小屋 大分スカスカに なんか寂しい
さてここから急登が現れる!
自分的には 小ボス 中ボス ラスボスと言った感じ(笑)
でも嫌いじゃない(笑)
ゆっくりゆっくり上がっていく

しかしガスが晴れない
むしろ濃くなっていく
山頂での展望は諦めざるを得ないか
なんて歩いていくとガスの切れ間に
避難小屋が見える
一息頑張って 雲取山山頂 真っ白のガスの中到着
早々に避難小屋へ
補給をとって三条ダルミへ

三条ダルミへのとっかかりは相変わらず神経を使う
転ばないように下っていく
ガスは相変わらず……
と思ったら ちょっと晴れてきた
三条ダルミまで下って振り返ったら
青空が!おいおい 頼むよ ほんとに
あるあるだけど やっぱりね〜

三条ダルミから水無尾根は気持ちよい 良きかな〜
時々陽が差し 紅葉を楽しみ 進んで行く
例のう回路 今回はちょっと試しに測ってみた
上りは だいたい10〜20m位の九十九
下りは だいたい5〜10m位の九十九
下りの方が注意が必要
このう回路を過ぎると三条の湯に近づいた感が出る(個人的に)(笑)

さらに紅葉を楽しみながら進むと2個目のう回路
ここは以前崩落したところ
高巻きするけどあの崩壊地をズルズルと進むくらいならこっちの方がいい
ここを過ぎるとさらに三条の湯に近づく
しばらく進むと かすかに薪の燃える匂いが

屋根が見え煙が見えればもう三条の湯!
最後まで気を抜かずに歩き
予定よりも大分早く到着!
少しペースを落として歩いたはずなのにあまりにも気持ちよすぎて(笑)

宿泊の手続きをして早速今夜の寝場所を確保!
自分的に一番の特等席を確保!
ザックからシュラフやらいろいろ広げて
待望の温泉の準備!
まだ時間があるので ファイントラックのポリゴンを着て
上着とメリノウール(ワークマンのやつ(笑))とタイツと靴下を脱いで
ハンガーにぶら下げて乾かしておく

そして 大部屋の外にあるハンモックで軽く昼食をとりながら昼寝!
良きかな〜 ぶ〜ら ぶ〜ら しながら ウトウト ウトウト  2時間弱(笑)
そして! 待望の温泉!当然貸し切り!
のんびり入る ボーっとしながら入る
30分位したら一人入ってきたので 出る!
そ・し・て
ビール!ハンモックに揺られながら飲む!旨い!
そして 持ってきたワインを飲む!旨い!

夕食まではまだ時間があるので
食堂に行って 小屋番日記を読み漁る
で、今回も日記を書いておく
ときどき ボーっと外を見ながら
日記を読んだり 小屋にあった「山と食欲」のマンガを読んだりしながら
贅沢な時間を過ごす

今日の宿泊客は4名 女性2名 男性のソロが1名と自分 他にはテント泊の人が1名
夕食は舞茸ご飯 毎回食事がおいしい
夕食はおかわりして3杯も食べてしまった(笑)
夕食後は 翌日のコースの事や今まで行った山についてなど話をした
男性ソロの方が部屋へ戻ってしばらくするとテント拍の人が温泉からでてきて合流

この方、テント泊で縦走してきて翌日はサオラ峠経由で下るらしい
若い頃はジャンダルムなど百名山をあちこち歩き回っていたらしく
話を聞くだけでも楽しい いろいろと教えてもらって楽しかった
その方は小屋で買った日本酒を飲み終わるとテントへ戻っていった

そのあとは女性2人と色々と山の話をした
2人とも退職をされて「もう毎日が休日だからいつでも行けるのよ」
なんて笑いながら話していた 2人でもう20回以上あちこち歩いたそうだ
話しながら自分は持ってきたウイスキーをお湯割りにして
ちびちび飲んでいたけど 結局全部飲み切ってしまった(笑)

そして就寝 
シュラフに潜ってあっという間に落ちる
が、日付が変わって1時頃目が覚めて
ついでにトイレに行ったとき 空を見上げると晴れていて
星が降ってきそう というか 手が届きそうなくらい きれいだった

2日目
ちょっと早めに起きて静かに準備
5時ちょと前に部屋の電気がついて そこからは気にせず準備(笑)
荷物を整え、朝食を待つ
外を眺めると…… う〜ん やっぱり曇り 途中で少しでも晴れることを期待する
5:30から朝食 今朝もおいしくいただき 2杯しっかり食べる(笑)

男性ソロの方は6時過ぎに出発
独りになった大部屋を掃き掃除 
別にしなくてもいいんだけどね なんかやってしまう(笑)
荷物を整え 小屋番さんに挨拶をしに行く
11月末で辞めて 新しい出発を夫婦ですると聞いていたので
僅かながら餞別がてらの焼酎を渡した
名前がちょうどいいかなと思って渡すと 
小屋番さんも「良いですね!」と

もう1回来ますと伝えて 6:30前に小屋を出発!
サオラ峠までは前回歩いていたので
コース状況は分かっていたのでのんびりと歩いていく
静か―な山歩き 鳥がさえずっている
三条の湯から○km来たところで
急に音が無くなり静寂が訪れる
自分の足音と熊鈴の音しかしない!
そして ふわ〜っと甘い香りが漂ってくる
そうそうこの香り 前にも嗅いだ 確か前に調べたはずだけど忘れた
しばらくこの香りを楽しみながら歩き
香りがなくなったら 今度は色々と音がしだした(笑)
サオラ峠にはゆっくり歩いていたのにちょい早い感じで着いた

さて、ここからが今日1の出来事が!
さてさてここからは気持ちよい丹波天平歩き!
と思い200m位歩いた時だった!
ごそ がさ ざーっ 黒いあの物体が目の前を横切る!
一瞬身体が固まり 死を意識した 動けなかった
ただ 通り過ぎるのを目で追うのが精いっぱいだった
そしてすぐに笛を吹き 鈴を鳴らしまくった
そこからは のんびり歩くはずだった丹波天平歩きを却下!

ちょい早位で でも後ろも気にしながら時々振り返ったり
止まって辺りを見回したりしながら進む
丹波天平まできて少し落ち着く

が、今度は保之瀬天平の例の 道迷いポイント
地図を確認し GPSを確認 リボンや踏み跡を確認しながら進む
杉林まで到着すれば安心

集落跡の分岐は分かりずらいという人もいるようだが
ちゃんと周りを見渡すと道がある
けど 初めてだと不安だろうな〜

所々ザレてたり道が細いところを通り過ぎ
後山集落跡を過ぎると少しずつ下界の音が聞こえてくる(笑)
ズンズン歩いて道路や青い屋根が見えたらゴールの親川

ここから小袖の村営駐車場まで道路を歩く
そして今日2の出来事
所畑から駐車場までの登り返しが1番ツラく
猿の集団に囲まれた(笑)
ヒーヒーいいながらやっと着く

三条の湯で入れてきたお湯でコーヒーを入れながら
荷物を片付ける 一息ついて
丹波の道の駅 のめこいの湯へ
の〜んびり サッパリした後は
奥多摩湖の「のんきや」で食事をして自宅へ

今日も楽しい山行だった!
来月も三条の湯へ行きたい!

参考
1日目
https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fconnect.garmin.com%2Fmodern%2Factivity%2F5738078317%3Fshare_unique_id%3D4%26fbclid%3DIwAR1wRa2zGXt60RAcn37aUMyvBDH1m6oGJALjVni271RegjGyqccX-7VUmhk&h=AT1U1doCZ4LAJSjZZ0FpUtPx_gz5Bqo2zcImq2i2jQmvmeQxjUaCzNAXb42g2PC7F2Uog-2YDElxHBi0yNkaGVV4U87HKFWH8opKJ6yiCwZoQuDJWZEFyW5lgzjvy3y00vVE9qmYqrqQmMZC8BzR&__tn__=H-R&c[0]=AT0Ir-vYY18DUV798VHLQsVnpFpqI1Mr6Vk1dIppiFkJ1bqwpltAITAP_HJi7EVQoTazGX-aVPCMp7GN_dvX46qr9AceldJtfJaz_TCvXM3AoF1zX-IsoL77dcxZ6RWOqg58YOVP96eNt91hTIwXEiLLAw
2日目
https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fconnect.garmin.com%2Fmodern%2Factivity%2F5738084559%3Fshare_unique_id%3D6%26fbclid%3DIwAR2RppoMlSnsieGUk09AEWtv_kiZPxhWiIf5lw7dajLQtYm-hNSSBUPTy1g&h=AT0py2lNjSJDsv4NGAinbmvGEfTxu-4ELUEtip2eiTbODwVmGVvm6RDPPJGCEljsJRCAeh_-lzVcSsSTYKVvX3Lgm2KLnBRkjmL3sFyUZUiz2y47I99s17ZBSdR9CxO6Bzf6O643qiKvPLfMPBZI&__tn__=H-R&c[0]=AT1WvcpqBOG_uJktx3jdz0JiOTKiZoH65U720AdanLwuFz-oQfdBr-TBWzOIUUebN8kDzk-fV9ZccBU9XtYlGceGfw2Qzm4peXS7Q1Xns4Vjy8v_ax2auDL97OWtIvIDj3Q6X7ethc_nB6uMF6ihpI21FQ




お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:503人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/6
投稿数: 47
2020/10/29 21:03
 充実の山行
楽しく読ませていただきました。
温泉独り占めや他の宿泊者さん達との交流。
私もこんな山行をしてみたいです…!
登録日: 2016/4/3
投稿数: 2
2020/10/30 7:02
 Re: 充実の山行
コメントありがとうございました。
備忘録的に、帰ってから一気に書くので
ダラダラと拙い文章ですが
楽しく読んでいただき嬉しいです。
お互いに楽しい山行をしていきましょう❗

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ