また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2699058 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白山

金華の紅葉 大笠山、しかし 帰路高速道路で熊が突進。

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滋賀より東海北陸道を使用する予定だったが、飛騨清美〜小矢部まで道路工事中とのことで下道を走る。出たのが遅かったが、前泊予定の道の駅 ささら館に着いたのは11時過ぎです。
帰りは 先行者の石川県のグループのご親切なリードで、後ろから付いて行きました。北陸道 森本ICより帰路。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間16分
休憩
1時間23分
合計
9時間39分
S大畠谷橋07:1509:53前笈ヶ岳10:1110:40アカモノの頂11:26避難小屋跡12:12新大笠山避難小屋12:1512:20大笠山12:5613:02新大笠山避難小屋13:0813:45避難小屋跡14:25アカモノの頂14:2614:49前笈ヶ岳14:5816:41大畠谷橋16:5116:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な場所は お助けロープや鎖が付いています。
スズメバチの巣の個所は別ルートを作ってくれています。今は寒いのでスズメバチの活動は鈍っているとか。静かに通り過ぎました。
1600m辺りから雪が付いています。日陰2か所はお助けロープが張っています。
中盤辺り尾根道に熊の糞がいくつかあります。
その他周辺情報帰りは福光の法林寺温泉(\550)に入りました。源泉掛け流しとても温まります。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

桂湖畔 登山口前に駐車、すでに 石川県のグループが出発。登山計画書を提出。桂湖上では朝靄が漂い、幻想風景が見れる。
2020年10月31日 06:58撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂湖畔 登山口前に駐車、すでに 石川県のグループが出発。登山計画書を提出。桂湖上では朝靄が漂い、幻想風景が見れる。
前笈ヶ岳。頂上から北アルプス、立山、中央の乗鞍、御嶽が早々と見え、大笠山頂上の景色が楽しみです。
2020年10月31日 09:57撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳。頂上から北アルプス、立山、中央の乗鞍、御嶽が早々と見え、大笠山頂上の景色が楽しみです。
長い登山道、漸く大笠山が姿を現す。
2020年10月31日 10:15撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い登山道、漸く大笠山が姿を現す。
右から大笠山、笈ヶ岳、白山大汝方面。登ってきた甲斐が出てきました。
2020年10月31日 10:35撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から大笠山、笈ヶ岳、白山大汝方面。登ってきた甲斐が出てきました。
白山本邦、大汝峰、御前峰の山々。もう雪で真っ白です。
2020年10月31日 10:35撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山本邦、大汝峰、御前峰の山々。もう雪で真っ白です。
晩秋の木々。今日は写真講座の先生とご一緒ですが、スマホのカメラではうまくその厚みを撮りきれません。途中、何度か現地写真講座開催。(*^_^*)
2020年10月31日 10:36撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩秋の木々。今日は写真講座の先生とご一緒ですが、スマホのカメラではうまくその厚みを撮りきれません。途中、何度か現地写真講座開催。(*^_^*)
ブナの森。ビートルズのノルウェイの森の鼻歌が出てきます。
2020年10月31日 10:37撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの森。ビートルズのノルウェイの森の鼻歌が出てきます。
このシルエットが良いんです。雪をかぶる前のブナの森。
2020年10月31日 10:37撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このシルエットが良いんです。雪をかぶる前のブナの森。
楢の木越しの山並み。残念ながらドングリ、トチの実も見当たらず。熊の糞は中盤から時々見ましたが。。
2020年10月31日 10:39撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楢の木越しの山並み。残念ながらドングリ、トチの実も見当たらず。熊の糞は中盤から時々見ましたが。。
大笠山に行くにはこの小ピークを越えなければなりません。アップダウンがかなりある。
2020年10月31日 11:17撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山に行くにはこの小ピークを越えなければなりません。アップダウンがかなりある。
奈良岳との分岐。雪に囲まれてお地蔵さん気分。
2020年10月31日 12:14撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良岳との分岐。雪に囲まれてお地蔵さん気分。
奈良岳との分岐の標識。笈ヶ岳頂上の熊さんに食われた標識を思い出します。
2020年10月31日 12:14撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良岳との分岐の標識。笈ヶ岳頂上の熊さんに食われた標識を思い出します。
ブナヲ峠の向こうは北アルプス、立山。槍ヶ岳、薬師岳、剣が見えます。
2020年10月31日 12:14撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナヲ峠の向こうは北アルプス、立山。槍ヶ岳、薬師岳、剣が見えます。
漸く大笠山頂上に到着しました。前回来た時より椅子、テーブル、山座同定のモニュメント、ベンチが頂上所狭しと配置されています。ない方がすっきりするんでしょうが。。。
2020年10月31日 12:20撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く大笠山頂上に到着しました。前回来た時より椅子、テーブル、山座同定のモニュメント、ベンチが頂上所狭しと配置されています。ない方がすっきりするんでしょうが。。。
白山大汝、左は笈ヶ岳。直ぐ手の届くところにありますが。同行者は行きたくて、侵入口を探しています。
2020年10月31日 12:21撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山大汝、左は笈ヶ岳。直ぐ手の届くところにありますが。同行者は行きたくて、侵入口を探しています。
堂々たる白山山系の山々。大汝峰、御前峰、そして手前に笈鶴ヶ岳。
2020年10月31日 12:21撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々たる白山山系の山々。大汝峰、御前峰、そして手前に笈鶴ヶ岳。
大笠山避難小屋。4畳半位だが流石に建物全体、床全て頑丈で美しい。シュラフ、マットは揃っています。
2020年10月31日 12:59撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山避難小屋。4畳半位だが流石に建物全体、床全て頑丈で美しい。シュラフ、マットは揃っています。
ブナの美林。登りより下りが大変です。17時の日没まで間に合うか??と心配しつつ、ブナの美しさに一時うっとりする。
2020年10月31日 14:20撮影 by SH-RM12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの美林。登りより下りが大変です。17時の日没まで間に合うか??と心配しつつ、ブナの美しさに一時うっとりする。

感想/記録

大笠山は5年前夏に登り、ブナオ峠〜奈良岳は2年前秋に登り、いつか大笠山と奈良岳を結んで見たいと願望していましたが、残念ながら土砂崩れで周回は私の技量では無理。大笠山から笈ヶ岳の姿を見たくて、行ってみました。当日は 素晴らしい晴れに恵まれ、長い、長い 登山道も立山、北アルプス、中央の乗鞍、御嶽(真っ白な噴煙が昇っていました)、そして 白山の大汝峰、御前峰、笈ヶ岳、別山、三の峰、三方岩岳が澄みきった秋の空の下見事な姿を見せてくれました。
 ところが、ところがです!!帰路、北陸道女形谷PA過ぎたあたりで、何と熊が車に突進してきました。運転者が達者なお陰で横転は避けられましたが、車が大破してしましい、その晩は福井市内泊でした。翌朝 レンタカーで滋賀に帰ってこれました。幸い全員怪我なく無事でした。今年の熊は山より里に多い、食べ物の少ない山から里に下りてきている事を肌で感じました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:485人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ