また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2767000 全員に公開 ハイキング 丹沢

山神径路(玄倉〜蕗平橋〜山神峠〜雨山橋〜雨山峠〜寄)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間43分
休憩
22分
合計
8時間5分
S玄倉駐車場08:1109:01蕗平橋09:1411:21山神峠11:2513:39雨山橋13:4314:25雨山峠14:2615:33宇津茂林道終点(=登山口)16:16G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蕗平橋からユーシン側林道までの間は、ところにより崩壊がひどく、緊張します。
蕗平橋までの秦野峠林道とユーシン側の玄倉林道は共に通行止めですが、工事区間を微妙に外れているので通行可。
雨山峠から寄方面に下る途中の林道工事区間は工事中だったため、川に降りて迂回しました。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

玄倉でバスを降りて、すぐの分岐から秦野峠林道に入る。
2020年11月28日 08:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉でバスを降りて、すぐの分岐から秦野峠林道に入る。
通行止めの表示。この日は土曜日だったが、工事をしていた模様。
2020年11月28日 08:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めの表示。この日は土曜日だったが、工事をしていた模様。
蕗平橋が前方に見えてきた。橋の向こう(小菅沢左岸)には送電鉄塔の巡視路があるが、本来の登山道は手前(右岸)。
2020年11月28日 09:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕗平橋が前方に見えてきた。橋の向こう(小菅沢左岸)には送電鉄塔の巡視路があるが、本来の登山道は手前(右岸)。
カーブミラーの右の階段が登山道の入り口。
2020年11月28日 09:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーの右の階段が登山道の入り口。
標識その一。
2020年11月28日 09:19撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識その一。
標識その二。この後にもいくつか標識が出てくる。
2020年11月28日 09:21撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識その二。この後にもいくつか標識が出てくる。
斜面の中腹をゆく道の形がそこはかとなく残っており、ピンクテープなどもあって最初のうちは歩行に困らない。
2020年11月28日 09:26撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の中腹をゆく道の形がそこはかとなく残っており、ピンクテープなどもあって最初のうちは歩行に困らない。
ふと気づくと鹿がじっとしていて驚く。よく見るとツノに青いネット(?)がからまって動けなくなっており、すでに衰弱している様子。なんとかしたいと思ったがこの日に限ってナイフを持ってきていないし、そもそもツノのある大型獣に不用意に近づくわけにもいかない。
2020年11月28日 09:38撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと気づくと鹿がじっとしていて驚く。よく見るとツノに青いネット(?)がからまって動けなくなっており、すでに衰弱している様子。なんとかしたいと思ったがこの日に限ってナイフを持ってきていないし、そもそもツノのある大型獣に不用意に近づくわけにもいかない。
2
そうこうするうちに道の形はどんどん薄くなり、ピンクテープも消えて、鹿の心配をしている場合ではなくなってきた。
2020年11月28日 09:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうこうするうちに道の形はどんどん薄くなり、ピンクテープも消えて、鹿の心配をしている場合ではなくなってきた。
斜面を追い上げられてはまずいと思い、沢筋に降りる。
2020年11月28日 10:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を追い上げられてはまずいと思い、沢筋に降りる。
旧登山道は右岸についていたはずだが、このように崩壊しているところもあり、臨機応変に進路を探すしかなさそう。
2020年11月28日 10:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧登山道は右岸についていたはずだが、このように崩壊しているところもあり、臨機応変に進路を探すしかなさそう。
堰堤の中には左岸の方が越えやすいものもあるので、視野を広く持つ必要がある(そのことに気付くまで暫し悩み、時間を使ってしまった)。
2020年11月28日 10:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の中には左岸の方が越えやすいものもあるので、視野を広く持つ必要がある(そのことに気付くまで暫し悩み、時間を使ってしまった)。
1
空が近づいてきた。
2020年11月28日 10:37撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が近づいてきた。
後ろが開けてきたのでスマホを取り出すと電波が届いている。西丹沢ビジターセンターに電話を入れて先ほどの鹿のことを報告したが、「そういう場合、基本的には何もしない(=助けない)んです」との返事。野生動物の生死に人が関わってはならないということなのだろうと納得はしたものの、そのシカを苦しめているのは人が残したものなのにと割り切れない気持ちにもなった。
2020年11月28日 10:40撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろが開けてきたのでスマホを取り出すと電波が届いている。西丹沢ビジターセンターに電話を入れて先ほどの鹿のことを報告したが、「そういう場合、基本的には何もしない(=助けない)んです」との返事。野生動物の生死に人が関わってはならないということなのだろうと納得はしたものの、そのシカを苦しめているのは人が残したものなのにと割り切れない気持ちにもなった。
4
右岸の崩壊が激しいため、ついに左岸の巡視路に転進。左岸から右岸を眺めると、かつての指導標が崩壊地の中にぽつんと立っていた。
2020年11月28日 11:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の崩壊が激しいため、ついに左岸の巡視路に転進。左岸から右岸を眺めると、かつての指導標が崩壊地の中にぽつんと立っていた。
送電鉄塔の足元まで来れば、山神峠は目と鼻の先。
2020年11月28日 11:14撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔の足元まで来れば、山神峠は目と鼻の先。
山神峠に到着。木のテーブルあり。
2020年11月28日 11:18撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山神峠に到着。木のテーブルあり。
峠の左手、ちょっと高いところにある祠。1769年に寄進されたもの。
2020年11月28日 11:20撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の左手、ちょっと高いところにある祠。1769年に寄進されたもの。
3
峠からユーシン方向へ向かう手前に立ちはだかる注意書き。
2020年11月28日 11:27撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠からユーシン方向へ向かう手前に立ちはだかる注意書き。
いきなり荒れている。ここは上側に踏み跡がつけられていた。
2020年11月28日 11:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり荒れている。ここは上側に踏み跡がつけられていた。
巡視路なので事故っても自己責任で、と書かれた注意書き。
2020年11月28日 11:36撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路なので事故っても自己責任で、と書かれた注意書き。
意味がよくわからない跨線橋。
2020年11月28日 11:46撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意味がよくわからない跨線橋。
この崩壊地も斜面の上に道がつけられていた。
2020年11月28日 11:50撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この崩壊地も斜面の上に道がつけられていた。
植林帯の中はしばらく歩きやすい道が続く。
2020年11月28日 12:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の中はしばらく歩きやすい道が続く。
いや、ここまででも十分崩れていたんですけど...。
2020年11月28日 12:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、ここまででも十分崩れていたんですけど...。
確かにこの崩壊はひどい。
2020年11月28日 12:18撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かにこの崩壊はひどい。
一番緊張したトラバース。写真ではわかりにくいが、道の形はなく、左下は高度感のある崖になっている。露岩をフットホールドにして、慎重に一歩一歩つなぎながらトラバースした。
2020年11月28日 12:24撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番緊張したトラバース。写真ではわかりにくいが、道の形はなく、左下は高度感のある崖になっている。露岩をフットホールドにして、慎重に一歩一歩つなぎながらトラバースした。
1
さらに外傾した斜面のトラバースが続く。
2020年11月28日 12:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに外傾した斜面のトラバースが続く。
鎖は比較的新しめだが、何の役にも立っていない。
2020年11月28日 12:33撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖は比較的新しめだが、何の役にも立っていない。
腐食して落ちた桟道。
2020年11月28日 12:44撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐食して落ちた桟道。
1
大石山が正面に見えてきた。あと少し。
2020年11月28日 12:49撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石山が正面に見えてきた。あと少し。
慣れてくるとこれくらいでは怖くなくなる。
2020年11月28日 13:01撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慣れてくるとこれくらいでは怖くなくなる。
1
悪場はもう終わりかな?
2020年11月28日 13:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪場はもう終わりかな?
まだありました。ただ、標高が下がるとともに斜度も落ちているので、さほど危険は感じない。
2020年11月28日 13:10撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだありました。ただ、標高が下がるとともに斜度も落ちているので、さほど危険は感じない。
1
とうとう林道に到着。お疲れさまでした。
2020年11月28日 13:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう林道に到着。お疲れさまでした。
雨山橋下流の八号隧道の近くに出た。
2020年11月28日 13:30撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山橋下流の八号隧道の近くに出た。
帰路は雨山峠越えで。
2020年11月28日 13:43撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は雨山峠越えで。
ほぼ四週間前にも来た雨山峠。
2020年11月28日 14:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ四週間前にも来た雨山峠。
寄までの間の工事区間は、工事中のために通行止め。
2020年11月28日 15:39撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄までの間の工事区間は、工事中のために通行止め。
よって河原に降り、迂回した。
2020年11月28日 15:42撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よって河原に降り、迂回した。
1
明るいうちに下山できてよかった。
2020年11月28日 16:05撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るいうちに下山できてよかった。

感想/記録
by juqcho

丹沢のマイナールート「山神径路」。玄倉とユーシン集落の間を山神峠越えで結んでいた古道を、20年前に神奈川県が登山道として整備したものの、弱い地質のために維持できず数年で廃道になったものです。

たかが廃道……と甘く見ていましたが、西丹沢特有のザレザレの斜面は崩壊が進んでおり、フリクション頼みのトラバースの連続はヘタな沢登りよりよほどスリリングでした。ヘルメットと20mほどのロープがあれば心強かったかもしれません。

詳細な記録はこちらです。→ https://climb.juqcho.jp/2020/20201128.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:314人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ