また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2771711 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳赤岳山頂リベンジ成功、上り地蔵尾根、下り文三郎尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に駐車、仮眠
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
2時間48分
合計
9時間59分
S美濃戸口06:4507:28やまのこ村07:2907:34美濃戸山荘07:3908:35中ノ行者小屋跡08:4009:33行者小屋10:3011:34地蔵の頭11:4411:48赤岳天望荘11:5212:22赤岳頂上山荘12:3112:33赤岳13:0313:04竜頭峰分岐13:1213:14キレット分岐13:2113:25文三郎尾根分岐13:2714:04阿弥陀岳分岐14:11行者小屋14:3614:42中山尾根展望台14:4314:56赤岳鉱泉14:5915:32堰堤広場16:07美濃戸山荘16:0816:12やまのこ村16:44八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸からは降雪有り、山頂付近はパウダーのような雪が吹きだまってる所もあり。行者小屋から上は、チェーンアイゼンかアイゼン必要。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 冬靴:ネパールエヴォ アイゼン:グリベル ピッケル:グリベル ストック:ブラックダイヤモンド ヘルメット:ぺツル サングラス:スワンズ タイツ:ミレースーパーパワーパンツ ソフトシェル下:ファイントラックフロウラップ ゲイター:ノースフェイス アンダー:ファイントラックスキンメッシュ メリノシャツ:サロモン 薄手フリース:サロモン 厚手フリース:テルヌア ハードシェル:ノースフェイス メッシュ手袋:ファイントラック 厚手手袋:テムレスウインター2 バラクラバ:ファイントラック 靴下:ミズノ極厚ウールソックス 水筒:山専ボトル900 バーナー:ウインドマスター 座布団:サーマレスト ラーメン 菓子パン 以下使わず 行動食 エマージェンシーキット インサレーション上下 ハードシェル下 ゴーグル 厚手バラクラバ 厚手手袋2つ タイツ予備 着替え レインウエア

写真

美濃戸口の駐車場に深夜車停め、仮眠が熟睡。起きるの遅くなりました。美濃戸口から美濃戸まで歩きます。
2020年11月29日 06:45撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口の駐車場に深夜車停め、仮眠が熟睡。起きるの遅くなりました。美濃戸口から美濃戸まで歩きます。
-3度ぐらい。1日通してだいたい-10から0度の間でした。
2020年11月29日 07:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-3度ぐらい。1日通してだいたい-10から0度の間でした。
美濃戸までは雪積もってませんが自分の車では危険なので40分歩きます。
2020年11月29日 07:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸までは雪積もってませんが自分の車では危険なので40分歩きます。
やってません。
2020年11月29日 07:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やってません。
やってます。
2020年11月29日 07:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やってます。
1
美濃戸の駐車場は、結構います。四駆欲しい。
2020年11月29日 07:31撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸の駐車場は、結構います。四駆欲しい。
駐車場から美濃戸山荘まで路面凍っていて、地味に危ない。帰りに油断してコケそうになった。
2020年11月29日 07:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から美濃戸山荘まで路面凍っていて、地味に危ない。帰りに油断してコケそうになった。
1
水はじゃあじゃあ湧いてるので汲めますね。
2020年11月29日 07:36撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はじゃあじゃあ湧いてるので汲めますね。
入口から先雪積もってます。南沢から行者小屋目指します。
2020年11月29日 07:36撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口から先雪積もってます。南沢から行者小屋目指します。
薄く数センチで、凍ってないので靴のまま行けます。
2020年11月29日 07:54撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄く数センチで、凍ってないので靴のまま行けます。
先週は青々としていた苔も雪化粧。
2020年11月29日 09:05撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週は青々としていた苔も雪化粧。
行者小屋でトイレして。
2020年11月29日 10:24撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋でトイレして。
1
アイゼンを装着。カップヌードル食べて腹ごしらえ。日が現れると暖かい。先週と違い無風。赤岳山頂も見えてます。
2020年11月29日 10:24撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを装着。カップヌードル食べて腹ごしらえ。日が現れると暖かい。先週と違い無風。赤岳山頂も見えてます。
今日は地蔵尾根から赤岳山頂目指して登ります。阿弥陀岳でしょうか。
2020年11月29日 11:18撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は地蔵尾根から赤岳山頂目指して登ります。阿弥陀岳でしょうか。
1
無風だと上りは暑い。結局ハードシェルは、山頂の休憩以外使わず、ずっとフリースでした。
2020年11月29日 11:18撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無風だと上りは暑い。結局ハードシェルは、山頂の休憩以外使わず、ずっとフリースでした。
凍ってはないです。
2020年11月29日 11:18撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ってはないです。
少し雪多く積もってる部分もあります。自分的にはアイゼンが正解だと思いました。
2020年11月29日 11:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪多く積もってる部分もあります。自分的にはアイゼンが正解だと思いました。
西洋風な顔のお地蔵さん。安全な登頂、下山をお祈りします。
2020年11月29日 11:28撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西洋風な顔のお地蔵さん。安全な登頂、下山をお祈りします。
向かう山頂見えてきました。まだ結構登るんやん。
2020年11月29日 11:42撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう山頂見えてきました。まだ結構登るんやん。
尾根に着きました。無風。晴天。
2020年11月29日 11:42撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に着きました。無風。晴天。
やってません。この先の鎖場もアイゼンの方が上りやすいと思いました。
2020年11月29日 11:49撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やってません。この先の鎖場もアイゼンの方が上りやすいと思いました。
やってません。
2020年11月29日 12:29撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やってません。
やったあ、リベンジ赤岳登頂成功!
2020年11月29日 12:34撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったあ、リベンジ赤岳登頂成功!
4
富士山もくっきり見えます。ほとんど雪かぶってない。
2020年11月29日 12:34撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もくっきり見えます。ほとんど雪かぶってない。
1
次の夏は、トレランで縦走したいな。硫黄岳から蓼科山かな。
2020年11月29日 12:35撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の夏は、トレランで縦走したいな。硫黄岳から蓼科山かな。
1
山頂裏で富士山見ながら休憩、ココア飲みます。今日も途中で赤岳鉱泉でランチ食べたかったけど時間的に無理だなあと考えます。ポカポカでゆっくりしてたいけど、帰りの時間計算するとそろそろ下りなきゃ。
2020年11月29日 12:50撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂裏で富士山見ながら休憩、ココア飲みます。今日も途中で赤岳鉱泉でランチ食べたかったけど時間的に無理だなあと考えます。ポカポカでゆっくりしてたいけど、帰りの時間計算するとそろそろ下りなきゃ。
文三郎尾根を下ります。先週来れなかった鎖場。部分的にはこれだけ積もってます。行け行けのフランス人達は、アイゼンも付けず、滑りながら走り去って行きましたど。
2020年11月29日 13:14撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根を下ります。先週来れなかった鎖場。部分的にはこれだけ積もってます。行け行けのフランス人達は、アイゼンも付けず、滑りながら走り去って行きましたど。
2
先週はここ風速30メートルあったんじゃないかなあ。身体浮いたもん。自分には無理で撤退は正解でした。
2020年11月29日 13:14撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週はここ風速30メートルあったんじゃないかなあ。身体浮いたもん。自分には無理で撤退は正解でした。
2
先週登るか撤退か迷い、行ったり、戻ったりした尾根取り付きのザレ道。無風だとなんてことない。
2020年11月29日 13:21撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週登るか撤退か迷い、行ったり、戻ったりした尾根取り付きのザレ道。無風だとなんてことない。
1
その下、行者小屋まで下ります。こっちのルート結構階段多い。半月板割ってるので下りの方がきつい。痛い。
2020年11月29日 13:37撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その下、行者小屋まで下ります。こっちのルート結構階段多い。半月板割ってるので下りの方がきつい。痛い。
もう少しで行者小屋という所に水場あり、汲みます。うまい。意外と汗かき、水消費しました。行者小屋でヘルメット、アイゼン外します。
2020年11月29日 14:09撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで行者小屋という所に水場あり、汲みます。うまい。意外と汗かき、水消費しました。行者小屋でヘルメット、アイゼン外します。
中山乗越から赤岳鉱泉へ。サスケみたい。
2020年11月29日 14:58撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山乗越から赤岳鉱泉へ。サスケみたい。
1
北沢ルートもアイゼンは不要でした。堰堤広場からは車の入る林道で雪あまりついてないので雪靴からトレランシューズに履き替えます。足軽い。
2020年11月29日 15:11撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢ルートもアイゼンは不要でした。堰堤広場からは車の入る林道で雪あまりついてないので雪靴からトレランシューズに履き替えます。足軽い。
美濃戸から美濃戸口へてくてくと歩きます。カラマツ林の夕日が綺麗。
2020年11月29日 16:17撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸から美濃戸口へてくてくと歩きます。カラマツ林の夕日が綺麗。
1
ゴール。ギリギリヘッドライトいりませんでした。この後すぐ真っ暗に。
2020年11月29日 16:44撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。ギリギリヘッドライトいりませんでした。この後すぐ真っ暗に。
1

感想/記録

先週、強風で登頂できなかったのでリベンジしました。アプリのウインディで見て、日曜昼は、晴れて風速も弱そうなのでこのタイミングに山頂に着くよう計画。先週にはなかった雪が美濃戸からありました。昨日降ったようです。今日は雪があったものの、無風で快晴に。リベンジ成功しました。冬靴、アイゼン、ピッケル装備で臨みました。行者小屋までは何も付けずに行けました。それより上は、チェーンアイゼンの方と、アイゼンの方がいました。もっと積もった方が歩きやすいのかも。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:516人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ