また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2787844 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

仙丈ヶ岳 柏木登山口〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月05日(土) ~ 2020年12月06日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
柏木登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間3分
休憩
14分
合計
8時間17分
Sスタート地点07:1407:15地蔵尾根駐車場08:52地蔵尾根中間水場10:45松峰小屋10:5712:04地蔵岳12:0513:01丸山谷ノ頭13:0215:25地蔵尾根合流15:31仙丈小屋
2日目
山行
7時間5分
休憩
1時間9分
合計
8時間14分
仙丈小屋06:2806:38仙丈小屋分岐06:4107:11小仙丈ヶ岳07:1907:58仙丈小屋分岐08:25仙丈ヶ岳08:3608:42地蔵尾根合流08:47仙丈小屋09:3109:41地蔵尾根合流10:54丸山谷ノ頭10:5712:09松峰小屋13:31地蔵尾根中間水場14:42地蔵尾根駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは柏木登山口駐車場内
その他周辺情報近くに道の駅南アルプスむら
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 携帯 時計 カメラ ポール テントマット シェラフ

写真

仙丈ヶ岳が見えてきました
2020年12月05日 14:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳が見えてきました
1
甲斐駒もバッチリ見えます
2020年12月05日 15:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒もバッチリ見えます
2
アーベンロートの甲斐駒
2020年12月05日 16:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベンロートの甲斐駒
2
朝日と富士山、北岳
2020年12月06日 06:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日と富士山、北岳
2
モルゲン仙丈ヶ岳
2020年12月06日 06:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン仙丈ヶ岳
3
小仙丈ヶ岳から見る本峰
2020年12月06日 07:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈ヶ岳から見る本峰
2
123が揃いました
2020年12月06日 07:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
123が揃いました
1
仙丈ヶ岳に向かいます
2020年12月06日 08:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳に向かいます
1
山頂到着
2020年12月06日 08:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
2
下山します
2020年12月06日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します

感想/記録

金曜時点で天気は良好のはずが北杜市辺りで雪がちらつきさ前途多難です。3時出発予定でしたが麓の雨はやみそうになく道の駅 南アルプスのむらで仮眠して柏木登山口へ向かいました。6:00に着いた時車は二台雨もまだやみません、この調子だと上の方は積もっていると思って登ったほうが良さそうなのでピストンは諦め小屋泊を想定し装備を変更、シュラフとマット、食糧多め飲料2.5Lと少なめですが新雪ありそうなので雪から作ることにしてボンベは大きめを追加し45Lパンパン、七時ごろに雨も止んだので7:15分スタート、順調に高度を上げ穴沢の頭辺りから下が白くなり始めトレースがあるので先行者がいるようです。朝から風も強く樹林帯なのにすごい風で寒かったです。登山道に松峰小屋の看板があり100mとあったので行ってみましたが50mほど下にあり足下も凍結箇所多発で中を見て一人では泊まりたくないなと思いました。さらにトレースを辿って行くと地蔵岳ピストンの人にスライド、トレースを辿って行ったら地蔵岳山頂に到着??ここで地蔵岳は仙丈へのルートでない事に気付き元のルートに戻るのも時間の無駄なので尾根を下ることにしましたが倒木が物凄くビビりながらルートに復帰、ここからはトレースが無いのでピンクテープを見ながらペースダウン、風も強く休憩できる所がなかなかなくて2500m辺りでやっと休憩、ここでチェンスパとゲイター装備、後発の方に抜かされ後を追い仙丈ヶ岳と小屋の分岐で小屋に下りました。小屋は綺麗なものの避難小屋部分は真っ暗、宿泊者は先程抜かされた人を含め三名でした。夕方トイレに外に出るとアーベンロートの甲斐駒ヶ岳が綺麗でカメラを取りに戻りましたが時既に遅しでした。とりあえず飯を食い雪を溶かしてお湯を沸かしてポットに入れて17:00なのにスマホも繋がらず寝るしかありません。シュラフはスリーシーズン+カバー+シーツでなんとかなりましたが床が冷たすぎて薄いマットでは厳しかったです。次の日5時起床、ポカリも凍り持ってきたおにぎりはカチカチ仕方なくお湯で溶かして塩入れて食べました。6:30から前日小屋泊した人と朝日を見がてら小仙丈ヶ岳へ向かい稜線へ出ると日が出たばかりで富士山、北岳、間ノ岳とのコラボを拝む事ができました。小仙丈ヶ岳へ向かう途中甲斐駒ヶ岳が見えるのですが仙丈ヶ岳と違って岩岩しい山ではあるものの思っていた程大きな山ではない気がしました。小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳を仰ぎ見てから本峰へと向かう途中山頂手前の稜線トラバースは積雪も30cmぐらいありサラサラでチェンスパとポールではかなり危険を感じました。同行の方は一人大仙丈ヶ岳まで行かれましたが私は往復で一時間以上かかりそうなのでここで切り上げ帰途につきました。下山時の道は昨日に比べ雪もなく風も無かったのでピストン5名小屋泊2名と昨日より登ってくる人が多かったです。登りに松峰を巻くトラバースの登山道が終始右下がりの細い道だったので帰りは常時下に見えた林道を通ってみましたが快適でした。最後に分岐を見落として大回りしての下山となりました。これから一度でも雪が降れば12本、ピッケルは必須の装備、小屋泊の方はシュラフマット厚めが良いと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:564人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ