また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3065026 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

三頭山から浅間峠 浅間峠から新山王橋は要注意

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、日が沈んでから寒かったですね
アクセス
利用交通機関
電車バス
富士急バスは、コロナの影響でそうとう厳しい経営なのでしょう。
4月から上野原系統のバスが大幅に減便されました。

井戸行きは、上野原発9時20分と9時45分の土日便が廃止
井戸発14時台と16時台の便も廃止、朝昼2往復だけになりました。
軍刀利神社からのアプローチ、生藤山からの下山もしにくくなりました。

そして、飯尾(小菅の湯)方面も上野原発土日9時47分の便が廃止です。
上野原行きはもともと夕方は1便なので変わらずですが。

そのせいか、井戸行き、飯尾行きとも唯一でる8時30分のバスは超満員になっているようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
42分
合計
4時間59分
S檜原都民の森駐車場12:3412:38森林館12:40木材工芸センター12:50鞘口峠13:30見晴し小屋13:30三頭山東峰展望台13:35三頭山13:4613:51ムシカリ峠13:56大沢山14:04ハチザス沢ノ頭14:0614:17クメケタワ14:31槇寄山14:3714:38西原峠14:46田和峠14:54数馬峠15:00笹ヶタワノ峰15:03藤尾分岐15:13笛吹峠15:21丸山15:3215:38入沢山15:42小棡峠15:57土俵岳16:05日原峠16:0616:27浅間峠16:3817:23新山王橋バス停17:33用竹バス停17:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

武蔵五日市着 11時30分発の藤倉行のバス待ちは行列
目的の11時35分発の都民の森行きは誰も並んでいない、運休?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武蔵五日市着 11時30分発の藤倉行のバス待ちは行列
目的の11時35分発の都民の森行きは誰も並んでいない、運休?
と思ったら、ちゃんと来ました。
貸し切りでした。
さて、どこまで行こうか、
上川乗から浅間峠と思っていたけど貸し切りだし終点まで行くか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、ちゃんと来ました。
貸し切りでした。
さて、どこまで行こうか、
上川乗から浅間峠と思っていたけど貸し切りだし終点まで行くか!
貸し切りのまま都民の森
車は満車でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切りのまま都民の森
車は満車でした。
さて、三頭山へ行きますか!
12時40分、午後から登山ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、三頭山へ行きますか!
12時40分、午後から登山ですね。
トンネル抜けて、その先でトイレをすませて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル抜けて、その先でトイレをすませて
この辺で1100M超えですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で1100M超えですよね。
ここが鞘口峠だったっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが鞘口峠だったっけ?
いい感じですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じですね。
ほいほいと三頭山東峰わきの展望台
山の向こうの青梅埼玉方面まで見えました。
富士山もきれいに見えると期待
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほいほいと三頭山東峰わきの展望台
山の向こうの青梅埼玉方面まで見えました。
富士山もきれいに見えると期待
西峰に到着
こんなに簡単に1500M峰に到着していいんでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰に到着
こんなに簡単に1500M峰に到着していいんでしょうか?
はい、富士山お休み~
午前中は見えたらしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、富士山お休み~
午前中は見えたらしいです。
奥多摩方面はこんなにきれいなのに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩方面はこんなにきれいなのに。
さて、浅間峠まで一気に下りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、浅間峠まで一気に下りましょう。
避難小屋、ドアが開いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋、ドアが開いています。
もしかしてと右を向いたけどやはり富士山お休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もしかしてと右を向いたけどやはり富士山お休み
ここから急な下りなので、指のテーピングと靴紐チェック
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急な下りなので、指のテーピングと靴紐チェック
駆け降りやすいところ所はいいですが、たまに段差に注意ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駆け降りやすいところ所はいいですが、たまに段差に注意ですね。
クメケタワ、
笹尾根は狭義では槇寄山から浅間峠までというけど、植生、地形的にはクメケタワから浅間峠だと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クメケタワ、
笹尾根は狭義では槇寄山から浅間峠までというけど、植生、地形的にはクメケタワから浅間峠だと思う。
槇寄山、10名程度の方が休憩されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山、10名程度の方が休憩されていました。
あの、ポコってなっている山何山でしたっけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの、ポコってなっている山何山でしたっけ?
西原峠「高尾山方面」って無茶雑ですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西原峠「高尾山方面」って無茶雑ですよね。
田和峠 峠というよりチェックポイント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田和峠 峠というよりチェックポイント
数馬峠、トレランの人が駆け降りていきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬峠、トレランの人が駆け降りていきました。
山桜も終わりかけています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜も終わりかけています。
この杉の木に巻いているテープは枝払いする印?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この杉の木に巻いているテープは枝払いする印?
あのポコっとしている山が気になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのポコっとしている山が気になる。
丸山、ここは日本で何番目に有名な丸山でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山、ここは日本で何番目に有名な丸山でしょうか?
日寄橋分岐、バスの減便でより上野原から笹尾根はアプローチしにくくなりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日寄橋分岐、バスの減便でより上野原から笹尾根はアプローチしにくくなりました。
土俵岳から、奥多摩はきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土俵岳から、奥多摩はきれい
スルスルと日原峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルスルと日原峠
はい、またありました、たばこの吸い殻。
マジそういうのありえないから。
もちろん拾って帰りました。
槇寄山、三頭山、ゴミちらほらありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、またありました、たばこの吸い殻。
マジそういうのありえないから。
もちろん拾って帰りました。
槇寄山、三頭山、ゴミちらほらありました。
日原峠から、2つ山超えてようやく浅間峠が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原峠から、2つ山超えてようやく浅間峠が見えてきました。
浅間峠着。とりあえずの今日のゴール
三頭山から小休憩込みで2時間40分
下りは速くいけるなあ。
太ももの前がヤバめですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠着。とりあえずの今日のゴール
三頭山から小休憩込みで2時間40分
下りは速くいけるなあ。
太ももの前がヤバめですが。
ご神木に挨拶をしてから、上川乗ではなく新山王橋へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご神木に挨拶をしてから、上川乗ではなく新山王橋へ
笹尾根南面のルート定番の九十九折りの植林帯を下りていきます。
ここはそうでもないですが、狭くて危険な場所がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹尾根南面のルート定番の九十九折りの植林帯を下りていきます。
ここはそうでもないですが、狭くて危険な場所がありました。
こんな感じで払った枝が地面にあるので足が取られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで払った枝が地面にあるので足が取られます。
壊れた看板が無造作に置かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた看板が無造作に置かれています。
森林整備用の作業道との分岐がいくつもあります。
そもそも、この道自体が登山道ではなく、森林整備の作業道だと思いますが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林整備用の作業道との分岐がいくつもあります。
そもそも、この道自体が登山道ではなく、森林整備の作業道だと思いますが。
次は岩がゴロゴロコース。
バラエティに富んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は岩がゴロゴロコース。
バラエティに富んでいます。
沢沿いになりました。
ジムニーなら入れそうな林道みたいな感じになってきました。
アルミホイールが1本だけ捨ててあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いになりました。
ジムニーなら入れそうな林道みたいな感じになってきました。
アルミホイールが1本だけ捨ててあります。
さらに進むと石の標識のようなものが。
赤で書いたところが正しいコースのようですが、写真右からきて、左に行くとコースが途絶えます。
写真手前側に進むと行き止まりでがけになっていました。
危ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと石の標識のようなものが。
赤で書いたところが正しいコースのようですが、写真右からきて、左に行くとコースが途絶えます。
写真手前側に進むと行き止まりでがけになっていました。
危ないです。
途絶えた先にはこんな感じで沢があります。
対岸に林道みたいな道が見えるので。
青〇から赤〇の対岸に強引にわたりました。
おそらくこの辺に橋が架かっていたのが大雨で流されたのだと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途絶えた先にはこんな感じで沢があります。
対岸に林道みたいな道が見えるので。
青〇から赤〇の対岸に強引にわたりました。
おそらくこの辺に橋が架かっていたのが大雨で流されたのだと思います。
対岸に渡って、林道っぽい道をすすみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に渡って、林道っぽい道をすすみます。
道路に出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路に出てきました。
家々の間を抜けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家々の間を抜けて
大通りに出て、新山王橋バス停
ここでゴールじゃなく、もう少しバス通りを上野原側に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大通りに出て、新山王橋バス停
ここでゴールじゃなく、もう少しバス通りを上野原側に進みます。
10分弱歩くとコンビニがあるのでここがゴール
そばに「殿村」バス停があります。
コンビニには、酒類も売っていますがここで飲んだり、バスの中で飲んだりしてはいけませんよ。

17時46分のバスで上野原駅へお疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分弱歩くとコンビニがあるのでここがゴール
そばに「殿村」バス停があります。
コンビニには、酒類も売っていますがここで飲んだり、バスの中で飲んだりしてはいけませんよ。

17時46分のバスで上野原駅へお疲れさまでした。

感想/記録

朝寝坊しましたが、天気がいいので欲張って三頭山に
そこから笹尾根を浅間峠まで下りました。
やはり何度来ても笹尾根は良いですね~。

浅間峠から、新山王橋の道ですが、
細くて危険な箇所あり、払った枝がそのままで歩きにくいところあり
岩ゴロゴロの場所ありで、そして、道が途切れています。
おそらく大雨で橋が流れたのをそのままなのでしょう。
高尾山系なら通行禁止になっていると思います。

あくまでも、森林整備のための道を一般に開放しているという感じです。
あまりこのルートを通ることはお勧めしません。
2021年4月現在の状況を簡単に言うと「道が荒れていて通れない」ということです。

新山王橋から笹尾根に乗る場合は、日原峠に上がりましょう
そちらは八重山トレイルのコースなので最低限の整備はされています。

もうひとつ、富士急バスは、コロナの影響でそうとう厳しい経営なのでしょう。
4月から上野原系統のバスが減便されました。

井戸行きは、上野原発9時20分と9時45分の土日便が廃止
井戸発14時台と16時台の便も廃止、朝昼2往復だけになりました。
軍刀利神社からのアプローチ、生藤山からの下山もしにくくなりました。

そして、飯尾(小菅の湯)方面も上野原発土日9時47分の便が廃止です。
上野原行きはもともと夕方は1便なので変わらずですが。

上野原の西原棡原地区は過疎化が激しく、両地域とも小中学校も無くなってます。
バスを利用する住民の方もほぼいなく、また、土日にハイキング客で満員というわけでもありません。
バスも路線維持のための最低限の本数まで減ってしまうのも仕方ないのでしょう。

こうした状況をみると、この両地区のさらなる過疎化は避けられなく、今後山を森林をどのように維持していくのか?は国が真剣に考えないといけないと思います。
飲食にばらまいている場合ではないと思います。


お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:114人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ