また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3374731 全員に公開 ハイキング 大峰山脈

大普賢岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
49分
合計
5時間56分
S和佐又ヒュッテ07:3707:52和佐又のコル07:5208:15シタンの窟08:1508:19朝日窟08:1908:26鷲の窟08:3208:43石の鼻08:4408:48小普賢岳08:4909:32大普賢岳09:4809:58水太覗09:5810:02弥勒岳10:0310:14サツマコロビ(薩摩転び)10:1510:18国見岳10:1810:26稚児泊10:2610:37七つ池10:3710:55七曜岳10:5610:58無双洞・和佐又山分岐10:5911:37無双洞11:3711:40水簾滝11:4112:09底無井戸12:2212:38七曜、大普賢分岐12:3912:57和佐又のコル12:5813:09和佐又山13:2013:34和佐又ヒュッテ13:3513:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
和佐又のコルから伯母峰への分岐までは登りが続く。日本ヶ岳の南壁に行き着き、道が水平になったら、シダンの窟、朝日窟、笙の窟、鷲の窟と大岩壁の岩屋が連続する。鷲の窟を過ぎ、岩本新道への分岐を左手に見送ったのち、水平の道を右に折れ、ルンゼ状の道を行く、急登を登り詰めたところが、日本ヶ岳のコルだ。ここからは尾根筋を進み、梯子やフィックスロープが連続する。小普賢岳を巻いたのち、一旦最低鞍部まで下り、登り返す。ここも、梯子が連続する。梯子が終わり道が水平になってきたら、大峰奥駈道との合流地点に行きあたる。左に進路をとれば、大普賢岳の山頂にたどり着く。迷うような箇所は無いが、梯子の連続は結構キツイ。
大普賢岳から無双洞への分岐までは、大峰奥駈道を行く。快適な稜線歩きが続くが、いくつかのピークを越えていくので、当然アップダウンはある。樹木があるので、あまり高度感はないが、切り立った痩せ尾根もあり、油断は禁物。七曜岳山頂からしばらく下ると、無双洞への分岐になるが、七曜岳方向からだと分岐がわかりにくい。奥駈道の標石が立っているので見落とさないよう注意したい。分岐を左、無双洞方面へしばらく行くと急な下りになる。不明瞭な箇所もあるので、マーキングをしっかり確認して、マーキングが無ければ道迷いを疑い、引き返すこと。
無双洞から先は、水平な道に出るが、水平道と枯れ沢の横断又は直登を繰り返す。迷いやすい箇所もあるので、マーキングをしっかり確認したい。また、底無井戸への登りは鎖場とアングルの連続なので、気が抜けない。底無井戸を過ぎて、しばらく行くと穏やかな水平道になり、やがて和佐又のコルへたどり着く。
和佐又のコルから和佐又山、和佐又山山頂から和佐又山ヒュッテ跡までは、登山道もしっかりしており、迷いやすい箇所、危険な箇所はない。
その他周辺情報和佐又山ヒュッテは取り壊され、キャンプ場も閉鎖されており、車は数百m手前の駐車場に止めることになる。7時過ぎに到着したが、ほとんど満車状態。下山時には、あふれた車が路駐していた。
国道169号沿線には、温泉施設が南から下北山温泉きなりの湯、上北山温泉薬師湯、川上村の湯盛温泉杉の湯、吉野町の中荘温泉がある。帰路にあってあまり混んでいないと思われる中荘温泉に寄ろうとしたが、定休日だったので、今回は温泉に入らず直帰した。あとで調べてみたら、中荘温泉は新型コロナ対策のため、現在、利用者を町民に限定しているとのこと。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

和佐又のコル
2021年07月23日 07:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又のコル
せりだす岩壁
2021年07月23日 08:05撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せりだす岩壁
シダンの窟
2021年07月23日 08:06撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンの窟
岩肌を彩る花々
2021年07月23日 08:07撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩肌を彩る花々
朝日窟
岩屋になっていて、不動明王?が祀ってある。
2021年07月23日 08:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日窟
岩屋になっていて、不動明王?が祀ってある。
不動明王?
2021年07月23日 08:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動明王?
笙の窟
そそり立つ大岩壁
2021年07月23日 08:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙の窟
そそり立つ大岩壁
圧倒的な迫力
2021年07月23日 08:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧倒的な迫力
こちらも不動明王が祀られている。
2021年07月23日 08:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも不動明王が祀られている。
鷲の窟
大きくせり出した岩が鷲?
2021年07月23日 08:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲の窟
大きくせり出した岩が鷲?
鷲の窟
こちらも不動明王が祀ってある。
2021年07月23日 08:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲の窟
こちらも不動明王が祀ってある。
岩本新道分岐
2021年07月23日 08:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩本新道分岐
日本ガ岳のコル
2021年07月23日 08:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本ガ岳のコル
小普賢岳と大普賢岳の最低鞍部から奥駈けの稜線を見上げる。
2021年07月23日 08:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小普賢岳と大普賢岳の最低鞍部から奥駈けの稜線を見上げる。
大峰奥駈道に合流
2021年07月23日 09:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峰奥駈道に合流
大普賢岳へは左
2021年07月23日 09:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳へは左
大普賢岳山頂
2021年07月23日 09:08撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂
大普賢岳山頂から東方向を望む
2021年07月23日 09:08撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂から東方向を望む
山コーヒー入れてみた
2021年07月23日 09:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山コーヒー入れてみた
大普賢岳山頂から西方向を望む
2021年07月23日 09:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂から西方向を望む
大普賢岳山頂からの眺め
2021年07月23日 09:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂からの眺め
大普賢岳山頂の三角点
2021年07月23日 09:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大普賢岳山頂の三角点
水太覗からの眺望
2021年07月23日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗からの眺望
水太覗から日本ケ岳と遠くに大台を望む
2021年07月23日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗から日本ケ岳と遠くに大台を望む
1
水太覗からの眺望
2021年07月23日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗からの眺望
水太覗
この辺りは開けて展望がきく
2021年07月23日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗
この辺りは開けて展望がきく
水太覗
結構開けている
2021年07月23日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太覗
結構開けている
稚児泊
水場はないが泊に良い台地
2021年07月23日 10:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児泊
水場はないが泊に良い台地
稚児泊からは中央の斜面を登る
2021年07月23日 10:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児泊からは中央の斜面を登る
七つ池
大きな窪地になっているが水はない
2021年07月23日 10:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ池
大きな窪地になっているが水はない
七つ池の窪地
2021年07月23日 10:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七つ池の窪地
七曜岳山頂から稲村ケ岳を望む
2021年07月23日 10:36撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳山頂から稲村ケ岳を望む
七曜岳山頂
2021年07月23日 10:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳山頂
七曜岳山頂から大普賢岳、小普賢岳を望む
2021年07月23日 10:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳山頂から大普賢岳、小普賢岳を望む
七曜岳山頂から八経ヶ岳を望む
2021年07月23日 10:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳山頂から八経ヶ岳を望む
七曜岳山頂から稲村ヶ岳を望む
2021年07月23日 10:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曜岳山頂から稲村ヶ岳を望む
稲村ヶ岳に連なるバリゴヤの頭
2021年07月23日 10:42撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村ヶ岳に連なるバリゴヤの頭
1
無双洞への分岐
七曜岳方向(写真奥)からだとわかりにくいので見落とさないよう注意
2021年07月23日 10:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双洞への分岐
七曜岳方向(写真奥)からだとわかりにくいので見落とさないよう注意
無双洞のある水太谷の流れ
2021年07月23日 11:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双洞のある水太谷の流れ
無双洞
洞穴から水が流れ出している
2021年07月23日 11:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無双洞
洞穴から水が流れ出している
水太谷の流れ
2021年07月23日 11:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水太谷の流れ
ここを渡渉
2021年07月23日 11:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡渉
水簾の滝
2021年07月23日 11:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水簾の滝
水簾の滝
少し寄ってみた、しぶきがすごい
2021年07月23日 11:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水簾の滝
少し寄ってみた、しぶきがすごい
滝の下流
2021年07月23日 11:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の下流
下へ流れていく
2021年07月23日 11:34撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下へ流れていく
底無井戸の表示
2021年07月23日 12:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底無井戸の表示
これが底無井戸
2021年07月23日 12:10撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが底無井戸
岩本新道への分岐
2021年07月23日 12:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩本新道への分岐
和佐又のコル
2021年07月23日 12:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又のコル
和佐又山山頂
2021年07月23日 12:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又山山頂
和佐又山山頂から大普賢岳を望む
2021年07月23日 13:05撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和佐又山山頂から大普賢岳を望む
撮影機材:

感想/記録

大普賢岳の周回コースは何度も来ているが、何度来ても飽きないコースだ。梯子や鎖場の連続、快適な稜線歩き、山頂からの展望などなど、山の楽しさが凝縮されているように思う。今回は2年ぶりだったが、本当に登りごたえのあるいい山だと思う。今度は紅葉の季節に行きたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:286人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ