また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3391873 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

阿弥陀北西稜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月26日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘に駐車。テント代が軒並み2000円となるなか、料金据え置き1000円でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.4~1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間20分
休憩
1時間27分
合計
11時間47分
S赤岳山荘05:5906:04美濃戸07:07中ノ行者小屋跡07:0811:37西ノ肩12:0412:08西の肩(岩場)12:32阿弥陀岳12:3713:00中岳のコル13:18中岳13:36文三郎尾根分岐13:47キレット分岐13:4913:59竜頭峰分岐14:03赤岳14:2214:24赤岳頂上山荘14:49赤岳天望荘14:53地蔵の頭15:0015:36行者小屋16:0216:11中山尾根展望台16:27赤岳鉱泉17:09堰堤広場17:43美濃戸山荘17:46赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
この時期の北西稜は、石がもろくポロポロ取れます。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

写真

いざ、でっぱつ!!
2021年07月26日 06:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、でっぱつ!!
1
冬季だと取り付きがわかりやすいですが、夏はまったくわかりません。迷った挙句、強引に行ったらこんな斜面を登るハメに。
2021年07月26日 08:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季だと取り付きがわかりやすいですが、夏はまったくわかりません。迷った挙句、強引に行ったらこんな斜面を登るハメに。
1
ヤマレコの軌跡を頼りになんとか北西稜に乗りました。
2021年07月26日 08:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマレコの軌跡を頼りになんとか北西稜に乗りました。
この辺からトレースがあって、分かりやすかったです。
2021年07月26日 08:23撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からトレースがあって、分かりやすかったです。
この時期って、ハイマツの実が花粉を飛ばすんですね。ホコリみたいなのがぶわって舞って何かと思いました。
2021年07月26日 08:38撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期って、ハイマツの実が花粉を飛ばすんですね。ホコリみたいなのがぶわって舞って何かと思いました。
これを見たかった。竜の背ビレ。
2021年07月26日 09:26撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見たかった。竜の背ビレ。
4
この残置ピンは一体??
2021年07月26日 09:52撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この残置ピンは一体??
1
つかんだ岩がもろくてポロポロ取れます。ホールドが無いのと同じ状態…。
2021年07月26日 09:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つかんだ岩がもろくてポロポロ取れます。ホールドが無いのと同じ状態…。
3
まぁ、よくこんなところを登ってきたよね。
2021年07月26日 11:00撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まぁ、よくこんなところを登ってきたよね。
4
核心部だったらしい。夢中で登っていたので気が付かなかった。
2021年07月26日 11:12撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部だったらしい。夢中で登っていたので気が付かなかった。
2
登らないと帰れないからね!と言ってハッパをかけたせいか、フォローも無事に登れました。
2021年07月26日 11:40撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登らないと帰れないからね!と言ってハッパをかけたせいか、フォローも無事に登れました。
3
摩利支天へのビクトリーロード。
2021年07月26日 11:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天へのビクトリーロード。
2
今日は天気がとってもよくて、普段ならガスるはずが、晴れ渡っています。せっかくなので赤岳にも行くことに。
2021年07月26日 12:32撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は天気がとってもよくて、普段ならガスるはずが、晴れ渡っています。せっかくなので赤岳にも行くことに。
2
文三郎尾根へのえげつない登り返し。
2021年07月26日 13:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根へのえげつない登り返し。
赤岳山頂は貸し切りでした。
2021年07月26日 13:58撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂は貸し切りでした。
1
旅してきた稜線。
2021年07月26日 14:15撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅してきた稜線。
1
下山は地蔵尾根から。お地蔵様に無事を感謝。
2021年07月26日 14:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は地蔵尾根から。お地蔵様に無事を感謝。
1
下山時はいつも北沢コースです。南沢に比べて明るいし、遭難の危険性が少ないので。赤岳鉱泉では高校山岳部が合宿をしていました。絶対楽しいよね。若い時に山岳部に入っておけばよかった…。
2021年07月26日 16:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時はいつも北沢コースです。南沢に比べて明るいし、遭難の危険性が少ないので。赤岳鉱泉では高校山岳部が合宿をしていました。絶対楽しいよね。若い時に山岳部に入っておけばよかった…。
1
赤岳の由来。沢の水が赤い。
2021年07月26日 16:27撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の由来。沢の水が赤い。
下山してきたら、ほとんどの人が帰った後だった…。
2021年07月26日 17:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山してきたら、ほとんどの人が帰った後だった…。
1

感想/記録

ずっと行きたかった阿弥陀岳北西稜。ようやく行けました。厳冬期にソロで行っちゃおうかと思っていたのですが、今回行って核心部の難易度がわかったのでよかったです。結構難易度高いので、厳冬期にソロで行かなくてよかった…。
北稜や南稜のように、「行けばピンが打ってあるし、ルートなんてすぐわかるんだろ」なんて気持ちで行ったらピンが少ない…。ビレイポイントはかろうじて分かりましたが、それ以外はなかなか見つけずらかったです。逆光になってしまうこと、ハーケンがさびていて岩と同色になっていることで見つからないんです。おまけに岩はもろくて、クラックにカムを設置できません。常にランナウト状態でした。

今回はバリエーションを登ってみたいというクライミング仲間の女性と一緒に行ってきました。核心部以外はそれほど難しいと思いませんが、落ちたらそれなりにヤバそうでした。核心部は夢中になって登っていたら普通に登れていました。ボルダリングをしている人ならこの時期は余裕です。核心部でもガバもあるし、クラックもあり、指三本くらい入るポケットもあったような…。落ちれないというメンタルにどう対処するか、だと思います。厳冬期でアックスとクランポンならちょっと厳しそう。 

核心部、ペツルのピンが打ってあって、その右側にハーケンが連打してありましたが、どうにもホールドが見つけられません。仕方ないので左側の岩に足をかけてよじ登りました。これで合っていたのか、イマイチ確信が持てません。ちゃんとトポを見ていかないとダメですね(笑)

今日は本当に良い天気。ずっと晴れていました。こんなチャンスは滅多にないので、赤岳にも登ってきました。どんだけ赤岳が好きなんだか。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:352人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/21
投稿数: 2336
2021/7/28 9:34
nyajilaさん、ご無沙汰です。
 また、また、ずいぶん懐かしいルートを引っ張り出してくれるじゃないですか! 
 私も若かりし頃の秋に、冬の偵察のために北西稜を登りました。
昔も取り付きまでが大変で、しかも上部がかなりショッパかったです。
特に上部で稜の左側がバサッと切れ落ちていてビビりました。
結局、冬は登りませんでしたけど・・・厳冬期のソロ、ひゃ〜っ、厳しそうですね。

 フォローに「登らないと帰れないからね!」、これ名セリフかも。
今度、機会があったら使ってみたい。
 
 レコ、楽しく拝見させていただきました。
登録日: 2014/2/4
投稿数: 44
2021/7/28 12:44
f15eagleさん、こんにちは! ご無沙汰しております。レコをお読みいただきありがとうございます😊

北西稜、ずっと気になっていたルートでして。でも北稜・南稜と比べて難易度高いし、フリーソロは怖いので行けてなかったのです。たまたまアルパイン行きたいという人がいたので、一緒に行ってきました😊

一緒に行った人はクライミングを始めて2か月くらい、初アルパインでした。登れず敗退、取り付きの藪漕ぎ下山はイヤだったので、「ロープでもヌンチャクでもなんでも掴んで登って!」とハッパをかけたんです(笑)
結果的には2人ともうまくガバを見つけて登れたので良かったです。

一緒に行った人が山友達に「北西稜行く」と言ったら「北稜じゃないの?!」と驚かれたとか…初心者でいきなり北西稜は、確かに驚きますよね🤣

おっしゃるとおり、上部はしょっぱい感じでした。ちょっと腕がパンプしてきて焦りました。厳冬期ソロは命懸けすぎになるので、さすがに行か(け)ないかもです。

「登らないと帰れないからね!」は是非使ってやってください。使用料はタダですから😂

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ