また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3438298 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大雪山

白雲岳避難小屋まで往復 今年2回目のテスト山行

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年08月12日(木) ~ 2021年08月13日(金)
メンバー
天候晴れ(旭岳まではガスが多かった)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
30:45
距離
28.5 km
登り
1,909 m
下り
1,406 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間48分
休憩
42分
合計
9時間30分
S旭岳ビジターセンター06:2208:46旭岳石室08:47姿見の池10:52金庫岩11:0311:16大雪山11:1712:03裏旭キャンプ指定地12:0912:57間宮岳分岐13:03荒井岳13:42松田岳13:54北海岳14:1215:21白雲分岐15:2715:52白雲岳避難小屋
2日目
山行
6時間19分
休憩
47分
合計
7時間6分
白雲岳避難小屋05:4706:37白雲分岐06:3907:59北海岳08:0208:13松田岳08:50荒井岳08:5709:01間宮岳分岐09:02間宮岳09:18中岳分岐09:2409:40中岳温泉10:0910:52裾合平12:53姿見駅12:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 サロモン(X Ultra3) ザック(グレゴリーバルトロ75) アタックザック テント(GEERTOP) エアーマット シュラフ(ダウンバック350) SOL(カバー兼) 中厚パンツ 長袖シャツ ソフトシェル 靴下予備 Tシャツ予備 防寒着(上下ダウン) 雨具 ゲイター 日よけ帽子 バラクラバ グローブ(2) レイングローブ 予備靴ひも 朝ご飯(3食) 昼ご飯(3食) 夕ご飯(3食) 行動食(9回) 非常食(2回) 飲料(6L以上) ストーブ ガスカートリッジ(OD缶1 CB缶1) 食器 ライター ヘッドランプ(2) 予備電池(単四6) スマホ2台(GPS用) バッテリー(2) ファーストエイドキット コロナ対策セット(マスク 殺菌ジェル ウェットティシュ 温度計 ゴミ袋) 携帯トイレ2個 ロールペーパ 保険証 財布 サングラス タオル ストック カメラ ポール ウォーターパック(2L) ハードボトル(750ml) デリオス

写真

旭岳ビジターセンターの駐車場に停めました。グレゴリーバルトロ75の中古を買いました。テントの支柱に使用するストックを忘れたため緊急で購入しました。
仕切り直しで、再スタート。
2021年08月12日 04:07撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳ビジターセンターの駐車場に停めました。グレゴリーバルトロ75の中古を買いました。テントの支柱に使用するストックを忘れたため緊急で購入しました。
仕切り直しで、再スタート。
1
姿見に着きました
2021年08月12日 08:24撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姿見に着きました
旭岳石室
2021年08月12日 08:44撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳石室
登山者より観光客の方が多い
2021年08月12日 08:50撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者より観光客の方が多い
1
相変わらず活発な噴煙
2021年08月12日 09:04撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず活発な噴煙
旭岳まで登る観光客?登山客?は多い
2021年08月12日 10:11撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳まで登る観光客?登山客?は多い
旭岳頂上
2021年08月12日 11:13撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳頂上
1
裏旭への下り
2021年08月12日 11:28撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏旭への下り
裏旭から旭岳を見る
2021年08月12日 11:45撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏旭から旭岳を見る
裏旭野営場
2021年08月12日 11:52撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏旭野営場
試にCB缶を使用してみた。CB缶変換アダプターは少しグラクラしてたがガス漏れもなく使えた。
2021年08月12日 11:57撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試にCB缶を使用してみた。CB缶変換アダプターは少しグラクラしてたがガス漏れもなく使えた。
1
熊ヶ岳の雪渓
2021年08月12日 12:41撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊ヶ岳の雪渓
北海岳に向かいます
2021年08月12日 12:50撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳に向かいます
ゆるやかな起伏だが遠く感じる
2021年08月12日 13:03撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかな起伏だが遠く感じる
1
北海岳の頂上
2021年08月12日 13:53撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳の頂上
1
十数年前にビバークでこの辺にテントを張った。ハイマツ地帯のはずだったが、植生が変わったのか。
2021年08月12日 14:15撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十数年前にビバークでこの辺にテントを張った。ハイマツ地帯のはずだったが、植生が変わったのか。
1
白雲岳の雪渓
2021年08月12日 14:57撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳の雪渓
白雲岳分岐、登山者はザックをデポして白雲岳に向かってます。私は、疲弊しており行く元気がありませんのでパス。
2021年08月12日 15:19撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳分岐、登山者はザックをデポして白雲岳に向かってます。私は、疲弊しており行く元気がありませんのでパス。
1
白雲岳避難小屋に向かいます。それにしても遠く感じる。
2021年08月12日 15:28撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋に向かいます。それにしても遠く感じる。
避難小屋がようやく見えてきました
2021年08月12日 15:32撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋がようやく見えてきました
テン場は、大雪山を外国にプロモーションするチームの、赤いダンロップのテントが目立っておりました
2021年08月13日 04:23撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場は、大雪山を外国にプロモーションするチームの、赤いダンロップのテントが目立っておりました
1
翌朝、皆元気に次の目的地を目指して準備しております。
私は、昨日で力を使い果たしたので、予定を変更して今日は帰ります。
2021年08月13日 05:43撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、皆元気に次の目的地を目指して準備しております。
私は、昨日で力を使い果たしたので、予定を変更して今日は帰ります。
さらば避難小屋、トムラウシ山、またそのうち来ますよ
2021年08月13日 05:56撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば避難小屋、トムラウシ山、またそのうち来ますよ
2
昨夜は気温も低く、風も強く、テント内は寒かった。登山道は凍っているところが見られます。
2021年08月13日 06:06撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜は気温も低く、風も強く、テント内は寒かった。登山道は凍っているところが見られます。
左から、凌雲岳、桂月岳、黒岳、烏帽子岳?
2021年08月13日 06:36撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、凌雲岳、桂月岳、黒岳、烏帽子岳?
北鎮岳と左手は比布岳か
2021年08月13日 07:46撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮岳と左手は比布岳か
1
北鎮岳、凌雲岳
2021年08月13日 07:58撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮岳、凌雲岳
1
旭岳と後旭岳
2021年08月13日 08:01撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳と後旭岳
1
中岳温泉、湯に浸かっていた中年のお兄さんに声を掛けられ、私も足湯として浸かった。疲れ果てていたが、お兄さんと登山に関する会話が出来て元気をもらった。
2021年08月13日 09:48撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳温泉、湯に浸かっていた中年のお兄さんに声を掛けられ、私も足湯として浸かった。疲れ果てていたが、お兄さんと登山に関する会話が出来て元気をもらった。
2
この辺は一面チングルマの花畑。咲いている時期に来たら壮観だと思う。
2021年08月13日 10:30撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は一面チングルマの花畑。咲いている時期に来たら壮観だと思う。
疲れ果てているのでロープウェイに乗ります
2021年08月13日 12:49撮影 by A7 Pro, UMIDIGI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れ果てているのでロープウェイに乗ります

感想/記録
by maekao

今回は、旭岳温泉〜化雲岳登山口〜トムラウシ〜北鎮岳〜旭岳〜旭岳温泉の周回で2泊3日の予定でした。
4時頃、旭岳ビジターセンターの駐車場からスタートしました。少し迷いながら進んでいくと、化雲岳登山口に下りる道にはロープが張られおり通行止めになっておりました。その先を見ると笹がかぶっている状態。そのため断念しました。
8/13旭岳ビジターセンターで確認すると、登山道が流されたりしており、廃道になったとのことでした。

旭岳ビジターセンターの駐車場に戻り、今日の登山計画を再検討しました。
本州登山旅行を控えているので、縦走トレーニングでもしてみようか。
1日目(ビジターセンター〜旭岳〜白雲岳避難小屋)
2日目(白雲岳避難小屋からピストンで忠別岳又は五色岳)
3日目(白雲岳避難小屋から北鎮岳、余力あれば愛別岳〜ビジターセンター)でした。
計画通りには運びませんでしたが、得るものはありました。
スタート時、ザックの重量25kgと重すぎた。
水6L強、食事重い(フリーズドライ未使用)、羊羹山ほど、寒さに備えた衣類、余計なもの、等・・・も含め、なってしまった。
取り敢えず、この重量でどこまで行けるかやっちゃえ。
姿見まではまずまず、旭岳までは少しきつくなってきた。北海岳迄はさらにきつくなってきて、膝裏の内側の筋肉に痛みが何度か走った。今までなかったことでした。ただ、痛みは引きずることはなかったです。
白雲岳分岐では横っ腹も多少痛くなりました。そのため、空身で白雲岳に行く元気も出なかったです。
へとへとになりながらなんとか白雲岳避難小屋に辿り着くことが出来ました。(心肺的には特に問題なし、筋肉の問題)
夜は風も強く、気温も低く寒かった。テント内の結露でダウン・シュラフ少し濡らした。寝れたような寝れなかったような感じ。
今回使用したテントはもう使わないほうがよいかな。
翌日はひたすら姿見を目指しましたが、体が疲弊しているため休みが多く、中々進まなかったです。

スタート時の25kgは流石に重かった。下半身だけでなく、上半身の体幹にもかなりの負荷がかかったようです。翌日へのダメージが大きかった。
多分、翌朝は19kg位でスタートしたと思うが、ザックが重くて体が思うように進まない。下りは問題ないのだが、登りになると足の上りが極端に遅くなる。
下山後、ザックの重量は17kg。この程度でもかなり重く感じた。それだけ、一日目で疲弊したということでした。
過負荷にすると、当日及び翌日にどのような所に影響し、どのような状態になるか、今年の状態は凡そ把握できました。
本州登山旅行では、2泊、3泊の登山を何回か予定しております。スタートの重量は20kg以内に収めないと計画通りにはいかないと思います。登山計画は山行単位で軽量化の工夫が必要。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:335人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ