また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3707577 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白山

大笠山 桂ゲート閉鎖前に 白山よりかなりきつい山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年11月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り 山頂付近でにわか雨。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
11月11日で桂ゲートは閉鎖されます。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:50
距離
11.0 km
登り
1,589 m
下り
1,607 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
30分
合計
8時間35分
S大畠谷橋06:4108:42前笈ヶ岳08:4209:06アカモノの頂09:0609:46避難小屋跡09:4610:38新大笠山避難小屋10:3810:41大笠山11:0311:07新大笠山避難小屋11:0711:32水場11:45避難小屋跡11:4512:22アカモノの頂12:3013:00前笈ヶ岳13:0115:17大畠谷橋15:1715:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備されているが、今の時期落ち葉が道を覆っており、ルートが分かりにくい。
実際下山時に一度ルートロス。
鏡岩上下の急登は岩も混じっており、落ち葉に覆われていると見えにくい。十分注意。
最後の岩稜は、足が疲れていることもあり、慎重にバックステップで降りる事をおすすめする。
横に落ちると、まず命は助からない(大畠谷のゴルジュまで真っ逆さまに転落します)
その他周辺情報桂湖ビジターセンターは11月3日にて営業を終了しています。
過去天気図(気象庁) 2021年11月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

prajnavrksam 重量:-kg

写真

出発は6時半。長丁場になるぜ。
紅葉は終盤。
2021年11月05日 06:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発は6時半。長丁場になるぜ。
紅葉は終盤。
1
笈ヶ岳が見えて来た。
2021年11月05日 09:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笈ヶ岳が見えて来た。
3
アカモノの頂。直登する岩山
2021年11月05日 09:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂。直登する岩山
目指す大笠山。ここからが長い
2021年11月05日 09:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す大笠山。ここからが長い
1
アップダウンが激しい
2021年11月05日 09:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンが激しい
小雨の中、なんとか到着。
ガスが湧いて来て、展望はあまりない
2021年11月05日 10:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨の中、なんとか到着。
ガスが湧いて来て、展望はあまりない
1
千畳平付近
2021年11月05日 10:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳平付近
この山は一等三角点の山なのだ
2021年11月05日 11:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山は一等三角点の山なのだ
フカバラ谷右又
2021年11月05日 11:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フカバラ谷右又
2
少しだけ、笈ヶ岳が見えてくれた
2021年11月05日 11:05撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ、笈ヶ岳が見えてくれた
2
避難小屋脇に雪が残っていた
2021年11月05日 11:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋脇に雪が残っていた
雲が出てきたな。白山見えるかな?
2021年11月05日 11:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきたな。白山見えるかな?
1
1650m付近の核心部。ここは泥崖なのでロープがあっても緊張感がある。
2021年11月05日 11:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1650m付近の核心部。ここは泥崖なのでロープがあっても緊張感がある。
去年建てられた標識。水は出ていなかった。
2021年11月05日 11:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年建てられた標識。水は出ていなかった。
日が出てきて、紅葉が美しい
2021年11月05日 12:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が出てきて、紅葉が美しい
2
前笈ヶ岳
2021年11月05日 12:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前笈ヶ岳
やっと白山が見えてくれた!もうすっかり雪山だね。
2021年11月05日 12:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと白山が見えてくれた!もうすっかり雪山だね。
3
大畠谷の紅葉
2021年11月05日 12:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大畠谷の紅葉
2
仙人岩と見越山
2021年11月05日 12:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岩と見越山
1
ここで休憩。ここから、フカバラの尾根の激しい下りが始まる!
気合い入れて、頑張る
2021年11月05日 12:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩。ここから、フカバラの尾根の激しい下りが始まる!
気合い入れて、頑張る
檜科クロベの大木。
やっとまたお会い出来ましたね。
2021年11月05日 13:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜科クロベの大木。
やっとまたお会い出来ましたね。
1
下の方はまだ紅葉が盛りだ
2021年11月05日 13:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方はまだ紅葉が盛りだ
鏡岩上下の核心部。ここは本当に気をつけて。
2021年11月05日 14:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡岩上下の核心部。ここは本当に気をつけて。
落ち葉で道が見えない。この上で一回ルートロスしてしまった。足がパンパンなので、辛かった。
2021年11月05日 14:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉で道が見えない。この上で一回ルートロスしてしまった。足がパンパンなので、辛かった。
しかし急登で、紅葉を楽しんでいると、谷底に落ちるので、慎重に
2021年11月05日 14:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし急登で、紅葉を楽しんでいると、谷底に落ちるので、慎重に
2
足がくたびれている時にこれだ。
慎重に、一歩一歩。
2021年11月05日 15:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足がくたびれている時にこれだ。
慎重に、一歩一歩。
2
何とか生きて帰って来られた。
無事下山。
2021年11月05日 15:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか生きて帰って来られた。
無事下山。
1

感想/記録

秋山の締めとして、大笠山を選択。
この山は急登で、地元の人でも敬遠しがちな山である。
若くて体力のある人は、笈ヶ岳へのアプローチとして登る。(田中陽希も笈ヶ岳に登る時、このルートを選択)
白山は7時間半で往復できたが、この山は8時間半かかった。
それだけ、きつい山なのである。
私は昔よく登っていたが、今回は約3年ぶり。
山頂まで行ったのは7年前。
いろいろな思い出がある山である。
今回は落ち葉がたくさん。
しかも「トランゴタワー」を履いて行ったので、かなり歩きに気をつけた。
落ち葉で足を滑らすと「飛ぶ」ように前に倒れそうになるので。
何回か危ない場面はあった。
まあ、この山を登る時にはいつも何かあるので。
手が擦り傷だらけ。膝もかなり痛い。
登りで1人とすれ違っただけで、他の登山者は皆無。あの時間だから、たぶん避難小屋泊かな?
私にとっては、登山を教えてくれた山でもあり、原点でもある。
また来られてよかった。
ありがとうございました。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:345人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ