また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 449532 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

雲取山・鷹ノ巣山・六ツ石山(奥多摩小屋テント泊)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年05月17日(土) ~ 2014年05月18日(日)
メンバー
天候5/17 晴れ(夕方少しだけ雨がパラつきました)
5/18 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:鴨沢(JR奥多摩発 西東京バス 奥09 鴨沢西行き)
復路:水根(JR奥多摩行き 西東京バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

1日目
9:12鴨沢BS-9:41小袖登山口-11:03堂所-12:03七ツ石小屋12:20-12:46七ツ石山-13:01ブナ坂-13:39奥多摩小屋14:21-15:10雲取山-15:57奥多摩小屋

2日目
6:12奥多摩小屋-6:38ブナ坂-6:50七ツ石山-7:17千本ツツジ-8:08鷹ノ巣山避難小屋8:28-8:51鷹ノ巣山9:03-10:30六ツ石山-12:06水根-12:24水根BS
コース状況/
危険箇所等
鴨沢-雲取山:特に危険箇所はないと思います。
七ツ石山-六ツ石山:七ツ石から鷹ノ巣山避難小屋まで今回巻き道を使いましたが二カ所ほど要注意の場所があります。一つは右側(南側)がスッパリ落ちた崩落箇所、もう一つは道幅がえらく細い場所です。
六ツ石山-水根:奥多摩三大急登の第三候補と下ってから気づきました。大変な急坂で急いで降りるのは危険です。
過去天気図(気象庁) 2014年05月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
ガイド地図 1 iPhone 山と高原地図+紙版
コンパス 1
1
筆記具 1
飲料 2 炊事用1Lと飲料1L
ティッシュ・トレペ 1
ファーストエイドキット 1
タオル 2
携帯電話 1
雨具 1
水筒 1
時計 1
非常食 2 行動食兼用
個人装備品
数量
備考
バーナー 1
クッカー 1
コーヒーカップ 1
トレッキングポール 2 1組
食糧 3 行動食+夕食/朝食
携帯トイレ 2
防寒具 1 化繊ジャケット
上着 1 ハードシェル
テント 1
シュラフ 1
シュラフカバー 1
シュラフマット 1
ラジオ 1

写真

11月を思い出します。とっとと登り始めますが、ここは意外と距離があったはず。ちなみに奥多摩駅8:35発のバスは3-4台出ていたと思います。
2014年05月17日 09:14撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月を思い出します。とっとと登り始めますが、ここは意外と距離があったはず。ちなみに奥多摩駅8:35発のバスは3-4台出ていたと思います。
1
やはりもうここまでで結構バテた。
2014年05月17日 09:40撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりもうここまでで結構バテた。
この水場の水は普通に出ています。少し登った所にある水を飲んでみました、。。。。普通です。奥多摩小屋のほうが美味い?
2014年05月17日 10:38撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この水場の水は普通に出ています。少し登った所にある水を飲んでみました、。。。。普通です。奥多摩小屋のほうが美味い?
巻かずに七ツ石小屋のほうへ。あんまり考えてないんですよね。翌日も七ツ石山行かないと縦走できないんだから。。。。。ここは巻いても良かったですね。事前に地図をもっと見ておかないと。
2014年05月17日 11:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻かずに七ツ石小屋のほうへ。あんまり考えてないんですよね。翌日も七ツ石山行かないと縦走できないんだから。。。。。ここは巻いても良かったですね。事前に地図をもっと見ておかないと。
七ツ石小屋。評判のバイオトイレ、見て来ました。水も味見。
2014年05月17日 12:04撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋。評判のバイオトイレ、見て来ました。水も味見。
小さく見えますが、私にはこれでも重荷。水入れて14Kgほどあります。足が止まりました。昔に比べれば軽くなったもんですが、今はこっちが体力なし。でもザックが2Kg、テントが1.3Kgあるんですよね。ULに転向しようかな。
2014年05月17日 12:17撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さく見えますが、私にはこれでも重荷。水入れて14Kgほどあります。足が止まりました。昔に比べれば軽くなったもんですが、今はこっちが体力なし。でもザックが2Kg、テントが1.3Kgあるんですよね。ULに転向しようかな。
七ツ石山です。前回は巻いたので初登頂。
2014年05月17日 12:47撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山です。前回は巻いたので初登頂。
1
石尾根と雲取山が見えています。
2014年05月17日 12:48撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根と雲取山が見えています。
2
ダンシングツリー、みなさん撮影されているので(前回は気づかず。。。)
2014年05月17日 13:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダンシングツリー、みなさん撮影されているので(前回は気づかず。。。)
マイテント=モンベルステラ1人用。隣を見てアライにすれば良かったとちょっと思った。テン場はすでにいっぱいでしたが一人用なので小屋に一番近い所にちょこっと張らせてもらいました。登山再開後初テン也(学生時代はダンロップでした)。
2014年05月17日 14:08撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイテント=モンベルステラ1人用。隣を見てアライにすれば良かったとちょっと思った。テン場はすでにいっぱいでしたが一人用なので小屋に一番近い所にちょこっと張らせてもらいました。登山再開後初テン也(学生時代はダンロップでした)。
2
半端なく疲れたので、明日は最悪鴨沢に下るだけかも、と思い、とりあえず雲取山へピストン。
2014年05月17日 15:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半端なく疲れたので、明日は最悪鴨沢に下るだけかも、と思い、とりあえず雲取山へピストン。
東京山頂標識。。。。。。。。。。。。。
2014年05月17日 15:11撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京山頂標識。。。。。。。。。。。。。
UL派はガソリンストーブは使わんよな、たぶん。それでも今回エバニューのチタンクッカーを投入し軽量化を図る。そんなこんなで自宅にはコッヘルとバーナーはじめ物が溢れかえる。当然我が家には不穏な空気が…。
2014年05月17日 17:16撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
UL派はガソリンストーブは使わんよな、たぶん。それでも今回エバニューのチタンクッカーを投入し軽量化を図る。そんなこんなで自宅にはコッヘルとバーナーはじめ物が溢れかえる。当然我が家には不穏な空気が…。
1
尾西アルファ白米とコンソメスープ、メインはなんだっけ、メーカーは忘れたがレトルトのビーフシチュー。これは美味だった。量的には少々もの足らない。副食を用意すべき。持参したジャーキーとウイスキーで腹をごまかした。---->ハウス食品の麻布十番グリル満天星でした。
2014年05月17日 17:37撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾西アルファ白米とコンソメスープ、メインはなんだっけ、メーカーは忘れたがレトルトのビーフシチュー。これは美味だった。量的には少々もの足らない。副食を用意すべき。持参したジャーキーとウイスキーで腹をごまかした。---->ハウス食品の麻布十番グリル満天星でした。
2
アーベントロート@奥多摩小屋
2014年05月17日 18:22撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベントロート@奥多摩小屋
iPhoneではこれが限界。
2014年05月18日 04:10撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
iPhoneではこれが限界。
4
えーっと。わかりません。→皆様のレコより南アルプス?どっち向いて撮影したか忘れてしまった。
2014年05月18日 06:54撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えーっと。わかりません。→皆様のレコより南アルプス?どっち向いて撮影したか忘れてしまった。
2
石尾根からの富士と奥多摩山塊。素晴らしい。
2014年05月18日 07:12撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根からの富士と奥多摩山塊。素晴らしい。
5
崩落箇所というか、スッパリ右側(写真では左側の南面)が切れた所です。通過注意。写真は渡った後に振り返って写したのですが画像が飛んでしまっています。場所は配置で大体分かるかと思います。
2014年05月18日 07:34撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落箇所というか、スッパリ右側(写真では左側の南面)が切れた所です。通過注意。写真は渡った後に振り返って写したのですが画像が飛んでしまっています。場所は配置で大体分かるかと思います。
鷹ノ巣避難小屋。中は清潔でした。隣接のトイレはペーパー、生理用品は持ち帰りを推奨しています。
2014年05月18日 08:28撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣避難小屋。中は清潔でした。隣接のトイレはペーパー、生理用品は持ち帰りを推奨しています。
1
鷹ノ巣山頂上へ向かう痩せ尾根。
2014年05月18日 08:46撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山頂上へ向かう痩せ尾根。
鷹ノ巣山です。
2014年05月18日 08:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山です。
1
鷹ノ巣山南方の眺望。
2014年05月18日 08:52撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山南方の眺望。
ここで奥多摩駅に向かう道と六ツ石山頂を経て水根に向かう道に分かれます。
2014年05月18日 10:20撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで奥多摩駅に向かう道と六ツ石山頂を経て水根に向かう道に分かれます。
というわけで水根に下ることにしました。調子が良ければ奥多摩まで歩きたかったんですが。ムリをせず。<-あとで後悔。
2014年05月18日 10:34撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで水根に下ることにしました。調子が良ければ奥多摩まで歩きたかったんですが。ムリをせず。<-あとで後悔。
1
ツツジがきれいに咲いています。ちなみに昭文社の石尾根縦走路にある千本ツツジ、まだ全然早かったです。
2014年05月18日 10:44撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジがきれいに咲いています。ちなみに昭文社の石尾根縦走路にある千本ツツジ、まだ全然早かったです。
なんか気合いの入ってない道標だな。
2014年05月18日 11:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか気合いの入ってない道標だな。
と思ったら、ここまで写真を撮る余裕がないほどの急坂でした(後半は檜植林帯の急坂です)。降りて来てから知る奥多摩三大急登。これ登りたくない。
2014年05月18日 12:01撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、ここまで写真を撮る余裕がないほどの急坂でした(後半は檜植林帯の急坂です)。降りて来てから知る奥多摩三大急登。これ登りたくない。
1
やれやれようやく水根の集落まで無事下山。
2014年05月18日 12:06撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やれやれようやく水根の集落まで無事下山。
1
本日温泉面倒だからやめたーと思っていたら駅前にこんな表示が。。正解でした。駅前で缶ビール買って一気に飲み干し、帰路につきました。
2014年05月18日 12:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日温泉面倒だからやめたーと思っていたら駅前にこんな表示が。。正解でした。駅前で缶ビール買って一気に飲み干し、帰路につきました。
1
撮影機材:

感想/記録
by mayfly

昨年来密かに計画していたテント泊による山行をようやく実現。
雲取山から六ツ石山まで石尾根を縦走して来ました。

そもそもテント場の混雑を避けるべく16日に有休を取得し山行を計画していたのだが、不摂生がたたり咳風邪を引いてしまうという大失態。しかしこれは天候の点からは正解だったようで、16日は風が強い登山不適の日。体調もなんとか戻ったので混雑を予想しつつも17-18日に実行に移した結果、両日とも晴れて最高の登山日和となった。

思えばこの日のために足繁く登山用品店に通い、スーパーマーケットのレトルトやフリーズドライ食品売り場をウロつき、アマゾンでのポチッを繰り返して準備してきたのだった。

テント泊の場所として選んだのは昨年11月の雲取山荘利用の山行で見て気になっていた奥多摩小屋テントサイト。

結果大正解、景色は最高に贅沢な上に水場、(鼻が曲がるけど)トイレも完備して素晴らしい野営の時間を過ごすことができた。道具達もしっかり機能。

背中の荷物はちと重かったが、そんなことも忘れてしまう贅沢な時間。

反省点としては、行動食を含めた食料計画をもっと綿密に行うこと、二日目の水の量(歩きと水場、食事のバランスで1Lのみ携行、下山までギリギリもったが、もう少し持っても良かったか)、そして何よりさらなる体力増強と技術向上か。

軽量化に関しては、今回ぐらいだと許容範囲と思いますが、もう少し抑えたい。余計なものはもってないはずなんですけどね。

コースについては上述の通りですが、もう少し地形、自然や歴史など色々と下調べして行くことはあったような気がします。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2474人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ