また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4933200 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳(清里駅〜小淵沢駅) 駅からロングトレッキング

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年11月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴微風
アクセス
利用交通機関
電車
(行き)
新宿18:00(あずさ)19:57小淵沢20:04(小海線)20:29清里
(帰り)
小淵沢19:22(あずさ)21:14新宿
経路を調べる(Google Transit)
GPS
14:13
距離
30.6 km
登り
2,502 m
下り
2,847 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間39分
休憩
2時間39分
合計
14時間18分
S清里駅03:5204:34美し森無料駐車場04:3404:43美し森04:5305:02たかね荘(閉鎖)05:0405:16羽衣池05:2006:00サンメドウズ清里パノラマリフト山頂駅06:0006:04賽の河原06:1306:18真教寺尾根登山口06:2006:21賽の河原06:3606:38大門沢方面分岐06:3807:25牛首山07:2907:40扇山07:4009:33真教寺尾根分岐09:3309:38竜頭峰09:4009:42竜頭峰分岐09:4409:58赤岳10:38竜頭峰分岐10:3910:42竜頭峰10:4310:47真教寺尾根分岐10:5611:07天狗尾根 稜線分岐11:1511:50キレット小屋12:2212:48ツルネ12:4813:18旭岳13:2113:40縦走路分岐13:4013:41権現岳13:5513:59権現小屋14:0114:05東ギボシ14:2614:33西ギボシ14:3314:42のろし場14:4414:57青年小屋15:1415:53押手川15:5416:10雲海16:1016:23展望台16:2516:29延命水17:16観音平口ゲート17:1617:24火の見跡17:2418:11小淵沢駅18:1118:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■清里駅〜赤岳
・標高2500m超より岩場が多くなり、稜線までほぼ鎖場が連続する。
■赤岳〜権現岳
・キレット大下りは標高差500m近くあり、また、ザレた砂利は滑るので転倒注意。岩場は足場もしっかりしており安定感がある。
・旭岳と権現岳の登り(北斜面)に2-3cm積雪あり。一部サラサラした雪の下は凍結バーン。
・赤岳山頂10名程度、赤岳〜権現岳は3組6名とすれ違い、権現岳山頂10名程度。
■権現岳〜小淵沢駅
・ギボシは足場がしっかりしているので問題ない。
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図 [pdf]

写真

午前4時、清里駅。
いつもの暗闇スタート。
2022年11月19日 03:51撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前4時、清里駅。
いつもの暗闇スタート。
4
夜が明けてきた。
富士山もくっきり。
2022年11月19日 05:52撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきた。
富士山もくっきり。
7
富士山。
なんて美しいんだろう。
2022年11月19日 06:24撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
なんて美しいんだろう。
25
朝焼けの赤岳。
まさに"赤"岳。
2022年11月19日 06:31撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの赤岳。
まさに"赤"岳。
29
富士山と甲府盆地方面
2022年11月19日 07:07撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と甲府盆地方面
19
八ヶ岳の深い森にも朝日が射し込む
2022年11月19日 07:28撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の深い森にも朝日が射し込む
4
標高2400m付近より樹林帯から岩稜帯へ。早々に鎖が登場する。
2022年11月19日 08:58撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2400m付近より樹林帯から岩稜帯へ。早々に鎖が登場する。
8
これでもかと言わんばかりの鎖場天国が稜線直下まで続く
2022年11月19日 09:00撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもかと言わんばかりの鎖場天国が稜線直下まで続く
16
権現岳(中央)と遠く南アルプスの絶景
2022年11月19日 09:18撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳(中央)と遠く南アルプスの絶景
11
迫る赤岳山頂
2022年11月19日 09:22撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫る赤岳山頂
10
赤岳山頂に到着。
いつも思うのだが、晴天時は逆光になるんだよな。。。
2022年11月19日 09:47撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂に到着。
いつも思うのだが、晴天時は逆光になるんだよな。。。
19
山頂より富士山と南アルプス
2022年11月19日 10:02撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より富士山と南アルプス
10
権現岳とその向こうに南アルプスの主峰を一望
2022年11月19日 10:03撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳とその向こうに南アルプスの主峰を一望
10
南アルプスをズーム。
左から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
2022年11月19日 10:04撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスをズーム。
左から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
14
阿弥陀岳。遠景は左から御嶽山、乗鞍岳、北アルプス。白山も見えた。
2022年11月19日 10:05撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。遠景は左から御嶽山、乗鞍岳、北アルプス。白山も見えた。
9
北アルプスをズーム。
槍穂高連峰もくっきり。手前は霧ヶ峰。
2022年11月19日 10:06撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスをズーム。
槍穂高連峰もくっきり。手前は霧ヶ峰。
8
北ア後立山連峰をズーム
2022年11月19日 10:06撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア後立山連峰をズーム
6
八ヶ岳連峰。行者小屋もチラリ。右から横岳、硫黄岳、東西天狗岳、蓼科山。
2022年11月19日 10:07撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰。行者小屋もチラリ。右から横岳、硫黄岳、東西天狗岳、蓼科山。
13
金峰山(右)と甲武信ヶ岳(左)。
手前は広大な野辺山高原。
2022年11月19日 10:09撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山(右)と甲武信ヶ岳(左)。
手前は広大な野辺山高原。
5
美しい裾野の富士山。幾重にも連なる山並みも素晴らしい。
2022年11月19日 10:09撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい裾野の富士山。幾重にも連なる山並みも素晴らしい。
14
赤岳山頂にて。
新しいプレートを持って八ヶ岳連峰と一緒に。
2022年11月19日 10:11撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂にて。
新しいプレートを持って八ヶ岳連峰と一緒に。
17
赤岳を振り返る。
南面には全く雪がない。
2022年11月19日 10:43撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を振り返る。
南面には全く雪がない。
10
これよりキレット、権現岳へ進路を取る。まずは標高差500mのキレット大下り。
2022年11月19日 11:02撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これよりキレット、権現岳へ進路を取る。まずは標高差500mのキレット大下り。
14
ハシゴと富士山
2022年11月19日 11:04撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴと富士山
8
ザレた急斜面はジグザグ下るがスリップ注意。遠く中央アルプスと御嶽山。
2022年11月19日 11:14撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた急斜面はジグザグ下るがスリップ注意。遠く中央アルプスと御嶽山。
5
阿弥陀岳(左)と中岳(右)。
文三郎分岐も見える。
2022年11月19日 11:35撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳(左)と中岳(右)。
文三郎分岐も見える。
7
キレット小屋。冬期閉鎖中もテン場近くのトイレは使えた。
2022年11月19日 11:51撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋。冬期閉鎖中もテン場近くのトイレは使えた。
3
北斜面の積雪。部分的に雪の下がアイスバーン箇所あり。登りの選択で良かった。
2022年11月19日 12:30撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面の積雪。部分的に雪の下がアイスバーン箇所あり。登りの選択で良かった。
6
今回の反省点。ロング山行なのに持参した水はたった1リットル。途中欠乏し岩の上の新鮮な雪をかき集めてボトリング。
2022年11月19日 12:39撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の反省点。ロング山行なのに持参した水はたった1リットル。途中欠乏し岩の上の新鮮な雪をかき集めてボトリング。
6
荘厳で迫力満点の赤岳(右)と阿弥陀岳(左)
2022年11月19日 12:44撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荘厳で迫力満点の赤岳(右)と阿弥陀岳(左)
11
赤岳ズーム
2022年11月19日 12:44撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳ズーム
7
赤岳と阿弥陀岳。どちらもカッコいい。
2022年11月19日 12:52撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳。どちらもカッコいい。
9
旭岳を目指す
2022年11月19日 12:53撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳を目指す
4
権現岳直下のながーいハシゴ。斜度は緩やか。
2022年11月19日 13:32撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳直下のながーいハシゴ。斜度は緩やか。
4
権現岳山頂に到着。
約40年越しの登頂となった。
隣の鉄剣は重くて持ち上げられず。
2022年11月19日 13:48撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳山頂に到着。
約40年越しの登頂となった。
隣の鉄剣は重くて持ち上げられず。
22
ギボシと権現小屋。ギボシ山頂はすぐそこなのに疲れ果て登頂断念。
2022年11月19日 13:56撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシと権現小屋。ギボシ山頂はすぐそこなのに疲れ果て登頂断念。
4
赤岳・阿弥陀岳はここで見納め。今日は八ヶ岳の雄姿をたっぷり堪能した。
2022年11月19日 14:00撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳・阿弥陀岳はここで見納め。今日は八ヶ岳の雄姿をたっぷり堪能した。
10
権現岳(左)と三ツ頭(右)。視界の良い稜線だ。
2022年11月19日 14:16撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳(左)と三ツ頭(右)。視界の良い稜線だ。
4
冬期閉鎖中の青年小屋。編笠山に登る予定だったがバテバテでパス。
2022年11月19日 14:59撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬期閉鎖中の青年小屋。編笠山に登る予定だったがバテバテでパス。
4
急げ、日の入り30分前。八ヶ岳の森を駆け下りる。
2022年11月19日 16:15撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急げ、日の入り30分前。八ヶ岳の森を駆け下りる。
1
暗闇に始まり暗闇に終わる山行となった
2022年11月19日 17:06撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇に始まり暗闇に終わる山行となった
3
腹ペコで駅そばをかっ喰らう
2022年11月19日 18:23撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹ペコで駅そばをかっ喰らう
16
清里駅から小淵沢駅へ。途中バテたけど全長30kmの達成感ある山行でした。
2022年11月19日 18:41撮影 by SO-02L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清里駅から小淵沢駅へ。途中バテたけど全長30kmの達成感ある山行でした。
6

感想/記録

冬の装い間近の八ヶ岳山行。
この時期の山行は慎重になる。入山者減により積雪や凍結含めたコース情報が乏しく、仮にあっても当てにならない。冬枯れの山が一転し氷雪の山へと豹変するからだ。自分自身で入山数日前から気象状況を把握し、コース状況の予測とリスク対策を考える。全て自己責任であるがこれがまた面白い。山行は計画の時から既に始まっている。

今回の直近の天候。入山4日前の降雪はそれ程でもなく以後ずっと晴天で比較的暖かな日が続いた。北斜面以外は積雪はないと判断。また、積雪と凍結が想定される北斜面の岩場は登りで利用する方がリスクは低いと判断。赤岳〜権現岳の稜線は南行ルート利用と決断した。万一読みが外れたら地蔵尾根へ下りることを心に誓い入山した。

午前4時清里駅。今日は赤岳まで標高差1700m、小淵沢まで15時間の行程なので早出スタート。まずは11時までに赤岳を踏むことを目標とした。
美し森より真教寺尾根に入る。午前6時過ぎ塞ノ河原で日の出時刻を迎えたが、位置的に御来光は拝めなかった。残念。
樹林帯を抜けたのは標高2500m付近。深い樹林で見えなかった赤岳が眼前に現れる。ここから山頂まで岩稜歩き。これでもかと言わんばかり鎖場が稜線直下まで連続する。着実に高度を稼ぎ10時前に赤岳山頂に到着。山頂からは360度の空気の澄んだ大パノラマを存分に楽しんだ。

赤岳から権現岳・ギボシ通過までが本日の核心部。キレット大下りでは標高差500mを一気に下る。南面に雪はなく一安心。夏山感覚で下った。キレット小屋から旭岳・権現岳への登り返しは北斜面の岩場ルート。日陰には一部雪が残り凍結箇所もあったが登りだったこともあり危険は感じなかった。

権現岳山頂。この山には思い出がある。もう40年近く前の昔話。高校山岳部2年生の12月下旬、初の雪山登山で権現岳へ天女山より入山。実は自分は風邪で発熱。当時部長を務めていた変な使命感もあり無理して参加。途中前三ツ頭手前で行動不能となり幻聴症状が。チームワークの基本により部員全員がここで下山。体調不良で突っ込む登山が如何に危険であり、また、仲間にどれだけ迷惑を掛けてしまうのか。痛いほど思い知った忘れられない山行だった。

権現岳よりギボシ、編笠山の登頂はパス。権現岳より急に体の動きが失速。今回水を1Lしか持参せず体が悲鳴を上げたのかも。
だいぶ日が短くなったものだ。失速した分下山が遅れ暗闇となったが、気合いで小淵沢駅へ駆け下りた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:473人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ