また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510212 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北ア 表銀座縦走(燕岳 大天井 常念)初めてのテント泊

日程 2014年09月12日(金) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候9/12 晴れ
9/13 晴れ(常念小屋付近は午後から曇り)
9/14 晴れ(前常念からしたはガス)
アクセス
利用交通機関
バス
アルペン号利用。中房温泉には定刻通り5:30着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
4時間40分
合計
12時間20分
S中房温泉05:5006:30第1ベンチ06:4008:05富士見ベンチ08:40合戦小屋08:5010:00燕山荘10:3511:00蛙岩13:30小林喜作レリーフ13:35槍ヶ岳・大天井岳常念岳分岐13:4014:10大天荘テント場17:3017:30大天荘テント場17:4017:50大天井岳18:0018:10大天荘テント場
2日目
山行
2時間10分
休憩
0分
合計
2時間10分
宿泊大天荘テント場地07:3009:25横通岳09:40常念小屋09:40常念小屋テント場
3日目
山行
7時間10分
休憩
30分
合計
7時間40分
常念小屋テント場06:4007:40常念岳08:0009:40前常念岳09:5014:00三股登山口14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所なし。
前常念から三俣への下りは踏み跡が多数あり間違えて戻る人を見かけました。
樹林帯から下の道は土が粘土状で靴の底が詰まって滑りやすくなってました。
その他周辺情報大天荘のテント場はトイレが仮設でなく掃除が行き届いて気持ちがよかったです。
常念小屋のテント場は連休初日であり昼には満杯。午後着の人はかなり条件の悪い場所になりました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント Gシート(ビニールテーブルクロス) テント中敷き(エマージェンシーシート) シェラフ(−3度) バーナー ガス(110×1) コッヘル兼カップ×2 風よけアルミ箔 カラトリ 食事(主食:朝用×2夜用×2予備×1 おかず:レトルト×2 コンビーフ×1 オニオンスープ×2) 喫茶(パウダーココア×2 カフェオレ×2 おしるこ×1 くず湯×1) 行動食(ナッツ類 ドライバナナ カロリーメイト カントリーマウム パワーバー 飴) アミノバイタルプロ×8本 ヘッドライト 予備電池×2 ミニラジオ スマホ バッテリー ガイド地図 筆記用具 登山計画書 日焼止め 虫よけ 常備薬 キネシオ ミニアーミーナイフ 細引き サンダル 着替え(下着 Tシャツ 靴下)

写真

水補給して第一ベンチ出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水補給して第一ベンチ出発
富士見ベンチ 富士山見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見ベンチ 富士山見えず
ナナカマドの実がきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実がきれい
燕山荘が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えてきた
燕山荘前からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘前からの眺望
燕山荘前からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘前からの眺望
1
燕山荘前からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘前からの眺望
燕山荘前からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘前からの眺望
燕山荘のテント場に張る予定でしたが、天気も良く、体力もあったので大天荘のテント場を目指すことに。出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘のテント場に張る予定でしたが、天気も良く、体力もあったので大天荘のテント場を目指すことに。出発。
ゲイロ(蛙)岩を見返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲイロ(蛙)岩を見返す
大天井へ!道。まだ先は長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井へ!道。まだ先は長い。
槍の裏に雲が出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の裏に雲が出てきた
松本平からはガスがあがってくるも稜線は越えられず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本平からはガスがあがってくるも稜線は越えられず
レリーフ先の急階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レリーフ先の急階段
大天井岳と槍ヶ岳方面との分岐。ここからがきつかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳と槍ヶ岳方面との分岐。ここからがきつかった。
大天荘のテント場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘のテント場
マイテント&槍・穂高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイテント&槍・穂高
大天井岳山頂からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂からの眺望
大天井岳山頂からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂からの眺望
大天井岳山頂からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂からの眺望
大天井岳山頂からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳山頂からの眺望
大天荘とテント場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘とテント場
夜明け前の槍・穂高とマイテント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の槍・穂高とマイテント
1
富士山、南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、南アルプス
1
雲間からの御来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲間からの御来光
1
蝶が岳まで行くことを考えてたが常念小屋までにしてゆっくり過ごすことに予定を変更。今日は歩くことより、景色を眺め、耳を澄まし、ゆっくり行くことに。大天荘を見返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶が岳まで行くことを考えてたが常念小屋までにしてゆっくり過ごすことに予定を変更。今日は歩くことより、景色を眺め、耳を澄まし、ゆっくり行くことに。大天荘を見返す。
常念岳と富士山。左は八ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳と富士山。左は八ヶ岳
猿。珍しいかと思ってたらこの後沢山遭遇した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿。珍しいかと思ってたらこの後沢山遭遇した。
一面のハイマツとホシガラス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面のハイマツとホシガラス
カール地形。自然が作った造形美。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カール地形。自然が作った造形美。
槍から穂高。燕、大天井とも違う。角度が変わると少しずつ表情が変わる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍から穂高。燕、大天井とも違う。角度が変わると少しずつ表情が変わる。
1
穂高と涸沢行きたい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高と涸沢行きたい・・・
1
横通岳山頂。縦走ルートから少し離れて寄ってみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳山頂。縦走ルートから少し離れて寄ってみた。
今日の泊地。常念小屋。ガスの通り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の泊地。常念小屋。ガスの通り道
常念小屋でおうどん。胃の調子が悪くカレーを食べれなかったのが残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋でおうどん。胃の調子が悪くカレーを食べれなかったのが残念。
曇が厚くなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇が厚くなってきた
テントからの眺望。今日の行程を短くして常念小屋のテント場に早着。ベスポジゲッドに成功。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントからの眺望。今日の行程を短くして常念小屋のテント場に早着。ベスポジゲッドに成功。
今回初のテントでの山行。ここ1ヶ月WEBやカタログと睨めっこして研究をかさね悩みに悩みました。これしかないと軽量化したエスパースのかもしか別注バージョンを購入。特に問題もなく大満足。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回初のテントでの山行。ここ1ヶ月WEBやカタログと睨めっこして研究をかさね悩みに悩みました。これしかないと軽量化したエスパースのかもしか別注バージョンを購入。特に問題もなく大満足。
テント場大混雑。ベテランの方は隙間を見つけて上手に張っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場大混雑。ベテランの方は隙間を見つけて上手に張っていきます。
2
常念。思ったより急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念。思ったより急登
ご来光を待つ人々の逆光シルエットがきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を待つ人々の逆光シルエットがきれい
朝日を浴びる槍・穂高と表銀座の山のシルエットが陰になって美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる槍・穂高と表銀座の山のシルエットが陰になって美しい
浅間山からのご来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山からのご来光
1
撤収しながら朝ごはん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤収しながら朝ごはん
常念の影が鮮明に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念の影が鮮明に
1
常念小屋を見返す。このあと常念山頂まで富士山並みの渋滞に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋を見返す。このあと常念山頂まで富士山並みの渋滞に。
常念山頂から360°の眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂から360°の眺望
1
常念山頂から360°の眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂から360°の眺望
常念山頂から360°の眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂から360°の眺望
常念山頂から360°の眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂から360°の眺望
涸沢をベーステントにして穂高に行けるようになりたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢をベーステントにして穂高に行けるようになりたい
雷鳥に遭遇。親子連れの雷鳥が近くに飛んできてビックリ。
諦めていたので幸運に感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥に遭遇。親子連れの雷鳥が近くに飛んできてビックリ。
諦めていたので幸運に感謝。
槍・穂高もこれで見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍・穂高もこれで見納め
前常念に向かう道で常念を見返す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念に向かう道で常念を見返す
岩が浮いているところがあり慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が浮いているところがあり慎重に。
常念はガスでみえず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念はガスでみえず
1
前常念岳。三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念岳。三角点。
前常念の岩室から下は岩場を降りる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念の岩室から下は岩場を降りる
4時間及ぶ長い下りがやっと終了。冷たい川の水で洗顔。気持ちい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時間及ぶ長い下りがやっと終了。冷たい川の水で洗顔。気持ちい。
1
三俣登山口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣登山口に到着
三俣登山口の案内板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣登山口の案内板

感想/記録

今回は初のテント泊山行。
悪天にも備え山小屋退避できる表銀座としました。
初のテント山行であり防寒装備以外の装備を絞り軽量化に努め水なしで16kg程度に抑えましたが、日帰り山行とは違う荷重に最初のうちは重心を保つのに苦労しました。テント場ではいろいろな方と話ができ知らないことを教えていただいたり見知らぬ山の魅力を教えていただいたり小屋泊にはない楽しみを見つけられたと思います。前常念からの長い下りも居合わせた3人で一緒にペースを作りながら下山できました。都会と違い山は人々の間の壁を低くしてくれます。
当初は3日目に蝶が岳まで足を延ばす予定でしたが、二日目を常念小屋止まりとして山の休日を過ごし、三日目に前常念経由三俣に下山する計画に変更。この判断は大正解でした。
連日の山歩きではなくゆっくりした1日を設けるのもありですね。心身共にリフレッシュできました。このままずっと山に居たいという気持ちになります。
今回はお天気に恵まれ展望は最高。ひんやりした山の空気も心地よかったです。
日中は半袖で十分な陽気ですが、朝は連日0℃近くまで下がり降霜も。盛夏よりもこの時期の山の方が四季を感じることができて好きです。
今回は天気も良く風もなかったので問題なくクリアできたと思っています。経験値を積んで槍・穂高にテント泊で行きたいですね。
訪問者数:436人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ