また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 510565 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年09月14日(日) ~ 2014年09月15日(月)
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に駐車したかったが満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間13分
休憩
1時間30分
合計
6時間43分
Sスタート地点08:4509:05美濃戸口09:53やまのこ村10:0310:04赤岳山荘10:09美濃戸山荘10:1311:52赤岳鉱泉12:5113:26行者小屋14:31地蔵の頭14:4814:52赤岳天望荘15:28赤岳頂上山荘
2日目
山行
3時間31分
休憩
53分
合計
4時間24分
赤岳頂上山荘06:3606:38赤岳06:4606:55竜頭峰07:54行者小屋08:1309:34美濃戸山荘09:5910:02赤岳山荘10:0310:45美濃戸口11:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山荘にポストあり。頂上への道はスリップ、落石に注意。
その他周辺情報3連休でなければ充分駐車場あります。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

前夜は清里のペンション泊
2014年09月13日 18:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜は清里のペンション泊
美濃戸口前で車乗入れ禁止
ここから歩くハメになる
トホホ…
2014年09月14日 08:39撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口前で車乗入れ禁止
ここから歩くハメになる
トホホ…
美濃戸口まで路上駐車禁止なのに車の行列
2014年09月14日 08:55撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口まで路上駐車禁止なのに車の行列
美濃戸口で登山届を出す
2014年09月14日 09:08撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口で登山届を出す
川の流れが早い
2014年09月14日 09:19撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の流れが早い
徒歩50分でやまのこ村
本来ここに停めたかった
2014年09月14日 09:53撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒歩50分でやまのこ村
本来ここに停めたかった
美濃戸山荘
ここから登山
水は豊富にある
2014年09月14日 10:09撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘
ここから登山
水は豊富にある
北沢周りで周回
2014年09月14日 10:11撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢周りで周回
私が好きな渡川コース
2014年09月14日 11:10撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私が好きな渡川コース
清流の音を聞きながら登る
2014年09月14日 11:15撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清流の音を聞きながら登る
苔むした原生林がいい
2014年09月14日 11:24撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした原生林がいい
1
山頂は重い雲
2014年09月14日 11:52撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は重い雲
赤岳鉱泉でも水が豊富
2014年09月14日 11:54撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でも水が豊富
行者小屋を目指す
2014年09月14日 12:49撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋を目指す
八ヶ岳は切り立った山が多い
2014年09月14日 13:06撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は切り立った山が多い
アップダウンを経て行者小屋へ
2014年09月14日 13:14撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを経て行者小屋へ
行者小屋
ここで水を補給し、頂上を目指すのがベスト
2014年09月14日 13:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋
ここで水を補給し、頂上を目指すのがベスト
雲が上がった
2014年09月14日 13:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がった
この辺りからはしごの急勾配
2014年09月14日 13:54撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからはしごの急勾配
鎖場もあり
2014年09月14日 14:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もあり
地蔵尾根の地蔵さん
2014年09月14日 14:21撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の地蔵さん
地蔵の頭
2014年09月14日 14:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
1
赤岳へ続く急勾配
砂や石が滑る
2014年09月14日 14:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳へ続く急勾配
砂や石が滑る
3
赤岳天望荘を振り返る
2014年09月14日 14:55撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘を振り返る
2
赤岳頂上山荘到着
2014年09月14日 15:28撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘到着
赤岳山頂
2014年09月14日 17:23撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂
赤岳山頂
先ほどの雲が嘘のような青空
2014年09月14日 17:25撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂
先ほどの雲が嘘のような青空
3
赤岳頂上山荘の夕食
気圧が低いせいでごっちんご飯
2014年09月14日 17:46撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘の夕食
気圧が低いせいでごっちんご飯
1
食事は3交代制
2014年09月14日 17:49撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事は3交代制
山頂からの夕日
2014年09月14日 18:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの夕日
夕日を浴びる山頂の祠
2014年09月14日 18:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日を浴びる山頂の祠
1
三連休で布団2枚に三人
2014年09月14日 18:07撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連休で布団2枚に三人
1
私らは個室をとれてLuck!
2014年09月14日 18:08撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私らは個室をとれてLuck!
5:23の夜明けを待つ
2014年09月15日 05:05撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:23の夜明けを待つ
雲海の富士山
2014年09月15日 05:17撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の富士山
5
出たぁ〜
2014年09月15日 05:18撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たぁ〜
1
ご来光お出まし
2014年09月15日 05:20撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光お出まし
5
雲を染めるご来光
2014年09月15日 05:22撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲を染めるご来光
1
ご来光を浴びて
2014年09月15日 05:26撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を浴びて
2
小屋の朝食
2014年09月15日 05:45撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の朝食
1
下りも急だ
2014年09月15日 06:50撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りも急だ
延々と続く階段
2014年09月15日 07:31撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く階段
1
行者小屋にに再会
2014年09月15日 07:52撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋にに再会
ここも苔むしていい登山道
2014年09月15日 08:21撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも苔むしていい登山道
延々と下山する
2014年09月15日 08:45撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と下山する
川に合流
2014年09月15日 09:22撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川に合流
美濃戸山荘に到着
2014年09月15日 09:34撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘に到着
駐車場到着
2014年09月15日 11:00撮影 by SO-01C, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着
撮影機材:

感想/記録


『八ヶ岳』という名に最初に触れたのは、杉田二郎の歌だったと記憶する。
http://www.kasi-time.com/item-16391.html

関西から一人で行くには交通の便が悪く、思えば25年も登りたいと思いながら、チャンスに恵まれなかった。

6月に発起して登山を計画したが、早い梅雨入りで断念。やっと念願がかなって、この9月連休に『八ヶ岳』の初登頂が成就した。
登山計画をして初めて知ったが『「八ヶ岳」は長野県と山梨県にまたがる山塊の総称であり、山そのものに八ヶ岳と名付けられた山は存在しない。』ということで、今回は最高峰の赤岳を目指す。

メンバーは山岳部3名で、車を利用した。新宿からは直行バスが出ているようだ。

【前日】
若い頃に日本全国を旅したが、関西からは交通の便が悪く、清里には訪れていない。
前日の移動日は、PM2:00に着いて清里観光をする予定だったが、京都と恵那で事故渋滞に巻き込まれ、高速を降りたらPM5:00。ペンションに直行することになった。
清里ではこの時期に、ストーブを炊いていた。

【一日目】
今回は山小屋一泊二食付き&個室なので、荷物はDパックひとつとお手軽だ。
関西では物珍しい種類のおにぎりをコンビニで買い込み、ドライブウェイから牧場などを眺めながら登山口を目指した。
ところが美濃戸口の3キロ手前から進入禁止で、50分余分に歩く事になった。
途中、山菜かごを背負った地元の方に教えてもらって、ちょっぴりショットできた。

美濃戸山荘からが登山。左右に道はわかれるが、左の北沢から入って、赤岳鉱泉〜行者小屋〜地蔵の頭〜赤岳天望荘〜赤岳頂上山のコースを取る。
明日は行者小屋をネックに八の字を描いて南沢から戻る。

変化に飛んだコースで、最初は砂利の林道歩き、林道を抜けると、私好みの川沿いの徒渉コースだ。川を離れると苔むした幻想林(そんな言葉ないか…)で、心がなごむ。
赤岳鉱泉で昼食をした。コンビニおにぎり以外に、持ち寄ったミニラーメン・おしるこ・おまけにデザートの梨など、グループならではの豊かな昼食だった。

晴れの予定が山頂はどんよりとした雲に覆われていた。しかし徐々に雲が上がり山頂に着く頃には晴れそうだ。梅雨入りで前回延期した甲斐があった。
下から5リットルの水を背負ってきた仲間はバテバテだったが、行者小屋までは山水が豊富で、結局その水を捨てて、新鮮で冷たい水に入れ替えることになった。

小屋から見上げると、赤岳天望荘が見え、そこへ続く登山道に点々と人影が見える。
小屋をでると、うっそうと茂った樹林帯の中を歩く。登山道の周りの木々が低くなり、徐々に森林限界を越えていく。
赤ザレた登山道から勾配がきつくなり、階段、鎖場の地蔵尾根になる。

地蔵の頭でしばし休憩して、風力発電を屋根に備えた赤岳天望荘を素通りし、間近に見える美濃戸山荘を目指す。
登り初めは傾斜の緩いザレ場だが徐々に勾配がきつくなり、浮石やスリップに注意が必要だ。
ハイマツ帯の間の稜線を登って行くと、傾斜は30度の鎖場になり、ようやく赤岳天望荘に到着する。
赤岳南峰頂上からは南アルプス、北アルプスなど360度の展望だ。富士山も見えるはずだが雲に隠れていた。

3日連休中日ということもあり、山小屋は満員。しかし我々は個室を取っていたので、のんびり過ごせた。
個室は6月に予約し、お金も振り込んで、予約はがきを頂いていた。
6月は雨でキャンセルしたが、はがきは今シーズン有効なので、日にちを変更だけで予約金をムダにせずに済んだ。

【二日目】
AM3:30。大部屋の通路にはみ出した足をかき分けながらトイレに立つと、結構な人数がすでに起きていて、歯を磨いていた。
私は二度寝してAM5:00に起床し、ご来光を待った。
今朝は雲海に富士山が浮かんでいる。
ご来光を拝んでから朝食。
今日は下山するだけなので、ゆっくり八時に出発した。

昨日とは反対のコースで行者小屋へ下る。
こちらもガレた急勾配で、最初は鎖場、後は延々と階段が続く。
森林限界に入ると行者小屋だ。
小屋でりんごを食べて、南沢コースで下山する。
石がゴロゴロした川原を経て、苔むした幻想林へと続く。行きと同じようなコースだが、距離が短い分、斜度がきつい。
入り口の空き地に止めた車へたどり着くと、駐車した車は4分の1に減っていた。

温泉に浸かった後、高速に乗ったが、滋賀県に入って事故情報で福知山方面にコースを変えたが、またまた三田西ICで事故渋滞に巻き込まれた。
連休は事故渋滞を計算に入れる必要がある。

八ヶ岳からのご来光
http://youtu.be/_QfxW36MX8w
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:519人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ