また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512407 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 (大雪渓から白馬大池へ)

日程 2014年09月14日(日) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候《14日》晴れのち曇り時々ガス
《15日》高曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
《14日》
八方第2駐車場:約100台。無料。
 当日は、翌日のトレランのスタート地点のため、駐車スペースが半分以下になっていた。
 長野道安曇野ICより約50km。約1時間30分。
タクシー:八方〜猿倉 3,200円(4名乗り合わせで一人当たり800円)
《15日》
栂池パノラマウェイ:片道1,920円
バス:栂池高原〜白馬八方 520円

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間21分
休憩
1時間21分
合計
6時間42分
S猿倉荘06:0507:07白馬尻07:1107:57雪渓下端08:0508:56雪渓上端09:1510:56昼食11:2411:58頂上宿舎12:2012:47白馬山荘
2日目
山行
5時間32分
休憩
1時間2分
合計
6時間34分
白馬山荘06:1506:30白馬岳06:3407:07三国境07:0807:47小蓮華岳08:0509:28白馬大池09:4910:19乗鞍岳10:2111:29天狗原11:4512:49自然園駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・大雪渓は、コース下端標高約1820m、上端約2130m。標高差約310m。
・花は、下の方からミソガワソウ、トリカブト、トウヤクリンドウがよく目立った。
・白馬大池の周りは、チングルマの果穂だらけ。
・乗鞍岳〜天狗原は、ゴーロ帯と岩石の急斜面。1ヶ所長さ30m程の雪の急斜面の下降あり。
その他周辺情報・日帰り入浴は、白馬ハイランドホテルの白馬姫川温泉「天神の湯」。
 露天風呂からの白馬三山の眺めは最高。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

《14日》
【朝焼けの不帰嶮】
タクシーの車窓から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《14日》
【朝焼けの不帰嶮】
タクシーの車窓から。
2
【有明の月】
空には、かなり欠けてしまった白い月。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【有明の月】
空には、かなり欠けてしまった白い月。
【利用価値あり】
早朝に猿倉に入れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【利用価値あり】
早朝に猿倉に入れた。
【こっちだ】
小さい案内板があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【こっちだ】
小さい案内板があった。
【テンションアップ】
ガスが取れ、目の前には青空と高い山が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【テンションアップ】
ガスが取れ、目の前には青空と高い山が。
1
【ツルニンジン】
和風で控え目。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ツルニンジン】
和風で控え目。
1
【シロウマアサツキ】
こんな所に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シロウマアサツキ】
こんな所に。
1
【大雪渓下端】
いよいよここから。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大雪渓下端】
いよいよここから。
6
【うわっ!】
一瞬にして真っ白。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【うわっ!】
一瞬にして真っ白。
1
【一喜一憂】
雪渓上は晴れたりガスったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【一喜一憂】
雪渓上は晴れたりガスったり。
5
【白馬ブルー】
絵葉書のような光景にうっとり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬ブルー】
絵葉書のような光景にうっとり。
8
【ここからが急】
石ゴロで歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ここからが急】
石ゴロで歩きにくい。
【トリカブト】
ちょっと怖い監視役。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トリカブト】
ちょっと怖い監視役。
【シロウマアサツキ】
もう秋の風情。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シロウマアサツキ】
もう秋の風情。
【タカネナデシコ】
お転婆さんは、ちょっと派手好き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【タカネナデシコ】
お転婆さんは、ちょっと派手好き。
1
【ミソガワソウ】
いっぱい群生していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミソガワソウ】
いっぱい群生していた。
【ミゾホオズキ】
黄色のラッパはどんな音?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミゾホオズキ】
黄色のラッパはどんな音?
【ミヤマハタザオ?】
小さい素朴さが新鮮。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマハタザオ?】
小さい素朴さが新鮮。
1
【ウメバチソウ】
紋付の花紋みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ウメバチソウ】
紋付の花紋みたい。
1
【空が痛そう】
ガスの中からヒョッコリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【空が痛そう】
ガスの中からヒョッコリ。
【お猿さん】
大雪渓を登ってきたの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【お猿さん】
大雪渓を登ってきたの?
1
【ミヤマスイバ】
地味だが何となく気になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマスイバ】
地味だが何となく気になる。
【紫紺軍団】
大岩包囲作戦。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【紫紺軍団】
大岩包囲作戦。
2
【タカネナデシコ】
チアガールみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【タカネナデシコ】
チアガールみたい。
2
【ナデシコ応援団】
フレーフレー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ナデシコ応援団】
フレーフレー。
【ハクサンフウロ】
まだまだ現役だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ハクサンフウロ】
まだまだ現役だ。
【クルマユリ】
これがホントの二輪車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【クルマユリ】
これがホントの二輪車。
【イブキジャコウソウ】
ピンクが綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イブキジャコウソウ】
ピンクが綺麗。
1
【紅葉事始め】
ハクサンフウロの葉かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【紅葉事始め】
ハクサンフウロの葉かな。
1
【オヤマリンドウ】
秋だね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オヤマリンドウ】
秋だね。
【トウヤクリンドウ】
この季節の白馬岳の主役登場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トウヤクリンドウ】
この季節の白馬岳の主役登場。
【チシマギキョウ】
左向け左!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【チシマギキョウ】
左向け左!
【ヨツバシオガマ】
一等地に咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヨツバシオガマ】
一等地に咲いていた。
1
【トウヤクリンドウ】
やっとお目覚めだね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トウヤクリンドウ】
やっとお目覚めだね。
3
【ウサギギク】
雪渓の傍は特等席。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ウサギギク】
雪渓の傍は特等席。
【ミヤマクワガタ】
伸身体操中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマクワガタ】
伸身体操中。
1
【クチバシシオガマ】
何羽いるかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【クチバシシオガマ】
何羽いるかな。
【ヒメクワガタ】
控えめでかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒメクワガタ】
控えめでかわいい。
【イワギキョウ】
歌っているのは秋の唄かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イワギキョウ】
歌っているのは秋の唄かな。
1
【白馬山荘全景】
要塞みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬山荘全景】
要塞みたい。
2
【白馬山荘】
普通の山小屋だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬山荘】
普通の山小屋だ。
2
【山荘と宿舎】
テントはまだ少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【山荘と宿舎】
テントはまだ少ない。
1
【動物岩】
何が隠れているか分かる?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【動物岩】
何が隠れているか分かる?
【スカイプラザより】
窓越しに頂上宿舎が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【スカイプラザより】
窓越しに頂上宿舎が見える。
2
【白馬岳山頂】
真っ青。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬岳山頂】
真っ青。
5
【杓子と白馬鑓】
さすが一万尺の景観。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【杓子と白馬鑓】
さすが一万尺の景観。
5
【剱登場】
ガスが次第に取れ、奥から剱が姿を現す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【剱登場】
ガスが次第に取れ、奥から剱が姿を現す。
3
【白馬残照】
暮れゆくは白馬か〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬残照】
暮れゆくは白馬か〜♪
4
【夕暮れ迫る】
刻一刻と変化する光と影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【夕暮れ迫る】
刻一刻と変化する光と影。
2
【明日の天気は?】
期待出来そう…だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【明日の天気は?】
期待出来そう…だった。
【剱岳の雄姿】
荒波を乗り越え進む剱丸。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【剱岳の雄姿】
荒波を乗り越え進む剱丸。
4
【1日目の歩数】
標高差があったしね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目の歩数】
標高差があったしね。
《15日》
【ご来光】
厳かな儀式が始まった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
《15日》
【ご来光】
厳かな儀式が始まった。
2
【日の出】
雲が垂れ込め、一瞬のうちに儀式終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【日の出】
雲が垂れ込め、一瞬のうちに儀式終了。
2
【朝焼け】
真っ赤! 白馬が赤馬に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【朝焼け】
真っ赤! 白馬が赤馬に。
8
【モルゲンロート】
剱の頭もピンク色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【モルゲンロート】
剱の頭もピンク色。
6
【北アルプスの朝】
白馬鑓の背中越しに槍が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北アルプスの朝】
白馬鑓の背中越しに槍が見える。
2
【富士山遠望】
八ヶ岳をかわすように富士山も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【富士山遠望】
八ヶ岳をかわすように富士山も。
2
【白馬岳山頂】
後ろには一等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬岳山頂】
後ろには一等三角点。
1
【北東方面】
小蓮華岳の向こうに見えるのは、妙高、火打、雨飾の頸城山塊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北東方面】
小蓮華岳の向こうに見えるのは、妙高、火打、雨飾の頸城山塊。
2
【東方面】
戸隠、浅間山の向こうには、尾瀬の燧まで見えているようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【東方面】
戸隠、浅間山の向こうには、尾瀬の燧まで見えているようだ。
1
【南東方面】
八ヶ岳に富士山。甲斐駒、北岳も認識出来る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【南東方面】
八ヶ岳に富士山。甲斐駒、北岳も認識出来る。
1
【南方面】
白馬鑓、鹿島槍に槍ヶ岳。左奥は中アかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【南方面】
白馬鑓、鹿島槍に槍ヶ岳。左奥は中アかな。
【槍・穂方面】
北アの名だたる山々が一望のもとに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【槍・穂方面】
北アの名だたる山々が一望のもとに。
2
【南西方面】
ぽっかり空間に浮かぶのは白山連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【南西方面】
ぽっかり空間に浮かぶのは白山連峰。
1
【草紅葉】
紅いウラシマツツジとダイコンソウをバックに一際映えるトウヤクリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【草紅葉】
紅いウラシマツツジとダイコンソウをバックに一際映えるトウヤクリンドウ。
2
【秋模様】
振り返ると、錦を纏った白馬岳と、とんがり剱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【秋模様】
振り返ると、錦を纏った白馬岳と、とんがり剱。
6
【北へ延びる縦走路】
無言で誘う雪倉岳と朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北へ延びる縦走路】
無言で誘う雪倉岳と朝日岳。
4
【今日はこっち】
小蓮華岳の後ろでは、妙高・火打が手招き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【今日はこっち】
小蓮華岳の後ろでは、妙高・火打が手招き。
1
【顕著な舟窪地形】
天狗の遊び場のような稜線が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【顕著な舟窪地形】
天狗の遊び場のような稜線が続く。
1
【ミヤマコゴメグサ】
胸の黄色いハートマークが可愛いコゴメちゃん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマコゴメグサ】
胸の黄色いハートマークが可愛いコゴメちゃん。
2
【後立山連峰】
名峰が一直線に並ぶ様は壮観。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【後立山連峰】
名峰が一直線に並ぶ様は壮観。
1
【錦繍の縦走路】
一足お先に秋を満喫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【錦繍の縦走路】
一足お先に秋を満喫。
7
【白馬大池】
頸城三山が高い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白馬大池】
頸城三山が高い。
2
【サービス満点】
コーヒーが旨い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【サービス満点】
コーヒーが旨い。
5
【ゴゼンタチバナ】
赤い実がいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ゴゼンタチバナ】
赤い実がいっぱい。
1
【うら寂しい大池】
何となく秋の寂しさを感じさせる大池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【うら寂しい大池】
何となく秋の寂しさを感じさせる大池。
2
【大池の水】
青く透き通った水だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大池の水】
青く透き通った水だ。
2
【イワツメクサ】
星をちりばめたようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イワツメクサ】
星をちりばめたようだ。
1
【急な雪の斜面】
階段になっているけど慎重に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【急な雪の斜面】
階段になっているけど慎重に。
【ミヤマダイコンソウ】
図鑑から出てきたような花がまだ残ってた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマダイコンソウ】
図鑑から出てきたような花がまだ残ってた。
2
【天狗原】
もうすぐキツネ色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天狗原】
もうすぐキツネ色。
2
【ナナカマド】
気の早いナナカマドが真っ赤っか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ナナカマド】
気の早いナナカマドが真っ赤っか。
4
【アカモノ】
赤いアカモノ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【アカモノ】
赤いアカモノ。
1
【ハリブキの実】
トゲトゲに守られた真っ赤な実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ハリブキの実】
トゲトゲに守られた真っ赤な実。
1
【タケシマランの実】
秋祭りの提灯かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【タケシマランの実】
秋祭りの提灯かな。
1
【オニシオガマ】
ロープウェイの案内嬢だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【オニシオガマ】
ロープウェイの案内嬢だ。
【2日目の歩数】
二日合わせて5万歩だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目の歩数】
二日合わせて5万歩だ。
1

感想/記録

久しぶりの連休晴れ予報。
もう初氷の便りが届く。
北アルプスは、そろそろ初雪も来そう。
その前にと、行って来たのが白馬岳。

いつもは日帰りだったが、それでは勿体ない。
覚悟を決めて、今回は小屋泊まりだ。
朝晩が肌寒くなってきたので、登山者は少なくなったかな。
それとも、やっと出た晴れ予報に、殺到するのかな。

土曜日は、のんびり出かけて八方に到着。
と思ったら、駐車場が満車。
なんと、日曜にはトレランの競技があるとのこと。
その受付と前夜祭などで、八方は人・人・人。
やっとの思いで、第2駐車場に車をねじ込む。

近くのコンビニで食料を…と思ったら、ここもトレランに占領されてる。
なんてこった。

翌朝は、タクシーで猿倉に乗り込む。
快晴で、山の朝焼けがすばらしい。
しかし、猿倉を出発すると、早くもガスが出現。
でも、まだ稜線は晴れているようだ。
大雪渓に急ごう。

大雪渓の状態は、言うほど悪くはなかった。
短くはなっているが、さすが腐っても鯛だ。
アイゼンなしで快適に登る。
途中、ガスが出ては晴れ、晴れてはガスりと目まぐるしく変化する。
ガスが取れるたびに、景色に感動。

雪渓が尽きると、ジグザグの急坂だ。
でも、花が豊富で飽きない。
見下ろすと、大雪渓には蟻の行列が。

コースが登り易いせいか、難なく村営小屋に到着。
外に、ビールの自販機が置いてあった。
500mlが700円、350mlは550円だ。
テーブルがあれば、一杯やってもいいかな。
残念ながら、長いベンチしかない。
落ち着かないので、ビールは上までお預けだ。

白馬山荘に到着。
受付を済ませると、今夜は6畳部屋に6人ということだった。
前日の唐松山荘は、1畳3人だったとか。

山頂往復した後、早速スカイプラザで生ビール。
なんだか、いつもの山行とは全く違う気分。
人も多いし、山の上の下界みたい。

朝は、朝食後に御来光。
予報に反して、空は高曇りだ。
太陽が顔を出したと思ったら、すぐに上の雲に隠れてしまった。
でも、ガスが湧く前の眺望は最高だ。
剱、槍穂はもちろん、富士山も見える。
八つ、南ア、中ア、乗鞍、白山と全部丸見えだ。
正面すぐ近くに、妙高、火打、雨飾が見えるのが嬉しい。
遠くは、尾瀬の燧や日光白根までも見えているようだ。

下山は、栂池に下る。
蓮華温泉に下りたかったが、車まで戻るのが大変だ。
人の行列に飲み込まれながら、大池、天狗原、自然園へと辿った。
最後まで、富士山、鹿島槍が見えていた。
立ち止まっては眺め、眺めては立ち止まる。
大展望の北アの稜線歩きを、心ゆくまで味わった。

帰り道、三山を見上げると、白馬鑓が尖っていた。
なぜ鑓なのかの疑問が解け、スッキリ気分で帰ることができた。

訪問者数:833人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ