ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985932 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

急登繋がり。ブナ立尾根から烏帽子岳

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー yarisan
天候終日 快晴
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
マイカー
七倉山荘前無料P:6時頃で数台
七倉山荘⇔高瀬ダム:タクシー \2,100/3人 (運よく登下山同じメンバーでした)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
41分
合計
8時間48分
S高瀬ダム湯俣登山口06:4406:48高瀬ダム濁沢登山口10:39烏帽子岳山頂分岐10:52烏帽子岳11:0711:18烏帽子岳山頂分岐11:2812:34烏帽子小屋12:4713:28三角点13:2914:35権太落し15:03ブナ立尾根取付15:0515:15高瀬ダム 天場15:25高瀬ダム濁沢登山口15:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ブナ立尾根:大変よく整備されており危険箇所なしです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

七倉からタクシーで高瀬ダムへ。
6時30分ゲートオープンです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉からタクシーで高瀬ダムへ。
6時30分ゲートオープンです。
霜ですべります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜ですべります。
いよいよ急登の始まり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ急登の始まり
いきなりの梯子、階段で体力消耗していきますが、よく整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの梯子、階段で体力消耗していきますが、よく整備されています。
やっと三角点。ここからバテバテでスローダウン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと三角点。ここからバテバテでスローダウン
やっと稜線にでました。
まずは前烏帽子目指して。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと稜線にでました。
まずは前烏帽子目指して。
2
快晴、大絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴、大絶景
8
烏帽子山頂まで独占状態の稜線歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子山頂まで独占状態の稜線歩き
6
山頂直下の鎖トラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の鎖トラバース
1
青空に映える烏帽子かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える烏帽子かな。
2
眼下に青い屋根の烏帽子小屋と裏銀座方面の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に青い屋根の烏帽子小屋と裏銀座方面の稜線
3
小屋閉めあとでちょっと寂しい小屋付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋閉めあとでちょっと寂しい小屋付近
1
高瀬ダムまで下山しました。
ここらへんの紅葉はこれからが見頃かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬ダムまで下山しました。
ここらへんの紅葉はこれからが見頃かな?
1

感想/記録

【これは今シーズン長雨の恩返し天気か?】
今週こそは、天気予報大当たりのピーカンでした。
「こんな日に山行かなくていついくの」ぐらいの晴天の中、残り少なくなった今シーズン最初で最後?の秋晴れに見舞われ、終日雲やガスが広がることなく、天候にも、登山道にも、大変ゴッチになった山行きとなりました。
これで紅葉が映えれば言う事なしでしたが、そんなに一度に多くのものをいただくと、再訪する機会を逸してしまうのでそれは次回のお楽しみ。
【2週続けて日本3大急登】
先週は西黒尾根を、そして今週はブナ立尾根を、2週続きの急登シリーズとなりました。
流石に裏銀座入口です。大変よく整備されており急登には違いありませんが比較的登りやすくなんと言っても15~20分毎にxx/12道標で案内されるのが励みになります。
しかしながら先週の疲れもまだ取れないせいか、後半はバテバテになり、三角点過ぎてからは一区間30分ほどかけての休み休みの歩行、いつか訪れるであろう裏銀座縦走を、テン泊装備でここを登る自身がなくなったのであります。
【大変静かな山行】
シーズンも終わりに近づき、烏帽子小屋も閉めたあとなのか大変静かな山行きでした。道中は合計で10名程のハイカーさんに出会ったのみ。
烏帽子山頂に続く白砂とハイマツの稜線はほぼ独占状態で、澄んだ秋空の下、大変贅沢な気分でした。
四十八池まで足を伸ばそうと思いましたが、これまでの急登の連続と前烏帽子への登り返しを見ると、ちょっと気持喪失。その分前烏帽子の山頂で心行くまで360度の大展望をゆっくり観賞しました。

シーズン終わりといってもまだ10月半ば。長かった9月の雨天を挽回すべく、どうかあと1ヶ月ほどはこの天気か持ってくれることを期待して、さあー来週はシリーズ最後の黒戸尾根に挑戦かしら?。。。
・・・既に雨マークですが・・・
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ