ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1014071 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

六甲山全縦走大会 11/23

日程 2016年11月23日(水) [日帰り]
メンバー node
天候曇りそして強風
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間20分
休憩
2時間20分
合計
16時間40分
Sスタート地点05:2305:45鉢伏山05:4605:50旗振山05:59鉄拐山06:0006:09おらが茶屋06:36栂尾山06:4006:54横尾山06:5907:11須磨アルプス馬の背07:1207:17東山07:2507:49妙法寺07:5508:46荒熊神社08:4908:52高取山08:5409:00安井茶屋前広場09:1109:22高取山-丸山登山口09:51鵯越駅11:05菊水山11:1811:45天王吊橋11:4612:16鍋蓋山12:1912:44再度越13:29桜茶屋(市が原)13:4213:48天狗道分岐点13:5114:29学校林道分岐14:3014:48行者尾根分岐14:5014:54イノシシのある展望地14:58アドベンチャールート分岐(全山縦走路側)15:0215:03天狗道マザーツリー15:0715:13摩耶山15:1415:18掬星台15:2715:37摩耶別山15:3915:50杣谷峠16:16三国池手前16:27丁字ヶ辻16:31藤原商店16:40記念碑台16:4117:00みよし観音17:05六甲ガーデンテラス17:09六甲石ころ亭フードテラス17:1117:23極楽茶屋跡17:34カーブ9717:3517:52一軒茶屋18:0618:14石の宝殿18:1518:34水無山18:3719:17船坂峠19:2119:50大平山20:15大谷乗越20:2420:56譲葉山20:5721:04岩倉山21:20塩尾寺21:2622:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し。

写真

撮影機材:

感想/記録
by node

初めての六甲全山縦走に参加してきました。
到着時刻はイマイチでしたが、途中つりかけた脚をなんとか復活させ、完歩出来たことに、素直に喜んでいます。
今後の為の備忘録と少しでも参考になるように下記に装備等を書き記しておきます。

天候
曇り強風
気温 スタート時12℃前後、山頂エリア6℃以下、強風の為、体感0℃ぐらい。

服装
スキンメッシュTシャツ
アディダス速乾系Tシャツ
アディダス速乾系ロンT
マムートマイクロフリース ※日没以降着用
アディダスウインドブレイカー ※日没以降着用
パンツ
サポートタイツ
アディダス膝丈短パン
アディダス一般用ソックス
アディダストレランシューズ(古いもの)

装備
ザック30ℓ
ストック2本
水1ℓをハイドレーション
水500ml×2本→飲まず
お茶500ml×1本→飲まず
アミノバイタルゼリー飲料×3本→1本余り
おにぎり×3個
一本満足チョコ×1本
一本満足リンゴタルト×2本→一本贈呈
チョコバウムバー×1本
カロリーメイト×2本→余り
無印ドライフルーツ→半分余り
ベビースター柿の種MIX4連パック→2個余り
ヴァーム粉末10本→7本余り
塩分プラス飴×15個→8個余り
ダウンベスト→使用せず
ユニクロ極暖ロンT→使用せず
着替えロンT→使用せず
着替えソックス→使用せず
着替えパンツ→使用せず
タオル使用せず
ウール帽子→最高峰地点から使用
ヘッドライト
予備電池→使用せず
モバイルバッテリー×2個→1つで充分。
手袋×4組→2組貸与
マフラータオル→使用せず
手ぬぐい→使用せず
アームカバー→使用せず
カイロ×2個→使用せず
バンドエイド各種→使用せず
レインウェア→使用せず
ウエットティッシュ→使用せず
レジャーシート→使用せず
座布団銀マット→使用せず
ビニール袋×4→1つゴミ用として使用

ヘッドライトは少し古いペツルのティカXP2を使用。明るさは60ルーメンしかなく、夜間の登山道ではギリギリの明るさと感じました。やはり100ルーメン以上の明るさは欲しいところです。あと食糧もザックを降ろさず歩きながらでも取れるところに携行しておく事も重要ですね。量と種類について、おにぎりはもう一個あってもよかった、それと塩気のあるおかき等もあるとよかった。服装に関しては、今回は風が一日中風が強く、休むとスグに体温を持っていかれる状況で、汗かきの自分には服装着たり脱いだりと体温調整が大変でした。ファイントラックのサイドベンチレーションのレイヤーシステムが欲しいと思いながら歩いてました。

今回初参加でグループで歩いたことと、ハーフトレーニングもせずで、特に後半コースの距離感やイメージが不明なままで、確脚力・体力的にもあまり人を追い越すこともなく、途中の太ももの痙攣にびびり、結果的に長時間での完歩となった。幸いにも膝へのダメージは少なかった為、もう少し脚力を付けて、12時間以内に帰って来れるようにしたい。

訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ