ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780883 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳〜硫黄岳

日程 2015年12月18日(金) 〜 2015年12月19日(土)
メンバー imagawa, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間19分
休憩
0分
合計
10時間19分
S赤岳山荘駐車場06:1609:15行者小屋11:35赤岳山頂11:3012:30赤岳天望荘12:2013:50横岳14:30硫黄岳山荘15:05硫黄岳15:0215:15赤岩の頭16:17赤岳鉱泉
2日目
山行
1時間33分
休憩
0分
合計
1時間33分
赤岳鉱泉08:3910:12赤岳山荘駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳山荘〜行者小屋
特に危険箇所はなく、アイゼン無しでも滑りません。河原のような開けたところにトレースがありました。

行者小屋〜赤岳(文三郎尾根)
行者小屋を過ぎて少し歩いたところで傾斜がきつくなってきます。その直前でアイゼンを装着しました。森林限界を過ぎて稜線に出るまでは歩きやすいです。途中にバリエーションルートを登ってる2人組がいました。
稜線に出てからは岩場でピッケルを使いながら登ります。足を高く上げるところもありなかなか大変です。
積雪は赤岳山頂で20僂らいかな。

赤岳〜硫黄岳山荘
風があり、顔が冷たい。雪は締まっていて、アイゼンがよく効きます。場所によってはキックステップでザクザク降れます。
ところどころにハシゴと鎖場あり。足場の狭いトラバースがあるので、鎖の確保は必須です。友人が雪庇とまではいかないまでも、落ちかけました。運良く下半身が埋まったくらいのところで止まりました。

硫黄岳山荘〜硫黄岳
傾斜が緩くすぐ登れそうでしたが、雪がふかふかでプチラッセル。今まであったトレースもどこかに行き、登るのが大変です。ここで結構体力を使い、少し汗ばみました。硫黄岳に出て風に吹かれると少し寒かったです。

硫黄岳〜赤岳鉱泉
樹林帯歩きにあるのでアイゼンの引っ掛け注意です。

赤岳鉱泉〜赤岳山荘
林道に入ると結構凍っててツルツル滑ります。アイゼンの無しで下りましたが、チェーンスパイクがあると便利だと思います。アイゼンだと前爪をいろんなところに引っ掛けそうです。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー タイツ ズボン グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 サングラス タオル ポール
備考 チェーンスパイクがあると林道歩きは便利かも

写真

暗い中6:15に登山開始!
2015年12月18日 06:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗い中6:15に登山開始!
1
日が昇って山のてっぺんに光が当たってきれいです。さっきまでマイナス16度くらいあったかな。
2015年12月18日 09:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇って山のてっぺんに光が当たってきれいです。さっきまでマイナス16度くらいあったかな。
1
空の青が濃い!冬山っぽい感じです。
2015年12月18日 09:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空の青が濃い!冬山っぽい感じです。
4
目指す山々がみえました!
2015年12月18日 10:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す山々がみえました!
3
赤岳へと続く鎖場。鎖とピッケルを使いながら登ります。
2015年12月18日 11:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳へと続く鎖場。鎖とピッケルを使いながら登ります。
1
ついに山頂到着!富士山がきれいです。
2015年12月18日 11:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに山頂到着!富士山がきれいです。
2
ピンボケだけど快晴の赤岳です。風が冷たくてうまく撮れない。
2015年12月18日 13:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンボケだけど快晴の赤岳です。風が冷たくてうまく撮れない。
エビのしっぽがすごい。
2015年12月18日 13:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビのしっぽがすごい。
3
さっき登った赤岳からここまできました。
2015年12月18日 13:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき登った赤岳からここまできました。
2
赤岳と阿弥陀岳
2015年12月18日 13:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳
2
めちゃこわのトラバース
2015年12月18日 13:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めちゃこわのトラバース
1
目指す硫黄岳が見えてきたか⁈
2015年12月18日 14:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す硫黄岳が見えてきたか⁈
1
硫黄岳への登りがきつい
2015年12月18日 14:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳への登りがきつい
1
若干汗かきながらやっと登った硫黄岳
2015年12月18日 14:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干汗かきながらやっと登った硫黄岳
2
光り輝いてます
2015年12月18日 16:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光り輝いてます
6
赤岳鉱泉
2015年12月18日 16:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
今日は煮カツ
2015年12月18日 17:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は煮カツ
2
2日目はただ帰るだけ。木道がすべります。
2015年12月19日 09:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目はただ帰るだけ。木道がすべります。
駐車場の気温はマイナス8度くらい。
2015年12月19日 10:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の気温はマイナス8度くらい。
2
撮影機材:

感想/記録

今年の1月に雲取山、2月に蛭ヶ岳、3月に金峰山と雪山に行き、ついに赤岳に挑戦しました。初ピッケルと初アイゼンです。天気に恵まれ、雲ひとつない最高の景色の中登れました。ただ気温は低く登り始めから日が出るまでは最低マイナス16度くらい。日が昇ってからも稜線はマイナス8〜11度くらいです。

文三郎尾根から登って見上げる赤岳の山容がめちゃ迫力があります。南アルプスと北アルプスがよく見えました。岩場登り赤岳山頂についたときは、めちゃ達成感があり感動しました。赤岳からの景色は360度の大パノラマで、南アルプス、北アルプス、金峰山、富士山がよく見えました。

赤岳から硫黄岳の縦走は楽に行けるかと思ってたら、登るより危険箇所が多くてビックリ。思っていたよりも時間がかかり、風の冷たさもあり、持っていったごついパンはザックにしまわれたまま。行動食で乗り切りました。肩周りと両脚が疲労でバキバキになり、体がボロボロになりながら10時間かけて山小屋にたどり着いたときはホッとしました。

噂どおり赤岳鉱泉の食事は山小屋とは思えない美味しさでした。ご飯と味噌汁はおかわり自由です。昼が行動食だけだったこともあり、ご飯3杯いっちゃいました。
登山者よりもアイスクライミングを楽しみに来てる人が多いなぁと感じました。

2日目は体の疲れもあり、サクッと帰りましたが、足場のが凍ってて、金属製のステップや木道の下り坂や石の上はツルツルで危険でした。友人は足を滑らせ、ジダンのマルセイユルーレットのようにクルッと回ってました。

多少の風となかなかの寒さはありましたが、すばらしい景色と達成感を味わえ最高の登山でした。


訪問者数:357人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ