ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 795296 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 真教寺尾根〜県界尾根

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー kzhashi(記録), ikuyokakat(CL)
天候晴れ 主稜線は、強風!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
52分
合計
7時間11分
S赤岳県界尾根ルート登山口04:5805:12真教寺尾根方面分岐05:1305:51真教寺尾根登山口05:5405:56大門沢方面分岐06:43牛首山06:5607:08扇山09:15真教寺尾根分岐09:2409:27竜頭峰09:3009:31赤岳09:3509:37赤岳頂上山荘09:4610:39大天狗11:09小天狗11:1211:49真教寺尾根方面分岐12:01赤岳県界尾根ルート登山口12:0812:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

県界尾根の登山口から歩き、真教寺尾根へ。
2016年01月10日 05:10撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県界尾根の登山口から歩き、真教寺尾根へ。
途中コースロストし、笹ヤブを這い上がるとスキー場に出た。
2016年01月10日 05:47撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中コースロストし、笹ヤブを這い上がるとスキー場に出た。
牛首山 風が強い!
2016年01月10日 06:41撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山 風が強い!
赤岳 雪が少ない。
2016年01月10日 07:07撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳 雪が少ない。
2
鎖場 ここでアイゼン、ハーネス装着
2016年01月10日 08:17撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場 ここでアイゼン、ハーネス装着
登ってきた真教寺尾根
2016年01月10日 08:17撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた真教寺尾根
1
隣の天狗尾根
2016年01月10日 08:52撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の天狗尾根
2
雪が着いてないので、全く問題なし。
2016年01月10日 08:54撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が着いてないので、全く問題なし。
1
権現からの縦走路
2016年01月10日 09:03撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現からの縦走路
4
登るはずだった旭岳東稜
2016年01月10日 09:05撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るはずだった旭岳東稜
2
五段の宮
2016年01月10日 09:05撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五段の宮
1
9番コース
2016年01月10日 09:08撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9番コース
主稜線に出たら強風!
2016年01月10日 09:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線に出たら強風!
キレットと合流
2016年01月10日 09:18撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットと合流
竜頭峰から赤岳
2016年01月10日 09:25撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜頭峰から赤岳
赤岳 人が多すぎ!
2016年01月10日 09:31撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳 人が多すぎ!
4
右が登りの真教寺 下りは、左の県界尾根
2016年01月10日 09:32撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が登りの真教寺 下りは、左の県界尾根
2
富士山 天気良いけど強風!
2016年01月10日 09:32撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山 天気良いけど強風!
2
虹が見える
2016年01月10日 09:34撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹が見える
阿弥陀岳
2016年01月10日 09:34撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
3
北峰
2016年01月10日 09:37撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰
1
残雪期の県界尾根は、危険との事。
2016年01月10日 09:39撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪期の県界尾根は、危険との事。
2
雪が少ないので、鎖が露出
2016年01月10日 09:41撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ないので、鎖が露出
2
トレースばっちり。
2016年01月10日 09:48撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースばっちり。
1
ここで、懸垂かと思っていたが、鎖が出ていたので、そのまま下る。
2016年01月10日 09:59撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、懸垂かと思っていたが、鎖が出ていたので、そのまま下る。
2
登山口。ここから林道を下る
2016年01月10日 11:32撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。ここから林道を下る
登山口
2016年01月10日 11:58撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
お疲れ!
2016年01月10日 11:59撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ!
2

感想/記録

1月9,10日で旭岳東稜に登る予定だったが、麓から見た八ヶ岳東面は、真っ黒。
雪が少なすぎるため中止し、翌日の日帰り真教寺〜県界尾根に転戦。
早朝5時、暗い中ヘッデン点けてに出発。林道を歩き真教寺への分岐を曲がってトレースを追っていくと
笹ヤブに紛れてロストしてしまった。地形図見ながら獣道を登ってスキー場の上部に出た。
無事真教寺尾根の登山道に乗り、雪の無い登山道を登っていく。牛首山で休憩するも強風で寒い。
森林限界を超えて鎖場を見ると雪が着いていないので、夏と変わらないが、とりあえずアイゼン、
ヘルメット、ハーネスを装着。アイゼンを履いてるで、分が悪いだけで登っていく。キレットの合流点に
着くと強風で一転した。竜頭峰を越え、赤岳に着くと人が多い!休める場所も無いので、北峰まで行き、
県界尾根を下っていく。トレースバッチリだが、急斜面なので慎重に下り、トラバースして、ハシゴからの
下りで懸垂下降するかもと思っていたが、鎖、ハシゴが露出していたので、そのまま下れた。
この核心部を過ぎれば樹林帯となり、全装備解除し、下っていく。小天狗からの下りが所々凍っていて、
こっちが方が怖かった。12時前に登山口に到着し、下山完了。
積雪期の東面だったが、残雪期並みの雪の少なさだったので、問題なく登れたが、通常の雪だったら
一泊山行になるのだろうか?
訪問者数:840人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ