ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880403 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

横岳・赤岳・権現岳(杣添尾根から天女山へ。regさんキレットに臨むの巻)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー yama-ari(CL), reg(食事)
天候■横岳 08:30 晴れ 8℃ 風速7〜8m(体感)
■赤岳 10:39 晴れ 15℃ 風速4〜5m(体感)
■権現岳 14:10 晴れ 17℃ 風速4〜5m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
一台を天女山の駐車場にデポし、海ノ口の横岳登山口へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間57分
休憩
2時間39分
合計
11時間36分
Sスタート地点05:1305:34東屋05:39沢の木橋06:38「ここが中間点」標識06:4107:39横岳展望地点08:18横岳(三叉峰)08:2008:23無名峰08:2608:30横岳(奥ノ院)09:1409:19無名峰09:2109:25横岳(三叉峰)09:32石尊峰09:3509:37鉾岳09:4409:46日ノ岳09:4909:55二十三夜峰09:5710:04地蔵の頭10:08赤岳天望荘10:1210:35赤岳頂上山荘10:39赤岳10:5911:02竜頭峰11:08真教寺尾根分岐11:1312:11キレット小屋12:2812:53ツルネ12:5713:17旭岳13:58縦走路分岐14:0514:06権現小屋14:10権現岳14:3615:04三ッ頭15:0715:09三ツ頭分岐15:28前三ツ頭15:3115:43「ここが一番きつい」看板15:4416:40天の河原16:49天女山上駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 携帯食 水2.0L
共同装備 常食(2)

写真

天女山に1台デポして、海ノ口自然郷横岳登山口から出発です。杣添(そまぞえ)尾根から、八ヶ岳の稜線を目指します。
2016年05月22日 05:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天女山に1台デポして、海ノ口自然郷横岳登山口から出発です。杣添(そまぞえ)尾根から、八ヶ岳の稜線を目指します。
2
登山口から別荘街を通りぬけると東屋へ。東屋には、八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンのポイントが設置されていました。登山道は走らないそうなので、よかったです(汗)。
2016年05月22日 05:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から別荘街を通りぬけると東屋へ。東屋には、八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンのポイントが設置されていました。登山道は走らないそうなので、よかったです(汗)。
1
杣添尾根のほとんどは、このようなシラビソ林の登りです。ペイントやリボンは多数です。
2016年05月22日 05:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣添尾根のほとんどは、このようなシラビソ林の登りです。ペイントやリボンは多数です。
2
昭文社の地図の枯木帯(と思われる場所)。
2016年05月22日 07:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社の地図の枯木帯(と思われる場所)。
1
枯木帯を過ぎると、残雪のトラバースがあります。注意して横切れば、アイゼンはなくても、大丈夫です。
2016年05月22日 07:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯木帯を過ぎると、残雪のトラバースがあります。注意して横切れば、アイゼンはなくても、大丈夫です。
1
森林限界に到着。目の前が三叉峰です。
2016年05月22日 08:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界に到着。目の前が三叉峰です。
7
森林限界からみた、赤岳。富士山は写真では写らないくらい薄かったです。
2016年05月22日 08:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界からみた、赤岳。富士山は写真では写らないくらい薄かったです。
5
青空が綺麗!!
2016年05月22日 08:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が綺麗!!
3
三叉峰の分岐点。ここまで約1000mの登り。やっと稜線です。
2016年05月22日 08:17撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉峰の分岐点。ここまで約1000mの登り。やっと稜線です。
2
横岳を目指します。
2016年05月22日 08:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳を目指します。
1
横岳山頂。
2016年05月22日 09:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂。
2
横岳からみた、赤岳(左)と阿弥陀岳(右)
2016年05月22日 08:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳からみた、赤岳(左)と阿弥陀岳(右)
5
硫黄岳とその奥に蓼科山。北アは薄かったです(涙)。
2016年05月22日 08:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳とその奥に蓼科山。北アは薄かったです(涙)。
2
ここで、regさんのヤマ飯。次に向かう赤岳にちなんだ、トマトベースのパスタです。
2016年05月22日 08:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、regさんのヤマ飯。次に向かう赤岳にちなんだ、トマトベースのパスタです。
7
お腹を満たして、赤岳を目指します。
2016年05月22日 09:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹を満たして、赤岳を目指します。
2
横岳の絶壁を振り返る。足元をみると・・・
2016年05月22日 09:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の絶壁を振り返る。足元をみると・・・
1
絶滅危惧種が密かに咲いていました。ツクモグサ。
2016年05月22日 09:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶滅危惧種が密かに咲いていました。ツクモグサ。
6
イワウメ。
2016年05月22日 10:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウメ。
1
オヤマノエンドウ。
2016年05月22日 09:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ。
2
キムジロ?
2016年05月22日 13:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キムジロ?
1
赤岳が正面に見えてきました。
2016年05月22日 09:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が正面に見えてきました。
4
地蔵の頭。お地蔵さんの背中が、なにかわびしい・・・
2016年05月22日 10:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。お地蔵さんの背中が、なにかわびしい・・・
2
赤岳の最後の急登です。
2016年05月22日 10:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の最後の急登です。
1
赤岳山頂到着! たくさんの人がいます。
2016年05月22日 10:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂到着! たくさんの人がいます。
1
山梨県民が写すのは、登山者に見向きもされないこの標柱! 私は5回目の赤岳です。
2016年05月22日 10:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県民が写すのは、登山者に見向きもされないこの標柱! 私は5回目の赤岳です。
6
赤岳でヘルメットを装着し、目の前の権現岳へ。その間にキレットが待ち受けます。
2016年05月22日 10:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳でヘルメットを装着し、目の前の権現岳へ。その間にキレットが待ち受けます。
2
いよいよこの分岐に!! 高所恐怖症のregさん、かなり緊張気味!
2016年05月22日 10:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよこの分岐に!! 高所恐怖症のregさん、かなり緊張気味!
1
regさん順調な足取り! それにしても切れ込んでいますね〜〜
2016年05月22日 11:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
regさん順調な足取り! それにしても切れ込んでいますね〜〜
3
とてもわかりやすい、標識。
2016年05月22日 11:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもわかりやすい、標識。
2
目の前に大天狗が見えてきました。登ってみると誘ってみましたが、冗談を言わないでと怒られました(笑)
2016年05月22日 11:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に大天狗が見えてきました。登ってみると誘ってみましたが、冗談を言わないでと怒られました(笑)
4
いよいよ核心部! regさん慎重です!
2016年05月22日 11:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ核心部! regさん慎重です!
2
おお、止まった。どうするregさん! もしかしてその岩場を前向きに降りるのか!!
2016年05月22日 11:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、止まった。どうするregさん! もしかしてその岩場を前向きに降りるのか!!
6
よかった、ちゃんと、お尻から降りました!
2016年05月22日 11:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よかった、ちゃんと、お尻から降りました!
5
次なる関門のハシゴ。もしかしてダイビング?? なわけないか。。
2016年05月22日 11:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なる関門のハシゴ。もしかしてダイビング?? なわけないか。。
4
岩場が終われば、200mちかくあるガレ場を急降下! 気を付けないと、足をとられます。
2016年05月22日 11:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場が終われば、200mちかくあるガレ場を急降下! 気を付けないと、足をとられます。
3
横をみると、綺麗な阿弥陀岳(左)と中岳(右)。regさんは見る余裕はない模様。
2016年05月22日 11:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横をみると、綺麗な阿弥陀岳(左)と中岳(右)。regさんは見る余裕はない模様。
4
やっと、直登のガレ場が終わりました。見上げるとこんな感じです。落石必死の場所ですね〜〜。他の登山者がいなくて、よかったです。
2016年05月22日 11:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、直登のガレ場が終わりました。見上げるとこんな感じです。落石必死の場所ですね〜〜。他の登山者がいなくて、よかったです。
4
やっと、核心部を過ぎて、regさんにも風景を見る余裕が。阿弥陀岳。
2016年05月22日 12:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、核心部を過ぎて、regさんにも風景を見る余裕が。阿弥陀岳。
3
カッコいい大天狗。Kazuhagiさんに、登山依頼してみようかな〜〜(笑)
2016年05月22日 12:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カッコいい大天狗。Kazuhagiさんに、登山依頼してみようかな〜〜(笑)
4
キレット小屋は無人でした。
2016年05月22日 12:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋は無人でした。
1
次は、山梨200候補山になっているツルネを登ります。
2016年05月22日 12:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は、山梨200候補山になっているツルネを登ります。
1
ツルネと思われる場所からの風景。左から、阿弥陀岳、中岳、赤岳。いい景色です。
2016年05月22日 12:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルネと思われる場所からの風景。左から、阿弥陀岳、中岳、赤岳。いい景色です。
4
あれれ? しばらく進むとツルネの標識。地図で確認すると、先の場所がツルネではなかったようです。
2016年05月22日 12:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれれ? しばらく進むとツルネの標識。地図で確認すると、先の場所がツルネではなかったようです。
1
地図上のツルネはこんな場所。すこし残念な感じ。景色はいいです。
2016年05月22日 12:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上のツルネはこんな場所。すこし残念な感じ。景色はいいです。
3
次なる山の旭岳(左)を目指します。右はギボシ。
2016年05月22日 13:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なる山の旭岳(左)を目指します。右はギボシ。
2
旭岳(左)とregさん。なんかカッコいい!
2016年05月22日 13:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳(左)とregさん。なんかカッコいい!
3
登山道からすこし登って旭岳山頂! ツルネよりもさらにいい景色!!
2016年05月22日 13:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道からすこし登って旭岳山頂! ツルネよりもさらにいい景色!!
3
旭岳からの阿弥陀岳(左)、中岳(中)、赤岳(右)。その間から、横岳と硫黄岳も見えます!! 南アのオールスター! ちなみに、中岳の手前の小山が最初にツルネと思った場所。その右の稜線の先が地図上のツルネ。
2016年05月22日 13:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳からの阿弥陀岳(左)、中岳(中)、赤岳(右)。その間から、横岳と硫黄岳も見えます!! 南アのオールスター! ちなみに、中岳の手前の小山が最初にツルネと思った場所。その右の稜線の先が地図上のツルネ。
6
旭岳山頂からの権現岳(左)とギボシ(右)。いよいよ、30mのハシゴがまっています。
2016年05月22日 13:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳山頂からの権現岳(左)とギボシ(右)。いよいよ、30mのハシゴがまっています。
1
ハシゴの手前で、足取りが重くなっているregさん。奥は旭岳(左)と赤岳(右)。
2016年05月22日 13:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴの手前で、足取りが重くなっているregさん。奥は旭岳(左)と赤岳(右)。
2
いざハシゴ! 撮影班の心配をよそに、regさんは、30mのハシゴを一気に登っていきます。決して、周りをみようとはしませんが(笑)。
2016年05月22日 13:56撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざハシゴ! 撮影班の心配をよそに、regさんは、30mのハシゴを一気に登っていきます。決して、周りをみようとはしませんが(笑)。
5
最後の難関(!?)のハシゴを制覇した男の姿。周りを見なかったのでハシゴは怖くなかったとのこと。よかったです。権現岳の山頂が男を迎えてくれます。
2016年05月22日 14:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の難関(!?)のハシゴを制覇した男の姿。周りを見なかったのでハシゴは怖くなかったとのこと。よかったです。権現岳の山頂が男を迎えてくれます。
1
権現岳山頂で記念撮影。もちろん、岩に立つことはしません!
2016年05月22日 14:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳山頂で記念撮影。もちろん、岩に立つことはしません!
4
権現岳の岩場の南にある神社。桧峰神社というそうです。大栃山を愛するregさんは、お参り。
2016年05月22日 14:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の岩場の南にある神社。桧峰神社というそうです。大栃山を愛するregさんは、お参り。
1
権現から、最後のお山の三ツ頭(手前のお山)に向けて、下っていきます。キレットに手こずり、ここで、計画より1時間10分のビハインド。
2016年05月22日 14:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現から、最後のお山の三ツ頭(手前のお山)に向けて、下っていきます。キレットに手こずり、ここで、計画より1時間10分のビハインド。
2
三ッ頭に到着。ここもいい景色です。南ア、富士山はガスガスで、写真なし。
2016年05月22日 14:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ頭に到着。ここもいい景色です。南ア、富士山はガスガスで、写真なし。
3
キレットを制覇して、元気を取り戻したregさんは、スタスタ歩いていきます。前三ッ頭の手前付近です。
2016年05月22日 15:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを制覇して、元気を取り戻したregさんは、スタスタ歩いていきます。前三ッ頭の手前付近です。
2
あっというまに天ノ河原に到着。ガスで景色はいまいち。
2016年05月22日 16:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっというまに天ノ河原に到着。ガスで景色はいまいち。
2
キレット制した男の逆転の下りで、気が付けば、計画通りの時間に天女山の駐車場に到着しました。レコの標高差、移動距離以上に、乳酸が溜まった山行となりました。
2016年05月22日 16:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット制した男の逆転の下りで、気が付けば、計画通りの時間に天女山の駐車場に到着しました。レコの標高差、移動距離以上に、乳酸が溜まった山行となりました。
3

感想/記録

■杣添尾根から天女山へ。regさんキレットに臨むの巻

 2年ぶりの八ヶ岳。山梨に住んでいながら、低山ばかりに明け暮れて、
この名山たちが、忘れ去られていました(笑)。

 すでに、八ヶ岳は全山制覇していますが、宿題としてキレットがありました。
キレット近くには、山梨200名山候補のツルネがあります。
今回はここの調査を目的に、杣添尾根から天女山までの縦走を計画してみました。

<みんなで選ぶ山梨200名山>
http://www.yamareco.com/modules/xsns/?cid=143

 憧れのキレット越えは、楽しみですが、問題はregさんの高所恐怖症。
赤岳の山頂に着いたときには、regさんに笑顔がない!! ヘルメットを
付けるころには、緊張Max状態! 鶏冠山のときと似ています(笑)。

 核心部の岩場とガレ場をなんとか終え、キレット小屋についたときには、
regさんに笑顔も。最後の30mのハシゴも難なく終え、元気復活。
権現岳からの下りは、私が置いて行かれるほどのスピードでした(大笑)。

 八ヶ岳は遊べますね〜〜〜。低山なんかしてる場合じゃないですね。
改めてその良さを実感しました!

感想/記録
by reg

赤岳にちなんで、赤いモノ…を考えて、
トマトソースのパスタにしました。
一応、パスタに添えたサニーレタスは八ヶ岳産のものです。
あ、今回はyama-ariさんも調理に協力していただきました。
(ソースを焦がさないように温めてくれました)

赤岳パスタ 男2人分
<材料>
パスタ 300g
玉ねぎ 中1.5個
トマト缶 1缶
ベーコン 6枚
八ヶ岳産サニーレタス 4枚
オリーブオイル、チューブにんにく、コンソメ、塩、こしょう、タバスコ 

<前日準備>
1 パスタをくにゃっと曲がるくらいまでゆでたら、オリーブオイルをからめてジップロック
2 玉ねぎをスライスし、オリーブオイルとにんにくで炒める
3 トマト缶とベーコン短冊切りを入れて煮込み、コンソメ、塩、こしょうで味を調える
4 3をジップロック

<山で>
1 お湯500cc、コンソメスティック1本、パスタをコッヘルにいれ、温める
2 ソースを温める
3 トッピングする
訪問者数:450人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2053
2016/5/23 19:58
 良い山行でしたね!
yama-ariさん regさん コンばんはpaper

天候に恵まれ、標高差とんでもない↑1500↓1700以上とは素晴らし
小天狗も怖いオッサンにとっては無理な縦走
先週休んだから爆発しましたね〜
regさんの気持ちわかります。オッサンも腰引けますので…緊張感ハンパねーし
ハシゴの小さい錆びも気になりますからね!
その中でregさんを見て、楽しんでいる方がいますな〜smile
性格あらわれていまーす(笑)
調査本当にお疲れ様でした!(オッサンはサボリ&未登頂多しなので何も言えません)

権現の桧峰神社は知りませんでした!御坂の釈迦ヶ岳と関係あるのか?不思議
八ヶ岳は諏訪大社に由来するものが多いと感じてましたがね〜
登録日: 2011/8/26
投稿数: 1991
2016/5/23 21:12
 同感!
yama-ariさん、regさん、こんばんは

今年は異常なほど雪解けが早いので、
「低山なんかしている場合じゃない」という感想に、
思わずうなづいてしまいました。
せっかく早い時期から高山に登れるので、登らないともったいないですよね。
個人的には八ヶ岳と谷川岳を日帰り東西横綱と考えてますが、
お2人とは逆の方に行ってしまいました。

旭岳、忘れてました。
稜線からちょっと外れてますが、ここも良い場所でしたね。
赤岳〜権現岳は八ヶ岳の中では最も空いている区間ですが、
いい山とキレットという変化球と、十二分に楽しめます。
regさんもキレット制覇できっと自信をつけられたのでは。
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 175
2016/5/23 22:16
 コメントありがとうございます
Kazuhagiさん
yama-ariさんは、今回とっても気をつかって、ペースを合わせてくれました。
キレットのガレ場では、私は立ち止まっては足の置き所を考え、
の繰り返しでしたが、
せかさずに、ゆっくり後ろから来てくれました。
「びびっているところが絵になるし、写真も撮りやすかった」と言ってましたが。

hirokさん
自信、というか「怖いところは見なければ良い」という技を覚えました。
見てしまうと足が前に出そうになかったので、足下だけを見つめていました。
自然に見えてしまうようなところは、やっぱり怖いです。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 525
2016/5/24 18:01
 Re: 良い山行でしたね!
Kazuhagiさん。メッセージありがとうございます。

 「良い山行」とほめられると、何か裏があるのではと考えてしまいますよ(笑)。
バリルートじゃないし、実線ルートだど、今回もお咎めがあるのではと、regさん
と話していました(笑)。今回は素直に喜ぶこととします<m(__)m>

 大天狗、是非やってもらいたいのですが・・・・だめですか。残念です。
踏跡は見えたので、やった人はいると思いますけど、諦めます(涙)。

 「regさんを見て、楽しんでいる方がいますな」って、誰のことですか?
私は、いつもあたたかな眼差しで、regさんを見つめているので、私じゃないですね〜〜

 桧峰神社について、何かわかったら、教えてください<m(__)m>
登録日: 2012/12/5
投稿数: 525
2016/5/24 18:08
 Re: 同感!
hirokさん。メッセージありがとうございます。

久々に八ヶ岳にいってみて、改めて「森林限界っていいな〜〜」と
思いました。南アや北アの醍醐味が、八ヶ岳はコンパクトにまとまって
いる感じですね〜

日帰りの東西横綱とは、上手い表現ですね。レコを拝見すると
谷川岳を絡めた縦走もしたくなりました。雪はおもったほどじゃないですね。

やっぱり旭岳も立ち寄られたんですね。hirokさんが来てないわけないと
regさんと話していました。いいところですね。でも、キレットのあの直登&ガレ
はすごい! いい勉強になりました!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ