ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881580 全員に公開 山滑走剱・立山

スキーシーズンラストに - 浄土山根城に御前沢、山崎カールは快適、大日岳は修行 -

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月23日(月)
メンバー Nishiden(CL)
天候3日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
アルペンルート立山駅からケーブルカー、高原バスで室堂。
下山口称名バス停から乗り合いバスで立山駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間52分
休憩
0分
合計
1時間52分
S室堂16:2318:15浄土山南峰
2日目
山行
5時間48分
休憩
3時間4分
合計
8時間52分
浄土山南峰06:5807:05雄山谷標高2600m07:2007:34一の越山荘07:4808:53雄山09:1409:21御前沢標高2720m09:3410:44雄山11:1112:02室堂13:1814:57浄土山15:05浄土山南峰15:1215:30龍王岳15:4115:50浄土山南峰
3日目
山行
9時間19分
休憩
2時間2分
合計
11時間21分
浄土山南峰04:5205:41雷鳥平05:5206:20新室堂乗越06:39室堂乗越07:352511mピーク07:3907:43カガミ谷乗越07:4708:17奥大日岳08:2808:36奥大日岳三角点09:0011:02大日小屋11:1111:29大日岳11:5812:01大日小屋14:02大日平山荘14:0314:41牛ノ首14:5515:37大日岳登山口15:4015:44八郎坂登り口15:4615:50称名滝展望台15:5916:02八郎坂登り口16:06大日岳登山口16:0716:13称名滝駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御前沢、雄山谷は稜線から見える範囲は残雪十分、山崎カールは社務所少し下より雷鳥平まで雪がつながっている。浄土山カールも龍王カールも全面滑降可能。室堂標高辺りでは縦溝に注意。早朝はアイスバーンに注意。
室堂乗越-奥大日-大日岳間は急な雪面の登下行、トラバースがありアイゼンとピッケル又はウィペットが必携。大日小屋から大日平らへの下りは夏道露出7割位でスキー可能雪面は断続的に3個所ほどで合わせて500m程度。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

室堂に夕方到着、まだまだ雪あるね。
2016年05月21日 16:25撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂に夕方到着、まだまだ雪あるね。
1
一ノ越への道で雪切れ一ヶ所、長くはない。
2016年05月21日 17:04撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越への道で雪切れ一ヶ所、長くはない。
浄土山カールを詰め、振り返ると雄山。
2016年05月21日 18:04撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山カールを詰め、振り返ると雄山。
1
カール最上部の急傾斜地。
2016年05月21日 18:04撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カール最上部の急傾斜地。
浄土山南峰から剱岳。
2016年05月21日 18:26撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山南峰から剱岳。
1
薬師岳、五色ヶ原方面。
2016年05月21日 18:27撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳、五色ヶ原方面。
1
S田先生ご一行と夕日観賞会。
2016年05月21日 18:41撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
S田先生ご一行と夕日観賞会。
月も出てきた。満月は明日。
2016年05月21日 18:41撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月も出てきた。満月は明日。
地平線上雲が厚く、焼け具合は写真では今一。
2016年05月21日 18:50撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地平線上雲が厚く、焼け具合は写真では今一。
2日目朝、龍王カール源頭からの雄山。
2016年05月22日 06:55撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目朝、龍王カール源頭からの雄山。
1
滑降した龍王カールを見上げる。
2016年05月22日 06:59撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑降した龍王カールを見上げる。
1
一の越山荘も営業している。
2016年05月22日 07:36撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の越山荘も営業している。
雄山の神社最高点。鳥居もくぐれる。
2016年05月22日 08:52撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山の神社最高点。鳥居もくぐれる。
室堂、大日岳方面を俯瞰。
2016年05月22日 08:54撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂、大日岳方面を俯瞰。
2
神社山頂から社務所を見下ろす。
2016年05月22日 08:56撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社山頂から社務所を見下ろす。
1
雄山の祠山頂から大汝、剱岳。
2016年05月22日 08:56撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山の祠山頂から大汝、剱岳。
御前沢を標高2700m近くまで滑って来た。
2016年05月22日 09:16撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前沢を標高2700m近くまで滑って来た。
まだ下れるが、緩いのでここまで。
2016年05月22日 09:16撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ下れるが、緩いのでここまで。
広々としたカールのこの場を独占する幸せ。
2016年05月22日 09:30撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としたカールのこの場を独占する幸せ。
2
雄山へ登り返して今度は山崎カール、ドロップイン寸前の先行者。
2016年05月22日 11:07撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山へ登り返して今度は山崎カール、ドロップイン寸前の先行者。
ローソク岩と室堂一帯が眼下に。。
2016年05月22日 11:10撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ローソク岩と室堂一帯が眼下に。。
1
ざらめの快適斜面。
2016年05月22日 11:10撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ざらめの快適斜面。
ブラボー山崎カール。
2016年05月22日 11:13撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブラボー山崎カール。
2
観光客ひしめく室堂ターミナルで昼休み。
2016年05月22日 11:57撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客ひしめく室堂ターミナルで昼休み。
右手の室堂山大地から浄土山に戻ります。
2016年05月22日 13:14撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の室堂山大地から浄土山に戻ります。
浄土山西面の急傾斜地、雪面の一番上辺りに夏道が出てる筈。
2016年05月22日 14:07撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山西面の急傾斜地、雪面の一番上辺りに夏道が出てる筈。
露出夏道見つけました。
2016年05月22日 14:27撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露出夏道見つけました。
浄土山北峯からの南峰、竜王岳。
2016年05月22日 14:54撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山北峯からの南峰、竜王岳。
竜王岳、登山道にはもう全く雪はない。
2016年05月22日 15:20撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王岳、登山道にはもう全く雪はない。
竜王岳山頂。
2016年05月22日 15:34撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜王岳山頂。
1
夕焼けは昨日より少しだけ赤い。
2016年05月22日 18:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けは昨日より少しだけ赤い。
3日目の朝、5時前に出発。
2016年05月23日 04:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝、5時前に出発。
槍にはバイバイ
2016年05月23日 04:47撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍にはバイバイ
1
浄土山南北峰間から雄山に向かって滑り降りる。雪はガチガチ。
2016年05月23日 04:52撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土山南北峰間から雄山に向かって滑り降りる。雪はガチガチ。
1
奥大日岳に朝日があたる。
2016年05月23日 05:05撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳に朝日があたる。
立山の裾を雷鳥平へとトラバース、縦溝越えでガタガタ。
2016年05月23日 05:05撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山の裾を雷鳥平へとトラバース、縦溝越えでガタガタ。
シートラで新室堂乗越へ上がって来た。奥大日岳が近づく。
2016年05月23日 06:19撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シートラで新室堂乗越へ上がって来た。奥大日岳が近づく。
1
地獄谷を見下ろす。
2016年05月23日 06:24撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷を見下ろす。
剱岳登場。
2016年05月23日 06:59撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳登場。
奥大日岳最高点下のトラバース。
2016年05月23日 08:07撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳最高点下のトラバース。
奥大日岳三角点に到達。
2016年05月23日 08:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳三角点に到達。
1
中大日岳、大日岳へ向かって行く。
2016年05月23日 08:39撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中大日岳、大日岳へ向かって行く。
七福園の手前、鎖場を覆う雪壁がはだかる。
2016年05月23日 10:02撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福園の手前、鎖場を覆う雪壁がはだかる。
攀じ登った雪壁から下を見下ろす。
2016年05月23日 10:12撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
攀じ登った雪壁から下を見下ろす。
鎖場の上半分は出ている。
2016年05月23日 10:12撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の上半分は出ている。
落とし穴に落ちた。
2016年05月23日 10:42撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落とし穴に落ちた。
中大日岳の北斜面をスキーでトラバースして大日小屋の真下に来た。
2016年05月23日 11:09撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中大日岳の北斜面をスキーでトラバースして大日小屋の真下に来た。
大日岳へ一登り。
2016年05月23日 11:10撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳へ一登り。
大日岳山頂。
2016年05月23日 11:34撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳山頂。
2
称名登山口から上がって来た人。
2016年05月23日 11:34撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
称名登山口から上がって来た人。
大日小屋からここまで滑って、
2016年05月23日 12:00撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋からここまで滑って、
雪が切れて夏道の下り。
2016年05月23日 12:00撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が切れて夏道の下り。
プラ靴脱いでトレランシューズに。
2016年05月23日 12:53撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プラ靴脱いでトレランシューズに。
大日平への下りから大日岳を振り返る。
2016年05月23日 13:59撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平への下りから大日岳を振り返る。
大日平のど真ん中、薬師岳を遠望する。
2016年05月23日 14:06撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日平のど真ん中、薬師岳を遠望する。
牛ノ首まで降りてきた。この下は崩壊注意の急坂地帯。
2016年05月23日 14:40撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ノ首まで降りてきた。この下は崩壊注意の急坂地帯。
シラネアオイ。
2016年05月23日 14:46撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。
1
ハンノキ滝を望む。
2016年05月23日 15:22撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンノキ滝を望む。
2
登山口に到着、こんだけ背負って来ました。
2016年05月23日 15:38撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着、こんだけ背負って来ました。
2
虹を吐く人?
2016年05月23日 15:51撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹を吐く人?
4
虹が懸かる称名滝。
2016年05月23日 15:56撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虹が懸かる称名滝。
4
帰りに寄ったスーパーの駐車場から黒い大日岳、白い立山、浄土山も。
2016年05月23日 18:28撮影 by uTough-6020 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに寄ったスーパーの駐車場から黒い大日岳、白い立山、浄土山も。
1
撮影機材:

感想/記録

 土曜日休日勤務だが午後は早く終わり、月曜日には代休を取った。2泊2.5日で今シーズンBCスキーラストを飾るべく、浄土山を根城に、3000mからの滑降と大日岳へのロングツアーを組み合わせた。

21日 今日は夕方室堂に上がって、浄土山の小屋に着けばよい。シールを着けて一ノ越への明瞭なトレースを辿り、祓堂辺りから浄土山カールの沢に入っていく。沢筋は稜線までしっかりと、広々と雪が残っているが、一ノ越-浄土山間の尾根はあらかた雪が無く、沢の途中から尾根に上がっていくことも出来ない。沢を詰めると急になっていくのでクトー使用。稜線および南峰の小屋まで板を脱がずに行けた。

 一人寂しく小屋に泊まるつもりだったが、S田先生ご一行4名が先着していて、宴会を楽しめた。

22日 中日のこの日は3000mからの滑降を楽しむ日。先ずは龍王カールを雄山谷まで滑り降りる。朝7時はまだ雪面は硬めで、最上部の急斜面は慎重に入るが、後は気持ちよくスラロームで雄山谷に出る。一ノ越までの標高差100mを登り返すが、どうせ上でシートラになるのでここから板を担いでアイゼンで登った。一ノ越から雄山三角点まではもう完全に雪が無く、雄山の社務所前でやっと雪が踏める。

 御前沢はまだ完璧に雪の世界、東斜面に陽があたって適度に緩み始めたザラメ雪で急斜面も怖くなくなった。標高2700m位まで滑ったら後は緩くなって面白くないので登り返すことにした。滑降距離は長くなかったが、室堂側からは想像つかない広々としたカールの景観、ここを独り占めしている気分がたまらない。
 小一時間で再び雄山、今度は反対側の山崎カールを下りる。こちらはもう何人も入っていて、ドロップポイントに僕が立った時も先行者一人が下りようとしていた。雄山山頂直下から、室堂山荘手前までの標高差600m、今日一番の大滑降を楽しんだ。

 室堂からのブル道に出会ったところで登り返し、室堂山荘をやり過ごして室堂ターミナルへ。ここへ寄る目的はゴミ捨てとトイレ、そしてビール。しばらくまったりして、ほろ酔いが覚めて来たらさて、浄土山へ帰るとしよう。

 今度は室堂山方面の西面から浄土山北峰に上がることにする。他のスキーヤー、ボーダーに混じって室堂山の台地へと登って行き、左に逸れて次第に急になる斜面を上がっていく。目印の大岩を左手に見て雪の切れ目の一番高いところを目指していくと、露出した夏道に突き当たる。シートラ一息で北峰に達し、シール付けたままのスキーを再び履いて、南峰の小屋に戻った。

 これで今日は終わっても良かったが、目の前にある龍王岳へ夕食前のお散歩とした。ここも手前のコルの雪田を抜ければ、登山道には全く雪が残ってなかった。

23日 浄土山頂から楽しく滑るには、7時に出た昨日よりさらに遅い方が良いが、今日は長丁場なのでそんなことは言ってられず、5時前に出発した。雪は硬いし、荷物は重い、斜滑降多用で浄土山カールを無事に下りる。祓堂から先は雷鳥平までのロングトラバース、こちらは楽勝と思いきや、縦溝がかなり発達していてその振動衝撃を受け止め、バランスを保つことが結構足に来る。雷鳥平までが今日最初の修行だった。

 奥大日岳へと今度は登っていくが、雪がまだ相当硬いので初めからシートラにした。しばらくはアイゼンがよく効いて、新室堂乗越から室堂乗越を過ぎるまでは辛くも難しくもなかった。

 室堂乗越から先、1420mピークを巻き、2511mピークを越えて行くが、急な雪面のトラバースと登り、雪道と夏道のつなぎ目といったプチ難所が出てくる。一番緊張したのが奥大日岳最高点直下のトラバース。ここを滑落したらどこまで落ちていくだろうか、あ、想像しない方が良かった。最高点の平坦地に辿り着いて一安心、一息歩いて三角点の山頂へ。剱岳と対峙して一休み。

 奥大日岳から大日岳の間は大きなたわみがあり、鎖、ロープ、梯子の急坂が下りにも上りにもあり、雪に覆われていれば危険個所となる。雪道が随所で切れるので夏道を外さないルートファインディングも大事。雪庇は大分落ちてはいるが、まだ注意は必要。雪道で視界が効かないと間違った尾根に行く危険もあるが、その点は今日は大丈夫だった。中でも一番の難所が、七福園に上がる所の鎖場で、ここは行く度に雪の残り方が違うので戦略も様々となる。今回は鎖場の上半分は見えていて、下には雪の壁が残っていた。一番の弱点と見えた場所にトレースも残っていたのでそれを辿った。アイゼンフロントとウィペットのダブルアックスで。傾斜は60度位と思った。

 七福園を北寄りに巻くように進んでいくと、大日小屋の赤い屋根が見え、そこまで雪がつながっているようだ。そこでスキーを履き、中大日はパスして下降気味にトラバース、あっという間に大日小屋のすぐ下に到達した。今度はシールを着けて大日岳へ登る。ここで大日平から登って来た先行者に遭遇し、しばし歓談。自転車も山もBCスキーもやると言う、僕と共通点の多い人で、若干僕よりご年配の様だった。

 大日小屋に戻るまでが、本日最後の楽しい滑降、小屋より下100m位で夏道露出で歩かされることになる。途中2個所ほどはスキーが使える斜面がかろうじて残っていたが、藪が出始め、楽しい滑りにはならなかった。そして長い長い下り道、所々は雪が残り、崩壊、踏み抜きで下は沢の所も。途中で兼用靴は脱いで、持参したトレランシューズに履き替えた。これが正解でプラ靴のままでは辛く、より危険でもあっただろう。

 大日平山荘手前の木道地帯まで来て、最終バスには間に合うだろうとの見通しが立った。一応急ぐが辛くないペースで良い。大日平の木道歩きを過ぎて、一段急に下ると牛ノ首。そこから下が急坂地帯、スキー、兼用靴を背負った重荷では慎重さが大事。木の枝にスキーが引っかかるのも煩わしい。猿が番場を過ぎると次第に道は緩く歩きやすくなり、淡々と頑張って遂に称名滝鑑賞道の登山口に出た。

 最終バスには余裕があったので重荷はデポして称名滝展望台を往復。陽が大分傾いていたので見事に虹が出来ていたのが期待以上の収穫だった。荷物を取り戻してバス停へ。只一人の乗客となって運転手さんと会話を交わして立山駅に戻ってきた。大日小屋からの、スキーを背負っての下りもまた修行だったが、心地よい疲労感で終わることは出来た。
訪問者数:289人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2370
2016/5/24 21:01
 最高のツアーでしたね
てっきりDちゃんとマッタリツアーかと思っていましたが、かなりガッツリですね。

僕も行きたかったんですが、立山は滑り納めに…と思い、今週末にとっておきました。

内蔵助を狙ってたんですが、レコ拝見する限り御前谷も山崎カールもいい感じ。
テン泊で滑りまくるべきか悩んでます(笑)

結局今年も大日岳は滑れませんでしたが、来年ぜひ連れていってください。
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1262
2016/5/24 21:46
 総合格闘技の様相?
ニシデンさん、お疲れ様でした。
今シーズンのラストスキー、ご一緒できなくて残念でした。
ホタルイカの化身は、探索されたんでしょうか?

しかし、3日目の奥大日、大日あたりは、総合格闘技の様相に思いますが、ボクには無理だったように思います。下りの歩きがとっても速いニシデンさんが、シートラ修行してさらに強くなったら、とっても困るんですがねえ!
クマ
登録日: 2012/9/22
投稿数: 468
2016/5/24 23:56
 修行お疲れ様でした(笑)
大日の下りは相当な修行だったようですね。Nishidenさんが修行とういうからにはとても大変だったことが窺えます。
今シーズンは不完全燃焼のままスキーを納めたのにこのレコを読んだらもうひと滑りしたくなりました。
去年はシールを出しっぱなしにしていたらベトベトとになったので今は冷蔵庫に入ってます(笑)
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/5/25 4:39
 Re: 最高のツアーでしたね
Dちゃんドタキャンだったのと、月曜を代休に出来たのでしっかりツアーにしました。
立山周辺の標高の高いカール、沢はまだ楽しく滑れるでしょう。雷鳥平野営場ベースなら真砂沢なんかも。
大日岳はまともに滑れる時に是非行きたいですね。大日平への南斜面でも、早乙女岳への西尾根でも。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/5/25 4:56
 Re: 総合格闘技の様相?
浄土山で流したスキー板は見つかりませんでした。ハイマツ帯にでも突き刺さっているとしたら雪が消えても出てきそうにないですね。
あの黒い板がホタルイカのイメージですかね?僕にはホタルイカは茶色としか見えませんが。茹でる前も後でも。イカスミのイメージか、ホタルイカの沖漬けなら大分黒っぽいからでしょうか。
大日連山縦走は大半シートラで大変でしたが、藪こぎがなかったので綜合格闘技には及ばないですね。スキーが引っ掛かる頭上の枝とやり取りした位で。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/5/25 5:26
 Re: 修行お疲れ様でした(笑)
立山稜線から下りる沢ならまだまだ滑れますよ。カールならなお良し。
浄土山のカール、竜王カール、雄山谷、御前沢カール、内蔵助カール、真砂沢、剣沢、沢山あるでしょ。南向きの雷鳥沢は大分割れ目が出来てるとは聞きました。尾根状の大走りなんかは全然だめ。

シールの夏越え、僕のは冷蔵庫なんかに入れなくて大丈夫ですけどね。30年前の古いシールはべとついてますから、糊の違いでしょうか。
登録日: 2014/4/10
投稿数: 613
2016/5/25 7:24
 お疲れ様でした
シーズンラストにふさわしい充実したBCスキーツアーですね!
アルペンルート開通の時は浄土山の櫓がまだ隠れていましたがかなり露出していますね。

室堂から上はまだまだ滑るには問題なさそうですね。僕はブーツが壊れるという中途半端な幕切れだったのでブーツの修理が早く終われば最後に・・なんて考えてしまいます。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/5/25 10:42
 Re: お疲れ様でした
浄土山の小屋も、4月の時には冬季用窓からしか出入りできませんでしたが、今回南側の玄関扉が完全に露出して雪かきなく開いていました。
早くスキーブーツ直ると良いですね。高所のカールはまだ十分滑れますが、期限切れまで秒読み段階にはあるのでしょうね。
登録日: 2012/1/10
投稿数: 981
2016/5/29 17:09
 天空での連泊
最高ですね!

雪の少ない今年といえど、室堂から大日岳への稜線歩きは厳しい部分もありそうですね。
僕の場合、積雪期のソロはピストンにしといたほうが良さそうです。縦走だといざという時の撤退が難しくなりそうですし。
にしでんさんはじめ皆さんとちょいちょい同行させてもらいながら経験値上げて行けたらいいですね。
とりあえずスキーシーズン終了とのことですので、無雪期山行でまたご一緒させてください!
登録日: 2011/2/23
投稿数: 465
2016/5/30 9:26
 Re: 天空での連泊
大日岳周辺を自分でも修行と言ったのは、スキーで滑れずに背負って延々と下ることになったからで、身軽な装備で歩けばそんなに大変じゃないですよ。室堂方面から一日ではちょっと長いし、残雪終期では雪の切れ目など臨機応変対応が要りますけど。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ