ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 918346 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳、間ノ岳、農鳥岳(白峰三山縦走)

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月17日(日)
メンバー mar-san
天候一日目 曇り、二日目 霧、雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田第二駐車場まで車で、そこから広河原まではバス利用
奈良田には第一/第二の二つの駐車場がある。始発は第一からだが、そこには、20台位しかスペースがない(第二は200台位だが途中乗車)。 乗り切れない場合には、ピストンでの戻ってきたバスになるため1.5hrのロスになる。ロスしたくない場合は、第二から第一の駐車場まで歩いて行っての乗車の方が賢明(400mくらいか)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間48分
休憩
57分
合計
6時間45分
S広河原インフォメーションセンター08:0308:09広河原山荘08:19白根御池分岐09:59二俣10:0611:32草すべり分岐11:4111:52小太郎尾根分岐11:5612:30北岳肩ノ小屋12:3912:58両俣分岐13:0313:26北岳13:4914:11吊尾根分岐14:31トラバースルート分岐14:48北岳山荘
2日目
山行
9時間59分
休憩
34分
合計
10時間33分
北岳山荘05:2806:00中白根山07:01間ノ岳07:1008:04農鳥小屋08:0608:57西農鳥岳08:5909:30農鳥岳09:4410:20大門沢分岐10:2512:33大門沢小屋12:3515:43奈良田ゲート16:01奈良田駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回、前から欲しかったetex 30x(+日本高精密地形図 東日本版)のデビュー
携帯のGPSマップは手軽で便利だが、バッテリーが短いのとGPSの反応が遅いのが難点。データログ採取も泊まりの時はほぼ不可能だった。道迷いの排除とヤマレコにログを載せることが目的なので、今回の使用で携帯の短所が見事に改善され、記載のルートが全然詳しくないことを除いても大満足だった。
しかし、いざヤマレコにログを落とすと二日目のスタートとゴールの時間しか出なかった。

後日ヤマレコに問合せて問題解決 1日目と2日目の区切りの間に<trk>タグがないことが原因だそうで、手直ししたログファイルをお送り頂き解決しました。親切な対応ありがとうございました。
その他周辺情報帰り掛け 県道南アルプス公園線途中の温泉「ヘリシー美里」に立ち寄る
廃校の中学を改造したものらしい 1時間550円

写真

奈良田第二駐車場着
かなり混んでいたが、無事止められた。
どんよりと曇り空
2016年07月16日 04:57撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田第二駐車場着
かなり混んでいたが、無事止められた。
どんよりと曇り空
1
5:30発広河原行バス待ちの長蛇の列
結局中型バス3台で乗り切れず、ピストンしたバスに乗ることに、1.5hrのロス
2016年07月16日 05:05撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:30発広河原行バス待ちの長蛇の列
結局中型バス3台で乗り切れず、ピストンしたバスに乗ることに、1.5hrのロス
3
バス料金 協力金付きで1130円
2016年07月16日 06:00撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス料金 協力金付きで1130円
広河原バス停着
青空が見え始める
2016年07月16日 07:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原バス停着
青空が見え始める
1
登山道 最初の吊橋
2016年07月16日 08:04撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道 最初の吊橋
すぐに広河原山荘が見えてきます
2016年07月16日 08:06撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに広河原山荘が見えてきます
登山客多く、上りは行列状態
2016年07月16日 08:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山客多く、上りは行列状態
1
大樺沢ルートの中間地点あたり?
最初の休憩ポイント
2016年07月16日 09:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢ルートの中間地点あたり?
最初の休憩ポイント
1
高度が低くても雪が残ってます
2016年07月16日 09:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が低くても雪が残ってます
のぼり大渋滞状態
2016年07月16日 09:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぼり大渋滞状態
大樺沢二俣
ここから右俣コースへ
2016年07月16日 10:04撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢二俣
ここから右俣コースへ
小太郎尾根分岐
2016年07月16日 11:52撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小太郎尾根分岐
雲を越え、視界がひらけて
甲斐駒ケ岳が雲間から見えてきました
2016年07月16日 11:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲を越え、視界がひらけて
甲斐駒ケ岳が雲間から見えてきました
1
仙丈ヶ岳も
2016年07月16日 11:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳も
北岳へのトレールも
2016年07月16日 11:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳へのトレールも
1
まさに南アルプスの大パノラマ
2016年07月16日 11:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに南アルプスの大パノラマ
1
雲間からやっと富士山が
2016年07月16日 12:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲間からやっと富士山が
肩辺りから北岳を望む
2016年07月16日 12:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩辺りから北岳を望む
北岳肩ノ小屋到着
2016年07月16日 12:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳肩ノ小屋到着
いよいよ北岳山頂へ
2016年07月16日 12:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ北岳山頂へ
両俣小屋分岐
2016年07月16日 12:56撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋分岐
北岳山頂はもうすぐ
2016年07月16日 13:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂はもうすぐ
2
山頂三角点 着
2016年07月16日 13:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂三角点 着
1
頂上も沢山の人でしたが、天気もよく温かでした
しかし、ここでは富士山見えず
2016年07月16日 13:28撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上も沢山の人でしたが、天気もよく温かでした
しかし、ここでは富士山見えず
1
池山吊尾根を北岳山荘に向けて下る
2016年07月16日 13:58撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山吊尾根を北岳山荘に向けて下る
八本歯のコル分岐
2016年07月16日 14:09撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコル分岐
再び富士山が見え始める
2016年07月16日 14:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び富士山が見え始める
1
北岳山荘も見えてきました
2016年07月16日 14:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘も見えてきました
北岳山荘着 本日の宿泊地
入口でテントの受付を済ます
一人800円 水は使い放題。トイレはチップ制
2016年07月16日 14:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘着 本日の宿泊地
入口でテントの受付を済ます
一人800円 水は使い放題。トイレはチップ制
時間が少しだけ遅かったので、テント場はほぼ一杯
僅かに残ったテント間の平らな場所を確保。でも斜面
確保した場所からは、北岳がこんな風に
2016年07月16日 16:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が少しだけ遅かったので、テント場はほぼ一杯
僅かに残ったテント間の平らな場所を確保。でも斜面
確保した場所からは、北岳がこんな風に
3
富士山はこんな風に見えました
2016年07月16日 16:06撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はこんな風に見えました
日が陰ってきてからの北岳前景
2016年07月16日 17:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が陰ってきてからの北岳前景
1
間ノ岳も
2016年07月16日 17:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳も
2
富士山も
2016年07月16日 18:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も
1
日の入り前には赤富士に
2016年07月16日 18:42撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の入り前には赤富士に
2
翌朝は、霧
2016年07月17日 05:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は、霧
中白根山山頂
2016年07月17日 05:58撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根山山頂
1
霧の晴れ間からこんな景色が見えることも
2016年07月17日 06:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の晴れ間からこんな景色が見えることも
1
北岳も顔を出してくれました
2016年07月17日 06:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も顔を出してくれました
間ノ岳山頂
視界ゼロ
2016年07月17日 06:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂
視界ゼロ
2
三国平への分岐
2016年07月17日 07:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国平への分岐
農鳥小屋着
視界悪し
2016年07月17日 08:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋着
視界悪し
1
西農鳥岳山頂
2016年07月17日 08:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳山頂
1
農鳥岳山頂
2016年07月17日 09:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂
2
大門沢の最初の滝
2016年07月17日 11:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢の最初の滝
沢に架けられた下り最初の橋
結論から言うと、これが一番難しかった
写真では上手くデフォルメされているが、奥の橋は急になっていて、横木が斜めになっている。何故こんなに渡り辛く作る
2016年07月17日 12:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に架けられた下り最初の橋
結論から言うと、これが一番難しかった
写真では上手くデフォルメされているが、奥の橋は急になっていて、横木が斜めになっている。何故こんなに渡り辛く作る
1
二番目の橋
2016年07月17日 12:16撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二番目の橋
1
大門沢小屋到着
ここから奈良田まで3時間とのこと
2016年07月17日 12:48撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋到着
ここから奈良田まで3時間とのこと
三番目の橋
橋はノーマルだが流れが急に
2016年07月17日 13:11撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三番目の橋
橋はノーマルだが流れが急に
1
四番目の橋
2016年07月17日 13:23撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四番目の橋
1
雨のため、トレイルも川のようになっていた
2016年07月17日 13:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨のため、トレイルも川のようになっていた
2
五番目の橋
最初左手側のロープが丸太まで行くと右手に移る
迷っている人多数
正解は真中の縦棒を使って、ロープをまたいで方向転換する
2016年07月17日 14:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五番目の橋
最初左手側のロープが丸太まで行くと右手に移る
迷っている人多数
正解は真中の縦棒を使って、ロープをまたいで方向転換する
1
丸太製の橋が終り 吊り橋に
老朽化しているように見え、踏貫きそうで怖い
2016年07月17日 14:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太製の橋が終り 吊り橋に
老朽化しているように見え、踏貫きそうで怖い
1
早川水系発電所取水口
2016年07月17日 15:06撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川水系発電所取水口
りっぱな吊橋
2016年07月17日 15:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りっぱな吊橋
登山道の終点
ここから車道を4.3km歩くと駐車場
2016年07月17日 15:15撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の終点
ここから車道を4.3km歩くと駐車場
駐車場到着
2016年07月17日 15:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着
途中で立ち寄った温泉 ヘルシー美里
廃校の中学を改造したそう
2016年07月17日 17:10撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で立ち寄った温泉 ヘルシー美里
廃校の中学を改造したそう
1
撮影機材:

感想/記録

三連休の土日での南アルプス 白峰三山の縦走に行って来た。
当初雨だった天気予報が曇りにズレたため、諦め掛けていた今回の計画を決行。
雑誌などでは、二泊三日とか三泊四日とか書いてあり多少心配だったが、ヤマレコの記録では一泊二日、下手をすると日帰りというものまであり、一泊でどうにかなるだろうと、一般プラン通りにゴールの奈良田温泉まで車で向かい、そこからバスでスタートの広河原へ向かう計画を実行した。
奈良田の第二駐車場には始発5:30に間合うよう無事到着したが、既に凄い人がバス待ちで並んでいる。結局、後方に並んだ私は中型のバス3台に乗り切れず、ピストンで戻ってきたバスに乗って1.5hrのロスタイムで広河原へ到着した。
広河原に到着すると、曇っていた空から青空も見えてきて、期待が膨らむ。
早速、大勢の登山客に混じって上り始める。人が多い一本道なので、行列になるのは仕方なし。前に付いていく形で上ったため、当初予定していた草すべりルートではなく、大樺沢ルート〜右俣ルートを取ってしまった。(初めての山なので、どっちでも良いが、)
大樺沢のルートは、まだ沢に雪渓が残っていて、かなり上まで見渡すことが出来、白馬の大雪渓を思わせた。
小太郎尾根の分岐を過ぎ、稜線に出ると一挙に視界が拓け、雲間から仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳が見え隠れし、北岳へのトレールも現れ、肩ノ小屋の近くまで来ると、それまで隠れていた富士山がひょっこり顔を出し、一挙に興奮が高まる。
肩ノ小屋から1時間かかって北岳山頂に到着。風も穏やかで、気温も寒くは無く、これで靄さえなくて、視界が遠くまでハッキリしていれば、最高だったが、残念ながら山頂では富士山が拝めなかった。
宿泊地である北岳山荘では、上から見下ろした時にはまだ有りそうだったテントスペースが、到着後受付を済ませて着いたころには、目ぼしい所は既に埋まっていて、仕方ないので、テント間の隙間に割込むように設置。左に北岳、前に富士山、右に間ノ岳と場所は最高だったが、平らではなくかなり斜めっていた。
寝る前まで比較的穏やかだった風が、夜中から強くなり、それに混じってフライシートに当たる水滴の音で目が覚めた。時間は12時過ぎ。8時には寝ていたので、4時間位は眠れたことになる。それからは、風でテントが吹き飛ばされはしないかと心配し、うつらうつらとしているうちに時間が過ぎ、3時過ぎには周りのテントが起きだしたようなので、起きることに。

二日目は、霧(靄?)の中。ご来光どころか、周りの景色が何も見えないところからのスタート(5:30)。
10〜15mくらい先は何も見えなく、横なぐりの風。単独行とは言え、こんな状態で誰も見えなくなると不安になるため、なるべくどっかのパーティなんかの後に付いていくことに。中白根山を越えた辺りで、幾分か霧が晴れて景色が見渡せたが、それ以降はまるでダメ。霧と風の中で、間ノ岳、農鳥小屋、西農鳥岳、農鳥岳を通る。(感慨無し。晴れに来たかったが、雨よりましか)
大門沢下降点を過ぎた辺りから霧が晴れ風が止んだが、今度は時折降る雨となった。
高度が低くなったのと、風が止んだのと、雨で湿度が高いのと、樹林の間を縫って歩くのとで、汗だくなりながら、やっとのことで下りてきて、大門沢小屋に着く。
ここで泊まる人が多く、二泊三日ならここで泊まるべきなのだと思いつつ、残り3時間の道のりを単独で出発。沢沿いの道は、岩が多くて雨だと滑って怖い。雨で本来の道が小川のようになっている所もあるし、何回も現れる丸太の橋は激流になっている沢を渡るには、かなり心もとない作りであった。
数名の登山者に会いながら、沢を離れ、滑りやすい急坂(道の片側が坂で落ち込んでいる)を通り、予定通り3時間の内40分を残して大門沢登山道入口の車道に到着。この頃には雨もあがっており、駐車場まで残り4.3km。誰もいない道をトボトボと駐車場に帰り着いた。

ヤマレコの記録を参考にさせてもらったが、下りの道は予想以上に大変で、ほぼコースタイムのままでしか来れなかった。余裕をみて二泊三日が正解かも。また、縦走は聞こえは良いが、このルートでは北岳までのピストン(肩ノ小屋泊まりで)が、Betterかとも思われる。

先々週に日本第一位の富士山。今回は第二位の北岳と四位の間ノ岳。第三位の奥穂高岳も視野に入れたいところだが、やはり山は晴れてなきゃダメだ。
訪問者数:495人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ