ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 924361 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

白峰三山 (広河原から奈良田へ縦走)

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候晴れてはいるけど,上層の雲は多めでした。
下界は雲海の下。11時すぎにはガスが上ってきて,稜線もガスにつつまれました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田温泉の第1駐車場。500mほど奥には第2駐車場。
奈良田温泉は,新東名の新清水ICから75km。愛知県からはなかなか遠かったな〜。
(505K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間9分
休憩
53分
合計
12時間2分
S広河原山荘04:0305:32二俣05:3306:50八本歯のコル06:5207:22吊尾根分岐07:2307:40北岳08:0008:36北岳山荘09:05中白根山09:0609:48間ノ岳10:0510:43農鳥小屋11:19西農鳥岳11:47農鳥岳11:5812:22大門沢分岐13:52大門沢小屋16:05奈良田バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大樺沢の雪渓はいちおう残っていますが,雪の上を歩くことはありません。
八本歯のコルまでの登りと,コルからの吊尾根には木製のハシゴがいっぱい。
でも,慎重にいけば大丈夫。ただ,雨で濡れてたりするとやっかいだろうな。
その他周辺情報奈良田の里温泉でおふろ(大人550円) 肌のヌルヌル感がハンパない。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

奈良田発広河原行きの最終バスに間に合うように,自宅を出発。ぎりぎりであせったけど,第1駐車場が空いていて,何とか間に合った。ふ〜(^_^;)
2016年07月23日 15:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田発広河原行きの最終バスに間に合うように,自宅を出発。ぎりぎりであせったけど,第1駐車場が空いていて,何とか間に合った。ふ〜(^_^;)
1
15:20にバス出発です。乗客はボクをふくめて3人だけ。あとのお二人は白峰三山縦走を終えて,これからバスを乗り継いで,芦安に戻るそうです。
2016年07月23日 15:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:20にバス出発です。乗客はボクをふくめて3人だけ。あとのお二人は白峰三山縦走を終えて,これからバスを乗り継いで,芦安に戻るそうです。
1
広河原につきました。35年ぶりだけど,昔はどうだったか記憶がなく,なつかし感がありません。
2016年07月23日 16:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原につきました。35年ぶりだけど,昔はどうだったか記憶がなく,なつかし感がありません。
1
大樺沢。明日はこれを登ります。
2016年07月23日 16:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢。明日はこれを登ります。
野呂川にかかる吊橋。これを渡ると…。
2016年07月23日 16:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野呂川にかかる吊橋。これを渡ると…。
すぐそこに広河原山荘。今夜はここで泊まって,明朝早く出発する予定です。
2016年07月23日 16:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそこに広河原山荘。今夜はここで泊まって,明朝早く出発する予定です。
1
3時半に起きて,4時過ぎに出発です。
2016年07月24日 04:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時半に起きて,4時過ぎに出発です。
大樺沢から北岳をめざします。
2016年07月24日 04:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢から北岳をめざします。
かなり空が白んできました。前方に北岳とお月様。
2016年07月24日 04:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり空が白んできました。前方に北岳とお月様。
3
ふり返ると,これは白鳳峠から高嶺ですね。
2016年07月24日 04:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返ると,これは白鳳峠から高嶺ですね。
北岳バットレスがモルゲンロートで赤くなってます!
2016年07月24日 04:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳バットレスがモルゲンロートで赤くなってます!
4
大樺沢の雪渓が見えてきました。今年は雪が少ないのでしょうね。
2016年07月24日 05:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢の雪渓が見えてきました。今年は雪が少ないのでしょうね。
大樺沢二俣に到着です。
2016年07月24日 05:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢二俣に到着です。
1
雪渓のへりを歩いていきます。雪の上を歩くことはありません。
2016年07月24日 05:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓のへりを歩いていきます。雪の上を歩くことはありません。
北岳バットレスを下から仰ぐ。こういうのを見ると,今でもちょっとだけ胸が騒ぎます。
2016年07月24日 06:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳バットレスを下から仰ぐ。こういうのを見ると,今でもちょっとだけ胸が騒ぎます。
2
早川尾根のむこうに,八ヶ岳も見えてきました。
2016年07月24日 06:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早川尾根のむこうに,八ヶ岳も見えてきました。
2
ここから木製はしごが連続します。どんどん高度を上げるけど,そのぶんしんどいよね〜。
2016年07月24日 06:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから木製はしごが連続します。どんどん高度を上げるけど,そのぶんしんどいよね〜。
1
バットレスを横からおがめるようになりました。
2016年07月24日 06:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレスを横からおがめるようになりました。
1
連続するはしご場ももう終盤でしょうか…。
2016年07月24日 06:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続するはしご場ももう終盤でしょうか…。
八本歯のコルにつきました。
2016年07月24日 06:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルにつきました。
1
中白峰から間ノ岳,農鳥岳がどーん! すご〜い,久しぶりだね〜
2016年07月24日 06:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰から間ノ岳,農鳥岳がどーん! すご〜い,久しぶりだね〜
5
ふと足元に,これは白いけど,タカネビランジですね。
2016年07月24日 06:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと足元に,これは白いけど,タカネビランジですね。
3
さぁ,吊尾根を北岳に向かいます。
2016年07月24日 06:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ,吊尾根を北岳に向かいます。
北岳だぁ。
2016年07月24日 06:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳だぁ。
3
北岳山荘へのトラバース道の分岐。
2016年07月24日 07:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘へのトラバース道の分岐。
ふり返れば,富士山が雲海の上にぽっこり頭だけ出している。
2016年07月24日 07:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返れば,富士山が雲海の上にぽっこり頭だけ出している。
5
稜線上の吊尾根分岐が見えてきました。
2016年07月24日 07:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の吊尾根分岐が見えてきました。
吊尾根分岐に到着です。
2016年07月24日 07:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐に到着です。
伊那谷側も雲海。そこに中央アルプスが浮かんでいます。先週歩いた空木岳〜南駒ヶ岳も見えてますね。
2016年07月24日 07:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那谷側も雲海。そこに中央アルプスが浮かんでいます。先週歩いた空木岳〜南駒ヶ岳も見えてますね。
では,北岳山頂への最後の登り。
2016年07月24日 07:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では,北岳山頂への最後の登り。
北岳山頂(3193m)につきました。35年ぶり,3回目の北岳です。
2016年07月24日 07:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂(3193m)につきました。35年ぶり,3回目の北岳です。
13
仙丈ヶ岳から甲斐駒ヶ岳。
2016年07月24日 07:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳から甲斐駒ヶ岳。
1
池山吊尾根。雪のあるときに歩いてみたいですね。
2016年07月24日 07:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池山吊尾根。雪のあるときに歩いてみたいですね。
鳳凰三山が下に見えます。
2016年07月24日 07:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山が下に見えます。
1
「山梨百名山 北岳」の標識。山梨県はすごいなぁ。富士山,北岳,間ノ岳とベスト3がそろっているんだもの。
2016年07月24日 08:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山梨百名山 北岳」の標識。山梨県はすごいなぁ。富士山,北岳,間ノ岳とベスト3がそろっているんだもの。
2
では,北岳山荘まで下って,間ノ岳をめざします。
2016年07月24日 08:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では,北岳山荘まで下って,間ノ岳をめざします。
2
広い,なだらかな稜線です。
2016年07月24日 08:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い,なだらかな稜線です。
3
北岳山荘。ここにテン泊して,1泊2日でこのコースを歩こうとも思っていたのですが…。
2016年07月24日 08:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘。ここにテン泊して,1泊2日でこのコースを歩こうとも思っていたのですが…。
1
北岳山荘から北岳をふり返る。
2016年07月24日 08:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘から北岳をふり返る。
中白峰手前からの北岳。ガスに隠れるかと思って,あわててシャッターをきる。
2016年07月24日 08:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰手前からの北岳。ガスに隠れるかと思って,あわててシャッターをきる。
3
中白峰を通過。
2016年07月24日 09:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰を通過。
1
中白峰からの仙丈と甲斐駒。
2016年07月24日 09:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰からの仙丈と甲斐駒。
間ノ岳へつづく稜線。
2016年07月24日 09:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳へつづく稜線。
2
ふり返ると,北岳がかっこいい!
2016年07月24日 09:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返ると,北岳がかっこいい!
2
前方には間ノ岳。前を見て,ふり返って,忙しいです。
2016年07月24日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方には間ノ岳。前を見て,ふり返って,忙しいです。
間ノ岳の手前からの北岳。美しい稜線ですね。
2016年07月24日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳の手前からの北岳。美しい稜線ですね。
4
北岳と仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳のそろい踏み。
2016年07月24日 09:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳のそろい踏み。
3
さぁ,まもなく間ノ岳山頂です。
2016年07月24日 09:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ,まもなく間ノ岳山頂です。
間ノ岳山頂(3190m)につきました。塩見岳を越えてきたというお兄さんに撮ってもらいました。
2016年07月24日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂(3190m)につきました。塩見岳を越えてきたというお兄さんに撮ってもらいました。
11
北岳もこれが見納めですかね。
2016年07月24日 10:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳もこれが見納めですかね。
白峰三山,最後は農鳥岳です。まずは農鳥小屋まで下ります。
2016年07月24日 10:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山,最後は農鳥岳です。まずは農鳥小屋まで下ります。
下りながら,間ノ岳をふり返る。それにしてもでかい山だなぁ。
2016年07月24日 10:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りながら,間ノ岳をふり返る。それにしてもでかい山だなぁ。
1
ああ,だんだんとガスが立ち上ってきて,農鳥岳が見えなくなってきた。
2016年07月24日 10:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ,だんだんとガスが立ち上ってきて,農鳥岳が見えなくなってきた。
1
農鳥小屋を通過します。
2016年07月24日 10:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋を通過します。
2
西農鳥岳がまさにガスにつつまれようとしている。
2016年07月24日 10:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳がまさにガスにつつまれようとしている。
ふり返って,間ノ岳もガスに消えつつあります。
2016年07月24日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って,間ノ岳もガスに消えつつあります。
ガスの中,西農鳥岳山頂(3051m)です。
2016年07月24日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中,西農鳥岳山頂(3051m)です。
1
あの真ん中が農鳥岳山頂ですね。
2016年07月24日 11:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの真ん中が農鳥岳山頂ですね。
一瞬,ガスが切れて,間ノ岳が姿を見せました。
2016年07月24日 11:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬,ガスが切れて,間ノ岳が姿を見せました。
1
西農鳥岳をふり返る。
2016年07月24日 11:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳をふり返る。
農鳥岳山頂(3026m)。串だんご型標識。
2016年07月24日 11:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂(3026m)。串だんご型標識。
3
さて,あとは長い下りです。前方には白峰南嶺の山々。
2016年07月24日 12:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて,あとは長い下りです。前方には白峰南嶺の山々。
大門沢下降点の標識。ここからひたすら下ります。
2016年07月24日 12:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢下降点の標識。ここからひたすら下ります。
1
大門沢がどうどうと流れる。
2016年07月24日 13:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢がどうどうと流れる。
下って下って,やっと大門沢小屋。
2016年07月24日 13:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って下って,やっと大門沢小屋。
1
何本かあるこんな橋は,見た目は危なそうですが,けっこうしっかりしています。
2016年07月24日 13:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何本かあるこんな橋は,見た目は危なそうですが,けっこうしっかりしています。
1
最後の吊橋を渡って…
2016年07月24日 15:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の吊橋を渡って…
林道を歩いて…
2016年07月24日 15:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて…
奈良田第1駐車場まで戻ってきました。もうクタクタです。お疲れ〜
2016年07月24日 16:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田第1駐車場まで戻ってきました。もうクタクタです。お疲れ〜
8

感想/記録

白峰三山の縦走をしてきました。この夏の目標のひとつを達成です。

北岳に初めて登ったのは,1975(昭和50)年8月,高校2年生のときでした。
南アルプス北部を会場に行われた,高校総体(インターハイ)の登山競技に
愛知県の代表チームの一員として出場したときに,北岳に登ったのです。

その後,1981(昭和56)年8月にも,高校登山部の先輩たちと4人で,
広河原から大樺沢を登って,北岳山荘(そのころは稜線小屋と言ってたかな)でテン泊し,
白峰三山を歩いて,広河原に下山しました。
ですから,白峰三山はそれ以来,35年ぶりのことだったのです。

前々から計画は練っていました。
奈良田に車を駐めて,広河原から日帰りで縦走するのは距離的にむずかしい。
その上,奈良田始発のバスは広河原着6:15。
この時間から歩き始めていては,絶対に日帰りは無理。
だから,テントをかついで,北岳山荘で1泊して歩くしかないだろうと。

先週は仕事が忙しくて,1泊2日の山行の準備が整わなかったのであきらめていましたが,
「広河原で前泊して朝早く出発すれば,なんとか1日で歩けるかも…」と考え始めました。
先週末,中央アルプスの空木岳〜越百山の周回コースを歩けたことが自信になったのです。
白峰三山の縦走は,その周回コースと距離・標高差はほぼ同じくらいだ。
北岳周辺は,日曜日の午前中は晴れ予報。俄然行く気になってきました。

土曜日,起きるとすぐに準備を始めて,広河原山荘に宿泊予約を入れて,昼前に自宅を出発。
奈良田発広河原行き最終バスの時間を1時間思い違いしていて,途中からあせりましたが,
なんとかバスの出発に間に合って,広河原山荘で宿泊することができました。

朝4時にヘッドライトを点けて行動開始。
徐々に空が白んでくると,大樺沢の前方に北岳が見えてきました。
まもなく,その北岳バットレスがモルゲンロートで赤く染まるのを見て感動!

順調に八本歯のコルまで登ると,一気に視界が開けて,
北岳から間ノ岳,農鳥岳までの大パノラマが目の前にどーん!
あとはその雄大な景色の中を,北岳,中白峰,間ノ岳と縦走しました。
本邦第2の高峰と第3の高峰をつなぐ,日本でも最高所の長大な稜線です。
お天気もよく,最高の気分でした。

北岳〜間ノ岳の縦走路があまりにも規模が大きいので,
それに比べると,農鳥岳への縦走路はちょっと見劣りするのは否めません。
おまけにガスって,眺望もなくなってしまいました。う〜ん,残念です。

それでも,予定時間どおりに大門沢下降点から下り始めて,
長い長〜い下りをヒザをかばいながら,奈良田までなんとか無事に歩き通しました。

「広河原から奈良田への1日縦走」というミッション・コンプリート。
それにしても,まさに「雄大な」という表現がぴったりの縦走路でした。
昨日下りてきたばかりなのに,「また行きたいなぁ」と思わせる山々。
白峰三山はやっぱりすばらしかったです。
訪問者数:866人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ