ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 932840 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬三山〜不帰ノ嶮〜唐松岳 テント泊縦走

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー Dutchm
天候8月4日:晴
8月5日:晴
8月6日:晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路
南小谷〜栂池高原駅/小谷村村営バス(520円)
栂池高原〜栂池自然園/栂池パノラマウェイゴンドラリフト(片道1920円)
復路
八方池山荘〜白馬八方駅/八方アルペンラインゴンドラリフト(片道1550円)
白馬八方バスターミナル〜白馬駅/バス(180円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間15分
休憩
5分
合計
2時間20分
S自然園駅11:3012:35天狗原12:4013:50白馬大池山荘
2日目
山行
7時間0分
休憩
40分
合計
7時間40分
白馬大池山荘04:3006:15小蓮華山06:2007:00三国境07:45白馬岳07:5008:00白馬山荘08:2008:35村営頂上宿舎分岐09:55杓子岳11:10白馬鑓ヶ岳11:2011:45鑓温泉分岐12:10天狗山荘
3日目
山行
5時間55分
休憩
20分
合計
6時間15分
天狗山荘04:3004:50天狗ノ頭06:15一峰06:2007:05二峰北峰07:20二峰南峰08:00唐松岳08:15唐松岳頂上山荘08:3009:00丸山10:00第三ケルン10:45八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・不帰ノ嶮は山と高原地図では破線ルートですが登山道は良く整備はされており、
 意外にルートは分かりやすいです。
・3年前に八峰キレットに比べて難易度は高いと感じました(個人的感想)。
・単独の時はともかく(登山学校などのパーティも幾つか遭遇しました)、
 混雑した時や停滞時の落石も考えられるのでヘルメットはあった方が良いでしょう。
 保険ですから…。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

池の対岸に小屋が見えます。
2016年08月04日 13:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の対岸に小屋が見えます。
途中から池の岸辺を行きます。
2016年08月04日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から池の岸辺を行きます。
なかなか気持ちの良い環境です。
2016年08月04日 14:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか気持ちの良い環境です。
意外に水が澄んでいる。
これは何者?
2016年08月04日 14:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外に水が澄んでいる。
これは何者?
広々としたテン場ですが、
登山部?の学生たちも多く夕方にはほどほど埋まりました。
2016年08月04日 14:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としたテン場ですが、
登山部?の学生たちも多く夕方にはほどほど埋まりました。
翌日も良い天気です。
2016年08月05日 05:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日も良い天気です。
1
眼下には雲海。
2016年08月05日 05:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には雲海。
1
朝日を受ける後立山の峰々。
2016年08月05日 05:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を受ける後立山の峰々。
1
小蓮華山です。大きな剣が立っています。
2016年08月05日 06:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山です。大きな剣が立っています。
1
後立山の峰々。
2016年08月05日 06:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山の峰々。
1
雪倉岳への分岐。
2016年08月05日 06:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳への分岐。
人多過ぎて何だか…。
2016年08月05日 07:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人多過ぎて何だか…。
1
白馬を下ってきました。
2016年08月05日 08:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬を下ってきました。
村営宿舎への分岐。
2016年08月05日 08:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
村営宿舎への分岐。
先には杓子岳と鑓ヶ岳。
2016年08月05日 08:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先には杓子岳と鑓ヶ岳。
杓子岳山頂です。
2016年08月05日 09:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳山頂です。
信州側が激しく切れ落ちていて覗くと怖い。
2016年08月05日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信州側が激しく切れ落ちていて覗くと怖い。
1
振り返ると杓子と白馬の稜線。
2016年08月05日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると杓子と白馬の稜線。
1
次は鑓ヶ岳への登り。
2016年08月05日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は鑓ヶ岳への登り。
で山頂。…地味にキツいです。
2016年08月05日 11:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で山頂。…地味にキツいです。
1
魅力的な鑓温泉。混んでんだろうなぁ。
2016年08月05日 11:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅力的な鑓温泉。混んでんだろうなぁ。
初めての天狗山荘。
2016年08月05日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての天狗山荘。
1
不帰だけに帰宅厳守…です。
2016年08月05日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰だけに帰宅厳守…です。
1
鑓ヶ岳を望むテン場できもちが良い所。
でも意外に張れる場所は少ない感じがする。
2016年08月05日 15:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳を望むテン場できもちが良い所。
でも意外に張れる場所は少ない感じがする。
1
3日目の朝。4時半出発で天狗ノ頭辺で明るくなる。
2016年08月06日 04:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝。4時半出発で天狗ノ頭辺で明るくなる。
朝日と山々の稜線が美しい。
2016年08月06日 04:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日と山々の稜線が美しい。
3
どこから大下りになるか、
ドキドキしながら歩いてました。
2016年08月06日 05:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから大下りになるか、
ドキドキしながら歩いてました。
1
朝日に染まる稜線。
2016年08月06日 05:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる稜線。
2
来ました!大下り。
2016年08月06日 05:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来ました!大下り。
不帰キレット辺りからでしょうか。
目の前の一峰です。
2016年08月06日 05:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰キレット辺りからでしょうか。
目の前の一峰です。
このあたりは軽く行けます。
2016年08月06日 06:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは軽く行けます。
そして二峰。
2016年08月06日 06:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして二峰。
本当にどうやって登るのか、
近づくまで分からなかった。
2016年08月06日 06:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にどうやって登るのか、
近づくまで分からなかった。
2
梯子のすぐ手前の鎖付近が
一番高度感を感じた。
2016年08月06日 06:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子のすぐ手前の鎖付近が
一番高度感を感じた。
1
梯子から下を見たところ。
写真で見るよりはるかに高度感あり。
見なければ特に怖く無いですが…。
2016年08月06日 06:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子から下を見たところ。
写真で見るよりはるかに高度感あり。
見なければ特に怖く無いですが…。
二峰北峰はもうすぐ。
この後裏側に回り込んで鎖場。
2016年08月06日 06:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二峰北峰はもうすぐ。
この後裏側に回り込んで鎖場。
1
二峰北峰着。
この手前直下の鎖場もちょっと怖い。
2016年08月06日 07:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二峰北峰着。
この手前直下の鎖場もちょっと怖い。
1
続いて二峰南峰着。
2016年08月06日 07:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて二峰南峰着。
二峰南峰から来たルートを見たとこ。
2016年08月06日 07:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二峰南峰から来たルートを見たとこ。
1
先の三峰と唐松岳。
三峰は巻きます。
2016年08月06日 07:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先の三峰と唐松岳。
三峰は巻きます。
唐松到着!
結構な充足感、満足感でした。
2016年08月06日 08:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松到着!
結構な充足感、満足感でした。
2
もう一度振り返ってみたとこ。
2016年08月06日 08:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度振り返ってみたとこ。
1
先に見える唐松岳頂上山荘
2016年08月06日 08:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に見える唐松岳頂上山荘
1
西には立山剱。
2016年08月06日 08:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には立山剱。
1
南には男らしい五竜岳。
2016年08月06日 08:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南には男らしい五竜岳。
2
八方尾根を下りながらの不帰ノ嶮。
2016年08月06日 08:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方尾根を下りながらの不帰ノ嶮。
1

感想/記録
by Dutchm

3年前の後立縦走時に断念した不帰ノ嶮と白馬三山を繋ぐための山行でした。
3日間とも晴天に恵まれ、密度の濃い経験が出来たように思います。
久しぶりの3千メートル峰のせいか初日から頭痛に悩まされましたが、
最終日の不帰ノ嶮通過時には緊張のドキドキとワクワクですっかり回復していました。

さて、残すは穂高の大キレットです。体力をつけて望みたいと思います。


訪問者数:234人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ