ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 945344 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

白根三山

日程 2016年08月19日(金) 〜 2016年08月20日(土)
メンバー hageatama48
天候曇→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田5時30分発広河原行のバスはおよそ満車で第2駐車場からは半分くらいの方が乗れませんでした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間53分
休憩
22分
合計
9時間15分
北岳山荘04:5905:41中白根山05:4206:44間ノ岳06:4507:39農鳥小屋07:5408:54西農鳥岳08:5509:25農鳥岳09:2610:03大門沢分岐10:0412:00大門沢小屋12:0214:14奈良田ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:54 広河原インフォメーションセンター
6:58 広河原・吊り橋分岐
7:06 広河原山荘
7:18 白根御池分岐
9:24 大樺沢二俣
12:03 八本歯のコル
12:39 吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐
13:32 北岳
13:47 吊尾根分岐
14:23 トラバースルート分岐
14:41 北岳山荘
5:42 中白根山
6:44 間ノ岳
7:39 農鳥小屋
8:54 西農鳥岳
9:25 農鳥岳
10:03 大門沢分岐
12:00 大門沢小屋
14:13 奈良田ゲート
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

奈良田5時半のバスにぎりぎり乗車
広河原7時出発
2016年08月19日 06:56撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田5時半のバスにぎりぎり乗車
広河原7時出発
2
樹林帯を抜けて、延々と続く大樺沢を登ります
2016年08月19日 09:21撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて、延々と続く大樺沢を登ります
1
雪はほとんどありません
2016年08月19日 09:44撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はほとんどありません
北岳バットレス
2016年08月19日 11:40撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳バットレス
1
八本歯のコルから大樺沢を見下ろして
2016年08月19日 12:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルから大樺沢を見下ろして
1
八本歯の頭
2016年08月19日 12:13撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯の頭
4
分岐から上がって
2016年08月19日 12:50撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から上がって
1
北岳
2016年08月19日 13:31撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳
3
大樺沢を見下ろして
2016年08月19日 13:32撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢を見下ろして
2
北岳山荘に到着後から雨が
テントでふて寝していると夕方から晴れてきました
2016年08月19日 18:02撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘に到着後から雨が
テントでふて寝していると夕方から晴れてきました
3
富士山
2016年08月19日 17:52撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
5
テン場から北岳
2016年08月19日 17:58撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場から北岳
4
北岳
2016年08月19日 18:01撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳
4
サンセット
2016年08月19日 18:17撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンセット
4
もう一度北岳
2016年08月19日 18:20撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度北岳
5
朝5時発に小屋発
途中、ご来光
2016年08月20日 05:19撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝5時発に小屋発
途中、ご来光
3
ガス
2016年08月20日 05:21撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス
2
中白峰山
2016年08月20日 05:41撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白峰山
2
間ノ岳
標識しか見えません
2016年08月20日 06:44撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳
標識しか見えません
2
間ノ岳から200メートル地点で雷鳥8匹と遭遇
保護色で分かりづらいですが5匹写ってます
2016年08月20日 06:46撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳から200メートル地点で雷鳥8匹と遭遇
保護色で分かりづらいですが5匹写ってます
3
お母さん雷鳥
2016年08月20日 06:46撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お母さん雷鳥
3
農鳥小屋
うわさどおりのおじいさんでした
2016年08月20日 07:39撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋
うわさどおりのおじいさんでした
5
西農鳥岳
ここから農鳥岳の間は険しい岩場でした
2016年08月20日 08:49撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳
ここから農鳥岳の間は険しい岩場でした
2
農鳥岳
ここから
2016年08月20日 09:26撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳
ここから
2
奈良田への下降地点
ここから山梨100名山をチャレンジ中のAさんと行動を共にします
2016年08月20日 10:01撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田への下降地点
ここから山梨100名山をチャレンジ中のAさんと行動を共にします
1
大門沢からは日本100高山にチャレンジ中のBさんも加わって
先導していただきました
道は荒れています
2016年08月20日 11:43撮影 by SOV32, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢からは日本100高山にチャレンジ中のBさんも加わって
先導していただきました
道は荒れています
2

感想/記録

初めての南アルプス
大阪を9時半に出発して、徹夜でバイクを走らせて奈良田発、広河原行5時半のバスにぎりぎり乗ることができました
広河原に到着したときには、睡眠不足と疲労でヘロヘロ
重たいテントを背負って、大樺沢の長い登りでバテてしまって、10歩ごとに休憩していました
せっかくの山行でしたが、意識が朦朧としていたのか、登りの道中を思い返すことができない結果となってしまいました
北岳登頂後、山荘へ降りて、テントを張り終えた途端、雨・・
ぎりぎり濡れずにすみました
疲れ切って寝ていると夕方「富士山が見える」と山荘から皆さんが出てこられて、起きだしてみると見事な夕暮れを見ることができました
夜はテントが飛ばされそうなくらいの強風
翌朝は強風とガス
しかしながら、体調はすっかり回復して間ノ岳へ向かうと一瞬ガスが晴れてご来光を見ることができました
そこからはまたガスで間ノ岳でも眺望はなし
がっかりして農鳥小屋へ向かうと雷鳥が8匹も群れていました
農鳥小屋から少し離れたところで朝ごはんを食べているとうわさのおじいさんがやってきて、台風が来るのにぐずぐずするなと怒られました
小屋を過ぎてからは雨
西農鳥から農鳥岳の間は厳しい岩場で滑りそうになって往生しました
農鳥岳でも眺望はなし
そこで後ろから来られた山梨のAさんと行動を共にして標高差2,000メートルの奈良田へ下ります
下降点から先は急こう配で2,500メートルあたりから樹林帯となりました
大門沢で昼食
ここからは浜松のBさんに先導してもらって転げ落ちるようなスピードで進み、おかげで発電所2時半くらいのバスに乗ることができました
あいにくの天候でしたが、帰り道では晴れて浜名湖の美しい夕暮れを見ることもできました
反省点としては、たとえ数時間でも寝ないとバテて楽しめないと思いました
訪問者数:410人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ