ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 953927 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳

日程 2016年09月03日(土) [日帰り]
メンバー toshi77
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高ロープウェイ・しらかば平駅の登山者用駐車場までマイカー。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
1時間59分
合計
8時間11分
S西穂高口(千石平)07:1207:29旧ボッカ道分岐07:3008:05西穂山荘08:2808:40西穂丸山09:25西穂独標09:3710:08ピラミッドピーク10:1510:25チャンピオンピーク4峰10:2711:01西穂高岳11:3712:06チャンピオンピーク4峰12:0812:28ピラミッドピーク12:55西穂独標13:0013:40西穂丸山13:4113:54西穂山荘14:2314:51旧ボッカ道分岐15:13西穂高口(千石平)15:1415:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
独標まではハイキングコース。その先はそれなりに注意が必要。ガレ場の急登があるので落石の危険あり、ヘルメット装着が望ましい。ハイカーの半数以上はヘルメットを被っていました。
その他周辺情報ロープウェイ始発時刻は季節により異なり、当日は7時であったが、不定期に変わるようなので事前調査が必要。6時初の登山臨時便として今年(2016年)は次の日程が計画されている模様。9月:5〜6日、12〜13日、19〜23日、26〜27日、 10月:3〜4日、9〜12日

第2ロープウェイの登山者用駐車場は2カ所あり、初めの駐車場遠いので無視し、2カ所目の駐車場まで進みましょう。(満車時を除く)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

5:55 登山用駐車場。2カ所あるので2番目の標識まで進むとロープウェイにより近い。(300円で同料金)
2016年09月03日 05:55撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:55 登山用駐車場。2カ所あるので2番目の標識まで進むとロープウェイにより近い。(300円で同料金)
1
ロープウェイ駅に向かう。上にケーブルが見えます。
2016年09月03日 06:03撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅に向かう。上にケーブルが見えます。
1
第2ロープウェイ、しらかば平駅。隣に温泉もあります。
2016年09月03日 06:06撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2ロープウェイ、しらかば平駅。隣に温泉もあります。
1
7時発の場合は切符売り場は6時30分頃から。6kg以上の荷物は別料金。小さいものは自己申告でOKだが大きいものは秤で計測される。
2016年09月03日 06:34撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時発の場合は切符売り場は6時30分頃から。6kg以上の荷物は別料金。小さいものは自己申告でOKだが大きいものは秤で計測される。
2
二階建てロープウェイ。一度に120人が乗れるとか。乗車時間は約8分で西穂口駅に。
2016年09月03日 07:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二階建てロープウェイ。一度に120人が乗れるとか。乗車時間は約8分で西穂口駅に。
2
7:18 早速登山開始。初めは下ります。
2016年09月03日 07:18撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:18 早速登山開始。初めは下ります。
8:04 西穂山荘着、快晴です。
2016年09月03日 08:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:04 西穂山荘着、快晴です。
2
20分休憩し、早速登ります。
2016年09月03日 08:28撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分休憩し、早速登ります。
4
焼岳。
2016年09月03日 08:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼岳。
3
見えてきました、西穂へ続く鋭く尖った山容。山ガールもヘルメット装着で・・・
2016年09月03日 08:32撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました、西穂へ続く鋭く尖った山容。山ガールもヘルメット装着で・・・
2
丸山。
2016年09月03日 08:40撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山。
3
丸山より望む西穂方面。
2016年09月03日 08:40撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山より望む西穂方面。
1
登山道はゴロ石ですこぶる歩きにくい。
2016年09月03日 08:46撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はゴロ石ですこぶる歩きにくい。
展望抜群。ここはまだハイキングコースです。
2016年09月03日 08:51撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望抜群。ここはまだハイキングコースです。
2
見えてきました、独標とピラミッドピーク。
2016年09月03日 09:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました、独標とピラミッドピーク。
3
霞沢岳(左)と焼岳の間に大正池が霞んで見えます。
2016年09月03日 09:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳(左)と焼岳の間に大正池が霞んで見えます。
1
前穂、明神岳方面。
2016年09月03日 09:16撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂、明神岳方面。
1
独標直下は急登です。
2016年09月03日 09:25撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標直下は急登です。
9:33 独標に到着。
2016年09月03日 09:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:33 独標に到着。
5
独標から望む西穂〜奧穂方面。手前3ピークの2つ目が西穂です。その向こうにはジャンダルムが・・・
2016年09月03日 09:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標から望む西穂〜奧穂方面。手前3ピークの2つ目が西穂です。その向こうにはジャンダルムが・・・
1
時折ガスが。
2016年09月03日 09:35撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折ガスが。
1
雲より高く。
2016年09月03日 09:36撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲より高く。
1
パノラマ。(「元サイズ」で拡大可)
2016年09月03日 09:37撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ。(「元サイズ」で拡大可)
3
この時点ではジャンダルムも良く見えていたが・・・
2016年09月03日 09:39撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点ではジャンダルムも良く見えていたが・・・
1
お〜。まさしくピラミッドだ。
2016年09月03日 09:39撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜。まさしくピラミッドだ。
3
独標を振り返る。
2016年09月03日 09:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標を振り返る。
1
再度振り返る。ガスが増えてきた。
2016年09月03日 10:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度振り返る。ガスが増えてきた。
1
ピラミッドピークに到着。
2016年09月03日 10:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークに到着。
4
ピラミッドピークから望む西穂高岳。先が尖っています。
2016年09月03日 10:11撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークから望む西穂高岳。先が尖っています。
3
先行者にシャッターを押して頂く。笑顔を見せてもバテ気味は隠せず・・・
2016年09月03日 10:12撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者にシャッターを押して頂く。笑顔を見せてもバテ気味は隠せず・・・
8
振り返る。いくつかピークを乗り越えて・・・
2016年09月03日 10:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。いくつかピークを乗り越えて・・・
3
ガスもいよいよ本格的に。
2016年09月03日 10:49撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスもいよいよ本格的に。
1
Oh! いよいよ西穂直下にたどり着く。
2016年09月03日 10:53撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Oh! いよいよ西穂直下にたどり着く。
2
西穂直下はかなり急登です。
2016年09月03日 10:59撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂直下はかなり急登です。
1
11:00 ついに到着、西穂高岳山頂。
2016年09月03日 11:01撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:00 ついに到着、西穂高岳山頂。
6
すでに多くのハイカーが・・・20人くらいか。奧穂方面はガスで見えず。
2016年09月03日 11:01撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに多くのハイカーが・・・20人くらいか。奧穂方面はガスで見えず。
3
登ってきたルートもガスガスです。
2016年09月03日 11:04撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきたルートもガスガスです。
1
上高地側の尾根。
2016年09月03日 11:24撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地側の尾根。
上高地、岳沢を見下ろしながらのランチタイム。
2016年09月03日 11:29撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地、岳沢を見下ろしながらのランチタイム。
2
ガスで迫力満点の奥穂方面。奥穂山荘5:30に出発したという3人のパーティが降りてきました。自分もあと10年若かったら・・・
2016年09月03日 11:34撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで迫力満点の奥穂方面。奥穂山荘5:30に出発したという3人のパーティが降りてきました。自分もあと10年若かったら・・・
2
30分ほど景色を堪能し・・・
2016年09月03日 11:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど景色を堪能し・・・
3
そろそろ下山です。ロープウェイの最終便は16:45。
2016年09月03日 11:47撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ下山です。ロープウェイの最終便は16:45。
1
ガスで見えなかった笠ヶ岳がきれいに見えて・・・
2016年09月03日 12:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで見えなかった笠ヶ岳がきれいに見えて・・・
2
おお〜。渋滞発生です。
2016年09月03日 12:37撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜。渋滞発生です。
3
下山途中で振り返る。
2016年09月03日 12:53撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で振り返る。
1
ガスの切れ間にジャンダルムが・・・ジャンダルムとは何語か知らないが「前衛」の意味とか。奥穂の前衛か。
2016年09月03日 12:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間にジャンダルムが・・・ジャンダルムとは何語か知らないが「前衛」の意味とか。奥穂の前衛か。
3
独標からの下り。小学生も元気に・・・
2016年09月03日 12:58撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標からの下り。小学生も元気に・・・
1
丸山付近まで降りてきました。
2016年09月03日 13:34撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山付近まで降りてきました。
3
前穂、明神岳方面。
2016年09月03日 13:35撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂、明神岳方面。
1
13:52 ハイカーで賑わう西穂山荘。ここで30分休憩&昼寝。脱水症気味でジュースを4本飲み干すも、トイレは行かず、全て体内に吸収された模様。
2016年09月03日 13:52撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:52 ハイカーで賑わう西穂山荘。ここで30分休憩&昼寝。脱水症気味でジュースを4本飲み干すも、トイレは行かず、全て体内に吸収された模様。
1
15:11 ロープウェイ駅に到着。のんびりして15:15発に乗り遅れ・・・
2016年09月03日 15:11撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:11 ロープウェイ駅に到着。のんびりして15:15発に乗り遅れ・・・
15:45発の先頭グループに。天気は下り坂の模様・・・
2016年09月03日 15:41撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:45発の先頭グループに。天気は下り坂の模様・・・
15:55 無事に下山です。本日の行動時間8時間11分、累積標高837m。駐車場往復、ロープウェイ含まず。これでも62歳の爺には結構こたえました。
2016年09月03日 15:55撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:55 無事に下山です。本日の行動時間8時間11分、累積標高837m。駐車場往復、ロープウェイ含まず。これでも62歳の爺には結構こたえました。
1

感想/記録

久々の穂高連峰登山である。20代の若い頃、槍〜奥穂は何度か縦走しているが、西穂は初めてである。幸いロープウェイが使えるのでアプローチが楽になった。年寄りには助かる。地図のコースタイムを見るとロープウェイ駅から西穂までは5時間近くを要する記載があり、自分の足では6時間かかることが予想されたので当初は躊躇した。休みなしで目的地に13時着では帰りの終便に間に合いそうもない。だが間に合いそうも無い場合は独標で引き返せば良いと考え直し、荷物を5kg以下にし、体調を整えて出発した。ところがいざ行ってみると西穂山荘はコースタイムの6割の時間で到着、独標、西穂山頂も同様であった。結構バテたのにである。なるほど、コースタイムは安全のため多めに記載されていると理解した。
行動中の詳細は写真の各コメントを参照下さい。
訪問者数:477人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ