ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 954415 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳(硫黄岳、横岳、赤岳)

日程 2016年09月03日(土) 〜 2016年09月04日(日)
メンバー dashi104akai_marchANAGhiroJJfieldhand03, その他メンバー1人
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ニッポンレンタカー新宿南口営業所出発
美濃戸 八ヶ岳山荘前駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間41分
休憩
27分
合計
6時間8分
S八ヶ岳山荘10:1411:03やまのこ村11:11美濃戸山荘11:1212:08堰堤広場13:30赤岳鉱泉13:5614:11大同心沢(大同心ルンゼ)分岐14:15ジョウゴ沢15:36赤岩の頭16:11硫黄岳16:22宿泊地
2日目
山行
8時間12分
休憩
55分
合計
9時間7分
硫黄岳山荘05:4106:14台座ノ頭06:34横岳(奥ノ院)06:3506:50無名峰07:01横岳(三叉峰)07:0407:26石尊峰07:2707:37鉾岳07:4007:50日ノ岳07:5108:03二十三夜峰08:0508:11地蔵の頭08:52赤岳頂上山荘08:5408:59赤岳09:0109:10赤岳頂上山荘09:3109:34赤岳10:00文三郎尾根分岐10:51行者小屋10:5512:32中ノ行者小屋跡12:3513:59美濃戸山荘14:1014:14赤岳山荘14:1514:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
クサリ、ハシゴとも整備されていて、慎重に歩けば危険個所なし
その他周辺情報硫黄岳山荘宿泊
日帰り温泉 もみの湯 
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ヘルメット
共同装備 ガスカートリッジ コンロ ヤカン

写真

今回のメンバー6名です
2016年09月03日 10:13撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のメンバー6名です
ここからスタート、しばらくは車も入れる道を歩きます
2016年09月03日 10:17撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからスタート、しばらくは車も入れる道を歩きます
美濃戸山荘
2016年09月03日 11:13撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘
冷たい水が補給できます
2016年09月03日 11:13撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷たい水が補給できます
沢沿いに進みます
2016年09月03日 12:08撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに進みます
天候も良く快適です
2016年09月03日 12:33撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候も良く快適です
鉄分を含んだ沢水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄分を含んだ沢水
赤岳鉱泉に到着
2016年09月03日 13:13撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着
赤岳が遠くに見えます。ここから本格的な登山です
2016年09月03日 13:57撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が遠くに見えます。ここから本格的な登山です
樹木の間から、岩稜が
2016年09月03日 14:38撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の間から、岩稜が
だいぶ高度を稼ぎました
2016年09月03日 14:38撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ高度を稼ぎました
ついに森林限界を超えました
2016年09月03日 15:26撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに森林限界を超えました
赤岳の赤さが際立ちます
2016年09月03日 15:26撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の赤さが際立ちます
横岳、赤岳、阿弥陀岳。迫力ある岩稜が連なります
2016年09月03日 15:36撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、阿弥陀岳。迫力ある岩稜が連なります
これから向かう硫黄岳
2016年09月03日 15:37撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう硫黄岳
硫黄岳山頂。広々とした平らな山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂。広々とした平らな山頂です
ブロッケン出現!
2016年09月03日 16:14撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン出現!
火口も神秘的です
2016年09月03日 16:20撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口も神秘的です
本日の宿、硫黄岳山荘まで下ります。
2016年09月03日 16:22撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿、硫黄岳山荘まで下ります。
硫黄岳山荘到着
2016年09月03日 16:41撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘到着
楽しいひと時を過ごさせて頂き、みなさまと記念写真
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しいひと時を過ごさせて頂き、みなさまと記念写真
早朝ガスってましたが、朝日が出てきました
2016年09月04日 05:30撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝ガスってましたが、朝日が出てきました
天候も回復し、出発です
2016年09月04日 05:49撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候も回復し、出発です
硫黄岳を振り返ります
2016年09月04日 06:10撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳を振り返ります
また、ガスがかかってきました。コマクサ群落の付近
2016年09月04日 06:11撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、ガスがかかってきました。コマクサ群落の付近
最初のクサリ場
2016年09月04日 06:25撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のクサリ場
慎重に進みます
2016年09月04日 06:28撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に進みます
穂高、槍が見えます
2016年09月04日 06:37撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高、槍が見えます
雲海が広がります
2016年09月04日 06:40撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が広がります
岩稜歩きを楽しみます
2016年09月04日 06:44撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜歩きを楽しみます
雲海から富士山が。
2016年09月04日 07:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海から富士山が。
まだまだ余裕です
2016年09月04日 07:03撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ余裕です
絶景
2016年09月04日 07:06撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景
目指すは赤岳
2016年09月04日 07:15撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すは赤岳
足場の取りにくい岩場の下り
2016年09月04日 07:26撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場の取りにくい岩場の下り
クサリを掴んで慎重に
2016年09月04日 07:31撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリを掴んで慎重に
連続するクサリ場
2016年09月04日 07:07撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続するクサリ場
赤岳は目前
2016年09月04日 07:50撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳は目前
鞍部で小休止
2016年09月04日 08:17撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部で小休止
頂上直下の急登
2016年09月04日 08:36撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下の急登
最後のキツイ登り
2016年09月04日 08:46撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のキツイ登り
山頂目前に、ガスがかかってきました
2016年09月04日 08:54撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂目前に、ガスがかかってきました
赤岳山頂。残念ながら視界不良
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。残念ながら視界不良
山頂の赤嶽神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の赤嶽神社
天候回復しないまま文三郎尾根を下ります
2016年09月04日 09:53撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候回復しないまま文三郎尾根を下ります
階段が続いています
2016年09月04日 10:04撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が続いています
ガスが晴れ、行者小屋が見えます
2016年09月04日 10:22撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れ、行者小屋が見えます
苔蒸した岩の多い道を下ります
2016年09月04日 12:47撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔蒸した岩の多い道を下ります
美濃戸山荘まで戻ってきました
2016年09月04日 13:53撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘まで戻ってきました
牛乳で疲労回復
2016年09月04日 13:56撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛乳で疲労回復
トマトで疲労回復
2016年09月04日 13:57撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマトで疲労回復
八ヶ岳山荘前。無事山行修了
2016年09月04日 14:51撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘前。無事山行修了

感想/記録

今回は岩稜歩きにチャレンジということで、ヘルメットを新調し八ヶ岳山行を計画。美濃戸をスタートし沢沿いの道を進み樹林帯を抜けると、一気に険しい岩稜が目前に広がり素晴らしい眺望に感動。硫黄岳から赤岳の岩稜歩きは、クサリ場やハシゴが連続し、アスレチック感覚で楽しむことができました。
また、宿泊した硫黄岳山荘では、夕食時のサプライズ演出や、ご一緒頂いた皆様とのコミュニケーションも図れ、居心地のよい楽しいひと時を過ごすこともできました。
唯一、赤岳山頂でガスがかかり眺望がなかったのが残念でしたが、無事達成できて満足です。しばらく岩稜歩きにはまりそうです。
訪問者数:144人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ