ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989137 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳から大喰岳-中岳-南岳縦走!

日程 2016年10月21日(金) 〜 2016年10月22日(土)
メンバー yorktown
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
深山荘横にある新穂高登山者無料駐車場には木曜日夜到着。到着時点では20台程度しかとまっていませんでした。仮設トイレも撤去されていました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間54分
休憩
1時間59分
合計
10時間53分
Sスタート地点04:5205:24新穂高温泉バス停05:2905:28新穂高登山指導センター05:3805:40新穂高温泉バス停05:45新穂高温泉駅05:4606:02小鍋谷ゲート06:0306:34穂高平小屋07:19白出小屋07:2008:39滝谷避難小屋08:4208:45藤木レリーフ08:5609:52槍平小屋09:5512:12飛騨沢千丈乗越分岐12:2913:59飛騨乗越14:13槍ヶ岳山荘14:4014:55槍ヶ岳15:3515:44槍ヶ岳山荘
2日目
山行
6時間47分
休憩
50分
合計
7時間37分
槍ヶ岳山荘06:3406:42飛騨乗越06:58大喰岳07:18中岳07:2908:03天狗原分岐08:19南岳08:2408:30南岳小屋08:5509:37南岳新道 救急箱09:4211:56藤木レリーフ12:0012:03滝谷避難小屋13:05白出小屋13:33穂高平小屋13:51小鍋谷ゲート14:01新穂高温泉駅14:05新穂高温泉バス停14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
新穂高−槍ヶ岳山荘 標準CT 9時間半 実CT 8時間半
槍ヶ岳−南岳 標準CT 3時間 実CT 2時間
南岳山荘−新穂高 標準CT 6時間15分 実CT 5時間 
コース状況/
危険箇所等
新穂高ー白出沢出合 車も通行できる林道平坦な整備された道です。
白出沢出合−槍平小屋 よく整備された登山道です。危険個所は有りません。
槍平小屋−千丈分岐点 最初はなだらかな登りですが後半は、急な登りになります。
よく整備された登山道でマークも多いです。危険個所は有りません。
千丈分岐−飛騨乗越 マークが多く少しきつい登りですがよく整備された登山道です。
槍ヶ岳山荘−大喰岳−中岳−南岳 途中ハシゴ・鎖場・岩稜登りが有りますが、マークが多く良く整備されています。ケルンが多く楽しい稜線歩きが楽しめます。
南岳山荘−槍平小屋(南岳新道) 木のハシゴが朽ち果てた個所が多数あり注意が必要です。特に濡れた木の根はとても滑りやすく何度も滑って尻もちをつきました。
ガレた岩場も長く続くので歩き難いです。コロンでひっくり返り突き指しました。
その他周辺情報奥飛騨温泉郷は、今がまさに紅葉の見頃です。
今年は少し遅いような気がしますが、とても綺麗な紅葉が楽しめました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール ヘルメット

写真

午前5時、日の出前の新穂高登山指導センター。
ここのトイレはウォッシュレット付きで超快適です。
用を足して登山開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前5時、日の出前の新穂高登山指導センター。
ここのトイレはウォッシュレット付きで超快適です。
用を足して登山開始です。
1
事故の掲示板。
気を引き締めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
事故の掲示板。
気を引き締めます。
山小屋情報。ほとんどの小屋が営業を終了しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋情報。ほとんどの小屋が営業を終了しています。
新穂高登山指導センターでも登山届が出せますが、このゲートでも出せます。自分はネットで提出済です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターでも登山届が出せますが、このゲートでも出せます。自分はネットで提出済です。
小鍋谷を越えた所に最終ゲートが有ります。
車も通れる林道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鍋谷を越えた所に最終ゲートが有ります。
車も通れる林道を進みます。
途中で登山道を使用し林道をショートカット穂高平小屋到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で登山道を使用し林道をショートカット穂高平小屋到着です。
山は、紅葉しています。
平湯から新平湯、奥飛騨温泉郷は今が紅葉真っ盛りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山は、紅葉しています。
平湯から新平湯、奥飛騨温泉郷は今が紅葉真っ盛りでした。
白出沢出合を過ぎた所にある水場。
豊富な水量です。
下山時に飲んだここの水が美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢出合を過ぎた所にある水場。
豊富な水量です。
下山時に飲んだここの水が美味しかったです。
1
紅葉は、やっぱり赤色が良いね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は、やっぱり赤色が良いね!
滝谷避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋
槍平小屋は10月10日営業終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋は10月10日営業終了。
小屋前の広い板場もヒッソリしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前の広い板場もヒッソリしています。
トイレは利用可能。
100円で利用しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは利用可能。
100円で利用しました。
最終水場。
腹がへったのでこの場所で昼食をとる事にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場。
腹がへったのでこの場所で昼食をとる事にしました。
この日の昼食は、カップヌードルとオニギリ弁当。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の昼食は、カップヌードルとオニギリ弁当。
1
この辺りから電話が使えるようになったので、小屋に予約の電話を入れました。
仙丈乗越分岐、先回は仙丈乗越を使用しましたが、今回は飛騨乗越方面へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから電話が使えるようになったので、小屋に予約の電話を入れました。
仙丈乗越分岐、先回は仙丈乗越を使用しましたが、今回は飛騨乗越方面へ進みます。
目的の小屋が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的の小屋が見えます。
飛騨沢の先には、裏銀方面の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢の先には、裏銀方面の山並み。
飛騨乗越まで上がってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越まで上がってきました。
この稜線まで出てやっと信州側の山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線まで出てやっと信州側の山が見えます。
久しぶりに間近で見る槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに間近で見る槍ヶ岳。
1
今日お世話になる槍ヶ岳山荘。
スタッフの方々は小屋締めの準備で大忙し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日お世話になる槍ヶ岳山荘。
スタッフの方々は小屋締めの準備で大忙し。
本館のみの営業。トイレや自販機は1ヶ所のみ利用できます。
1泊3食で10,500円を支払い部屋に移動します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本館のみの営業。トイレや自販機は1ヶ所のみ利用できます。
1泊3食で10,500円を支払い部屋に移動します。
部屋は4人部屋。最初に入室したので入り口付近をキープしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部屋は4人部屋。最初に入室したので入り口付近をキープしました。
1
消灯は、午後8時30分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
消灯は、午後8時30分です。
明日向かう縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日向かう縦走路。
1
部屋でひと休みしてから夕食前に登頂します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部屋でひと休みしてから夕食前に登頂します。
山頂からの絶景。
燕岳から大天井、表銀座縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの絶景。
燕岳から大天井、表銀座縦走路。
西岳と奥には常念岳も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳と奥には常念岳も見えます。
1
でもやっぱり気になるのは穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもやっぱり気になるのは穂高連峰
山頂に取り付く最終ハシゴは2つあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に取り付く最終ハシゴは2つあります。
殺生ヒュッテとヒュッテ大槍が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテとヒュッテ大槍が見えます。
1
それにしても圧倒的な風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても圧倒的な風景。
1
明日の縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日の縦走路。
1
下山後槍ヶ岳をつまみにビールで乾杯。
下から持ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後槍ヶ岳をつまみにビールで乾杯。
下から持ってきました。
3
午後5時からの夕食タイム。
ハンバーグが美味しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後5時からの夕食タイム。
ハンバーグが美味しかった。
1
富士山も幻想的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も幻想的です。
1
午前6時からの朝食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前6時からの朝食。
1
丁度、朝食が日の出と重なったので食堂から撮影しました。
常念岳からの日の出です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁度、朝食が日の出と重なったので食堂から撮影しました。
常念岳からの日の出です。
2
午前6時30分過ぎに出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前6時30分過ぎに出発。
先ずは、大喰岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは、大喰岳を目指します。
槍ヶ岳山荘のテン場は、番号がふって有って仕切られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘のテン場は、番号がふって有って仕切られています。
振り返り槍ヶ岳を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り槍ヶ岳を望みます。
2
先に進むと景色も変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと景色も変わります。
2
次の目的地は中岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目的地は中岳。
ハシゴ場も有ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ場も有ります。
南岳へのルートは、割と最近で来たみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳へのルートは、割と最近で来たみたいです。
稜線歩きは楽しい!
人は誰もいない道。一人で独占です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線歩きは楽しい!
人は誰もいない道。一人で独占です。
南岳は、ドッシリとしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳は、ドッシリとしています。
南岳小屋が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋が見えてきました。
2
北穂が荒々しく聳え立っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂が荒々しく聳え立っています。
誰にも会いませんでしたが、ここで大キレットを越えてきたおじさんと遭遇。2時間で来れたと仰っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰にも会いませんでしたが、ここで大キレットを越えてきたおじさんと遭遇。2時間で来れたと仰っていました。
1
山頂には北穂高岳山荘が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には北穂高岳山荘が見えます。
もう少し早い時間だったらチャレンジしたのですが、もうすでに9時近くだったので諦めて下山に入ります。
来年まで待ってろよ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し早い時間だったらチャレンジしたのですが、もうすでに9時近くだったので諦めて下山に入ります。
来年まで待ってろよ!
1
槍ヶ岳にも最後の挨拶。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳にも最後の挨拶。
1
南岳小屋前の案内看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋前の案内看板。
南岳小屋も営業終了しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋も営業終了しています。
南岳新道を下ります。
景色が素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳新道を下ります。
景色が素晴らしい。
1
正面には笠ヶ岳がドッシリそびえています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には笠ヶ岳がドッシリそびえています。
1
はるか下には、右俣谷。
あそこまで降りるのです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか下には、右俣谷。
あそこまで降りるのです。
1
目標の槍平小屋がはるか下に見えます。
遠いな~!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目標の槍平小屋がはるか下に見えます。
遠いな~!
1
どんどん降りていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん降りていきます。
1
やっとの思いで槍平小屋に到着。
広い板場で昼食にします。
やっぱりカップヌードルと槍ヶ岳山荘でもらった弁当です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとの思いで槍平小屋に到着。
広い板場で昼食にします。
やっぱりカップヌードルと槍ヶ岳山荘でもらった弁当です。
1
お弁当は、中華ちまき。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お弁当は、中華ちまき。
1
藤木九三レリーフ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤木九三レリーフ。
行きに見落としたのでパチリ。4
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに見落としたのでパチリ。4
1
この辺りまで降りてくると紅葉が綺麗になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りまで降りてくると紅葉が綺麗になります。
3
下山しました。車は土曜日にも関わらず少なめですね。
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。車は土曜日にも関わらず少なめですね。
お疲れ様でした。
1

感想/記録



夏山シーズンも終わりに近づき営業終了している山小屋も多い中、週末の天気予報が良好だったために金曜日と土曜日登山を計画しました。
小屋泊前提だと北アルプス南部では、焼岳・槍ヶ岳・奥/北/西穂高岳か常念岳・蝶ヶ岳位しかなくどこに行くか悩みましたが去年行って感動した槍ヶ岳に決めました。

木曜日夜仕事を終えてから自宅を出発、新穂高温泉登山者駐車場に到着したのは夜10時、駐車車両は20台程度しかなく夏の風景とは大きく違っています。
車中泊をし午前5時前ヘッデンを点けて出発しました。

今回のルートは、前回は仙丈乗越経由槍ヶ岳だったので今回は飛騨乗越経由槍ヶ岳ルートを選びました、翌日は大喰岳・中岳・南岳を縦走して南岳新道を下るルートを計画しました。
往路復路ともに、ほとんど人に出会わず静かな山行になりました。

天気に恵まれ槍ヶ岳山頂からの絶景は素晴らしかったです。
山頂にいらっしゃった山の詳しい人に、山の名前を教えて頂きました。
表銀座の山並み・裏銀座の山並み・日本百名山の6,7割を見る事が出来るこの場所で雲無くクッキリと見渡せたのには感動しました。
あと、槍穂の縦走路、南岳から見る北穂の雄姿に圧倒されました。
来年は大キレット挑戦します。

山荘も小屋締め作業が進んでいて本館のみの営業。
宿泊客も30人程度と少なかったです。

下山は、南岳新道を利用しましたが、大キレット・穂高連峰・滝谷の絶景、正面には笠ヶ岳の絶景が楽しめます。良いのは上部の景色が楽しめる部分のみ、下に降りるにつれて道が悪くなります、ゴロゴロとガレた岩場や木ハシゴの大半が朽ち果てていて難儀します。
マークも必要最低限しかなく道が間違っていないか手探りで降り進めます。
途中で濡れた木の根っこで何度も滑って転んだり、何でもないところでひっくり返って突き指しました。幸い切り立った所でなく草がいっぱい生えていたので落ちる事は有りませんでしたが完全に身体が一回転したので滑落するっていうのは多分こんな感じ、なんてことない道であっという間なんだろうな~?!と気を引き締めて下山しました。

訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ