また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > chengfuさんのHP > 日記
2010年07月17日 00:12全体に公開

「地図の読み方」買ってきました。

この前、etrax欲しいと日記に書いてたら、いろいろ意見をもらって、MATSUさんからは小学館の地図の読み方を紹介してもらったので、早速、入門講座と実践上達講座の2つ買ってきました。
出張の途中に入門講座を1/3ぐらい読みましたが、うーん納得。目から鱗です。最初は読図の基本は分かっているので、実践講座編のみ買おうかと思いましたが、入門編から買って良かったです。
ホント地図を読み込むことなんてしてなかったなぁ。
ほとんどメインは昭文社の登山地図でサブが国土地理院。書かれているように登山ルートと分岐にしか目がいって無かった・・・。反省です。

まずは明日、近場で読図練習しようっと!! ・・・と思ってたら嫁さんから「明日は佐賀の実家の剪定と庭の草むしりよ」って
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:139人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2008/10/11
投稿数: 4553
2010/7/17 5:39
 RE: 「地図の読み方」買ってきました。
chengfuさん、こんにちは。

読図の世界にようこそ
私は登山道しか歩きませんが、それでも読図は十分楽しめます。
実際の地形が予想通りだったりすると妙に嬉しいものですが、小さなピークを見逃していたりして、まだまだ修行不足です。
地図の記載が違っていたりすると、戸惑う場合もありますが、藪に覆われた旧道を発見したりすると、一人山中でニンマリしています。
近所の裏山の林道でも読図はできますので、草むしりの合間にでもどうぞ
登録日: 2009/6/13
投稿数: 1584
2010/7/17 8:43
 RE: 「地図の読み方」買ってきました。
chengfuさん、こんにちは。

私も2冊購入して読(楽し)みました。地方の山は昭文社の地図は無く、1/25000が頼りですが、読んでからはメジャー山岳も1/25000が主で昭文社はガイドブック的なものだと思うようになりました。

コンパスと地図を持って裏山でも実践できるので楽しくなります。ただし、コースタイムが長くなりますが、、、

それから、現地で読図をして、後にGPSログで結果を確認という遊びができます。
登録日: 2009/3/9
投稿数: 7252
2010/7/17 11:16
 RE: 「地図の読み方」買ってきました。
chengfuさん 初めまして。MATSUさん bokemonさん
おはようございます。「読図」は楽しいですよ
私も bokemonさんと同じ中国地方なので
2.5万図が頼りですが まだまだ修行中です。
私の場合も 「等高線が詰まってる→急」なので
それなりに覚悟するのですが 「等高線が少ない→
緩やか」のイメージが先行してしまい 実際の場面で
以外に急でこんなはずじゃないのに
という場面も多々あります。
植生の記号などにも目をもっと向けていけば
さらに正確な読図ができるのになあ・・・と
考えてます。
登録日: 2009/1/13
投稿数: 828
2010/7/17 18:23
 RE: 「地図の読み方」買ってきました。
chengfu様

はじめまして。こんにちは。

地形図、面白いですよね。

時間的に手遅れな提案かと存じますが、

剪定や草むしりしているフリをしながら庭を地形図に掘り起こしてみる

ってのも面白いかもしれないですね。
まっ、進捗状況を見ればサボってたのは一発バレですが。

私は残念ながら、大した読図力は持ち合わせていませんが、
そんな私でも結構、オッ!とニンマリ出来る気づきもありましたし、
トレースも目印も無い雪山では大いに助けられました。

日記を拝読して、私も久しぶりに家にある読図解説の本を
読んでみたくなってきたのですが、
全く整理させていない書棚や段ボールから、その本の所在に辿り着くのが、どんな読図よりも難しそうです。
登録日: 2010/5/3
投稿数: 5603
2010/7/17 23:22
 RE: 「地図の読み方」買ってきました。
こんばんわ、MATSUさん、bokemonさん、miccyanさん、takecさん
コメントありがとうございます。

いや〜今日の草むしりは大変でした・・・、一気に真夏の天気となった上にやぶ蚊の来襲・・・
嫁さん、娘の3人でそれぞれ1個ずつ蚊取り線香を焚けど蚊の攻撃はやまず、強力フマキラーを撒きながらの草取りでした。

地図の読み方は、そのあと読めていないので明日は本を読んでいたいところもあるのですが、地図に馴染むためにも早速読図練習山行に行ってきます。
まずは地図を見て、位置を確認にして、次の確認ポイントを決めて、を繰り返しながら、位置確認のしやすい平尾台をゆっくり歩いてきます。


ページの先頭へ