ヤマレコ

記録ID: 1052613 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

暴風の八ヶ岳 硫黄岳で撤退_(:3」∠)_

日程 2017年01月24日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り 風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に駐車(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間10分
休憩
1時間20分
合計
10時間30分
S美濃戸口06:0006:40やまのこ村08:40赤岳鉱泉09:0010:50硫黄岳11:00硫黄岳山荘11:1012:40赤岳鉱泉13:3014:10行者小屋16:30美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
撤退ポイントは硫黄岳山荘から10分ほど歩いたところです
コース状況/
危険箇所等
※この時期の登山道は簡単に状況変化してしまうので直前の情報を参照してください

北沢
ちょうどよい積雪のため歩きやすいです。

赤岳鉱泉〜硫黄岳
雪はありますが基本的に夏道を歩けます。稜線に乗っかる部分だけ雪を乗り越えていく感じでした。硫黄岳へは向かって左巻きに進むほうが歩きやすいと思います。

硫黄岳〜硫黄岳山荘
強風のため雪は割と飛んでいます。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます!
美濃戸山荘、今日もいつも通り北沢から上がっていきますよ〜
2017年01月24日 07:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます!
美濃戸山荘、今日もいつも通り北沢から上がっていきますよ〜
そして赤岳鉱泉
雲の流れが弱いようなので、アイゼンを装着していざ硫黄岳へ
2017年01月24日 08:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして赤岳鉱泉
雲の流れが弱いようなので、アイゼンを装着していざ硫黄岳へ
硫黄岳に到着ですが、、、
うーん、爆風!
師匠が直立不動に笑
2017年01月24日 10:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳に到着ですが、、、
うーん、爆風!
師匠が直立不動に笑
2
風が強すぎて写真は取れずで下山中
下の方のガスは晴れてきてます
2017年01月24日 12:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強すぎて写真は取れずで下山中
下の方のガスは晴れてきてます
1
風の下はこんなにも美しい世界が広がってます
2017年01月24日 12:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の下はこんなにも美しい世界が広がってます
1
雪もっふもふでございます
2017年01月24日 12:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪もっふもふでございます
2
目出し帽から出ていた眉毛がすっかり凍ってしまいました_(:3」∠)_
2017年01月24日 12:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目出し帽から出ていた眉毛がすっかり凍ってしまいました_(:3」∠)_
2
アイスキャンディーに戻ってきた!
アイスクライミングかっこいいなぁ
2017年01月24日 12:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーに戻ってきた!
アイスクライミングかっこいいなぁ
2
中山展望台から
あおいちゃん、山の上はいけなかったよ〜(;'∀')
2017年01月24日 13:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台から
あおいちゃん、山の上はいけなかったよ〜(;'∀')
2
それにしてもかっこいいなぁ
2017年01月24日 14:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもかっこいいなぁ
歩きたかった山の上
でも、これでよかったんですよ
2017年01月24日 13:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きたかった山の上
でも、これでよかったんですよ
帰り道
山と反対側は晴れています
冬山あるある
2017年01月24日 14:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道
山と反対側は晴れています
冬山あるある
2
無事下山
この後凍傷に気づいて呆れて笑いあいました
まだまだ精進不足!
2017年01月24日 16:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山
この後凍傷に気づいて呆れて笑いあいました
まだまだ精進不足!
1
撮影機材:

感想/記録

寒波接近の八ヶ岳敗退レコでございます_(:3」∠)_
当然でございますな、、、ちゃんとした人からお叱りをうけそうな内容です
反面教師にでもしてください

いつものように南八ヶ岳を縦走しますか〜と師匠と美濃戸へ
歩いているうちに明るくなってくると八ヶ岳は雲の中_(:3」∠)_
それでも思ったより雲が流れていないので風が考えていたより弱いかな?という印象を持ちながら赤岳鉱泉にやってきました
赤岳鉱泉から眺めていてもあまり動きを感じさせない空具合、たぶん下層のガスは流れの外だったのでしょう。
風が強ければ横岳を越えることは出来ず縦走なんて出来ないので、赤岳に登りにいくことも検討していたのですが、もしかしたらという期待をもって硫黄岳を目指してみました。

硫黄岳に向かう道は雪も良い感じで問題なく登れます。稜線に近づくについれて風は強くなりますが、まぁ想定範囲の風速でした。
稜線にたどり着き、前方に先行している二人組が見えます。有視界100mはあるのかな?とりあえず硫黄岳に到着ですが相変わらずの爆風です。

まぁ、硫黄岳はいつだって爆風のイメージあるしねと山荘方向へ
鞍部はさらに風が強く、こりゃたまらんと山荘の物陰に一時避難しました。もし風がこのままだったら横岳を越えることが出来ません。突風に捲られたら簡単に滑落してしまいますので(;'∀')
とりあえずと思い先に進んでみるといよいよ風に阻まれてしまいました。耐風姿勢をとって身体が浮つかないようにしますが、これで先に進むのは自殺行為。二人とも体力的に問題になる前に撤退することを決めました。
再び硫黄岳に戻ってきた時間は11時40分頃。およそ1時間程度爆風を浴びていたことになります。稜線上にいた時間は2時間もない程度でしたでしょうか。

赤岳鉱泉に戻って、時間もたっぷり余っているので中山展望台に寄り道して南沢から帰ることにしました。
中山展望台から見た八ヶ岳はガスも少し上がっていて、かっこよく見ることができました。まぁ敗退でもしなければこの景色は見えないしなぁと笑いながら南沢へ。そして下山して装備を片付けていると師匠が凍傷になった!と指を見せてくれました。

そこにはしっかりと変色した小指が(@_@)
僕も頬を触ってみると少し違和感。あ、これは凍傷してるわ笑
うーん、思ったより簡単に凍傷になるもんですね

二人とも基本がタフなだけに怪我に対する認識がちょっと薄いのが・・・
Twitterのフォロワさんには何で今日行っちゃいますかと突っ込まれるし、母親には雪山は楽しくないと思うよと言われちゃいました_(:3」∠)_

撤退のタイミングをもう少し早くできれば怪我もしないで済んだかもしれないです。自分たち的には余裕をもって撤退をしたつもりでしたが、甘い認識でした。これからは全然余裕!だけど止めよう!という気持ちで撤退することにしようと話し合いました。

事故があってからでは遅すぎるし、怪我をするようではまだ遅い。
怪我なく下山してこそ一人前ですね。
訪問者数:433人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ