また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1114192 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

快晴の唐松岳 ★モルゲンロートを見るためには・・・

日程 2017年04月22日(土) 〜 2017年04月23日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候ほぼ快晴(行動時間内)丸山ケルンより雪氷粉を叩き付ける強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・22日(土)時点で第3無料駐車場に多少の空きあり。
        http://www.happo-one.jp/access/parking
・八方アルペンライン(八方池山の荘終点まで往復¥2900
        http://www.nsd-hakuba.jp/green/happo/alpenline.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間24分
休憩
22分
合計
6時間46分
S八方池山荘04:1104:34石神井ケルン04:3504:43第2ケルン05:21八方池05:2406:34丸山07:22唐松岳頂上山荘07:2407:47唐松岳07:5808:14唐松岳頂上山荘08:1608:52丸山08:5310:19八方池10:2010:34第2ケルン10:3510:44石神井ケルン10:57八方池山荘10:55ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山友が取った山と高原地図ログ参照
コース状況/
危険箇所等
<八方池山荘〜八方ケルン>
気温の上がる日中に雪がシャーベット状+踏み抜き多く、かなりの凸凹状態で
歩きにくい。(下方ほどすごい) 木道露出箇所あり。
早朝は凸凹ながらも固まり歩きにくさも軽減。

<丸山ケルン以降>
強風箇所が出てくる。(前方より雪煙が見える)氷の粒が顏を直撃。
両サイドが切れ落ちている箇所での強風もあり歩行注意。
頂上山荘辺りが一番の強風。

*八方池山荘情報*http://hakubakousha.com/index.php/rates
・電話にて要予約 0261-72-2855
・水栓トイレ ・男女別風呂あり ・蛇口の水は飲料可能
・お湯は早朝にポットにあり(水筒に入れられる) 
・廊下は夜でも電気がついている様子。
・2食付き¥9800 素泊まり¥6400
その他周辺情報温泉多数
モンベル会員証で八方池山荘(2食付き¥500引き)・温泉割引適用される所もあり
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 殆どの方がピッケルでしたが、ストックの方がよさそうだった。

写真

22日(土)
1本目のリフトを降りると・・・
次の乗り場が見えない。
2017年04月22日 13:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
22日(土)
1本目のリフトを降りると・・・
次の乗り場が見えない。
もうすぐ雲を突き抜ける
2017年04月22日 13:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ雲を突き抜ける
八方池山荘 今日は満室。
畳の部屋。 布団が綺麗。
2017年04月22日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘 今日は満室。
畳の部屋。 布団が綺麗。
1
202号室 の2階です。
5人定員でも一人分は空けて4人にしてくれています。
広々快適。電気も左右に設置。夜も暖か。
2017年04月22日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
202号室 の2階です。
5人定員でも一人分は空けて4人にしてくれています。
広々快適。電気も左右に設置。夜も暖か。
2
八方池まで散歩
木道が見えている
2017年04月22日 15:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池まで散歩
木道が見えている
雪がぐしゃぐしゃでほんとに歩きにくい。
何度となく踏み抜く
2017年04月22日 15:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がぐしゃぐしゃでほんとに歩きにくい。
何度となく踏み抜く
1
白馬三山の上に重たく覆いかぶさる雲は動かない
2017年04月22日 15:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山の上に重たく覆いかぶさる雲は動かない
八方ケルン
2017年04月22日 15:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルン
2
この先八方池まで行き引き返す。
2017年04月22日 16:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先八方池まで行き引き返す。
2
こんなのばかりでテンションが落ちる
2017年04月22日 16:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのばかりでテンションが落ちる
2
下方の雲に虹が見えました。
2017年04月22日 16:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方の雲に虹が見えました。
4
17時
お風呂は今が入り時。 ボディソープあり。
シャワー3カ所 水量豊富。 ドライヤー無し。
2017年04月22日 17:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時
お風呂は今が入り時。 ボディソープあり。
シャワー3カ所 水量豊富。 ドライヤー無し。
1
薄らとアーベントロート。妙高山
2017年04月22日 18:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄らとアーベントロート。妙高山
3
夕飯は2回入れ替え制の2回目 18:15より。 バイキングでした。
とても美味しかった。
2017年04月22日 18:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯は2回入れ替え制の2回目 18:15より。 バイキングでした。
とても美味しかった。
料理は随時補充されます。
2017年04月22日 18:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
料理は随時補充されます。
<2日目>
4:10 出発
前方に先発の方のライト
2017年04月23日 04:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<2日目>
4:10 出発
前方に先発の方のライト
1
雪は固まり 凸凹でも歩きやすい。
2017年04月23日 04:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は固まり 凸凹でも歩きやすい。
1
4:19 後方は白けてきた。(実際はもっと暗い)
2017年04月23日 04:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:19 後方は白けてきた。(実際はもっと暗い)
2
八方ケルン
2017年04月23日 04:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方ケルン
4:56 ここで日の出を見よう
2017年04月23日 04:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4:56 ここで日の出を見よう
5:07 赤く染まり出す。
白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)
2017年04月23日 05:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:07 赤く染まり出す。
白馬三山(白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)
5
左奥から
唐松岳・不帰景・不帰曲
2017年04月23日 05:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥から
唐松岳・不帰景・不帰曲
1
5:08 奥に五竜岳・鹿島槍ヶ岳
2017年04月23日 05:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:08 奥に五竜岳・鹿島槍ヶ岳
3
5:13
ここまでしか染まらなかったけど
この場所を独占状態で満足。
2017年04月23日 05:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:13
ここまでしか染まらなかったけど
この場所を独占状態で満足。
4
気温 -4℃
無風で寒さは感じない。
2017年04月23日 05:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温 -4℃
無風で寒さは感じない。
1
テント 確か4張りありました。
2017年04月23日 05:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント 確か4張りありました。
重装備のチームも何チームか
2017年04月23日 06:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重装備のチームも何チームか
1
山友は高山の登りが苦手。
リュックの重さのせいではなかったことバレちゃうね。
2017年04月23日 06:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山友は高山の登りが苦手。
リュックの重さのせいではなかったことバレちゃうね。
1
雲海に浮かぶ丸山ケルン
2017年04月23日 06:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ丸山ケルン
3
丸山ケルンの南側にテント2張り。
風がある。
2017年04月23日 06:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンの南側にテント2張り。
風がある。
1
丸山ケルンを超えた辺りから風が強くなる。
前方の稜線は雪煙が舞っている。
2017年04月23日 06:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンを超えた辺りから風が強くなる。
前方の稜線は雪煙が舞っている。
後方。 幻想的な丸山ケルン 
2017年04月23日 06:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方。 幻想的な丸山ケルン 
2
強風の中に突入
2017年04月23日 06:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の中に突入
山友も強風地帯に突入。
雪煙で画面が白っぽくなる
2017年04月23日 06:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山友も強風地帯に突入。
雪煙で画面が白っぽくなる
ずっと強風地帯が続く。
顏が痛い。
2017年04月23日 06:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと強風地帯が続く。
顏が痛い。
前方 雪煙の帯が天空に伸びているところ2か所あり。
2017年04月23日 06:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方 雪煙の帯が天空に伸びているところ2か所あり。
サラサラの雪質でトレースもすぐに消える
2017年04月23日 06:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサラの雪質でトレースもすぐに消える
カッコイイ五竜
2017年04月23日 07:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ五竜
4
後方 強風の中の山友
2017年04月23日 06:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方 強風の中の山友
1
アップ 
2017年04月23日 07:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ 
1
右に山頂
2017年04月23日 07:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に山頂
1
2か所並んだ天空への帯。近づいてきた。
2017年04月23日 07:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2か所並んだ天空への帯。近づいてきた。
1
雲海が上昇してきてるみたい。
2017年04月23日 07:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が上昇してきてるみたい。
この稜線は風に足を取られると下まで滑り落ちる。
2017年04月23日 07:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この稜線は風に足を取られると下まで滑り落ちる。
頂上山荘手前の広場
中央に劔岳
2017年04月23日 07:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘手前の広場
中央に劔岳
ここから山頂に取り付くまでが一番の強風
2017年04月23日 07:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂に取り付くまでが一番の強風
2
振り返って
2017年04月23日 07:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
後方。ここまで来ると風が弱まる
2017年04月23日 07:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方。ここまで来ると風が弱まる
7:45 山頂 剱岳をバックに。
360度の展望 弱風
2017年04月23日 07:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:45 山頂 剱岳をバックに。
360度の展望 弱風
4
五竜岳・鹿島槍ヶ岳
その奥に小さく奥穂・槍・野口五郎・水晶
2017年04月23日 07:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳・鹿島槍ヶ岳
その奥に小さく奥穂・槍・野口五郎・水晶
4
剱岳のアップ
2017年04月23日 07:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳のアップ
4
毛勝三山(猫又山・釜谷山・毛勝山)
2017年04月23日 07:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝三山(猫又山・釜谷山・毛勝山)
1
8:07
下山。さっきより風が強くなっている
2017年04月23日 08:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:07
下山。さっきより風が強くなっている
1
なぜかヘリコプターが頭上でずっとボバリング。
強風に加えヘリが巻き上げる雪煙でピントが合わない。
顏も痛い。
2017年04月23日 08:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかヘリコプターが頭上でずっとボバリング。
強風に加えヘリが巻き上げる雪煙でピントが合わない。
顏も痛い。
2
真っ白いヘリは初めて見た。長野県警察航空隊でもないし。(唐松の事故は調べても出て来なかった)
この後も2回に分け山頂を旋回していた。
2017年04月23日 08:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白いヘリは初めて見た。長野県警察航空隊でもないし。(唐松の事故は調べても出て来なかった)
この後も2回に分け山頂を旋回していた。
2
雲海はますます高度を上げている。
2017年04月23日 08:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海はますます高度を上げている。
1
8:27 山頂を目指してくる人達が増えてきた。
2017年04月23日 08:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:27 山頂を目指してくる人達が増えてきた。
軽いナイフエッジ。もったいないけどこの上を歩く。
2017年04月23日 08:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽いナイフエッジ。もったいないけどこの上を歩く。
丸山ケルン。ようやく風も収まってくる
2017年04月23日 08:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン。ようやく風も収まってくる
1
先程から絵になるお二人をズーム
2017年04月23日 08:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程から絵になるお二人をズーム
丸山ケルンは雰囲気がいい。
奥には妙高山と高妻山。
2017年04月23日 08:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンは雰囲気がいい。
奥には妙高山と高妻山。
2
既にテント撤収済み。
雪は緩みシャーベット状態になってきている。
2017年04月23日 09:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既にテント撤収済み。
雪は緩みシャーベット状態になってきている。
1
10:01
ここからはアルペンラインで日帰りの方々が続々と登ってくる
2017年04月23日 10:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01
ここからはアルペンラインで日帰りの方々が続々と登ってくる
山荘・リフトはもうすぐ。
10:55 無事下山。 
ガーミンのログを止めようとしたら電池切れでもなく電源が途中で切れていた。(?_?) 残念(+o+)
2017年04月23日 10:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘・リフトはもうすぐ。
10:55 無事下山。 
ガーミンのログを止めようとしたら電池切れでもなく電源が途中で切れていた。(?_?) 残念(+o+)
撮影機材:

感想/記録
by pi-ti

22日の土曜日出勤が前日に休めることとなり、今回の3連休週末を無駄にしたくないと 天気を考慮してあれこれ試案する。
仕事帰りでテン泊の準備も間に合わない・・・ 無駄にしたくない 時間が無い。
そこで見つけたのが onisanさんの八方尾根のレコ。
この時まで唐松は日帰りしか眼中になかった私  
ちょっと高くつくけど 予報も☀だし う〜ん これもありかなと。 
山友に提案。 何よりゆっくりと支度ができました。

標高が高い分下の方は雲に覆われ一見天気最悪状態だけど 雲の上は快晴。
眼下に広がる雲海は別世界を感じさせてくれます。
山仲間が見たような 作り物のように真っ赤に燃えるモルゲンは見られなかったけど
私にとって 今シーズンの雪山おさめには とっておきのモルゲンになりました。

八方池山荘は立地の良さもあってか お風呂に夕食に とにかく快適でした。
 
きっかけを頂いた onisanさん、 レコをありがとうございました。
訪問者数:411人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/28
投稿数: 78
2017/4/29 9:23
 唐松岳モルゲン素晴らしい
こんにちは
なるほど、前入りすればモルゲンバッチリですね。
私も唐松は日帰りしか頭になかったです。というか、私はエスカルプラザに前泊しました。
綺麗なモルゲン、実際みたことないんです。
なかなか天気があわなくてあきらめてしまいます。(寝てしまう)
Pi-tiさんが行かれた時も強風ですね。無風だと山頂は快適な日もあるのにね。
私が行った日も晴れだけど山頂強風で、私はグローブが万全でなく手が痛くてマジ泣きしました。山頂を転げるようにおりました。
よい雪山ラストになりよかったですね。
計画の良さ、流石です。
お疲れ様でした。
登録日: 2014/8/18
投稿数: 265
2017/4/30 8:02
 Re: 唐松岳モルゲン素晴らしい
アンさん
こんにちは(*'▽') コメントをありがとうございました。
アンさんの唐松レコ、オーバーグローブ忘れの件「大変だったろうな」と
思っていました。
末端の寒さはしんどいですよね・・・
私は極寒地帯にはオーバーグローブにミトンのゴアで羽毛のグローブを愛用していますよ。
初めはミトンを舐めていましたが その後、天国のグローブと呼んでいます。

日帰りでは得られないものが、山に泊まることにより得られる。
荷物の重さの代償は大きい。沢もいいけど縦走もいいですよね。
今年の夏は連休ごとに縦走を狙おうかと思っています。

モルゲンロード 見られるといいですネ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ