また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1131025 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲信越

栂海新道 Sea to Summit 親不知から白馬岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年05月02日(火) 〜 2017年05月06日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目から4日目まで晴れ 
5日目 雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
白馬八方Pに駐車 白馬駅から電車で親不知駅へ 18:28−21:12
猿倉から白馬八方Pバス10:15−10:41 930円 
現金支払いのみ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

1日目 栂海新道登山口5:50−入道山7:30−尻高山8:55−坂田峠9;50−シキ割12:00−白鳥山15:00(白鳥小屋泊)
2日目 白鳥小屋5:00−下駒ケ岳06:50−栂海山荘11:14−犬ケ岳11:33ーさわがに山13:50(テント)
3日目 サワガニ山5:00−黒岩山6:48−アヤメ平10:35−照葉の池12:09−朝日岳14:08−朝日岳コル16:15(テント)
4日目 朝日岳コル5:20−雪倉山10:20−三国境15:15−白馬岳15:50−白馬山荘17:10(営業小屋泊)
5日目 白馬山荘6:40−猿倉山荘9:30
コース状況/
危険箇所等
連日の晴天で雪が緩み安全策で沢・谷筋、雪の状態が良くないトラバースは遠回りでも尾根筋を選んだ。
その他周辺情報親不知観光ホテルに宿泊 山側バストイレ無しの登山者用部屋あり。親不知駅付近にコンビニ等店は無いので事前に用意しておくこと。
八方温泉
参考資料:栂海新道ものがたり その自然と人々 小野建著 考古堂書店発行
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル ストック スリング2本
共同装備 テント ジェットボイル ガス3個 ノズル ロープ15m

写真

Sea to Summitなので海岸まで降りる
2017年05月02日 05:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sea to Summitなので海岸まで降りる
2
0mからスタート
2017年05月02日 05:33撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0mからスタート
6
ホテル向かいの登山口
2017年05月02日 05:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテル向かいの登山口
道路横断はしごを登る
2017年05月02日 08:05撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路横断はしごを登る
さわがに山岳会特性打ち抜き標識
2017年05月02日 09:51撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわがに山岳会特性打ち抜き標識
1
カタクリ群生 この後延々と鉄階段で金時坂を登り高度を上げる
2017年05月02日 09:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ群生 この後延々と鉄階段で金時坂を登り高度を上げる
2
金時の頭を下り北側の沢を越すと斜面の西側の沢に出る。2つの沢で山が引き割れた感じなのでヒキ割からシキ割に。道がわかりにくい
2017年05月02日 12:03撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金時の頭を下り北側の沢を越すと斜面の西側の沢に出る。2つの沢で山が引き割れた感じなのでヒキ割からシキ割に。道がわかりにくい
2
白鳥山への辛い登り
2017年05月02日 12:17撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥山への辛い登り
日本海が見える
2017年05月02日 13:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海が見える
2
白鳥山山頂に小屋が見える
2017年05月02日 14:11撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥山山頂に小屋が見える
2
白鳥小屋はきれいに管理されて快適 感謝して使わせていただく
2017年05月02日 15:08撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥小屋はきれいに管理されて快適 感謝して使わせていただく
2
白鳥山を下って下駒山へ向かう
2017年05月03日 05:12撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥山を下って下駒山へ向かう
4
やっと下駒ヶ岳
2017年05月03日 06:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと下駒ヶ岳
犬ケ岳山頂の栂海山荘が見える
2017年05月03日 11:31撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬ケ岳山頂の栂海山荘が見える
栂海新道を造った小野健さんの碑
2017年05月03日 11:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂海新道を造った小野健さんの碑
5
悪い雪をこなしアップダウンが続く
2017年05月03日 11:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪い雪をこなしアップダウンが続く
2
アップダウンが激しく展望が良い今日はさわがに山でテントを張る
2017年05月03日 13:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンが激しく展望が良い今日はさわがに山でテントを張る
1
旭、清水の尾根が見える
2017年05月04日 12:10撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭、清水の尾根が見える
3
吹上のコル(千代の吹上)
2017年05月04日 13:06撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹上のコル(千代の吹上)
栂海新道終点 朝日岳2418m
2017年05月04日 14:11撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂海新道終点 朝日岳2418m
10
風を避け朝日岳コルにテントを張る
2017年05月04日 18:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風を避け朝日岳コルにテントを張る
5
5日目朝 風雨が激しい
2017年05月06日 06:41撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5日目朝 風雨が激しい
1
視界が悪い大雪渓を下る。風にあおられるので小股歩きです。
2017年05月06日 07:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が悪い大雪渓を下る。風にあおられるので小股歩きです。
1
猿倉山荘に到着 まだ雨が降っている
2017年05月06日 09:37撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉山荘に到着 まだ雨が降っている
1
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

 春合宿支隊として膝・腰・脚に問題アリ2名なので1日増やし予備日1日追加の安全策を取って4泊5日の挑戦だったが、初めての領域で、素晴らしい山旅となった。軽量化作戦でテントはシングルの1人・2人用。食料はフリーズドドライとアルファ米で煮炊きせず、ガスも3個のみ。
距離45km、親不知海岸0mから2932mまで、累積標高差約5千mの旅で、変わりゆく気候・地形・自然を楽しみ海を振り返りつつ、栂海新道を大いに味わった旅だった。

1日目 前夜ホテルに泊まり、朝Sea toなので親不知海岸0mに降り朝日を見て出発。樹林帯の夏道歩きで熱く白鳥山1287mまで。シキ割で雪道が出てくるが白鳥山への登りは辛かった。
2日目は雪道とのミックスになるのでアイゼン装着。幾つものピークを越え、崩れた雪と夏道の繰り返しで疲れてサワガニ山1612mでストップ。振り返れば日本海が見え、カタクリ、タムシバ、つつじ、ショウジョウバカマ等々可憐な花々が元気を与えてくれる。
3日目は朝日岳2418m下のコルでテント。だだっ広い雪の下は湿原を越えてきた。
4日目はいよいよ雪倉山を越え北アルプスの白馬岳へ。風の強い三国峠で1人用テントではつらいあということで白馬山荘に泊まることにする。出発時にギックリ腰が出てしまい大苦戦。朝日岳からは北アルプスの山容になり、スキーヤーも多い。腰をかばい何とか白馬岳到着。天候が下降し風が強く見えにくくなった。予報では6日まで晴れる予定だったが天気が早まってしまい明日は雨の予想に変わり本隊は繰り上げて下山したので合流できなかった。さすがに白馬山荘の宿泊客は少なくゆったり贅沢。
5日目 風雨が吹き付け先が見えない大雪渓を雪崩に気を付けながら下山。温泉で汗を流し帰京。
 藪密集の栂海新道を切り開いた道はよく整備され(歩きやすいハイキング道とは違います)感動。小屋も非常にきれいに管理されていて感謝。
 雪が無いと湿原帯もありで、紅葉の時期に逆コースで歩いてみたい。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2847人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/2
投稿数: 1337
2017/7/10 16:23
 いいですね。
5から6年前の7月初旬に八方から抜けました。
波打ち際を後回しにしようとしたら、親不知間峰ホテルの女将さんにばれてしまい、チェックインの前に行ってきなさいと諭されました。
その年は残雪が多く、ガスの中を残雪沿いに間違えた方向に降りてしまい、戻るのが大変でした。
GWに栂海新道をテント背負っては考えたこともありません。
好い旅でしたね。
登録日: 2012/12/10
投稿数: 22
2017/7/12 21:18
 Re: いいですね。
紅葉の季節に海に向かって歩くのもよさそうですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ