また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1162773 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

将棊頭山(桂木場から)

日程 2017年06月07日(水) [日帰り]
メンバー
 hy1
天候 曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場はわりと広い。そして、一台も停まっていない。
フラットではなく斜面なので、停めにくい。
駐車場までの道は、舗装路で、どのタイプのクルマでも問題ないだろう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
50分
合計
8時間38分
S桂小場04:0105:04野田場05:0805:24横山道分岐05:48白川分岐06:10大樽小屋06:2206:36胸突八丁(信大コース分岐)07:25津嶋神社07:2807:59胸突の頭08:0508:55将棊頭山08:59西駒山荘09:1609:19水場10:23胸突の頭10:37津嶋神社10:3911:13胸突八丁(信大コース分岐)11:1611:23大樽小屋11:2411:42白川分岐11:51横山道分岐12:00野田場12:0212:39桂小場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
03:58 スタート(0.00km) 03:58 - ゴール(14.27km) 12:40
コース状況/
危険箇所等
残雪がうっとうしい。
踏み抜きを何度か。ぼくは踏み抜きの際、小枝にタイツを引っかけて破いた。友人は踏み抜きの際、登山道に横たわっていた太い枝で胸(脇?)を強打。かなり痛がっていた。
稜線から西駒山荘へのルートは「夏道」と「冬道」の2ルート。「冬道」は将棊頭山の山頂を通る。「夏道」は山頂を回避。「夏道」はかなり急斜面の雪渓をトラバースする必要があり、非常に危険。
その他周辺情報伊那市はローメンがご当地グルメとされていますが、賛否両論です。
伊那市民の友人は好きだそうですが、駒ヶ根市民のぼくからすると、食べられたモノではありません。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 ストック カメラ

写真

鳩吹公園から登ってくるルートとの合流地点、かな?
2017年06月07日 05:24撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩吹公園から登ってくるルートとの合流地点、かな?
馬返しにてイワカガミ。
寝っ転がって撮影したが、このあと登山道にはたくさん咲いていて、無理して撮ることもなかった。撮影に適した場所はいくらでもあります。
2017年06月07日 05:38撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬返しにてイワカガミ。
寝っ転がって撮影したが、このあと登山道にはたくさん咲いていて、無理して撮ることもなかった。撮影に適した場所はいくらでもあります。
1
白樺。雲海。南アルプス。
帰路、この白樺林は霧に包まれ幻想的に。友人は撮影しまくっていたが、ぼくはカメラを出す気力なし。
2017年06月07日 05:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺。雲海。南アルプス。
帰路、この白樺林は霧に包まれ幻想的に。友人は撮影しまくっていたが、ぼくはカメラを出す気力なし。
監視カメラ。シカ用。
確かこのカメラ、動くものを感知すると動画で撮影するカメラだったはず。我々も撮られてるね。
2017年06月07日 05:56撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
監視カメラ。シカ用。
確かこのカメラ、動くものを感知すると動画で撮影するカメラだったはず。我々も撮られてるね。
名も知らぬ花が、花の形のまま登山道に散っていた。笹の上に落ちていた花びらを撮影。
2017年06月07日 06:01撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名も知らぬ花が、花の形のまま登山道に散っていた。笹の上に落ちていた花びらを撮影。
大樽小屋直下の広場
2017年06月07日 06:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽小屋直下の広場
大樽小屋。
便袋方式のトイレというのを初めて見た。こういう管理をしてくれている人がいるから、登山を楽しめるのだなぁと、まだ見ぬ管理者の方に感謝。
2017年06月07日 06:12撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽小屋。
便袋方式のトイレというのを初めて見た。こういう管理をしてくれている人がいるから、登山を楽しめるのだなぁと、まだ見ぬ管理者の方に感謝。
2
ご機嫌な登山道。
先週、八ヶ岳の岩だらけの登山道を歩いた身からすると、土の登山道はウソのように歩きやすい。
2017年06月07日 06:33撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご機嫌な登山道。
先週、八ヶ岳の岩だらけの登山道を歩いた身からすると、土の登山道はウソのように歩きやすい。
信大ルートとの分岐。
この先、胸突八丁。と言っても、さほどの急坂ではない。
2017年06月07日 06:36撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信大ルートとの分岐。
この先、胸突八丁。と言っても、さほどの急坂ではない。
残雪が出てきました。
2017年06月07日 06:46撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が出てきました。
「六合目」。
駒ヶ岳への六合目、なんだよね?
2017年06月07日 06:56撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「六合目」。
駒ヶ岳への六合目、なんだよね?
かなり深い。
2017年06月07日 07:24撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり深い。
延々と雪道
2017年06月07日 07:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と雪道
昨日?下山したと思われる人の足跡がありました。この方も踏み抜き。
2017年06月07日 07:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日?下山したと思われる人の足跡がありました。この方も踏み抜き。
登山道を選んで雪が残っているのか、と。
2017年06月07日 07:35撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を選んで雪が残っているのか、と。
景色も良くなってきましたよ。
2017年06月07日 07:54撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色も良くなってきましたよ。
「七合目」
2017年06月07日 07:55撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「七合目」
読めない…
2017年06月07日 08:00撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読めない…
慎重に、と言っても、まだ余裕があります。
2017年06月07日 08:06撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に、と言っても、まだ余裕があります。
曇りの登山も、それはそれで素晴らしい。
2017年06月07日 08:08撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇りの登山も、それはそれで素晴らしい。
1
稜線より友人を撮影。
ここが最後の難所。
2017年06月07日 08:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より友人を撮影。
ここが最後の難所。
すんばらしい
2017年06月07日 08:10撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんばらしい
3
良い気分。
2017年06月07日 08:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い気分。
木が倒れながら生えている、というのは、雪の多さを物語っているのでしょうか。
2017年06月07日 08:13撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が倒れながら生えている、というのは、雪の多さを物語っているのでしょうか。
雲の中に御嶽山。右の稜線は茶臼山。
2017年06月07日 08:18撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の中に御嶽山。右の稜線は茶臼山。
2
馬の背から木曽駒ヶ岳。宝剣岳もチラッと見える。
2017年06月07日 08:28撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背から木曽駒ヶ岳。宝剣岳もチラッと見える。
2
普通に記念撮影。
タイツ破れてる…
2017年06月07日 08:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通に記念撮影。
タイツ破れてる…
2
伊那市の街を眼下に。
友達の家は「あの雲の下」だそう。
2017年06月07日 08:46撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那市の街を眼下に。
友達の家は「あの雲の下」だそう。
1
将棊頭山の斜面。なんだかおもしろい。
2017年06月07日 08:47撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山の斜面。なんだかおもしろい。
1
最近新築された、西駒山荘。
2017年06月07日 08:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近新築された、西駒山荘。
写真を撮りながらチンタラと。
2017年06月07日 08:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮りながらチンタラと。
雲が出てきて、宝剣岳はもう見えない。
2017年06月07日 08:51撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきて、宝剣岳はもう見えない。
2
将棊頭山山頂。
表示が消えて、誰かがマジックで?(笑)
2017年06月07日 08:52撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棊頭山山頂。
表示が消えて、誰かがマジックで?(笑)
絶景を眺めつつ。
2017年06月07日 08:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を眺めつつ。
記念撮影。
2017年06月07日 08:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。
1
天気も山頂まではなんとか持ってくれました。
2017年06月07日 08:55撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気も山頂まではなんとか持ってくれました。
同行した友人の、娘さんの同級生のお父さんが西駒山荘の小屋番、とのことで訪ねてみましたが、営業していませんでした。
2017年06月07日 08:55撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行した友人の、娘さんの同級生のお父さんが西駒山荘の小屋番、とのことで訪ねてみましたが、営業していませんでした。
山頂へ登り返すのが面倒だったので、「夏道」を戻ることに。
とんでもない!
めちゃくちゃ怖かった。
2017年06月07日 09:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ登り返すのが面倒だったので、「夏道」を戻ることに。
とんでもない!
めちゃくちゃ怖かった。
1

感想/記録

地元の山、と呼ぶことに、若干の抵抗がある。
伊那市に住む友人にとっては地元の山で間違いないが、隣街の駒ヶ根市民のぼくにとっては、地元ではない。
遠方の人からしてみると
「どっちも地元だよ」
ってことかもしれないが、そこに住むからこその、つまらないこだわり。
将棋頭で検索するとレコはほとんどヒットしない。将棊頭山。

天気予報は曇り。昼過ぎから雨。そしてやや荒れ模様、とのことだったので、急いで登る。

ルート的には、距離のわりに楽なルートなのではないかと思う。
登山道は土。岩がごろごろしているような登山道と比べたら、歩きやすさは段違いに良い。
坂も、だらだらと登っており、急坂と言うほどの箇所はない。
ただし、「六合目」以降の残雪には閉口した。
頻繁にあるわけではないが、何度か踏み抜く。
踏み抜いたとき、ぼくは小枝にタイツを破かれ、友人は登山道をふさぐように生えていた枝で胸を強打。

もっとも、雪も下山時にはかえって速いし、天気も、山頂付近で顔にぽつぽつ当たるくらいの雨。カッパを着たのは、最後の30分ほど。絶景を堪能し、素晴らしい山行。

ではあったのだが、将棊頭山の山頂に立ち、西駒山荘を経由した帰路。もう一度山頂に登り返すのも面倒だ、ということで、山頂を回避するルートを選ぶ。「夏道」と書いてあったのに。
急斜面の雪渓をトラバース。とんでもない。10本爪の軽アイゼンを履いた友人は楽々とトラバースしたが、ぼくの4本爪の気休めアイゼンはホントに気休め。いや、急斜面を前にとても気など休まらない。怖かった。
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ