ヤマレコ

記録ID: 1170045 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱沢雪渓 三大雪渓3Days最終日 立山・別山

日程 2017年06月14日(水) 〜 2017年06月15日(木)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
車は扇沢の無料駐車場
立山黒部アルペンルート 扇沢〜室堂往復 
平日割WEBきっぷ 9,050円⇒8,160円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
35分
休憩
0分
合計
35分
Sみくりが池15:5516:00みくりが池温泉16:16雷鳥荘16:30雷鳥沢ヒュッテ
2日目
山行
10時間45分
休憩
1時間1分
合計
11時間46分
雷鳥沢ヒュッテ04:1604:20雷鳥沢キャンプ場06:27剱御前小舎06:51剱沢キャンプ場06:5206:56剱澤小屋08:05真砂沢ロッジ08:2010:33剱澤小屋10:46剱沢キャンプ場11:36剱御前小舎11:5912:33別山南峰12:39別山北峰12:5513:03別山南峰13:36真砂岳14:14富士ノ折立14:35立山14:3814:51雄山14:5415:33一の越山荘16:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
6/15現在
室堂〜雷鳥沢幕営地/ほぼ雪道ですがツボ足で通行可能。
雷鳥沢幕営地〜別山乗越/ほぼ雪道。雷鳥坂は通行不可。赤旗が付いた竹竿を目標に進むと真室堂乗越と別山乗越の別山寄りの夏道に出ます。
別山乗越〜真砂沢ロッジ/雪道。剱沢雪渓内にクレバス、スノーブリッジ等は見られませんでしたが、入山の際は必ず山小屋等で最新の情報を収集して下さい。
別山乗越〜別山/ほぼ夏道。一部残雪区間はツボ足で通行可能。
別山〜一ノ越/ほぼ夏道。一部残雪区間はツボ足で通行可能ですが、雪上歩行に慣れていない方は雪が無くなるまで待った方が無難です。
一ノ越〜室堂/ほぼ雪道ですがツボ足で通行可能。
その他周辺情報雷鳥沢ヒュッテ 1泊2食付 9,500円
薬師の湯 アルペンルートの乗車券提示で700円⇒500円
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

三日間で三大雪渓を巡る旅。
三日目は雷鳥沢ヒュッテから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日間で三大雪渓を巡る旅。
三日目は雷鳥沢ヒュッテから。
雷鳥沢幕営地
テン泊にするか悩みましたが今回の行程では厳しいと判断し小屋泊にしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢幕営地
テン泊にするか悩みましたが今回の行程では厳しいと判断し小屋泊にしました。
浄土沢はまだ雪の下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄土沢はまだ雪の下
夏道に出ました。
室堂、地獄谷には日が当たり始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道に出ました。
室堂、地獄谷には日が当たり始めました。
2
大日の先には富山市街地と富山湾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日の先には富山市街地と富山湾
富山湾の先には能登半島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山湾の先には能登半島
夏道に出てしばらくすると雷鳥が食事をしていました。
オスは時々あたりを見回しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道に出てしばらくすると雷鳥が食事をしていました。
オスは時々あたりを見回しています。
6
こちらは食事に夢中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは食事に夢中。
1
食事中のメスを見守るオス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事中のメスを見守るオス
2
別山乗越まであとわずか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山乗越まであとわずか
1
一ノ越の奥には槍穂高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越の奥には槍穂高
1
笠ヶ岳
右手に黒部五郎
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
右手に黒部五郎
1
鍬崎山の先には白山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍬崎山の先には白山
2
縄張り争い?グワーグワー鳴いてました。
その後右側の雷鳥は右手に向かって飛んでいき、
左側の雷鳥はハイマツの中へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄張り争い?グワーグワー鳴いてました。
その後右側の雷鳥は右手に向かって飛んでいき、
左側の雷鳥はハイマツの中へ。
別山乗越
剱御前͡小舎に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山乗越
剱御前͡小舎に到着
剱澤小屋を過ぎました。
ここから先は未踏の領域。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱澤小屋を過ぎました。
ここから先は未踏の領域。
3
この先に見えるのは五竜と鹿島槍か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先に見えるのは五竜と鹿島槍か?
クレバスやスノーブリッジなどは見当たりませんが、今後はどうなることやら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クレバスやスノーブリッジなどは見当たりませんが、今後はどうなることやら。
1
真砂沢ロッジが見えてきました。
屋根の一部ごくわずかですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂沢ロッジが見えてきました。
屋根の一部ごくわずかですが。
1
ここから先は裏剱ルートへ続く。
雲切新道、水平歩道も歩いてみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は裏剱ルートへ続く。
雲切新道、水平歩道も歩いてみたい。
1
真砂沢ロッジの石垣に腰を下ろして食事休憩。
雷鳥沢ヒュッテで作っていただいたお弁当で腹ごしらえ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂沢ロッジの石垣に腰を下ろして食事休憩。
雷鳥沢ヒュッテで作っていただいたお弁当で腹ごしらえ。
1
さあ登り返しです。
雪渓は登って下る方がより楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ登り返しです。
雪渓は登って下る方がより楽しい。
2
鹿っぽい造形
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿っぽい造形
1
トリックアートでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリックアートでした
長次郎谷
『雪を背負って登り、雪を背負って帰れ』
劔岳<点の記>の一節を思い出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長次郎谷
『雪を背負って登り、雪を背負って帰れ』
劔岳<点の記>の一節を思い出しました。
2
長次郎谷上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長次郎谷上部
1
山頂にはまだまだ雪が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはまだまだ雪が
武蔵谷
左が一服剱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武蔵谷
左が一服剱
1
剱御前が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前が見えてきました。
剱澤小屋の前を通り過ぎ右側に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱澤小屋の前を通り過ぎ右側に出ました。
小屋の裏手に回って撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏手に回って撮影
2
野営場管理所も雪の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野営場管理所も雪の中
剱岳はどこから見てもカッコいいのですが、個人的には剱沢キャンプ場から見る姿が一番好きです。別山尾根からの登頂が今年の目標の一つなので、また秋に来ます。
残念なことに剱人Tシャツを忘れてきました。次回は必ず持参します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳はどこから見てもカッコいいのですが、個人的には剱沢キャンプ場から見る姿が一番好きです。別山尾根からの登頂が今年の目標の一つなので、また秋に来ます。
残念なことに剱人Tシャツを忘れてきました。次回は必ず持参します。
5
前方にはBCボーダー。別山巻き道分岐へ直登するコースはまだありませんので別山乗越へ戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方にはBCボーダー。別山巻き道分岐へ直登するコースはまだありませんので別山乗越へ戻ります。
1
剱御前小舍での食事休憩後、別山へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前小舍での食事休憩後、別山へ向かいます。
一部残雪区間がありますがツボ足で通行可能
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部残雪区間がありますがツボ足で通行可能
北峰には先客2名
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰には先客2名
北峰から恒例のぐるっと一周
まずは剱岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から恒例のぐるっと一周
まずは剱岳
立山、浄土山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、浄土山方面
別山南峰方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山南峰方面
剱御前方面、再び剱岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前方面、再び剱岳
1
この先で剱沢と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先で剱沢と合流
一日目の白馬岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日目の白馬岳
1
二日目の針ノ木岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目の針ノ木岳
1
飛騨の名峰笠ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨の名峰笠ヶ岳
立山(富士ノ折立、大汝山、雄山) 狭義三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山(富士ノ折立、大汝山、雄山) 狭義三山
1
南峰に戻ってきました。
雷鳥沢に戻るか、雄山へ向かうか…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰に戻ってきました。
雷鳥沢に戻るか、雄山へ向かうか…
今日は最終日なので歩き倒します。最終便に間に合いそうなので雄山へ。身体も大丈夫そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は最終日なので歩き倒します。最終便に間に合いそうなので雄山へ。身体も大丈夫そう。
過去の周回はすべて雄山→別山、逆回りは初めてです。
ちょっと新鮮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過去の周回はすべて雄山→別山、逆回りは初めてです。
ちょっと新鮮。
本当は雷鳥沢から室堂への登り返しが嫌なだけなのです。心身ともにダメージが大きく、さらに火山ガスを浴びればHPも激減!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は雷鳥沢から室堂への登り返しが嫌なだけなのです。心身ともにダメージが大きく、さらに火山ガスを浴びればHPも激減!!
真砂岳
今日はスルーします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳
今日はスルーします。
カメラのバッテリー残量が残りわずか、途中で使用不能になるかもしれないのでここから撮影枚数は少な目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラのバッテリー残量が残りわずか、途中で使用不能になるかもしれないのでここから撮影枚数は少な目。
大汝山周辺の残雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山周辺の残雪
雄山
御祈祷は7/1から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山
御祈祷は7/1から
一ノ越から槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越から槍
室堂までひたすら下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂までひたすら下ります。
室堂山荘と室堂ターミナルが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂山荘と室堂ターミナルが見えてきました。
旅の終わりが近づいています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅の終わりが近づいています。
三日間の旅はこれにて終了‼
達成感を上回るこの物悲しさは一体…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日間の旅はこれにて終了‼
達成感を上回るこの物悲しさは一体…
扇沢駅
本当の終わり。本当に…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢駅
本当の終わり。本当に…

感想/記録

三大雪渓3Days 最終日は剱沢雪渓と立山、別山。

立山、別山ではなく剱岳なら完璧なのですが、自分の実力では自殺行為に等しい。
今回この三日間の山行を実施するにあたり二つの条件を付けました。
一つ目は日を跨がずに雪渓を往復する事。二つ目はどこか一つ必ずピークを踏む事。
どのルートを選択するか、どのピークを狙うかによって難易度は大きく変わります。

前述の条件で三大雪渓を踏破する場合、今回の行程が最も無難だと思います。あとは個人の体力、技量、雪渓の状況により狙うピークを変えていくのも面白いかもしれません。白馬なら三山を絡めるとか、針ノ木なら蓮華もついでにとか、剱沢なら長次郎谷か平蔵谷で剱に登り詰めて戻って来れれば最高なんですけどね。

でも実は我ながらアホな事をしているなぁとも感じています。
想像、妄想して楽しむことはしますが、おそらく二度とやらないかと…
訪問者数:537人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/5
投稿数: 33
2017/6/18 22:10
 お疲れ様です☺
Yomiuraさんお久しぶりです
無事荒行を終えられたようでなによりです
暫くお会いしない間にこなされた山行の数々、驚きの内容が盛りだくさんです😲
まだまだ人を寄せ付けない残雪期、山がもつ本来の厳しさ・静けさに触れられる意味でもYomiuraさんの山行は緊張感と達成感が良く伝わってきます
農家には打撃の空梅雨も見方につけての快進撃、お見事です(笑)
登録日: 2015/4/11
投稿数: 17
2017/6/19 23:51
 Re: お疲れ様です☺
isaburouさん御無沙汰ですね
今回の山行も色々と勉強になりました。特に音もなく忍び寄る雪渓上の落石には肝を冷やしました。あとは三日間の山行に耐えうる体力が付いたのは今後の自信になりそうです。ただ財布が耐えられるか…

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ