ヤマレコ

記録ID: 1176255 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

奥秩父主脈縦走路:瑞牆山荘〜甲武信ヶ岳小屋〜丹波

日程 2017年06月16日(金) 〜 2017年06月17日(土)
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
6/15日の夜、会社が終わってから韮崎駅に移動。韮崎駅近くのルートインに宿泊。予め、6/16の朝3時に韮崎タクシーを予約し、瑞牆山荘まで送ってもらう。途中、コンビニに寄ったことと深夜料金であったために、料金は13,000円少々となった。朝一番に行動を開始したかったので、やむを得ない出費となった。
帰りは、丹波バス停から18:20の最終バスで奥多摩駅に移動し、奥多摩駅から帰宅した。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間20分
休憩
1時間4分
合計
11時間24分
S瑞牆山荘03:5804:32富士見平小屋04:3705:10鷹見岩分岐05:18大日小屋05:42大日岩05:4706:36砂払の頭06:5607:08千代の吹上07:14金峰山小屋分岐07:1907:37五丈石07:4407:53金峰山08:49朝日岳09:02大ナギ09:16朝日峠09:36大弛峠09:4709:56夢の庭園10:0110:16前国師ヶ岳10:19三繋平10:25国師ヶ岳12:06国師ノタル12:50東梓12:5113:28両門ノ頭13:2914:05富士見14:34水師14:452353m地点15:09甲武信ヶ岳15:1315:22甲武信小屋
2日目
山行
13時間25分
休憩
0分
合計
13時間25分
甲武信小屋04:2817:53丹波G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 着替え サンダル ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンロ 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ ポール テント テントマット シェラフ

写真

4時に瑞牆山荘の登山口を出発して間も無く空が明るくなった。ヘッデンは正味30ほど利用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時に瑞牆山荘の登山口を出発して間も無く空が明るくなった。ヘッデンは正味30ほど利用。
富士見平小屋から金峰山への登りが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋から金峰山への登りが始まる。
金峰山への登り途中に見えた朝焼けの瑞牆山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山への登り途中に見えた朝焼けの瑞牆山。
順調に大日小屋を通過。この後から登りが本格化する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に大日小屋を通過。この後から登りが本格化する。
鷹見岩を眼下に望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹見岩を眼下に望む。
稜線に出たところで真正面に富士山が現れた。山梨県側は絶壁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出たところで真正面に富士山が現れた。山梨県側は絶壁。
瑞牆山を眼下に望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山を眼下に望む。
岩の多い登山道を進み、五丈岩に到着。ここまで3時間半以上を要す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の多い登山道を進み、五丈岩に到着。ここまで3時間半以上を要す。
少し進んで金峰山のピークに到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進んで金峰山のピークに到着。
大弛峠から長く連続する階段を登った後に到着した国師ヶ岳。ここで富士山を望みながら早めの昼食を取る。贅沢で幸せな時間を過ごす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠から長く連続する階段を登った後に到着した国師ヶ岳。ここで富士山を望みながら早めの昼食を取る。贅沢で幸せな時間を過ごす。
両門ノ頭の岩壁から山梨県側を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両門ノ頭の岩壁から山梨県側を望む。
国師ヶ岳からここまでが長かったが、甲武信岳手前の分岐点に到着。埼玉県側から登ってきた賑やかな団体グループに遭遇。みなさんお元気(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳からここまでが長かったが、甲武信岳手前の分岐点に到着。埼玉県側から登ってきた賑やかな団体グループに遭遇。みなさんお元気(^^)
甲武信岳頂上。ここまできたら今晩のキャンプ地までは少し下るのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信岳頂上。ここまできたら今晩のキャンプ地までは少し下るのみ。
15:30前に甲武信岳小屋に到着。テント設営費、ビール、お水の代金として1,000+550+50円をお支払いする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:30前に甲武信岳小屋に到着。テント設営費、ビール、お水の代金として1,000+550+50円をお支払いする。
甲武信ヶ岳小屋のテン場から朝日が上る直前の地平線を望む。写真では分かりづらいが、地平線は雲海で覆われており、綺麗だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳小屋のテン場から朝日が上る直前の地平線を望む。写真では分かりづらいが、地平線は雲海で覆われており、綺麗だった。
甲武信岳小屋を4:30に出発の後、破風山避難小屋に下る途中で、その日最初の富士山に出会う。朝焼けで息を呑むような光景だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信岳小屋を4:30に出発の後、破風山避難小屋に下る途中で、その日最初の富士山に出会う。朝焼けで息を呑むような光景だった。
前の写真の少し後の砂場から雲海に浮かぶ富士山を撮った一枚。梅雨入りしていたのにもかかわらず前日とこの日は、進行方向右側にずっと富士山を見ることが出来た。幸せな縦走となった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真の少し後の砂場から雲海に浮かぶ富士山を撮った一枚。梅雨入りしていたのにもかかわらず前日とこの日は、進行方向右側にずっと富士山を見ることが出来た。幸せな縦走となった。
1
西破風山の頂上。ここまでの登りは直登で、今回一番きつかったかもしれない。ここで朝食を取る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西破風山の頂上。ここまでの登りは直登で、今回一番きつかったかもしれない。ここで朝食を取る。
破風山の見晴らしの良いことろで、また富士山が見えた。雲海に浮かぶその姿は雄大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山の見晴らしの良いことろで、また富士山が見えた。雲海に浮かぶその姿は雄大。
2
日本三大峠の雁坂峠に到着。休憩を取っていたら、実際にここを登って来た方にお会いする。少しお話をするが、山では自然に赤の他人と会話できることが嬉しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本三大峠の雁坂峠に到着。休憩を取っていたら、実際にここを登って来た方にお会いする。少しお話をするが、山では自然に赤の他人と会話できることが嬉しい。
1
雁峠から来た道を振り返る。気持ちのいい場所で何時迄も居たくなったが、先を急ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠から来た道を振り返る。気持ちのいい場所で何時迄も居たくなったが、先を急ぐ。
2
当初の予定では、雲取山まで行って鴨沢へ降りるつもりだったが、最終バスの時間を考慮して飛龍山分岐で主脈を離れ、丹波へ降りる。この写真は禿山からこれまで来た山々を振り返った景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初の予定では、雲取山まで行って鴨沢へ降りるつもりだったが、最終バスの時間を考慮して飛龍山分岐で主脈を離れ、丹波へ降りる。この写真は禿山からこれまで来た山々を振り返った景色。

感想/記録
by ws227

以前から行きたかった奥秩父主脈縦走路に出かけた。梅雨入りしていたのにもかかわらず二日とも晴天に恵まれこれ以上は望めない縦走となった。

しかし、コースタイムの設定を誤り、当初の予定だった雲取山までは行けなかったことが唯一の心残りである。別の季節にこのコースはまた訪れてみたい。
訪問者数:244人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ