ヤマレコ

記録ID: 1179844 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 硫黄岳〜赤岳、阿弥陀岳縦走

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
1時間18分
合計
8時間25分
S美濃戸口05:0405:35やまのこ村05:40美濃戸山荘06:08堰堤広場06:1106:43赤岳鉱泉06:5006:54大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:5506:58ジョウゴ沢06:5907:38赤岩の頭07:4207:57硫黄岳07:5808:10硫黄岳山荘08:1308:30台座ノ頭08:3108:42横岳(奥ノ院)08:4408:47無名峰08:4908:53横岳(三叉峰)08:5609:00石尊峰09:0209:04鉾岳09:0509:09日ノ岳09:16二十三夜峰09:21地蔵の頭09:2209:25赤岳天望荘09:47赤岳頂上山荘09:4909:52赤岳10:0110:03竜頭峰10:0410:06赤岳10:0710:13文三郎尾根分岐10:1510:26中岳10:2810:37中岳のコル10:3910:56阿弥陀岳11:1011:24中岳のコル11:2511:33阿弥陀岳北稜11:3811:39中岳のコル登山道水場11:47阿弥陀岳分岐11:52行者小屋11:5712:20中ノ行者小屋跡12:2112:56美濃戸山荘12:5713:01やまのこ村13:29美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口からスタート
2017年06月24日 04:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口からスタート
美濃戸t
2017年06月24日 05:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸t
堤防広場
2017年06月24日 06:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堤防広場
赤岳鉱泉
2017年06月24日 06:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
学校登山かな。
2017年06月24日 06:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
学校登山かな。
赤岳鉱泉から硫黄に登るのは、6年ぶり(無雪期は、初)
2017年06月24日 06:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉から硫黄に登るのは、6年ぶり(無雪期は、初)
1
カモシーが・・・
2017年06月24日 07:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシーが・・・
赤岩ノ頭
2017年06月24日 07:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩ノ頭
夏のほうが大きく見える
2017年06月24日 07:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏のほうが大きく見える
1
硫黄岳
2017年06月24日 07:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳
爆裂火口
2017年06月24日 07:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口
1
赤岳へ縦走
2017年06月24日 07:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳へ縦走
硫黄岳山荘
2017年06月24日 08:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘
大同心
2017年06月24日 08:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心
振り返って硫黄岳
2017年06月24日 08:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って硫黄岳
この先鎖場
2017年06月24日 08:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先鎖場
鎖場
2017年06月24日 08:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場
1
横岳
2017年06月24日 08:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳
ウルップ草
2017年06月24日 08:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルップ草
4
杣添尾根
2017年06月24日 08:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣添尾根
冬は、ちょっと怖いトラバース
2017年06月24日 08:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬は、ちょっと怖いトラバース
コイワカガミ
2017年06月24日 09:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
赤岳展望荘
2017年06月24日 09:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘
赤岳頂上山荘
2017年06月24日 09:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘
阿弥陀岳
2017年06月24日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
歩いてきた縦走路
2017年06月24日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた縦走路
北アルプスは、見えず。
2017年06月24日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスは、見えず。
北峰へ。
2017年06月24日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰へ。
赤岳 人多し
2017年06月24日 09:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳 人多し
サクッと下る。
2017年06月24日 09:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクッと下る。
なにかあったのか?
2017年06月24日 10:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにかあったのか?
文三郎尾根分岐
2017年06月24日 10:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐
阿弥陀岳へ
2017年06月24日 10:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳へ
中岳
2017年06月24日 10:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳
ラストの登り。
2017年06月24日 10:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラストの登り。
4座目の阿弥陀岳
2017年06月24日 10:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4座目の阿弥陀岳
キレットの東側にガスがかかる
2017年06月24日 10:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの東側にガスがかかる
阿弥陀岳の岩場。
2017年06月24日 11:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の岩場。
初の中岳コルから行者のルート
2017年06月24日 11:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初の中岳コルから行者のルート
行者小屋
2017年06月24日 11:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋
美濃戸 ほぼ満車
2017年06月24日 12:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸 ほぼ満車
下山完了
2017年06月24日 13:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了

感想/記録

体力維持のため、歩きなれた八ヶ岳へ。4月のラッセルから3か月たてばすっかり夏山。
美濃戸まで上がらず、美濃戸口から出発。林道をショートカットしながら2時間弱で
赤岳鉱泉。ここから硫黄へのルートは、周回で赤岳からの下りで使ってたので、登りは、
6年ぶり無雪期初。淡々と標高を上げていき、硫黄岳登頂。風が強く寒いので一枚羽織る。
下って硫黄岳山荘で休憩。鎖場越えて西岳に着けば、風も弱まり暖かくなってきた。
歩きなれた縦走路を進み、展望荘から登りがきつい。10時前に赤岳登頂。人が多いので、
少し休憩後すぐに下山。予定よりかなり早いので文三郎分岐から阿弥陀岳へ向かう。ストの
阿弥陀岳の登りは、かなり疲れたが赤岳から1時間で阿弥陀岳登頂。赤岳より人が少なく
ゆっくり休憩。慎重に急こう配を下り、初のコルから行者ルートを下る。行者小屋で休憩し、
1時間半で美濃戸口に下山完了。総距離25キロ。
訪問者数:484人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ