また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1183987 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

荒船山(内山峠より) 〜その姿、荒波に漂う一隻の船の如く〜

日程 2017年07月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候雨のち曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<内山峠駐車場>
・無料で約20台駐車可能
・トイレ、登山ポストはありません。
 ※山頂にもトイレはありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
41分
合計
3時間59分
S内山峠駐車場04:5005:23鋏岩修験道場跡05:2605:46一杯水05:4906:15艫岩06:4106:41荒船山避難小屋07:09経塚入口07:16荒船山07:2007:27経塚入口07:42相沢分岐07:46艫岩07:4908:06一杯水08:21鋏岩修験道場跡08:2308:49内山峠駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・前日から降っていた雨が止んだ直後だったので、登山道が全体的に濡れていました。
・山頂付近の岩場も湿っていたため滑りやすく、注意が必要でした。
・艫岩展望台は断崖絶壁となっていますが、柵やロープは一切ないので、あまり先まで行くと危険です。もし、子供を連れて登ってきた場合、決してお子さんから目を離さないようにしてください。
・登山道自体は明瞭で、道迷いの心配はありません。
・途中、道が二手(ピークを越える道と巻き道)に別れた箇所がありますが、巻き道を通るのはやめた方がいいです。道幅が狭い上、山側斜面から笹が伸びていて、手で払いながら進む必要があります。
その他周辺情報<荒船の湯>
荒船山の麓にある町営温泉です。

営業時間 10:00〜20:00(4月〜10月)
     10:00〜19:00(11月〜3月)
休館日  毎週月曜日(祝祭日のときは翌日)
料金   500円(3時間まで)
     600円(5時間まで)
     1,000円(1日)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 ゲイター 雨具 日よけ帽子 サングラス ザック 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS モバイルバッテリー 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

この時点では自分の車だけでした。
荒船山へも、今日一番乗りかな?
2017年07月02日 04:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では自分の車だけでした。
荒船山へも、今日一番乗りかな?
何とか雨は上がりましたが、空は曇り模様。
辺りもガスっています。
山頂に着くまでに晴れるかな〜?
2017年07月02日 04:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか雨は上がりましたが、空は曇り模様。
辺りもガスっています。
山頂に着くまでに晴れるかな〜?
1
登山道一部崩落と熊出没の注意標識。
熊鈴は装着済みです。
2017年07月02日 04:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道一部崩落と熊出没の注意標識。
熊鈴は装着済みです。
荒船山登山道の案内板。
今日の予定は、山頂まで登って行塚山まで行きます。
2017年07月02日 04:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒船山登山道の案内板。
今日の予定は、山頂まで登って行塚山まで行きます。
8歳の小学2年生の男の子が行方不明だそうです。
某漫画家さんと同様、どこかで滑落してしまったのでしょうか・・・。
2017年07月02日 04:45撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8歳の小学2年生の男の子が行方不明だそうです。
某漫画家さんと同様、どこかで滑落してしまったのでしょうか・・・。
スタートはこんな感じ。
地面が雨で濡れているので、いつも以上に注意を払って進みます。
2017年07月02日 04:49撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートはこんな感じ。
地面が雨で濡れているので、いつも以上に注意を払って進みます。
1
丹沢でこんな状態の登山道を歩いたら、いったいどれだけのヒルに襲われることやら。
2017年07月02日 04:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢でこんな状態の登山道を歩いたら、いったいどれだけのヒルに襲われることやら。
1
リアルな熊のイラストが恐怖を煽ります。
2017年07月02日 04:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リアルな熊のイラストが恐怖を煽ります。
3
風もなく、鳥の声しかしません。
静かなものです。
2017年07月02日 04:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく、鳥の声しかしません。
静かなものです。
ちょっと急になります。
滑らないように注意。
2017年07月02日 05:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと急になります。
滑らないように注意。
遠くはガスっていてよく見えず。
2017年07月02日 05:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くはガスっていてよく見えず。
階段で急登を登ります。
2017年07月02日 05:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段で急登を登ります。
ちょっと開けた場所に出ましたが、展望はありません。
2017年07月02日 05:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと開けた場所に出ましたが、展望はありません。
鎖場もあります。
2017年07月02日 05:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場もあります。
コアジサイ。
2017年07月02日 05:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイ。
3
ハルゼミ。
地面でバタバタしていたので、捕獲しました(笑)。
この直後、元気に飛んでいきました。
この時間はそうでもありませんでしたが、時間が経つにつれ、あちこちから鳴き声が聞こえました。
2017年07月02日 05:11撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルゼミ。
地面でバタバタしていたので、捕獲しました(笑)。
この直後、元気に飛んでいきました。
この時間はそうでもありませんでしたが、時間が経つにつれ、あちこちから鳴き声が聞こえました。
3
山頂まで2.2km。
甲斐駒の黒戸尾根を登った後では、大したことないように感じてしまいます。でも油断は禁物ですけど。
2017年07月02日 05:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで2.2km。
甲斐駒の黒戸尾根を登った後では、大したことないように感じてしまいます。でも油断は禁物ですけど。
写真ではわかりにくいですが、木々の後ろにこれから登る荒船山が見えました。
2017年07月02日 05:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが、木々の後ろにこれから登る荒船山が見えました。
木の枝に、小さなきのこがびっしり。
2017年07月02日 05:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の枝に、小さなきのこがびっしり。
ガッツリではないですが、結構アップダウンがあります。
2017年07月02日 05:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガッツリではないですが、結構アップダウンがあります。
ちょっとガスがなくなってきたかな?
2017年07月02日 05:27撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとガスがなくなってきたかな?
1
岩の下に広い窪みが。
2017年07月02日 05:28撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の下に広い窪みが。
1
これは何だろう。
大きめな石の表面に正八角形が浮き彫りにされていて、真ん中に四角い窪みがあります。
2017年07月02日 05:29撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何だろう。
大きめな石の表面に正八角形が浮き彫りにされていて、真ん中に四角い窪みがあります。
1
同じものが周りにいくつもありました。
→あとで調べたら、これはかつてここに建っていた鋏岩修験道場の礎石みたいです。四角い窪みは、柱を差し込むためのものですね。
2017年07月02日 05:30撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じものが周りにいくつもありました。
→あとで調べたら、これはかつてここに建っていた鋏岩修験道場の礎石みたいです。四角い窪みは、柱を差し込むためのものですね。
1
苔むした岩と、その上に積まれたケルン。
2017年07月02日 05:30撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした岩と、その上に積まれたケルン。
まさに「根こそぎ」倒れた木が。
まだ根っこに土がついているし、1/3くらいは地面に接しているので、生きているんでしょうね。
2017年07月02日 05:32撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに「根こそぎ」倒れた木が。
まだ根っこに土がついているし、1/3くらいは地面に接しているので、生きているんでしょうね。
てかてかきのこ。
2017年07月02日 05:32撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
てかてかきのこ。
1
持堅波?
あとで調べたら、「持堅婆童子」の石碑みたいです。
下半分は何処へ?
2017年07月02日 05:33撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持堅波?
あとで調べたら、「持堅婆童子」の石碑みたいです。
下半分は何処へ?
このくらいの斜面なら、直登できそう。
(注:ここは登山道ではありません。)
2017年07月02日 05:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このくらいの斜面なら、直登できそう。
(注:ここは登山道ではありません。)
ヤマボウシ。
2017年07月02日 05:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマボウシ。
3
岩の絶壁の一部がチラリと見えました。
2017年07月02日 05:40撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の絶壁の一部がチラリと見えました。
この辺りは歩きやすい道。
2017年07月02日 05:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは歩きやすい道。
一杯水というそうな。
2017年07月02日 05:47撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水というそうな。
飲むとしても、橋から距離があるので、長めの柄杓でもないと無理ですね。
2017年07月02日 05:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飲むとしても、橋から距離があるので、長めの柄杓でもないと無理ですね。
1
上部をアップで。
2017年07月02日 05:49撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部をアップで。
一杯水に架かる橋を渡ると、登山道の様子が一変、ガレ場となります。
2017年07月02日 05:49撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水に架かる橋を渡ると、登山道の様子が一変、ガレ場となります。
そしてすぐに岩場があります。
2017年07月02日 05:50撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすぐに岩場があります。
梯子を登ります。
2017年07月02日 05:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子を登ります。
これらの杭は、元々は柵になっていたものが倒れてしまったものなのでしょう。
2017年07月02日 05:51撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これらの杭は、元々は柵になっていたものが倒れてしまったものなのでしょう。
岩の表面が濡れているので、滑りやすいです。
2017年07月02日 05:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の表面が濡れているので、滑りやすいです。
ちょっとだけ傾いた橋。
濡れて滑りやすいので、特に注意です。
2017年07月02日 05:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ傾いた橋。
濡れて滑りやすいので、特に注意です。
上を見上げると、岩々してます。
2017年07月02日 05:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を見上げると、岩々してます。
ミツバツチグリでしょう、たぶん。
2017年07月02日 05:57撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリでしょう、たぶん。
1
小さな滝がありました。
2017年07月02日 05:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな滝がありました。
スタンスを探して慎重に進みます。
2017年07月02日 06:00撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタンスを探して慎重に進みます。
登山道には雨水が流れていました。
2017年07月02日 06:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には雨水が流れていました。
いつの間にか、周りは笹原に。
2017年07月02日 06:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか、周りは笹原に。
出ました! マツダランプ。
谷川主脈縦走路、毛無山にあったものに続き、見たのは3回めです。
2017年07月02日 06:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました! マツダランプ。
谷川主脈縦走路、毛無山にあったものに続き、見たのは3回めです。
1
ガスっていて、幻想的な雰囲気。
2017年07月02日 06:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて、幻想的な雰囲気。
3
この先は、断崖絶壁になっているとのことですが、
2017年07月02日 06:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は、断崖絶壁になっているとのことですが、
この通り、ガスで何も見えず。
2017年07月02日 06:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この通り、ガスで何も見えず。
1
真っ白です。
2017年07月02日 06:07撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白です。
これは下方向。
2017年07月02日 06:08撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは下方向。
こういう写真では、ガスっていた方が絵になりますよね。
2017年07月02日 06:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう写真では、ガスっていた方が絵になりますよね。
1
木の通せんぼは数あれど、こんなパターンは初めて見ました。
(右側に回避する道があります。)
2017年07月02日 06:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の通せんぼは数あれど、こんなパターンは初めて見ました。
(右側に回避する道があります。)
ガスのおかげで、神々しい写真が撮れました。
2017年07月02日 06:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスのおかげで、神々しい写真が撮れました。
3
こんなところにクリンソウが。
濃い紅紫色がとても綺麗です。
2017年07月02日 06:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにクリンソウが。
濃い紅紫色がとても綺麗です。
5
ガスっていて真っ白ですが、あの下は断崖絶壁です。
2017年07月02日 06:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて真っ白ですが、あの下は断崖絶壁です。
艫岩の展望台の前にある広場に建つ小屋です。
陽の光がいい感じで差し込み、特殊効果を入れたような写真が撮れました。
2017年07月02日 06:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩の展望台の前にある広場に建つ小屋です。
陽の光がいい感じで差し込み、特殊効果を入れたような写真が撮れました。
2
艫岩展望台から
やったーーっ!
今日はもう展望はないんじゃないかと半分諦めていましたが、なんとか晴れてくれました。
2017年07月02日 06:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
やったーーっ!
今日はもう展望はないんじゃないかと半分諦めていましたが、なんとか晴れてくれました。
6
艫岩展望台から
左から右へ、雲が流れていきます。
2017年07月02日 06:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
左から右へ、雲が流れていきます。
2
艫岩展望台から
下を通る道路がミニチュアみたいに見えます。
2017年07月02日 06:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
下を通る道路がミニチュアみたいに見えます。
2
艫岩展望台から
浅間山の山頂付近は、雲がかかっていて見えませんでした。
2017年07月02日 06:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
浅間山の山頂付近は、雲がかかっていて見えませんでした。
1
艫岩展望台から
正面の遠くに見える山は鼻曲山。
2017年07月02日 06:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
正面の遠くに見える山は鼻曲山。
艫岩展望台から
小規模ですが、生まれて初めてブロッケン現象を見ることができました!
もう少し遅く登り始めればよかったとか思ったりもしましたが、これが見られたのだから、早い時間に登り始めて正解だったかも。
2017年07月02日 06:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
小規模ですが、生まれて初めてブロッケン現象を見ることができました!
もう少し遅く登り始めればよかったとか思ったりもしましたが、これが見られたのだから、早い時間に登り始めて正解だったかも。
6
艫岩展望台から
展望台からの眺望をパノラマで撮ってみました。
2017年07月02日 06:21撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
展望台からの眺望をパノラマで撮ってみました。
艫岩展望台から
2017年07月02日 06:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
2
艫岩展望台の全景はこんな感じ。
柵も何もないので、端まで行き過ぎると危険です。
2017年07月02日 06:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台の全景はこんな感じ。
柵も何もないので、端まで行き過ぎると危険です。
1
展望台にあった方位盤。
結構アバウト?
2017年07月02日 06:24撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台にあった方位盤。
結構アバウト?
1
艫岩展望台から
前掛山、浅間山をアップで。
2017年07月02日 06:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
前掛山、浅間山をアップで。
艫岩展望台から
鼻曲山をアップで。
右手前に見えるのは、日暮山です。
2017年07月02日 06:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
鼻曲山をアップで。
右手前に見えるのは、日暮山です。
艫岩展望台から
下をうねうねと走る国道254号線が見えます。
2017年07月02日 06:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
下をうねうねと走る国道254号線が見えます。
艫岩展望台から
中央は、妙義山の高岩。
2017年07月02日 06:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
中央は、妙義山の高岩。
1
艫岩展望台から
手前の凸凹したのが妙義山。(中央の一際尖ったのが烏帽子岩かな?)
奥の凸凹したのが榛名山。
2017年07月02日 06:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
手前の凸凹したのが妙義山。(中央の一際尖ったのが烏帽子岩かな?)
奥の凸凹したのが榛名山。
艫岩展望台から
高岩をアップで。
2017年07月02日 06:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
高岩をアップで。
1
艫岩展望台から
烏帽子岩をアップで。
2017年07月02日 06:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
烏帽子岩をアップで。
2
艫岩展望台から
妙義山、榛名山をアップで。
2017年07月02日 06:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
妙義山、榛名山をアップで。
1
艫岩展望台から
あちら側はまだ雲に包まれています。
2017年07月02日 06:35撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
あちら側はまだ雲に包まれています。
艫岩展望台の標柱。
「艫」とは、船の船尾を意味します。
2017年07月02日 06:35撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台の標柱。
「艫」とは、船の船尾を意味します。
1
艫岩展望台から
あの開けた場所は何だろう?
2017年07月02日 06:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
艫岩展望台から
あの開けた場所は何だろう?
1
ヤマツツジがまだ咲いていました。
2017年07月02日 06:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマツツジがまだ咲いていました。
2
小屋の前の東屋部分。
中央の柱に、時計と気温計が掛けてありました。
2017年07月02日 06:37撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前の東屋部分。
中央の柱に、時計と気温計が掛けてありました。
この「艫岩で発生した転落死亡事故」は、あの漫画家さんの事故のことを指しているのかな・・・。
2017年07月02日 06:37撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「艫岩で発生した転落死亡事故」は、あの漫画家さんの事故のことを指しているのかな・・・。
小屋の中はこんな感じ。
手入れが行き届いているようで、きれいでした。
2017年07月02日 06:37撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中はこんな感じ。
手入れが行き届いているようで、きれいでした。
1
小屋前の広場にはベンチもあります。
2017年07月02日 06:38撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の広場にはベンチもあります。
以前トイレがあったようですが、およそ4年前に閉鎖されてしまったようです。
2017年07月02日 06:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前トイレがあったようですが、およそ4年前に閉鎖されてしまったようです。
さて、次は荒船山の最高地点の経塚山を目指し、平べったい山頂部を船でいうところの舳先方面へと向かいます。
2017年07月02日 06:40撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次は荒船山の最高地点の経塚山を目指し、平べったい山頂部を船でいうところの舳先方面へと向かいます。
経塚山分岐まで1.2Kmだそうです。
2017年07月02日 06:41撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経塚山分岐まで1.2Kmだそうです。
登山道脇に祠がありました。
2017年07月02日 06:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇に祠がありました。
1
崩壊した何かの跡。
2017年07月02日 06:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊した何かの跡。
この先に「皇朝最古修武之地」の石碑があるそうで、探してみましたが見つけることができませんでした。
探し方が悪かったのかな?
2017年07月02日 06:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に「皇朝最古修武之地」の石碑があるそうで、探してみましたが見つけることができませんでした。
探し方が悪かったのかな?
「皇朝最古修武之地」の石碑についての案内板。
2017年07月02日 06:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「皇朝最古修武之地」の石碑についての案内板。
ここにも祠がありました。
2017年07月02日 06:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも祠がありました。
この先にクリンソウの群生地があるそうです。
行ってみます。
2017年07月02日 06:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先にクリンソウの群生地があるそうです。
行ってみます。
ありました。
沢山のクリンソウが咲いていて綺麗でした。
トラロープが張られていて、中には入れないようになっています。
2017年07月02日 06:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありました。
沢山のクリンソウが咲いていて綺麗でした。
トラロープが張られていて、中には入れないようになっています。
2
しばし見惚れます。
ここでも、ガスっていることが良い方向に働いたと思います。
2017年07月02日 06:56撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし見惚れます。
ここでも、ガスっていることが良い方向に働いたと思います。
4
散策道の真ん中にもありました。(まだ花は咲いていませんが。)
2017年07月02日 06:57撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散策道の真ん中にもありました。(まだ花は咲いていませんが。)
キクラゲみたいなきのこ発見。
安易に触りませんでしたが、プルプルしてそう。
2017年07月02日 07:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクラゲみたいなきのこ発見。
安易に触りませんでしたが、プルプルしてそう。
1
経塚山分岐に到着。(道標の字は「行塚山」ですが。)
艫岩展望台から1.4Km歩いたということですね。
2017年07月02日 07:10撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経塚山分岐に到着。(道標の字は「行塚山」ですが。)
艫岩展望台から1.4Km歩いたということですね。
ここから登りが始まります。
2017年07月02日 07:11撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登りが始まります。
最後は急登です。
2017年07月02日 07:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は急登です。
ほどなく山頂に到着。
年季の入った標柱です。
多分、この字も元々刻まれていたものではなく、後から書かれたものでしょう。
記載はありませんが、標高1,423mです。
2017年07月02日 07:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく山頂に到着。
年季の入った標柱です。
多分、この字も元々刻まれていたものではなく、後から書かれたものでしょう。
記載はありませんが、標高1,423mです。
2
三角点タッチ。
2017年07月02日 07:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ。
祠もありました。
2017年07月02日 07:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠もありました。
山頂の全景はこんな感じ。
あまり広くありません。
2017年07月02日 07:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の全景はこんな感じ。
あまり広くありません。
1
「炬火名 荒船の火 佐久市炬火 採火の地」と刻まれています。
御影石で作られた立派なものです。
2017年07月02日 07:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「炬火名 荒船の火 佐久市炬火 採火の地」と刻まれています。
御影石で作られた立派なものです。
裏側。
ここで第33回国民体育大会の聖火を採火したらしいです。
2017年07月02日 07:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側。
ここで第33回国民体育大会の聖火を採火したらしいです。
気温は10℃。
湿度が高いせいで、もっと暑く感じます。
2017年07月02日 07:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は10℃。
湿度が高いせいで、もっと暑く感じます。
ハルゼミの抜け殻がありました。
2017年07月02日 07:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルゼミの抜け殻がありました。
最初に来たときは何も見えませんでしたが、少しガスが晴れて景色が望めるようになっていました。
2017年07月02日 07:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に来たときは何も見えませんでしたが、少しガスが晴れて景色が望めるようになっていました。
最初に来たときはガスで何も見えませんでしたが、ガスがなければこの通り。
2017年07月02日 07:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に来たときはガスで何も見えませんでしたが、ガスがなければこの通り。
絶景ですなぁ〜。
2017年07月02日 07:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ですなぁ〜。
下はこんな感じ。
高度感がハンパないです。
2017年07月02日 07:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はこんな感じ。
高度感がハンパないです。
1
高いところ好きにはたまりません。
2017年07月02日 07:53撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高いところ好きにはたまりません。
下まで良く見えます。
2017年07月02日 07:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下まで良く見えます。
あまり調子に乗るのはやめとこう・・・。
2017年07月02日 07:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり調子に乗るのはやめとこう・・・。
う〜〜ん、色からすると、フサヒメホウキタケかな?
2017年07月02日 08:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜〜ん、色からすると、フサヒメホウキタケかな?
登りで見た、岩場の窪みまで戻ってきました。
ちょっと入ってみようっと。
2017年07月02日 08:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで見た、岩場の窪みまで戻ってきました。
ちょっと入ってみようっと。
入りました(笑)。
これは中から撮ってみました。
2017年07月02日 08:18撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入りました(笑)。
これは中から撮ってみました。
無事、駐車場に戻ってこれました。
駐車してある車はかなり増えていました。
帰り支度をしている間も、2、3台の車が到着していました。
2017年07月02日 08:48撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、駐車場に戻ってこれました。
駐車してある車はかなり増えていました。
帰り支度をしている間も、2、3台の車が到着していました。
国道254号線から見た荒船山の山頂部。
登山道からでは、近すぎてこのように見ることはできません。
2017年07月02日 09:28撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道254号線から見た荒船山の山頂部。
登山道からでは、近すぎてこのように見ることはできません。
1
こうして見ると、確かに名前の由来となった、「荒波に漂う一隻の船」に見えますね。
2017年07月02日 09:28撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると、確かに名前の由来となった、「荒波に漂う一隻の船」に見えますね。
2
遠くに見えるのは妙義山かな?
2017年07月02日 09:28撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは妙義山かな?
アップで。
2017年07月02日 09:32撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
1
場所は変わって「道の駅 しもにた」。
建物のそこかしこに燕の巣があり、親燕が忙しく飛び回っていました。
これは休んでいる親燕を撮ってみました。
2017年07月02日 10:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所は変わって「道の駅 しもにた」。
建物のそこかしこに燕の巣があり、親燕が忙しく飛び回っていました。
これは休んでいる親燕を撮ってみました。
雛はもうだいぶ大きく、巣立ちはもうすぐのように見えました。
2017年07月02日 10:17撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雛はもうだいぶ大きく、巣立ちはもうすぐのように見えました。
1
人間慣れしているのか、1m以内に近づいても逃げる気配がありません。
燕をこんなに間近で見たのは初めてかも。
2017年07月02日 10:18撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人間慣れしているのか、1m以内に近づいても逃げる気配がありません。
燕をこんなに間近で見たのは初めてかも。
2
石柱に文字が刻まれています。
これの裏側に回ってみると、
2017年07月02日 10:20撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石柱に文字が刻まれています。
これの裏側に回ってみると、
「柱状節理玄武岩」という、下仁田町で産出された火成岩の自然石だそうです。
2017年07月02日 10:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「柱状節理玄武岩」という、下仁田町で産出された火成岩の自然石だそうです。
敷地内の下仁田町観光案内所にて、登山バッジを購入しました。
2017年07月02日 10:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敷地内の下仁田町観光案内所にて、登山バッジを購入しました。
西武鉄道 横瀬駅にやってきました。
なぜここに来たかというと・・・、
2017年07月02日 13:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西武鉄道 横瀬駅にやってきました。
なぜここに来たかというと・・・、
4/29に武甲山に登ったとき、(下山が遅くなり、駅に併設されている観光案内所が閉まっていて)購入できなかったコレを手に入れるためです。
無事Getできて一安心。
2017年07月02日 13:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4/29に武甲山に登ったとき、(下山が遅くなり、駅に併設されている観光案内所が閉まっていて)購入できなかったコレを手に入れるためです。
無事Getできて一安心。
2
下から見る武甲山は、やっぱり迫力があります。
2017年07月02日 13:19撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見る武甲山は、やっぱり迫力があります。
「道の駅 こすげ」に寄って、遅い昼食にしました。
2017年07月02日 15:08撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「道の駅 こすげ」に寄って、遅い昼食にしました。
1
たまにはイタリアンで。
きのことソーセージのペペロンチーノを食べました。
2017年07月02日 15:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにはイタリアンで。
きのことソーセージのペペロンチーノを食べました。
1
帰り道の高速から、前後に車がいないのを確認してパチリ。
よく見ると、右に薄くもう一本虹が出ています。
車のバックミラーから見えた夕日も綺麗でした。
2017年07月02日 18:46撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道の高速から、前後に車がいないのを確認してパチリ。
よく見ると、右に薄くもう一本虹が出ています。
車のバックミラーから見えた夕日も綺麗でした。
2

感想/記録

今週末はどこも雨。
それでも雨予報ではない山を探したところ、日本二百名山の1座、荒船山が目に止まりました。
一日中曇りの予報でしたが、雨じゃないならいいかと、今回の山行を計画しました。

7/2の夜中に自宅を出発。首都圏を出る辺りで雨になり、埼玉県→群馬県と進みますが、一時的に弱くなることはあっても一向に止む気配がありません。
ありゃ、これはマズったかな〜と思いつつも、もし駐車場に着いても降っていたら、止むまでひと眠りすればいいかという考えで、車を走らせました。

駐車場に着くと、雨は止んでいました。辺りはガスっていて展望はありません。(まあ、元々駐車場の周りは樹林帯ですが。)
山頂に着くまでにガスが晴れてくれることを願いつつ、山行を開始しました。

山頂の艫岩には1時間半弱で到着。
願いが天に通じたのか、完全にではないですが、ガスが晴れてくれました。

展望台からの長めは素晴らしく、暫し時間を忘れて写真を撮りまくりました。
ブロッケン現象も始めて見ることができました。
後ろから陽の光が指し、前方にはガスがある状況だったので、ブロッケン現象が発生する条件が整っていたのだと思います。

艫岩展望台からの景色を動画に撮ってみました。




景色を堪能したら、最高点である経塚山に向かいました。
山頂は平たいので、しばらくは平坦な道を歩きます。
途中にクリンソウの群生地があり、寄ってみましたが、たくさんのクリンソウが咲いていて、とても綺麗でした。
雨上がりという雰囲気もあって、なにか幻想的なものを感じました。

短い急登を登ると、経塚山に到着しました。
展望はないので、少し休憩した後にすぐ下山しました。

ここまでで会ったのは、艫岩展望台手前で後ろから追いついた1名の男性登山者のみでしたが、駐車場まで下る間に13人の登山者の方(男性のみ)に会いました。

そんなこんなで、9時前には駐車場に着きました。
駐車場には車がいっぱい。
下山時に会った人たちの車でしょう。
帰り支度をしていると、さらに車が到着し、中にはタクシーでやってくる人もいました。
今の時間からなら晴れた中を登れたのでしょうが、今回は雨上がりの幻想的な光景や、展望台でのブロッケン現象など、ガスっていたからこそ見れたので、ちょっと得した気分です。

30分程仮眠した後、登山バッジを買いに、「道の駅 しもにた」に向かいました。
建物の軒下には燕の巣がたくさんあって、燕を間近に見ることができました。

その後、時間もたっぷりあるので、4/29に店の営業時間内に間に合わず買えなかった武甲山の登山バッジを入手するため、西武鉄道の横瀬駅に向かいました。
2時間弱のドライブで横瀬駅に到着。無事にバッジをGetできました。

さらにその後、「え〜い、ついでだ!」ということで、秀麗富嶽十二景で唯一買い忘れていたの百蔵山のキーホルダーを入手するため、山梨の大月駅に向かいました。
途中、「道の駅 こすげ」に寄ってだいぶ遅めの昼食にしました。

2時間ほどで大月駅に到着。目的のものを購入後、観光案内所のお姉さんとしばらく談笑し、帰途に就いたのでした。
訪問者数:370人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/22
投稿数: 73
2017/7/4 8:11
 お疲れ様でした
はじめまして。

同じ日に、沢登り(相沢
)で荒船山に登っていました。
荒船山は初めて登りましたが、他の方々のレコで知ってはいましたが、不思議な山頂でした。クリン草が咲いていたのは意外でした。
登録日: 2016/8/15
投稿数: 318
2017/7/4 8:41
 Re: お疲れ様でした
maroeriさん、おはようございます。
こちらこそ初めまして。
コメントありがとうございます。

自分を含め、ほとんどの方は内山峠から登っているかと思いますが、相沢から沢登りとはなかなか通ですね〜。
冬は氷爆が見事だそうで。

クリンソウの群生地、とても綺麗でしたよね。
雨上がりという雰囲気も相まって、最高でした。
登録日: 2014/10/15
投稿数: 59
2017/7/9 8:56
 動画
お疲れ様です。

動画拝見しました。
すごい迫力ですね(^_^;)
こちらの山には、うかがってみたいと思ったのですが、かなりの迫力。
実は高所恐怖症です。
参考になりました。
登録日: 2016/8/15
投稿数: 318
2017/7/10 6:26
 Re: 動画
hnr32gts44さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

あれれ、hnr32gts44は高所恐怖症だったのですか。
でも、例えばビルとか橋とかから下を見るのは怖くても、山から外界を見るのは大丈夫という方もいますよね。hnr32gts44さんもそんな感じでしょうか?

荒船山は、山頂までは樹林帯の中を進むので、山頂に着くまであまり展望はよろしくないですが、艫岩展望台からの眺めは最高でした。
端に近づかなければそれほど危険はないので、hnr32gts44さんも是非行ってみてください。
登録日: 2014/10/15
投稿数: 59
2017/7/10 7:31
 Re[2]: 動画
おはようございます。

自然が作り出すもの、人工的に作り出すもの、双方違いますが、実は両方だめです(笑)
頂上やビルの展望台にいっても、遠目で楽しんでます(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ