ヤマレコ

記録ID: 1197334 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

【リベンジ】丹渓新道から仙丈ヶ岳

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
新宿-(JR)-甲府-(レンタカー)-仙流荘
※中央道からのアクセスは伊那ICより諏訪ICがベター。杖突峠は完全2車線なので夜間ヘアピンもさほど問題ありません。
始発バスは繰り上げにて仙流荘5:00〜5:30丹渓新道登山口。乗車時に運転手さんに「丹渓まで」と伝え、乗降ドア近くに座らせてもらいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
28分
合計
7時間5分
S丹渓新道登山口05:4007:17馬ノ背(北)尾根08:002639m独標08:49馬ノ背三角点09:02藪沢分岐09:1009:47仙丈小屋09:4910:22仙丈ヶ岳10:3511:14小仙丈ヶ岳11:44薮沢大滝ノ頭11:4912:45北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道脇の手摺階段から藪沢ルート分岐まで、ピンクテープによって明瞭な踏み跡を辿れました。バリエーションではなく一般登山道のレベルです。
崩落地の際を3ケ所通りますが、普通に注意すれば問題ありません。
私のタイムで登山口-90分-馬ノ背(北)尾根-90分-藪沢分岐でした。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

空が白み鋸岳が浮かびます。
2017年07月16日 04:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が白み鋸岳が浮かびます。
始発バス繰上げ5:00発〜丹渓登山口5:35着。
2017年07月16日 05:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発バス繰上げ5:00発〜丹渓登山口5:35着。
1
鹿窓案内。
2017年07月16日 05:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿窓案内。
1
3台目のバスも通過・・・。おそらく10台待っても私一人かな。
2017年07月16日 05:40撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3台目のバスも通過・・・。おそらく10台待っても私一人かな。
手摺階段を直登。実は藪沢分岐まででこの階段が一番?急なので、ゆっくり上りましょう。
2017年07月16日 05:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手摺階段を直登。実は藪沢分岐まででこの階段が一番?急なので、ゆっくり上りましょう。
1
すぐにやさしい尾根道が始まります。
2017年07月16日 05:43撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにやさしい尾根道が始まります。
5:56-AL1900m地点。(16分/123m) Pro-Trek計測なので以下誤差あり。各ガイドブックにも本コース詳細がないので100mピッチでレコします。
2017年07月16日 05:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:56-AL1900m地点。(16分/123m) Pro-Trek計測なので以下誤差あり。各ガイドブックにも本コース詳細がないので100mピッチでレコします。
AL1980m地点-高山植物プレート。
2017年07月16日 06:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL1980m地点-高山植物プレート。
6:11-AL2000m地点。(15分/100m)
2017年07月16日 06:11撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:11-AL2000m地点。(15分/100m)
AL2036m地点-北沢峠の標高。6:16。運転手さんが5:45頃着と話していたので、約30分後追いスタートの形。
2017年07月16日 06:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2036m地点-北沢峠の標高。6:16。運転手さんが5:45頃着と話していたので、約30分後追いスタートの形。
6:25-AL2100m地点。(14分/100m)
2017年07月16日 06:25撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:25-AL2100m地点。(14分/100m)
AL2167m地点-モニタリング調査プレート。
2017年07月16日 06:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2167m地点-モニタリング調査プレート。
6:40-AL2200m地点。(15分/100m) 少し先で7分休憩。
2017年07月16日 06:41撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:40-AL2200m地点。(15分/100m) 少し先で7分休憩。
AL2223m地点-倒木。
2017年07月16日 06:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2223m地点-倒木。
AL2350m地点-ブナ巨木広がる広場。休憩適。
2017年07月16日 06:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2350m地点-ブナ巨木広がる広場。休憩適。
7:05-AL2300m地点。(18分/100m)
2017年07月16日 07:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:05-AL2300m地点。(18分/100m)
正面の尾根線に向かいます。
2017年07月16日 07:15撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の尾根線に向かいます。
馬ノ背からの北尾根に乗りました。明瞭。
2017年07月16日 07:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背からの北尾根に乗りました。明瞭。
振り返ったところ。下山時には右(北東)へ下りる注意ポイント。
2017年07月16日 07:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったところ。下山時には右(北東)へ下りる注意ポイント。
先のピークが見えました。
2017年07月16日 07:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先のピークが見えました。
まだ森林限界ではありませんが、西側斜面の木々は背が低いです。
2017年07月16日 07:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ森林限界ではありませんが、西側斜面の木々は背が低いです。
7:23-AL2400m地点。(18分/100m)
2017年07月16日 07:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:23-AL2400m地点。(18分/100m)
7:41-AL2500m地点。(18分/100m)
2017年07月16日 07:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:41-AL2500m地点。(18分/100m)
AL2550m地点-鋸岳が迫ります。
2017年07月16日 07:52撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2550m地点-鋸岳が迫ります。
1
AL2560m地点-甲斐駒も迫ってました。
2017年07月16日 07:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2560m地点-甲斐駒も迫ってました。
1
AL2573m地点-西側が開け仙丈の雄姿。
2017年07月16日 07:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AL2573m地点-西側が開け仙丈の雄姿。
仙丈から延びる地蔵尾根。
2017年07月16日 07:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈から延びる地蔵尾根。
中央アルプスもばっちり。
2017年07月16日 07:56撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスもばっちり。
宝剣岳。
2017年07月16日 07:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳。
1
足元は崩落帯。
2017年07月16日 07:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は崩落帯。
高度感もあります。
2017年07月16日 07:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感もあります。
左手がおそらく2639m独標。登山道は東側を巻くようです。
2017年07月16日 07:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手がおそらく2639m独標。登山道は東側を巻くようです。
1
再び甲斐駒。
2017年07月16日 08:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び甲斐駒。
赤テープに2651mとあります。
2017年07月16日 08:07撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープに2651mとあります。
摩利支天のギャップがすごいです。
2017年07月16日 08:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天のギャップがすごいです。
2
鋸岳の向こうに赤岳。
2017年07月16日 08:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳の向こうに赤岳。
2
しばらくは尾根東側斜面の花畑を進みます。
2017年07月16日 08:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは尾根東側斜面の花畑を進みます。
1
栗沢山とアサヨ峰の向こうにオベリスク。
2017年07月16日 08:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山とアサヨ峰の向こうにオベリスク。
1
馬の背西側のハイマツ帯。下方をトラバースして行きます。
2017年07月16日 08:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背西側のハイマツ帯。下方をトラバースして行きます。
伊那谷と中央アルプス。あの麓の大学の農場で3年間、いつも仙丈の山脈を眺めてましたっけ。
2017年07月16日 08:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那谷と中央アルプス。あの麓の大学の農場で3年間、いつも仙丈の山脈を眺めてましたっけ。
1
旧い「馬の背コース8合目」プレートがありました。
2017年07月16日 08:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧い「馬の背コース8合目」プレートがありました。
のどかな草原。
2017年07月16日 08:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな草原。
ハイマツ帯。
2017年07月16日 08:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯。
本日初の測温。20℃切るくらい。
2017年07月16日 08:48撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日初の測温。20℃切るくらい。
崩落帯。
2017年07月16日 08:54撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落帯。
なかなかの造形美。
2017年07月16日 08:55撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの造形美。
1
植生保護のロープが出てくると、まもなく藪沢分岐。ここからは一般コース。登山口からここまで3:20。
2017年07月16日 09:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護のロープが出てくると、まもなく藪沢分岐。ここからは一般コース。登山口からここまで3:20。
残雪その1。
2017年07月16日 09:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪その1。
小屋、そして山頂はまだまだ。
2017年07月16日 09:21撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋、そして山頂はまだまだ。
鋸〜甲斐駒の尾根。
2017年07月16日 09:34撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸〜甲斐駒の尾根。
残雪その2。
2017年07月16日 09:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪その2。
豊かな水場。
2017年07月16日 09:45撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊かな水場。
1
仙丈小屋。
2017年07月16日 09:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈小屋。
地蔵尾根分岐。
2017年07月16日 09:59撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根分岐。
残雪その3。
2017年07月16日 10:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪その3。
仙丈ケ岳、おつかれさまでした。
2017年07月16日 10:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳、おつかれさまでした。
2
カールの底に仙丈小屋。
2017年07月16日 10:28撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールの底に仙丈小屋。
2
大仙丈〜仙塩尾根。
2017年07月16日 10:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仙丈〜仙塩尾根。
1
小仙丈はこちら。
2017年07月16日 10:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈はこちら。
北岳。
2017年07月16日 10:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳。
小仙丈へと続く長い尾根。
2017年07月16日 10:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈へと続く長い尾根。
小仙丈は遠いです。
2017年07月16日 10:35撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈は遠いです。
1
小仙丈ケ岳と甲斐駒。
2017年07月16日 10:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳と甲斐駒。
1
南東側の大仙丈沢カールも見事。
2017年07月16日 11:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東側の大仙丈沢カールも見事。
1
小仙丈ケ岳。
2017年07月16日 11:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈ケ岳。
六合目標識。
2017年07月16日 11:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目標識。
五合目、藪沢大滝ノ頭。昨年は藪沢コースを辿り馬ノ背ヒュッテ上で風雨で断念、トラバースしてここに辿り着き下山しました。
2017年07月16日 11:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目、藪沢大滝ノ頭。昨年は藪沢コースを辿り馬ノ背ヒュッテ上で風雨で断念、トラバースしてここに辿り着き下山しました。
三合目。
2017年07月16日 12:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目。
二合目。
2017年07月16日 12:22撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目。
一合目。
2017年07月16日 12:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目。
北沢峠BS到着。おつかれさまでした。
2017年07月16日 12:49撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠BS到着。おつかれさまでした。

感想/記録

昨年8/20、藪沢ルートを辿り馬ノ背ヒュッテ上で風雨により登頂断念。https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-945424.html
憧れのクラシックルート「丹渓新道」を辿り、リベンジ成功しました。

丹渓新道、とてもよいルートです。針葉樹からブナ原生林、中ア・仙丈・甲斐駒鋸の展望、お花畑、ハイマツ帯など藪沢分岐まで多様に楽しめ、直登や岩はほぼなく穏やかな道のり。
盛夏に滝の清涼感が楽しる藪沢ルートもよいですが、体力に自信があるなら、展望のみの小仙丈ルートより"+45分/高度差300m"を余計に歩く丹渓新道もオススメ。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 1501
2017/7/17 5:59
 馬ノ背コース
大変なコースだと思ってましたが
意外と景色もコース状況もいいんですね
今度行くときは参考にさせていただきます
登録日: 2013/10/16
投稿数: 49
2017/7/17 9:04
 Re: 馬ノ背コース
コメントありがとうございます。森林限界を越えてからも馬ノ背ヒュッテと仙丈小屋があるので、小仙丈ルートと比べリスクヘッジとりやすいと思います。
登録日: 2014/10/21
投稿数: 1110
2017/7/20 18:51
 丹渓新道仲間です♪
shindai1987さん、こんにちは!

私たちは同日下りで丹渓新道を歩きました。
あまり歩かれていなくて、フカフカの登山道は膝に優しく
でも、登りは地味にキツそうだよね、登りは無いよね〜〜
なんて話しながら歩いていました。
あ、もちろん出会ったハイカーは皆無でしたけど
あそこを登られての仙丈は格別でしょうね〜
お疲れ様でした
登録日: 2013/10/16
投稿数: 49
2017/7/20 22:27
 Re: 丹渓新道仲間です♪
丹渓コメントありがとうございます。
vino_rossoさんのレコ、花イッパイで素敵ですね。あんなに数多く咲いていたっけ?と思うほど、ビックリでした。さて本題、伊那の"たけだ"へ行かれたのですね~。実は学生時代3年間バイトしてまして、ソースかつ丼や馬刺が名物でした。無事に梅雨明けもしたところですので、お互い安全登山で夏山を楽しみましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ