また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1203945 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

素晴らしき中央アルプス 空木岳〜木曽駒〜福島Bコース

日程 2017年07月20日(木) 〜 2017年07月22日(土)
メンバー
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
名古屋から高速バスで駒ヶ根インターへ。
1日目は駒ヶ根YH泊。素泊まりで税込3,600円くらい。
帰りは福島Bコース終点から車道を1時間くらい歩いて大原上のバス停に出て、コミュニティバスに乗るつもりでした。木曽福島まで200円です。
ですが、途中で栃木から来た方に車に乗せていただき、温泉経由で木曽福島まで送って頂きました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間19分
休憩
1時間31分
合計
8時間50分
S駒ヶ根YH04:3505:23空木岳登山道取付地点05:3006:00林道終点06:1006:38タカウチ場(池山分岐)07:25池山尾根水場07:4008:16尻無08:2208:35マセキ平09:47迷尾根09:5810:45ヨナ沢ノ頭10:5311:25空木平カール分岐点11:3511:54空木岳避難小屋12:1813:25駒峰ヒュッテ
2日目
山行
9時間51分
休憩
2時間9分
合計
12時間0分
駒峰ヒュッテ04:2004:27空木岳05:1006:45木曽殿山荘06:5607:26東川岳07:3508:30休憩08:4009:18熊沢岳09:2610:13休憩10:2511:25檜尾岳11:4513:11濁沢大峰13:1813:57島田娘14:0214:52極楽平14:5615:50宝剣岳16:20天狗荘
3日目
山行
5時間56分
休憩
54分
合計
6時間50分
天狗荘05:4006:20木曽駒ヶ岳06:4007:07玉乃窪山荘07:1508:02八合目水場08:0809:05木曽駒ヶ岳七合目避難小屋09:1510:05五合目10:0810:28力水10:3011:02幸ノ川渡渉地点11:0711:38福島Bコース登山口(コガラ登山口)12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは歩き始めてしばらくしたところにありましたが、車で上まで行った先にはないようです。
コースには岩場が多いです。慣れない人は時間がかかると思います。
宝剣岳は整備されていました。
その他周辺情報木曽温泉「せせらぎの四季」700円。
茶色の温泉で、中が見えないほどです。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

駒ヶ根YHの6人部屋
2017年07月19日 19:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ根YHの6人部屋
3
名古屋で買ったちらし寿司(食べかけ)とお惣菜と、YHで買った日本酒の夕飯。
2017年07月19日 19:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋で買ったちらし寿司(食べかけ)とお惣菜と、YHで買った日本酒の夕飯。
3
登山道をしばらく行くと登山ポストがありました。
2017年07月20日 04:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道をしばらく行くと登山ポストがありました。
1
林道終点の登山口。ここには登山ポストはありません。
2017年07月20日 06:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の登山口。ここには登山ポストはありません。
このぶら下がったのはなあに?
2017年07月20日 07:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このぶら下がったのはなあに?
2
池山小屋分岐の水場
2017年07月20日 07:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池山小屋分岐の水場
4
針葉樹の森
2017年07月20日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹の森
1
至れり尽くせり
2017年07月20日 09:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至れり尽くせり
1
鎖もしっかり
2017年07月20日 09:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖もしっかり
2
ダケカンバ
2017年07月20日 11:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバ
1
風雪に耐えるダケカンバ
2017年07月20日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雪に耐えるダケカンバ
1
小ぶりのニッコウキスゲ
2017年07月20日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ぶりのニッコウキスゲ
5
山頂と駒峰ヒュッテが見えてきた。
2017年07月20日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と駒峰ヒュッテが見えてきた。
3
空木平避難小屋
2017年07月20日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木平避難小屋
1
きれいな小屋の中
2017年07月20日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな小屋の中
3
駒峰ヒュッテ
2017年07月20日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒峰ヒュッテ
2
空木平を見下ろす。
2017年07月20日 13:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木平を見下ろす。
5
ヒュッテの中。1階が自炊場、2階が寝床。
2017年07月20日 16:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの中。1階が自炊場、2階が寝床。
5
空木岳のガスは取れない。
2017年07月20日 17:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳のガスは取れない。
2
三日月と南アルプス
2017年07月21日 04:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日月と南アルプス
3
ご来光を待つ。
2017年07月21日 04:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を待つ。
1
大きなお日様
2017年07月21日 04:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなお日様
5
八ヶ岳、お日様、南アルプス
2017年07月21日 04:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、お日様、南アルプス
5
鋸岳、甲斐駒、仙丈岳
2017年07月21日 04:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳、甲斐駒、仙丈岳
3
北岳、間ノ岳、農鳥岳
2017年07月21日 04:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳、農鳥岳
4
富士山、塩見岳、悪沢岳、赤石岳
2017年07月21日 04:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、塩見岳、悪沢岳、赤石岳
4
赤石岳、聖岳
2017年07月21日 04:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳、聖岳
4
塩見岳と重なる富士山
2017年07月21日 04:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳と重なる富士山
4
南アルプスは大好きなので、何度もシャッターを押す。
2017年07月21日 04:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスは大好きなので、何度もシャッターを押す。
2
遠くに槍穂
2017年07月21日 04:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに槍穂
1
空木岳山頂で
2017年07月21日 04:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳山頂で
10
岩と御嶽山
2017年07月21日 05:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と御嶽山
4
あの先の宝剣岳を目指す。
2017年07月21日 05:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの先の宝剣岳を目指す。
5
コマウスユキソウ
2017年07月21日 06:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマウスユキソウ
5
木曽殿山荘まで下る。
2017年07月21日 06:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽殿山荘まで下る。
2
東川岳への登り
2017年07月21日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東川岳への登り
3
檜尾岳避難小屋が見える。
2017年07月21日 06:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳避難小屋が見える。
3
木曽殿山荘
2017年07月21日 06:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽殿山荘
2
誰もいない東川岳
2017年07月21日 07:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない東川岳
3
何の形に見えますか?
2017年07月21日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の形に見えますか?
2
空木岳にもガスがかかってきました。
2017年07月21日 10:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳にもガスがかかってきました。
2
檜尾岳避難小屋が近づく。ここに泊まろうか迷う。
2017年07月21日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳避難小屋が近づく。ここに泊まろうか迷う。
2
檜尾岳山頂。中央アルプスが、茶臼山から越百山まで繋がりました。
2017年07月21日 11:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜尾岳山頂。中央アルプスが、茶臼山から越百山まで繋がりました。
5
一瞬だけガスの中に姿を現した宝剣岳。私を呼んでいると思いました。
2017年07月21日 11:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬だけガスの中に姿を現した宝剣岳。私を呼んでいると思いました。
1
岩場の多い縦走路
2017年07月21日 13:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の多い縦走路
3
三ノ沢岳。存在感があります。
2017年07月21日 13:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳。存在感があります。
4
島田娘への気持ち良さそうな縦走路
2017年07月21日 13:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島田娘への気持ち良さそうな縦走路
5
宝剣岳が近づく。
2017年07月21日 15:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳が近づく。
2
天狗山荘の前から。この日はガスがかかる。
2017年07月22日 04:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘の前から。この日はガスがかかる。
1
八ヶ岳と雲
2017年07月22日 05:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と雲
2
ガスの演出
2017年07月22日 05:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの演出
10
北アルプス
2017年07月22日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
乗鞍岳と北アルプス
2017年07月22日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳と北アルプス
1
空木岳と南駒ヶ岳
2017年07月22日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳と南駒ヶ岳
4
空木岳と南駒ヶ岳
2017年07月22日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳と南駒ヶ岳
6
雲があってこその景観
2017年07月22日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲があってこその景観
4
木曽駒山頂
2017年07月22日 06:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒山頂
7
塩見岳から聖岳
2017年07月22日 06:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳から聖岳
2
山頂のお社
2017年07月22日 06:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のお社
1
北アルプス
2017年07月22日 07:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
2
玉乃窪山荘
2017年07月22日 07:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉乃窪山荘
1
空木岳から歩いてきました。
2017年07月22日 07:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳から歩いてきました。
5
う〜〜〜ん、これに命を託すのか?
2017年07月22日 08:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜〜〜ん、これに命を託すのか?
2
ここで自撮りをすればよかった!!!
2017年07月22日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで自撮りをすればよかった!!!
2
七合目避難小屋。右のトイレは水洗できれいです。
2017年07月22日 09:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目避難小屋。右のトイレは水洗できれいです。
1
中は綺麗です。
2017年07月22日 09:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中は綺麗です。
2
終わりに苦手な渡渉があるとは思っていませんでした。無事通過。
2017年07月22日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりに苦手な渡渉があるとは思っていませんでした。無事通過。
1
林道で見たミヤマオダマキ
2017年07月22日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道で見たミヤマオダマキ
4
きつい舗道歩き。
2017年07月22日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい舗道歩き。
2
撮影機材:

感想/記録

本当は越後の山に行く予定でした。
18日の夜行バスで東京に行き、そこからまた高速バスを乗り継いで・・・
の予定が、18日の夜のニュースで魚沼市の豪雨の状況を知って、即刻バスをキャンセル。
さて、どうしようと考えた時にすぐに浮かんだのが、前々から計画していた中央アルプスの空木岳から木曽駒への縦走。
赤線繋ぎが好きな私、中央アルプスは檜尾岳から木曽殿山荘までの間が繋がっていません。いつか繋げたいと、いろいろ計画を練っていました。
ということで、19日の朝に家を出て、高速バスを乗り継いで駒ヶ根インターへ。
駒ヶ根YHに泊まり、20日に池山尾根から駒峰ヒュッテに向かうことにしました。
駒ヶ根YHにはなんと18日の夜11時過ぎにFBのメッセージで予約をお願いしました。電話では有り得ない時間でした。快く受けつけていただき感謝です。
車でないことの利点は登山口と下山口を別にできること。
今回は下山は福島Bコース。ここは車道を1時間歩けば200円で乗れるバスで木曽福島に出られるのです。
ただ、下山後温泉に入れないのが・・・汗臭い体で帰宅しないといけません。

駒ヶ根インターからYHまでは歩いて30分ほどとのことでしたが、バスで一緒になった別の宿に泊まるという二人連れの女性が予約していたタクシーに相乗りさせていただきました。いらないと言われましたが、500円払いました。
一人ではタクシーはもったいないので歩くつもりだったのでありがたかったです。

20日は、4時半にYHを出発。
大地獄、小地獄は梯子などが整備されていて問題ありませんでした。
途中で駒峰ヒュッテの管理人さんにお会いしました。今日は下りるので、小屋は管理人不在とのことでした。
小屋に着いたのは一番でした。
小屋代は寝具なしで3500円。シュラフは1000円です。
宿泊カードに記入してお金と一緒に袋に入れて、箱に入れるようになっていました。
私はシュラフを持っていたので3500円でしたが、500円玉がありませんでした。
ご夫婦の方とお金をやり取りしました。
別の人は10000円札しかなく、両替してもらっていました。
また、水は500mlで200円で、10本出してありましたが、ビールやカップ麺などは出ていませんでした。
基本的には管理人がいる時期ですが、たまにいないこともあるようなので、細かいお金を持って行かないといけない小屋です。
私は途中の空木平で水を汲んで行ったので、水は買いませんでした。
千円札しか持っていなかった人は、いらない水を2本買って3900円のところを寄付と言って4000円入れていました。
皆さん良心的です。

着いた時はガスっていたので山頂には行きませんでした。

21日は素晴らしい快晴の朝で、八ヶ岳の右側から昇るご来光を拝むことができました。

空木岳から木曽殿山荘への下りはかなり急です。岩場ですが、要所には鎖などが付いています。
その後も岩場の多い稜線ですが、鎖などはありません。

段々ガスが濃くなってきました。
私は疲れてきて、果たして木曽駒まで行かれるだろうか不安になってきました。
檜尾岳避難小屋に泊まろうかとも考えました。
小屋ははっきりと見えました。
迷いましたが、檜尾岳まで行って、宝剣岳が見えたら宝剣岳まで行き、見えなかったら檜尾岳避難小屋に泊まろうと決めました。

檜尾岳に着くと、一瞬だけガスの中から宝剣岳が姿を見せてくれました。
宝剣岳が呼んでいる。
これは行かなくては!
ということで、宝剣岳まで行くことにしました。
宝剣岳の登りでお腹がすいてきました。ここで力が抜けては大変なので行動食を食べて、宝剣岳を登ることができました。

宝剣山荘に着くと、もうここまでと思い、この日は宝剣山荘に泊まることにしました。
素泊まりと言うと、隣の天狗荘に泊まるように言われました。
現在天狗荘は宝剣山荘のお客様の宿泊所になっています。
食事つきの人も、泊まるのは天狗荘でも食事は宝剣山荘でという形になっています。
6人部屋に女性ばかり4人が泊まり、ゆっくりできました。

22日の明け方近くに雨が降ったようでした。
朝もガスでご来光は見られませんでした。
天気が悪いならロープウェイで下ることも考えましたが、取りあえず荷物を背負って木曽駒まで行きました。
登っているうちにガスが晴れました。
山頂からは、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスがよく見えました。
南アルプスの上には少し雲がありましたが、よく見えました。
また、少し雲がかかった宝剣岳、空木岳、南駒ヶ岳、三ノ沢岳の眺めが素晴らしかったです。

予定通り福島Bコースを下ることにしました。
思っていたよりもきつい下りでした。
土曜なので登って来る人がけっこういました。

駐車場からバス停までがカンカン照りの舗装道路で暑かったです。
バス停近くで、栃木から来たという方が車に乗せてくださいました。
おかげであきらめていた温泉にも入れ、木曽福島の駅まで送って頂きました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
温泉代か昼食代でお礼をしようとしましたが、断られました。
山の話を楽しくさせていただき、いい思い出になりました。

これで中央アルプスは北の茶臼山から南の越百山まで繋がりました。
途中の三ノ沢岳も登っています。
また、今迄に北御所登山口からの道、檜尾尾根、桂小場からの道、伊那川ダムから越百山への遠見尾根、空木岳から伊那川ダムへの尾根と歩いています。
今回も池山尾根と福島Bコースという違った道を歩きました。
まだ一度もロープウェイを使っていないのが、私のこだわりでしょうか。

いずれも中央アルプスでは天気に恵まれ、素晴らしい眺望を楽しむことができました。
下から登ることで、植生の変化を楽しむこともできました。
北アルプスや南アルプスよりも地味な感じの中央アルプスですが、縦走すると、なかなか手ごわい山です。
木曽駒と言ったら、皆さん、ロープウェイで簡単に登れる山と思われるのでしょうね。
下から登ると標高差が2000m近くになります。
標高2030mの北沢峠から登る仙丈岳や甲斐駒より大変です。
空木岳からの縦走も予想以上にきつかったです。

去年は南アルプスが繋がり、今年は中央アルプスが繋がりました。
ということで、後で古い中央アルプスのレコもアップしようかと思っています。
(赤線繋ぎが好きなので)

素晴らしい天気に恵まれ、人との出会いも思い出深いものになり、中央アルプスがより大好きになりました。
ありがとうございました。
10年くらいしたら、ロープウェイで伺いますね。






訪問者数:507人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/7
投稿数: 1
2017/7/24 14:34
 空木岳でご来光
21日のご来光ご一緒しましたふるさと群馬の者です。良い日の出を共有できたこと嬉しく思います。一眼レフカメラが印象的でしたよ。これからも気を付けて山歩き楽しんでください。ふるさと和歌山のお姉さまへ。。。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 451
2017/7/24 15:36
 良いですね
僕には考えられないコ−ス選びと実行ですね。
天気もそこそこで良かったですね。写真の数々を楽しく見せて頂きました。10年から15年若返りたいです。
お疲れさまでした。
釈迦ヶ岳でDCTさんに出会いひこにゃんを頂き、mayutsuboさんの話も聞きました。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 681
2017/7/24 21:24
 Re: 空木岳でご来光
haru13さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

あの日のご来光はすばらしかったですね。
私の一眼レフは超軽量のものです。
首にぶら下げても、そんなに重さを感じません。
でも、女性では珍しいのでしょうか。

で、27年くらい前から和歌山に住んでますが、元々は東京生まれ育ちです。
結婚するまで本籍は住んだことのない父の実家の福井でした。

私のふるさとは???
登録日: 2013/5/29
投稿数: 681
2017/7/24 21:27
 Re: 良いですね
sskamosikaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私も多分70歳越えたらロープウェイで行きます。
今は今できる方法で山に向かっています。

私のひこにゃんはけっこう行動範囲が広いかな?
登録日: 2013/9/16
投稿数: 1683
2017/7/25 18:26
 失礼しました…(-_-;)
てっきりゴンドラで木曽駒登るのかと思って、「らしくない山に登られるんですね」だなんて言ってしまいました。
恐れ入ります、mayutsuboさんらしい縦走です。
ツカさんが空木狙ってたので気になり始めていたのですが、どうせ登るなら木曽駒絡ませて歩きたい気にさせられました。
ピストンじゃつまらないですよね。

それにしてもちょうどいいタイミングで羨ましい限りです。
縦走路も絵になりますが南アルプスが一望出来るのに魅力を感じました。

これだけ歩ければ赤石の山行、万全じゃないでしょうか?
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2387
2017/7/25 20:49
 mayutsuboさん こんばんは!
空木岳から木曽駒ケ岳縦走、憧れのコースです。
アクシデントも考えると、経験豊かな人でないと行けないですね。
公共交通機関ですと縦走はできますが、よく調べないとタイミングが難しいでしょうね。
だいたい帰路では良い人に巡り会えていいことが多いですね!

記念になる山行、お疲れさまでした
登録日: 2013/5/29
投稿数: 681
2017/7/25 21:07
 Re: 失礼しました…(-_-;)
tomhigさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ふっふっふ・・・
tomhigさんからのメールにちょっとムカッと来ました。(笑)
(こいつ、わかってねえなあ〜〜〜)

私も以前は木曽駒はロープウェイで簡単に登れる山と小馬鹿にしていましたが、下から登るとなんのなんの、素晴らしい山でした。

tomhigさんなら、下から空木岳〜木曽駒と一日で歩けるかも知れませんね。
もちろん、登りでのロープウェイはあり得ませんよ!

でも、せっかくなら山頂近くで泊まってください。
季節によっては南アルプスからのご来光が見られます。
私は10月の空木岳で北岳と間ノ岳の間から昇る日の出を見ました。
南アルプス好きにとってはたまらない光景ですよ!!!
登録日: 2013/5/29
投稿数: 681
2017/7/25 21:15
 Re: mayutsuboさん こんばんは!
s_fujiwaraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

空木岳から木曽駒、けっこう長いしアップダウンが多いです。
体力に自信がなければ途中の檜尾岳避難小屋に泊まることになりますが。ここは避難小屋なのでシュラフや食料を担がないといけません。
普通はロープウェイで上がって、木曽駒には行かないで極楽平から空木岳に行く方が多いようです。
重い荷物が苦手なら木曽殿山荘に泊まることになりますね。
でも、翌日木曽殿山荘から空木岳を超えて下山するのもきついでしょうね。

まだ体力があるうちに歩き通せて良かったです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ