また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1210815 全員に公開 ハイキング中央アルプス

木曽駒ヶ岳 花を眺めてぼちぼちと

日程 2017年07月29日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り(ガス)
気温:10時ごろ山頂で22℃(この日は気温高い)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菅の台バスターミナル駐車場(600円)
6:30頃まだ少し空きありました
運よく、すぐに臨時バスが出ました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
2時間25分
合計
5時間55分
S千畳敷駅07:4008:19乗越浄土08:3408:44宝剣山荘08:5008:51天狗荘08:5209:11中岳09:1409:23(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘09:2509:41木曽駒ヶ岳10:1510:25(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘10:3010:57天狗荘10:5811:04宝剣山荘11:2511:40宝剣岳12:0712:20宝剣山荘12:3712:41乗越浄土12:5313:34千畳敷駅13:3513:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
自宅 4:30発
菅の台6:30着
コース状況/
危険箇所等
■ 危険箇所なし
■ 登山ポスト:バスセンター・千畳敷
  バスの中で書いて、運転手に渡すのもOKだとか
■ トイレ:コース中は山小屋で有料200円
■ 水場なし:小屋で購入
■ 熊出没情報不明ですが、昼間はまず出ないでしょう
■ 携帯電波状況
  乗越浄土から先はエリア外でした(ソフトバンク)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

千畳敷で18℃は予想外の高めの気温ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷で18℃は予想外の高めの気温ですね
ガスが晴れると絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れると絶景
皆さん頑張って登ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん頑張って登ってます
このあたりの登りが一番キツイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの登りが一番キツイ
ヘロヘロになって乗越浄土到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘロヘロになって乗越浄土到着
次のピークが駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークが駒ヶ岳
ヨツバシオガマとイワツメクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマとイワツメクサ
妙に色の濃いコマクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙に色の濃いコマクサ
こっちは普通の色のコマクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは普通の色のコマクサ
太平洋に停滞してる台風の影響?
曇っているのに意外と気温高い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋に停滞してる台風の影響?
曇っているのに意外と気温高い
中岳の巻道を通る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の巻道を通る
この巻道は通る人がほとんどなくて静か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巻道は通る人がほとんどなくて静か
たぶんミヤマダイコンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんミヤマダイコンソウ
イワヒバリだと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワヒバリだと思う
たぶんタカネツメクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんタカネツメクサ
千畳敷の歩道脇はナナカマドの花盛り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷の歩道脇はナナカマドの花盛り

感想/記録

お手軽に日帰りで3000ⅿクラスの百名山へ行こうと計画していたら、当日朝になって、妻がドタキャン。一人旅となりました。
今回の目的は、「百名山ピークハント」のつもりは全くなくて、「千畳敷カールで花を見たい」です。そのため、花の図鑑を持参しての山行です。
==================================
6:30頃菅の台バスセンター着。まだ奥の方が空いていました。バスもほとんど待つことなく、せかされるように臨時バスが出発。そのいきおいのまま、ロープウェイにもわっせわっせと乗せられて、あっと言う間に千畳敷に到着。下り坂の天気予報だったので、人が少なかったのかな?ラッキー。

さて、千畳敷はガス。放送で、雷になると運行停止もあると脅している。何だかせかされるようにスタート。
しばらくすると、ガスが消えて、千畳敷カールが見渡せて気持ちいい。
(でもすぐにまたガスの中)
気温高め、おまけに一気に2600mまで来て急坂歩いたもんだから、すぐにバテて、さらに高山病で頭痛、あ〜ぁ。
写真撮りながら、花と図鑑を交互ににらめっこしながら、ちんたら登って、乗越浄土に到着。

残念ながら、遠望が利かないので、近くを見ながら歩くだけです。
といっても、花はあるし、鳥はいるし(雷鳥はいないらしい)きょろきょろするのが忙しい。

駒ヶ岳への登りで、色の濃いコマクサを発見。コマクサはピンクと思い込んでるもんだから、濃いピンクのは違う花かとも思ったけど、どう見てもコマクサ。すぐ上には、普通にピンクのもある。
帰宅してから調べたら、木曽駒ヶ岳のコマクサは一旦絶滅したらしい。その後、人の手で移植されて育っていて、この赤いコマクサは群馬県の白根山からの移植だとか。
http://sgs.koma-guide.net/2013-11-09-23-36-29/hananomichi/66-2013-11-12-06-24-21.html

帰りは中岳の巻道を通る。こっちは人通りがほとんどなくて、道も縦走路っぽくて、少しの間だけ楽しめました。

乗越浄土まで来れば、あとは下るだけなので、天候の急変があっても大丈夫、宝剣岳を眺めてゆっくりと昼飯にします。
計画では、宝剣岳を通り越して、その先の極楽平から千畳敷へ下る予定だったけど、天候が気になるので、宝剣岳はピストンしてさっさと下りました。
千畳敷駅に近づいた頃、ポツポツと雨が降り始めました。
千畳敷の花をもう少し見たかったけど、雨が本降りになる前に降りたほうが良さそうなので、そのままロープウェイへ。
整理券も出されずに乗ることができました。
==================================
今回持参したのが、山岳観光社のミニ図鑑シリーズ「山の花70種」というもので、大きめの単語帳のような形なので、使いやすく、おすすめです。

この木曽駒ヶ岳、カール地形あり、お花畑あり、急登あり、3000mの稜線歩きあり、宝剣岳の岩場あり、と3000mクラスの雰囲気を簡単に少しずつ楽しめる面白い山ですね。ただ観光客が混ざっているのがどうも、ですね。


訪問者数:67人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ