また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1211092 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

穂高岳(涸沢〜岳沢テント泊)

日程 2017年07月27日(木) 〜 2017年07月29日(土)
メンバー
天候雨、曇り、ときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡大橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
49分
合計
6時間19分
S無料トイレ09:3210:16明神館10:20徳本口(徳本峠分岐)11:02徳沢ロッヂ11:1111:14徳澤園11:28新村橋(パノラマ分岐)12:14横尾 (横尾山荘)12:4813:06横尾岩小屋跡13:0713:50本谷橋13:5514:58Sガレ15:49涸沢ヒュッテ15:51涸沢
2日目
山行
8時間49分
休憩
2時間42分
合計
11時間31分
涸沢ヒュッテ06:1506:19涸沢06:25涸沢小屋06:2606:52パノラマ分岐07:0007:33ザイテングラート07:4709:02穂高岳山荘09:0310:41穂高岳12:1112:22南稜の頭12:2514:05紀美子平14:2214:37前穂高岳14:5715:10紀美子平15:1817:46岳沢小屋
3日目
山行
1時間59分
休憩
19分
合計
2時間18分
岳沢小屋06:2307:357番標識07:4708:17岳沢湿原・岳沢登山口08:2108:33日本山岳会上高地山岳研究所08:3408:39河童橋08:4108:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

吊橋を渡って涸沢へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊橋を渡って涸沢へ向かう
1
雪渓を少し歩いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を少し歩いて
1
涸沢ヒュッテに到着。荷揚げのヘリが至近距離でホバリングしていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテに到着。荷揚げのヘリが至近距離でホバリングしていた。
ジョッキで生ビールが飲める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョッキで生ビールが飲める。
1
テント場。向こうの山の中腹に涸沢小屋が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。向こうの山の中腹に涸沢小屋が見える。
1
翌朝、雨。涸沢小屋で振り返るとかなりの人数の団体が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、雨。涸沢小屋で振り返るとかなりの人数の団体が
ザイテングラートへ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラートへ向かう。
1
ザイテングラート取り付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザイテングラート取り付き
穂高小屋まで20分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高小屋まで20分
穂高岳山荘に到着。雨やどりがてら小一時間休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着。雨やどりがてら小一時間休憩。
登り始めに梯子やクサリがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めに梯子やクサリがある。
山頂に人が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に人が見えた
山頂で様になっていた二人。写真撮っていただきありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で様になっていた二人。写真撮っていただきありがとうございました。
1
ジャンダルムが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムが見えた。
2
吊尾根から登ってくる登山者
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根から登ってくる登山者
1
西穂方面からジャンダルムを越えて登ってきた登山者
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂方面からジャンダルムを越えて登ってきた登山者
2
山頂で小一時間休憩後、吊尾根を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で小一時間休憩後、吊尾根を下る
1
進行方向に前穂高岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向に前穂高岳
1
〇のついたところを登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〇のついたところを登っていく。
1
前穂高岳は岩登りのような山でした。紀美子平に荷物をデポし、空身で登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳は岩登りのような山でした。紀美子平に荷物をデポし、空身で登りました。
2
紀美子平からの下りは急でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀美子平からの下りは急でした。
1
岳沢のテント場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢のテント場。
1
岳沢名物天然クーラー風穴。岩の下は氷。ここからしばらくは冷蔵庫の中のようでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢名物天然クーラー風穴。岩の下は氷。ここからしばらくは冷蔵庫の中のようでした。
猿が木道で遊んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿が木道で遊んでいました。
1

感想/記録
by kamoto

憧れの穂高岳は1日目、2日目ともに午前中はザンザン振りの雨でした。
上高地バス停から横尾経由で涸沢までのコースは平地が多いけれども距離は17km弱もあり、kamotoはぎりぎりの体力でたどり着いた感じです。涸沢ヒュッテで飲んだ生ジョッキが美味しかった。テント場は割といっぱいでごつごつしたところしか空いておらず、有料の板を借りてテントの下に敷きました。翌朝、雨。しばらく待っていたけれどやむ気配がないのでずぶ濡れのテントを畳んで出発。楽しみだったザイテングラートは景色も見えず雨のそぼ降る中の登りとなりました。狭い登山道なのですれ違いが大変です。午後から雨が上がるとの情報を得たので穂高岳山荘でできるだけ長く休憩を取りました。奥穂高岳への登りは30分ほど。展望はほとんどありませんでしたが日本第三の高峰への登頂に感無量でした。晴れていたらジャンダルム手前まで行ってみたかったけれども、霧の中から見えつ隠れつするその山容はとてもとても行けそうにないと思わせるのでした。
日差しが少しでてきたので、山頂から吊尾根方向にちょっとだけ降りたところの広くなったところで雨を吸ってずっしり重くなった装備を少しだけ干しました。

吊尾根〜紀美子平〜重太郎新道の下りは、テント装備のザックが大変重く感じられました。重さが膝に来るし、バランスを崩しやすくなりますし、心底しんどかったです。紀美子平でザックをデポして前穂高へ。空身の軽さに調子に乗って猿のように岩を登りました。この岩は登りやすいしいつまでも続くし、疲れていなければ最高に楽しそうです。でもここは上からも下からもハードな行程があり、誰しもが疲れている状態で登り始める山なのですね。午前中雨で足止めされていたことがたたって前穂高山頂から下り始めたのが15時前。紀美子平から岳沢まで少なくとも2時間かかるので、小屋へ連絡し、テント泊であることと到着が17時を過ぎることを連絡しました。あとはカウントダウン状態で無我の境地になって下りましたが・・・重太郎新道、きついですね!!疲れたといって立ち止まってしまってはいつまでもたどりつかないので、疲れや膝の痛みと意識を切り離してひたすら下りました。あとからGPSを見るとこの日は11時間半も行動していて、疲れるわけでした。

3日目の朝は晴れ。最終日に最高の天気になるのはいつものこと。
途中の風穴は面白かったです。木の根の下は氷が張っていて、谷になっている登山道を通る風を冷やしていました。
訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ