ヤマレコ

記録ID: 1216292 全員に公開 ハイキング中央アルプス

中央アルプス・三ノ沢岳(3度目にして初めての無雪期)

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ のち 曇り

(午前9:07を境にして、一気に南西方向から雲が乗り上げてきました。それまでは夏の青空と雲海)
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
菅の台バスターミナルに5:40到着。有料駐車。すでにかなり埋まっていました。
すでに臨時バスが運行され始めていて、行列ができていました。
バスを降車すると、ロープウェイの始発も繁忙期ゆえの早朝営業が開始されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
26分
合計
4時間30分
S千畳敷駅06:5207:15極楽平07:1707:25サギダルの頭07:32三ノ沢分岐07:3309:01三ノ沢岳09:2210:35三ノ沢分岐10:3710:42サギダルの頭10:47極楽平11:00島田娘11:06極楽平11:22千畳敷駅11:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「島田娘」の山頂にもオマケで寄ってみました。
今回、とある取材的な目的もあったため、写真撮影には多めに時間を割いています。それを込みでのCTです。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特段無いと思われます。
ハイマツ帯の道が狭いので、枝が飛び出ているところがあります。サポートタイツの縫い目が運悪くひっかかり、すこし破けてしまいました。
その他周辺情報駒ヶ根高原に温泉・食事処が多数。

写真

★今回、事情があって公開する写真は一部だけです。また、コメント無し、時系列も順不同な最低限のもののみを掲載します★
2017年08月05日 09:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
★今回、事情があって公開する写真は一部だけです。また、コメント無し、時系列も順不同な最低限のもののみを掲載します★

感想/記録
by sprout

かつて、まだ真冬と言える頃にワンデイトライアルに挑戦し、登山歴初の敗退(時間切れ)をしたのが、ここ三ノ沢岳。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-826809.html

お金や時間に制約がある中でも1年近く研究とイメトレをして、初冬にリベンジすることが成りました。この時、自分には初冬か残雪期でないと、日帰りは無理だということも悟りました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1020204.html

三度目のこの日が、初めてのハイシーズンにして無雪期。
少ないながらも登山道で他のハイカーさんたちに会ったのも、今回が初めてでした。
山頂エリアには花が豊富に咲き、積雪期とはまったく別の平和な山に豹変したように感じました。一方で、地形を足でなぞりながら、積雪期のイメージが重ねあわされるように蘇ってくる面もありました。

白い世界は、緑に染まり、厳しい三ノ沢岳とは異なる優しさを感じることができました。

教科書的には、まず無雪期、その後に積雪期へと進むのがリスク管理上での常識です。しかしながら、逆の順序ならではの体感と体験があることも、今回知ることになりました。(良い悪いは置いておいて)

やっと三ノ沢岳という存在と向かい合うことにも、一区切りがつきました。
なにやらホッとしつつ、この山がもっと注目を浴びたらいいなと、なんらかの形で宣伝できたらなとも思いました。
訪問者数:180人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ