また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225438 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

聖岳-赤石岳縦走!インソール無しは痛かった・・

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー , その他メンバー3人
天候12日:晴れのち曇り 13日:曇りのち雨  14日:曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間15分
休憩
1時間7分
合計
6時間22分
S聖沢登山口06:0807:33聖沢吊橋07:5008:19造林小屋跡08:4609:24乗越09:4110:54滝見台11:0012:30聖平小屋
2日目
山行
7時間40分
休憩
1時間35分
合計
9時間15分
聖平小屋04:2204:25聖平小屋分岐04:44薊畑分岐04:5705:48小聖岳05:5207:07聖岳07:3810:09兎岳10:1711:10小兎岳11:1111:56中盛丸山12:2512:37中盛丸山・大沢岳間分岐(百間洞山の家方面)13:27百間洞山の家13:3613:37宿泊地
3日目
山行
8時間59分
休憩
1時間23分
合計
10時間22分
宿泊地02:2304:11百間平05:57赤石岳避難小屋05:5805:59赤石岳06:1306:15赤石岳避難小屋06:2106:24赤石岳06:2606:29赤石岳避難小屋06:4106:43赤石岳06:4807:00赤石岳・小赤石岳間分岐07:0907:38北沢源頭07:4908:45富士見平09:09赤石小屋09:3111:05カンバ段11:0612:45椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
聖沢ルート、聖平手前の崩落点は補修済みでした。
その他周辺情報白樺荘入浴:510円
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

綺麗な朝日
2017年08月12日 06:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な朝日
いい天気!3日間持てばよいが・・
2017年08月12日 06:49撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気!3日間持てばよいが・・
南アルプス感でてますね〜
2017年08月12日 06:50撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス感でてますね〜
途中の林道から。滝が見えます。
2017年08月12日 09:46撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の林道から。滝が見えます。
ゴルジュの隣を歩く。
2017年08月12日 12:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュの隣を歩く。
1
聖平手前の渡渉橋!ここまでも長い・・・
2017年08月12日 12:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平手前の渡渉橋!ここまでも長い・・・
聖平〜トイレもきれい、水豊富!いい小屋だだな〜
2017年08月12日 13:01撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖平〜トイレもきれい、水豊富!いい小屋だだな〜
1
朝!みんな準備中
2017年08月13日 04:09撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝!みんな準備中
金星が見える。明けの明星!
2017年08月13日 04:13撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金星が見える。明けの明星!
2
これはよかった!
2017年08月13日 04:55撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはよかった!
1
兎岳〜あとであの稜線を歩きます。
2017年08月13日 05:38撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳〜あとであの稜線を歩きます。
2
曇っていましたが、晴れてきました!聖はあそこか!
2017年08月13日 06:27撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇っていましたが、晴れてきました!聖はあそこか!
遠くにライチョウがいます!この後天気くずれるのかな〜
2017年08月13日 07:04撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにライチョウがいます!この後天気くずれるのかな〜
1
山頂到着!
2017年08月13日 07:20撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着!
1
山頂より、明日行く赤石岳を望む・・・とおい・・・
2017年08月13日 07:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より、明日行く赤石岳を望む・・・とおい・・・
トリカブト!そこら中に咲いていました〜
2017年08月13日 09:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト!そこら中に咲いていました〜
で、うさぎだけ。ここまで長い・・・
2017年08月13日 10:13撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、うさぎだけ。ここまで長い・・・
子ウサギを超えて・・・稜線はガスガス・・展望なし!(泣)
2017年08月13日 11:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ウサギを超えて・・・稜線はガスガス・・展望なし!(泣)
百間洞山の家に到着!ここも水が豊富で助かります!
2017年08月13日 13:42撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間洞山の家に到着!ここも水が豊富で助かります!
2
3日目朝!展望はよい。
2017年08月14日 04:41撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目朝!展望はよい。
1
この間行ってきた塩見岳が見えます。
2017年08月14日 04:51撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この間行ってきた塩見岳が見えます。
雲海が続く・・・
2017年08月14日 05:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が続く・・・
富士山!漂うラスボス感!
2017年08月14日 05:45撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山!漂うラスボス感!
3
赤石岳に到着〜
2017年08月14日 06:07撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳に到着〜
2
そしてここから始まる激下り・・・
2017年08月14日 07:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてここから始まる激下り・・・
赤石小屋。ソールを忘れてそのままはいているので、足の裏が恐ろしく痛い・・・
2017年08月14日 09:29撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋。ソールを忘れてそのままはいているので、足の裏が恐ろしく痛い・・・
さらに下る・・
2017年08月14日 09:29撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下る・・
カラフルのキノコが!
2017年08月14日 11:41撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラフルのキノコが!
下山〜3日間お疲れ様です〜足が痛い・・(笑)
2017年08月14日 12:45撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山〜3日間お疲れ様です〜足が痛い・・(笑)
1

感想/記録

12日〜14日で聖岳-赤石岳を縦走してきました〜

こんかいは所属山岳会の若手山行でなんと平均年齢が20代!若い!
11日の23時にピックアップしてもらって出発!

東名道を東に走るとすごい雨・・・これ大丈夫かと不安になる・・・
畑薙ダムのPに到着。まだ雨が降っていて不安だったけど、そのまま仮眠しました。

そのあと起床して準備を整えるも、靴のソールを忘れたことに気が付く(忘れ物1)
仕方がないのでソールなしで靴を履いて出発。(泣)
足の裏が痛い・・・(´;ω;`)ウッ…
聖沢登山道まではいろいろお世話になってなんとか到着。
ここで携帯を車に忘れたことに気が付く・・・(忘れ物2)

登山開始〜不安だった雨も上がり、朝霧の中を聖平に向けて詰めていきます。
途中で聖沢に出会うポイントで休憩を撮りました。
沢屋のTさんと私大はしゃぎ!

そのあと橋を渡ると急登が出てきます。
ここらから足の裏が・・・・
頑張ってあげると聖沢のトラバース道に入ります。
聖沢を上に長めながらのトラバース。大興奮の二人!沢屋は沢を見ると元気になるようです。

聖平に着くとテントを幕営!ここまで雨無し!やったぜ!
フルーツポンチを小屋の方にふるまってもらってその後宴会開始!
2時間ほど飲んで、さすがに不眠の疲れが出始めたので、1時間ほど昼寝しました。
そのあと夕食を食べて1日目終了〜

2日目は3時起床、4時半出発!朝はガスがかかっていて不安な出発でした。
最初先頭を歩きましたが、少しペースが早かったようなのと、写真も撮りたかったので、すぐ交代してもらいました。
先頭のPTのペース管理ってむつかしいですね〜同じ体力の人ばかりではないパーティーでの、ペースづくりの難しさを知りました。

聖岳の尾根筋を詰めていくと、直下の斜面でガスがとれ、晴れ間が!
山頂ではなんとか赤石岳を見ることができましたが、すぐにガスに巻かれ、そのあとは晴れず・・・
気持ちの良い縦走路歩き!の予定がガスの中展望ゼロの苦行稜線歩きに・・・(泣)
聖岳からは兎岳、中森丸山を経由して百間洞山の家を目指します。
ソールなしの靴では下りが痛い。
何度かのアップダウンを繰り返して、兎岳に着きました。
その小兎岳を経由して鞍部に降り、そのあと中盛丸山に登るのかと思いきや、尾根線を西側にトラバース。
『お?これはまさか巻かせてもらえるのか?!』と少し期待をしましたが、結局西側側の尾根筋を登らされて山頂を踏みました。(巻かせてくれ〜
国土地理院の地図から登山道が変わっているようですね〜
新道は目印がはっきりしているのでよほど間違えることはないと思います。
(それとも、国土地理院の地図に記載できない範囲の登山道の蛇行なのか。

中森丸山を超えて、百間洞の斜面をトラバースして百間洞山の家で2日目終了〜
ここって赤石沢の脱渓点あるんですね。たくさん沢屋さんがいました。
Tさんと『3年くらいしたら自分たちで行きたいですね〜』なんて話も!
正直あんまりTさんが自分のやりたい山行を全面に出す人ではないと思っていたので、驚きました。私もがんばって出来る沢屋を目指さないと!

ここで、ゴープロのバッテリー切れる。ゴープロのバッテリーが不十分だったようです。(忘れ物3)

2日目の夜はおなかの調子が悪く、すこし不安になりながら就寝

3日目は行程が長いので1時半置き3時出発。
昨日の腹痛も収まって歩ける状態に!(よかった〜
出発時小雨。さすがに三日は天気もたないかなぁ〜と不安になりながらしゅっぱつ。
百間洞の斜面を詰めて百間平に出る。ちょうどそのあたりでガスがとれ、晴れ間が!三日目も天気がいいぞ!
赤石岳を長めながら百間平を詰める。赤石岳と雲海、朝日が美しい・・・
重い荷物とカメラを背負ってきてよかったと感じましたね〜。

赤石岳の南斜面を詰めて赤石岳登頂!寒かったのとかなり時間的に巻けたので、赤石岳避難小屋で休憩〜小屋に着くと手を付けていない余った食料をおいていける箱がおかれていました。結局3日間手を付けなかった1.5Lのワインをおいていいかと避難小屋のおじさんに聞くと『わしがもらう!』との事。どちらにせよ、これを持っておりたくなかったので、差し上げることに。『ありがとう。代わりに手ぬぐい上げるよ』とのことで、小屋の手ぬぐいをいただきました〜ワインがお土産の手ぬぐいに変わって大満足です(笑)
下山路は大蔵尾根を経由して下ります。標高差2000mのこの尾根。最後の最後に足裏の皮を持っていきます・・・インソール大事!

そんなこんなで何とか下山!終始インソールの大切さを感じる山行になりました。
忘れ物が多かったのも反省点。
ただ、カメラを持って入ったので、いい写真がたくさん撮れたのは大きな収穫ですね〜。
訪問者数:416人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ