また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225488 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

別山

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間34分
休憩
17分
合計
5時間51分
Sスタート地点05:4105:55猿壁登山口06:23水飲場(別山市ノ瀬道)06:2706:46白山展望所06:4807:28チブリ尾根避難小屋08:18御舎利山08:25別山08:2608:32御舎利山08:3309:08天池09:14油坂の頭09:31赤谷渡渉点09:52南竜山荘09:57南竜道・エコーライン分岐09:5810:06南竜分岐10:15甚之助避難小屋10:1610:30別当覗10:3311:05中飯場11:0911:32別当出合G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笹等の植物が登山道をふさいでいる所がありました。雨後だったので胸のあたりから下までずぶ濡れになり、靴は泥だらけになりました気になる方は対策が必要です。
その他周辺情報一の瀬から車で約30分金沢方面に走った所の大門温泉センターが370円で入浴できます。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計

写真

バス待ちの長い列です。駐車場も朝5時過ぎには満車でした
2017年08月13日 05:35撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス待ちの長い列です。駐車場も朝5時過ぎには満車でした
登りはじめは霧の中のブナ林を進みます。
2017年08月13日 06:06撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りはじめは霧の中のブナ林を進みます。
雲の上に出ました。雲海の上に白い虹がかかっていました。
2017年08月13日 07:16撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の上に出ました。雲海の上に白い虹がかかっていました。
1
写真の真ん中が、わかりにくいですが、登山道です。
2017年08月13日 07:23撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の真ん中が、わかりにくいですが、登山道です。
笹やぶのしたが、こんな風に泥でぬかるんでいる所もあります。
2017年08月13日 07:32撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹やぶのしたが、こんな風に泥でぬかるんでいる所もあります。
避難小屋に到着とくに用はないので写真を撮って先に進みます
2017年08月13日 07:28撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着とくに用はないので写真を撮って先に進みます
避難小屋から少し登って振り返ったら雲海が少しずつ上がってきています。
2017年08月13日 08:12撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から少し登って振り返ったら雲海が少しずつ上がってきています。
山頂からの白山
2017年08月13日 08:24撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの白山
1
南竜方面につづく登山道。これからこちらに進んでいきます。
2017年08月13日 08:35撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南竜方面につづく登山道。これからこちらに進んでいきます。
1
先ほど通ってきた避難小屋が雲海にのまれそうです。
2017年08月13日 08:42撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど通ってきた避難小屋が雲海にのまれそうです。
南竜山荘が見えてきました
2017年08月13日 09:18撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南竜山荘が見えてきました
1
南竜山荘に続く木道
2017年08月13日 09:38撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南竜山荘に続く木道
写真ではわかりにくいですが、エコーラインに登山者の長い行列ができています。
2017年08月13日 09:39撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりにくいですが、エコーラインに登山者の長い行列ができています。
チブリ尾根のぬかるみが終わったと思ったら南竜に向かう道も一部、ぬかるんでいた。よける術もなく、残念なことになりました。
2017年08月13日 09:42撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チブリ尾根のぬかるみが終わったと思ったら南竜に向かう道も一部、ぬかるんでいた。よける術もなく、残念なことになりました。
先週は通れていた下り専用の道が閉鎖されていた。
2017年08月13日 11:15撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週は通れていた下り専用の道が閉鎖されていた。
南竜分岐から別当出合までは、ひたすら渋滞でつり橋もこの通りです。何十回も白山に登っていますが、ここまでの渋滞は初めてです。
2017年08月13日 11:30撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南竜分岐から別当出合までは、ひたすら渋滞でつり橋もこの通りです。何十回も白山に登っていますが、ここまでの渋滞は初めてです。
1

感想/記録

チブリ尾根経由で白山に登ろうと思っていたのですが、朝寝坊してしまい白山はあきらめ、南竜経由で別当出合に下りることにしました。
チブリ尾根は人も少なく、霧の中涼しく快適に登ることができました。霧をぬけた尾根道にでると、一面の雲海の素晴らしさに息をのみ、さらに雲海の中にかかる一筋の虹が神々しく感動しました。
あまり人気のない登山道なのか、笹などの植物が一部の登山道を覆っていました。ただ道に迷うようなことはなく、雨上がりでなければそれ程気にならないと思います。
チブリ尾根を登り別山山頂へ続く稜線では白山山頂、室道、南竜、北アルプスの山々が見える大パノラマに、何故この登山道の人気がないのか不思議なくらいでした。
南竜から先の砂防新道は登りも下りも登山者の渋滞がひどく、すこし降り出した雨にテンションが下がりました。
4週続けて白山周辺に登っていますが、花のピークは過ぎこれから秋に向かって進んでいくのかなと感じました。
今年は例年になく登山者の数が多く砂防新道では、登山者の渋滞が多く発生しているようです。一泊を考えている方は、チブリ尾根、禅定道、釈迦新道なども検討してみてはどうでしょうか、いずれも個性があり楽しいですよ(健脚向きですが…)。
訪問者数:150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ