ヤマレコ

記録ID: 1225608 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 猿倉〜栂池

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月12日(土)
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
八方の第5駐車場に車を置き,タクシーで猿倉へ.
帰りは栂池自然園からロープウェイとゴンドラを乗り継ぎ栂池高原へ行き,タクシーで八方の駐車場へ戻った.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間19分
休憩
1時間27分
合計
8時間46分
S猿倉荘06:4407:43白馬尻荘07:51白馬尻小屋08:0109:52岩室跡12:02避難小屋12:3214:06白馬山荘14:5115:12白馬岳15:1415:30白馬山荘
2日目
山行
5時間53分
休憩
45分
合計
6時間38分
白馬山荘06:2906:56白馬岳06:5707:29三国境08:08小蓮華山08:42船越ノ頭09:21白馬大池山荘09:4810:24乗鞍岳10:2511:44風吹大池方面分岐11:48天狗原/白馬岳神社12:0012:59栂池ヒュッテ13:0313:03栂池山荘13:05栂池ヒュッテ13:07栂池自然園駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
両親と登ったので,時間をあまり気にしない,ゆっくりとした山行になった
コース状況/
危険箇所等
大雪渓登り始めの場所は縦にクレバスが開いており,その左側を進む.途中,大雪渓の左岸(?)を歩く箇所があるが道が細いのですれ違いに注意.
そのままベニガラやロープを目印に,大雪渓右側の秋道に入って葱平へ行くのだが,秋道に入る箇所でロープを外れてしまうと雪庇など踏み抜きの恐れがあるので注意.
その他周辺情報栂池高原のゴンドラ駅そばに温泉あり.
八方の第2駐車場に八方の湯(温泉)あり.

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 軽アイゼン
共同装備 ライター 計画書 筆記用具 ファーストエイドキット ツェルト ストック

写真

大雪渓の手前から眺める
2017年08月11日 08:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓の手前から眺める
大雪渓を登る
2017年08月11日 09:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を登る
1
大雪渓を登り終えて振り返ると
2017年08月11日 11:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓を登り終えて振り返ると
白馬岳頂上宿舎
2017年08月11日 13:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎
1
白馬山荘,でかい!
2017年08月11日 13:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘,でかい!
白馬山荘に宿泊
2017年08月12日 04:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘に宿泊
1
小蓮華山からの眺め
2017年08月12日 08:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山からの眺め
1
白馬大池を眺める
2017年08月12日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池を眺める
中ノ原あたりで雷鳥の親子を発見!
2017年08月12日 10:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ原あたりで雷鳥の親子を発見!
撮影機材:

感想/記録

山の日ということで両親と一緒に白馬岳に登ってきた.父は2年前に猿倉からの日帰りピストンでこの山に登っているが,白馬大池は見たことがないので,今回このルートを選んだ(私と母にとっては白馬に登ること自体初めてだった).
天気が悪いという予報もあってか,思っていた以上に登山者は少なかった.
1日目は猿倉から白馬山荘まで登ったが,やはりハイライトは大雪渓だった.軽アイゼンを履くこと自体初めての私にとっては,ザクザクと雪渓を歩くのが楽しくて仕方がなかった.のだが,それも初めの30分だけ....長い,長すぎる....大雪渓も終わりのほうになってくると飽きてきて嫌気が差してくる.1日目はとにかく雨が降らなかったのが何よりもラッキーだった.
この日は白馬山荘に泊まったが,その規模の大きさと綺麗さ,食事のうまさに驚いた.この日は人の入りが少なく,半分も埋まっていなかったように思う.
2日目は朝から雨.仕方がないのでカッパを着て栂池方面へ下る.小蓮華までの稜線を歩いていると,雨が横殴りの土砂降りに変わり,雷も鳴りだした.大変だったがとにかく心を無にして歩を進めるのみだった.白馬大池に着いた時には奇跡的に一瞬晴れたが,それも時間が経つと再び雨に変わり,その後は栂池に着くまでずっと降り続けた.2日目の天気は最悪だったが,雷鳥の親子を見れたことだけは不幸中の幸いだった.
2日間を通して良い眺望が得られなかったので,いつかまた登りに来たいと思う.
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ