ヤマレコ

記録ID: 1229826 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高、奥穂高縦走 白出沢経由新穂高へ

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴後曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
新穂高手前で20時から5時まで通行止めだったため、引き返して道の駅で仮眠。鍋平の登山者用駐車場に駐車して、しらかば平発ケーブルで(始発逃し6:15 登山者用特別運行)西穂の登山口へ。独標で折り返した相棒に新穂高駅まで車を回しておいてもらう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間50分
休憩
1時間0分
合計
10時間50分
S西穂高口(千石平)06:3007:20西穂山荘07:3007:40西穂丸山08:30西穂独標08:4009:20西穂高岳09:3010:20間ノ岳11:40コブ尾根(昼食)11:5012:10ジャンダルム12:50穂高岳13:0013:20穂高岳山荘15:40重太郎橋16:20白出小屋16:3017:10新穂高温泉駅17:20中崎山荘 奥飛騨の湯17:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鍋平駐車場からしらかば平駅まで徒歩20分
コース状況/
危険箇所等
白出沢の残雪横の斜面は注意必要でした。白出小屋到着前の15分ほど少し雨が降りました。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザックカバー 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ ヘルメット トレランシューズ

写真

山荘、丸山間で笠ヶ岳良い天気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘、丸山間で笠ヶ岳良い天気
山荘、丸山間で焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘、丸山間で焼岳
縦走する山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走する山々
かわいい雲の横に白山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい雲の横に白山
少しだけ南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ南アルプス
西穂を降りたあたり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂を降りたあたり
間ノ岳へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳へ向かう
間ノ岳へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳へ向かう
天狗岩からの下り?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩からの下り?
コブの頭への登り途中で雷鳥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブの頭への登り途中で雷鳥
ジャンダルム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム
奥穂側から振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂側から振り返って
涸沢カール方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カール方面
白出沢方面への標識あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢方面への標識あり
白出沢方面ガレ場 下のほうに残雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢方面ガレ場 下のほうに残雪
シモツケソウ 群生してました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ 群生してました
ホタルブクロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
平小屋からのショートカット道にて。この道下りは滑る!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平小屋からのショートカット道にて。この道下りは滑る!

感想/記録
by GPX750

・独標まで少し時間がかかった上、あまり遅くなってはいけない事情があり、岩場の縦走はマークを頼りにひたすら歩いただけでした。地図を見たり写真を撮ったりする余裕もほとんどありませんでした。
・西穂とジャンダルム間で2回ルートをはずしましたが、運よく何とか修正できました。
・寝不足の中、とばして歩いているせいか、コブ尾根を登っている途中で脈が異様に高くなり昼休憩(これが良かった!おそらく高山病)。
・怖かったのはロバ耳を降りるところとジャンダルムを信州側から巻くトラバース(身長が低いとより怖いと思う)。
・白出沢は、かなりタフです。沢を高まきするところで危険箇所もあります。
訪問者数:92人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ