また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233332 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

家族4人で白馬岳 〜白馬大池〜栂池高原

日程 2017年08月14日(月) 〜 2017年08月16日(水)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候初日:曇り時々晴れ 2日目:曇りのち雨 3日目:雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間15分
休憩
1時間29分
合計
8時間44分
S猿倉荘07:0708:09白馬尻荘08:12白馬尻小屋08:3510:22岩室跡12:31避難小屋12:5414:29白馬山荘15:1015:34白馬岳15:3615:51白馬山荘
2日目
山行
6時間9分
休憩
1時間9分
合計
7時間18分
白馬山荘06:4707:04丸山07:0508:04杓子岳08:1609:25丸山09:2609:47白馬山荘10:1010:34白馬岳10:3511:06三国境11:3512:35小蓮華山13:18船越ノ頭13:2014:05白馬大池山荘
3日目
山行
3時間11分
休憩
2分
合計
3時間13分
白馬大池山荘07:1307:59乗鞍岳08:0009:02風吹大池方面分岐09:0309:26天狗原/白馬岳神社10:25栂池ヒュッテ10:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特別に危険箇所はないが、大雪渓はスリップに注意。白馬大池から栂池高原への下山は、岩を渡り歩くので、転倒に注意。
その他周辺情報八方に車を置いておけば、下山後に移動してきて温泉に入れる。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

猿倉から出発
2017年08月14日 07:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉から出発
白馬尻小屋で
2017年08月14日 08:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋で
2
大雪渓があそこに
2017年08月14日 08:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓があそこに
この先でアイゼンを付ける
2017年08月14日 08:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先でアイゼンを付ける
ひたすら夏の雪渓を登っていく
2017年08月14日 10:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら夏の雪渓を登っていく
ここで雪渓は終わり
2017年08月14日 10:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで雪渓は終わり
クルマユリ
2017年08月14日 12:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ
山行中、数少ない青空
2017年08月14日 12:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行中、数少ない青空
1
高山植物の解説が道のそばに
2017年08月14日 13:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の解説が道のそばに
稜線を歩く登山者
2017年08月14日 13:52撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を歩く登山者
白馬山荘まであと少し
2017年08月14日 14:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘まであと少し
さっそく頂上へ。Y字バランスは強風で決まらず。
2017年08月14日 15:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく頂上へ。Y字バランスは強風で決まらず。
1
山荘のカフェ。リッチな気分に浸れます。
2017年08月14日 16:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘のカフェ。リッチな気分に浸れます。
2日目の朝、杓子岳へ。立山方面?
2017年08月15日 07:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の朝、杓子岳へ。立山方面?
1
白馬岳がわずかに見えた。
2017年08月15日 07:58撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳がわずかに見えた。
白馬の姿もこれが最後でした。
2017年08月15日 08:01撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬の姿もこれが最後でした。
唐松岳へと続く縦走路。長野側から湧くガスと山稜が美しい。
2017年08月15日 09:03撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳へと続く縦走路。長野側から湧くガスと山稜が美しい。
2
白馬山荘の中に富山県と長野県の県境が。
2017年08月15日 10:09撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘の中に富山県と長野県の県境が。
1
二度目の登頂はグダグダ。
2017年08月15日 10:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目の登頂はグダグダ。
1
山頂の標識。
2017年08月15日 10:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標識。
1
方位盤。お金が刺さってます。
2017年08月15日 10:33撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方位盤。お金が刺さってます。
何の綿毛?
2017年08月15日 10:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の綿毛?
道の真ん中に雷鳥の親子。
2017年08月15日 11:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の真ん中に雷鳥の親子。
1
仲良く砂浴びをしていました。
2017年08月15日 11:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲良く砂浴びをしていました。
1
分りにくいけど、中央に二羽の雷鳥。
2017年08月15日 12:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分りにくいけど、中央に二羽の雷鳥。
小蓮華山の山頂。このあたりでハッキリとした雨に。
2017年08月15日 12:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小蓮華山の山頂。このあたりでハッキリとした雨に。
チングルマの実
2017年08月15日 12:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの実
白馬大池山荘に到着
2017年08月15日 14:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘に到着
最終日、大池をあとにする。
2017年08月16日 07:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、大池をあとにする。
最後のピーク、白馬乗鞍岳。
2017年08月16日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク、白馬乗鞍岳。
1
天狗原に到着
2017年08月16日 09:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗原に到着
湿原が幻想的です。
2017年08月16日 09:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原が幻想的です。
栂池高原ビジターセンターにゴール
2017年08月16日 10:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池高原ビジターセンターにゴール
園内を散策しました
2017年08月16日 11:18撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
園内を散策しました
1
ここも美しい。
2017年08月16日 11:22撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも美しい。
センター内の人工壁。実は、見えてないけど高さもあり、トップロープ(リードも?)もできるようです。
2017年08月16日 12:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センター内の人工壁。実は、見えてないけど高さもあり、トップロープ(リードも?)もできるようです。
真剣にオブザベ(ムーブの組み立て)するヨメさん。
2017年08月16日 13:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真剣にオブザベ(ムーブの組み立て)するヨメさん。
ありがとうビジターセンター。
2017年08月16日 13:25撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうビジターセンター。
ずぶ濡れでロープウェイに乗ります。
2017年08月16日 13:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずぶ濡れでロープウェイに乗ります。
季節は違うけど、晴れていればこんな山並みだったのでしょう
2017年08月16日 13:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
季節は違うけど、晴れていればこんな山並みだったのでしょう
1
ゴンドラで下界へ。
2017年08月16日 14:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラで下界へ。
車を停めていた、八方第二駐車場。温泉もあり、ここがベストですね。
2017年08月16日 16:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車を停めていた、八方第二駐車場。温泉もあり、ここがベストですね。

感想/記録

夏休みを利用して、北アルプス・後立山連峰の「白馬岳」に登ってきた。

8月14日
夕方、自宅(関西)を出発。
名神高速は愛知県内で渋滞しているので北陸道を使い、糸魚川IC→白馬村へ。
八方の駐車場着は午前0時50分。
荷物を整理して、朝4時40分まで仮眠した。
早朝、予約していたタクシー(4人でバスに乗るのとほぼ同じ料金で、早くて楽)で登山口の猿倉に向けて出発。
猿倉荘前では、20人ほどが準備をしていた。
ここで朝食とトイレを済ませ、7時過ぎに登山開始。
山道からすぐ林道に出て、「白馬尻小屋」まで快適に歩く。
小屋の前からは大雪渓がよく見えた。
山道を少し行くと大雪渓に合流し、ここでアイゼンを付ける。
ワシとヨメは「オクトス」の6本爪。
子供たちは「モンベル」の6本爪を使った。
体格によって、アイゼンの大きさを分けてみた。

雪渓の上は当たり前だけどヒンヤリと寒く、気温は10度くらい。
歩くところはステップになっているので、思ったより楽に歩ける。
途中、クレバスとシュルンドを避けるために土の上を歩き、また雪渓に戻る。
10時40分ころ、雪渓上の道が終わるところに到着。
ここでアイゼンを外し、秋道を登る。

小さな沢を何度か渡り、尾根をずっと登っていくと、いつしかお花畑に。
高山植物が道の左右を埋める道を「村営白馬岳頂上宿舎」まで登る。
今日の宿「白馬山荘」まであと少しだったので、休憩もそこそこに出発。
子供たちはまったく疲れも見せず、山荘まで駆け上がる。
来年は荷物をたっぷり持たせてやる!

白馬山荘は日本最大の山小屋というだけあって、確かにでかい。
もはや「小屋」ではないよな。
宿泊受付は、宿泊カードを出す「①受付」の窓口と、料金を払う「②会計」と
分かれていてシステマチックな流れで、まるで病院みたい。

部屋は2人(2畳)分ずつ仕切られていて、隣のようすは分らない。
ただ、入口にカーテンがないので、通路や向かいの部屋から丸見え状態。
このへんは何とかしてほしいところだ。

夕食まで時間があったので、白馬岳の頂上に登ってきた。
頂上はガスでまったく視界がなく、風も強くてすぐに下山した。
晴れていれば大パノラマのはずだったのに残念。

夕食は「ハンバーグ定食」。
ご飯とみそ汁は、お替り自由。
相席になった方たちと楽しく喋りながらいただく。
これも山小屋の食事のいいところ。


8月15日
翌朝、雨は降っていないけど、あいかわらずの曇り空。
白馬三山も見えたり隠れたり。

朝食後まで迷っていたけど、とりあえず白馬三山のひとつ「杓子岳」まで行くことにした。
小屋から宿舎方面に進み、唐松・五竜・鹿島槍へと続く縦走路を歩く。
杓子岳の頂上への道は、かなりガレていて歩きにくい道だ。
頂上からの景色を期待していたが、ここもガス。
記念写真だけ撮り、白馬山荘へ戻った。
杓子岳の頂上へは縦走路から外れて行くことになるので、縦走する人すべてが通るとは限らない。
今回、とりあえず頂上は踏んだので、次回にここを縦走する機会があれば、気兼ねなく頂上をパスできるな(笑)

山荘にデポさせてもらったザックを回収し、白馬岳の山頂を再び越えて栂池方面に進む。
歩きやすい稜線の道をどんどん下る。
ここも晴れていれば、きっと絶景なんだろう(泣)

三国境で休憩し、「小蓮華山」へ。
このあたりから「船頭の頭」までの間に、雷鳥に5度遭遇し13羽を見た。
道の真ん中で砂浴びをしていた親子は、足元まで近づいてきてくれた。
今回の山行では、天気には恵まれなかったけど、この雷鳥との出会いは、
家族全員満足だった。

雨が降る中、「白馬大池山荘」にちょうど14時に到着。
夕食までの暇つぶしに、自炊スペースでコーヒーを飲んだり、談話室(食堂)でマンガを読んだりして過ごした。

夕食は「カレーライス」。
ライスとカレールーは、お替り自由だ。
トッピングはトンカツで、なかなか肉厚でボリュームがあった。
夕食後も外は雨でやることもないから、しばらく食堂で読書をし、20時過ぎに就寝した。

8月16日
下山する日も天気は小雨模様。
時間はたっぷりあるので、ゆったりと準備して出発する。
これから白馬岳方面に向かう人も多いようだ。

白馬大池のふちを歩き、白馬乗鞍岳へ進む。
山頂は登山道から離れたところにあるが、植生保護のため、そこには行けない。
仮のピークで一休みし、小さな雪渓を渡り、“ゴーロ”な道を下っていく。
濡れていて転倒に注意するところだけど、幸いにフリクションがいい岩質なので、
転ぶことはなかった。
さらに下ると「天狗原」の湿原に出た。
ここからは木道もあり、しばらくは歩きやすい。
休憩を取りつつ、栂池自然園へと歩く。
自然園の手前の道はかなりのドロンコ道で、この辺りは今日一番の悪路だった。

自然園には10時23分に到着。
せっかくなので、ビジターセンターで入園料を払い、湿原を散策した。
さらに、せっかくなので、利用誓約書にサインして館内のクライミングウォールで
精力的に登った。
それまでの天気のうっ憤を晴らすかのように。
設定課題の10手ほどの5.10bとか5.11aとか、自分で課題を作って、家族全員で1時間近くも打ち込んでしまった(汗)。

あとはロープウェイとゴンドラを乗り継いで、栂池高原スキー場の最下部まで一気に下りる。
タクシーで八方に戻り、「八方の湯」で汗を流した。
下山後の温泉は最高だ。
この温泉、やはり山帰りの人が多い。
湯上りのブランドもののTシャツですぐにわかる。
ワシは「ボラーレ・エスカラーダ」のTシャツだったけど、山関係とは誰も気付かなかっただろうな。

帰りは安曇野ICまで国道を走り、ここから高速へ。
特に渋滞もなく、午前0時50ごろに自宅へ帰還した。
訪問者数:152人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/18
投稿数: 2
2017/8/26 18:36
 無題
FBでも拝見しましたが、素晴らしい山行報告(記録)ですね。勉強になります。
登録日: 2016/1/27
投稿数: 1
2017/8/28 12:09
 Re: 無題
FBもヤマレコもコメントありがとうございます。私も写真が好きでデジタル一眼をかついでいたのですが、最近は体力低下を感じて、ここ2年の夏山はコンパクトデジカメです。八方池の写真、拝見しました。絶景に遭遇したときの心情、よくわかります。谷川岳もいつか行ってみたいです。お互いに、いい山行ができるといいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ