また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1248027 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

日本トップ3を1ケ月で制覇‼@北岳

日程 2017年09月02日(土) 〜 2017年09月03日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲府駅南口のバス乗場1番より、広河原行きの登山バス運行。往路だけでなく帰路もバスの待ち時間が2時間と長くなる場合もありますので、事前にインターネットなどでバス時刻を確認しておいて、計画として組み込んでおくと良いでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間47分
休憩
0分
合計
1時間47分
S広河原インフォメーションセンター14:0514:24白根御池分岐15:52白根御池小屋
2日目
山行
6時間24分
休憩
1時間17分
合計
7時間41分
白根御池小屋03:3505:10小太郎山分岐点05:2005:45北岳肩ノ小屋05:5906:33北岳07:0407:18吊尾根分岐点07:52八本歯のコル09:25大樺沢二俣09:4711:00白根御池分岐点11:16広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2017.09.02(SAT)

10:02 甲府着
12:05 甲府駅発 路線バス
14:00 広河原着
14:05 広河原インフォメーションセンター発、トイレ
14:24 白根御池分岐
14:48 第1ベンチ通過
15:11 第2ベンチ着、行動食、水分補給
15:16 第2ベンチ発
15:52 白根御池小屋着
18:30-19:30 山崎泰之さん 篠笛コンサート
20:00 消灯

2017.09.03(SUN)

03:00 起床、トイレ、食事
03:35 白根御池小屋発
05:10 小太郎山分岐点よりご来光
05:11 日の出
05:20 小太郎山分岐点発
05:45 北岳肩ノ小屋着、朝食、休憩
05:59 北岳肩ノ小屋発
06:33 北岳着
07:04 北岳発
07:18 吊尾根分岐点
07:52 八本歯のコル
09:25-09:47 昼食、水分補給、休憩@大樺沢二俣
09:47 大樺沢二俣発
11:00 白根御池分岐点
11:16 広河原インフォメーションセンター着、水分補給、休憩、広河原インフォメーションセンター見学
13:00 広河原発 路線バス
15:00 甲府駅着
コース状況/
危険箇所等
1、熊の目撃情報が、広河原インフォメーションセンター入口や白根御池小屋内に貼り出されていました。過去の目撃場所を事前に確認し、ルート上で、見通しの悪い場所、沢や川など音の聞きづらい場所、熊の活動時間の朝方や夕方で、特に気づきにくい状況・見辛い状況の夜明けや夕方の行動時には、十分ご注意下さい。熊スプレーを持っておいた方が良いかも知れません。参考までに、目撃情報の詳細については、アップしている写真でご確認下さい。

2、北岳山荘へのトラバース道は、落石の恐れのため、9月1日からしばらく通行止めになっています。

3、白根御池小屋分岐から稜線を登り切るまでが樹林帯の中で急登。所々で砂・砂利だけでステップのない滑りやすい箇所あり。

4、大樺沢二俣から下りで、左岸崩壊のため右岸に迂回路となっているが、登山道の大部分に少し水が流れているため、岩が濡れていたり、泥状態になっているため、滑りやすくなっていますので、ご注意下さい。泥水跳ねで少し裾が汚れるため、ゲイターを装着する方が良いでしょう。
その他周辺情報桃の木温泉、甲府駅周辺には、モスバーガー、ロッテリア、スターバックス、タリーズ、吉野家などあります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ グローブ(GORE•TEX) 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子(GORE•TEX) 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション スポーツドリンク2L THERMOS500ml(アイスコーヒー) 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 モバイルバッテリー ソーラーモバイルバッテリー 時計 サングラス タオル ストック ナイフ ヘルメット 熊鈴
備考 ストック, 熊鈴, ゲイター

写真

甲府駅に到着!南口ロータリー脇にある武田信玄の像です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府駅に到着!南口ロータリー脇にある武田信玄の像です。
まずは登山バスのバス停と時刻表を確認。予定通り2時間待ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは登山バスのバス停と時刻表を確認。予定通り2時間待ち。
待ち時間の間に、軽食を済ませ、武田信玄の像と記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ち時間の間に、軽食を済ませ、武田信玄の像と記念撮影。
広河原に14時到着。まず、インフォメーションセンターにトイレ休憩に向かう。出入口のドアに熊目撃情報の貼り紙。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原に14時到着。まず、インフォメーションセンターにトイレ休憩に向かう。出入口のドアに熊目撃情報の貼り紙。
さあ、橋を渡って、登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、橋を渡って、登山道へ。
広河原山荘前のテントサイト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘前のテントサイト。
さあ、出発です。白根御池小屋到着が遅くならないように時間を意識して歩き始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、出発です。白根御池小屋到着が遅くならないように時間を意識して歩き始めます。
ミヤマシシウド(深山猪独活)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウド(深山猪独活)?
イワギキョウ(岩桔梗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(岩桔梗)
このような樹林帯の中をひたすら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような樹林帯の中をひたすら登ります。
ヤマハハコ(山母子)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ(山母子)?
時々、樹林帯の隙間から、このような景色が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、樹林帯の隙間から、このような景色が見えます。
白根御池小屋まで20分。この標識を見て一安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋まで20分。この標識を見て一安心。
シモツケソウ(下野草)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウ(下野草)?
ヨツバビヨドリ(四葉鵯)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバビヨドリ(四葉鵯)?
シラネニンジン(白根人参)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネニンジン(白根人参)?
キソアザミ(木曽薊)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キソアザミ(木曽薊)
白根御池小屋手前で大きなキノコ発見。何やら大きな音が聞こえて来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋手前で大きなキノコ発見。何やら大きな音が聞こえて来ます。
小屋では何かの準備をしていたようですが、後でコンサートの準備と知ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋では何かの準備をしていたようですが、後でコンサートの準備と知ります。
白根御池小屋に到着。広河原インフォメーションセンターより1時間50分で到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根御池小屋に到着。広河原インフォメーションセンターより1時間50分で到着です。
夕食は早い組の16時半からご飯とお味噌汁はお代わり自由です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は早い組の16時半からご飯とお味噌汁はお代わり自由です。
夕食後は、まずは明日のルート標識の下見に。小屋のすぐ近くにある白根御池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食後は、まずは明日のルート標識の下見に。小屋のすぐ近くにある白根御池。
はい、すぐにルート標識を発見。これで、明日は夜中出発しても、入口まで迷わず行けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、すぐにルート標識を発見。これで、明日は夜中出発しても、入口まで迷わず行けます。
池のほとりには登山者が読書中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池のほとりには登山者が読書中。
小屋から見える地蔵ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から見える地蔵ヶ岳。
山崎泰之さんの篠笛コンサート。大自然の中、きれいな星空の下、澄んだ篠笛の音色で素晴らしい曲が山に響き渡り、心洗われた1時間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山崎泰之さんの篠笛コンサート。大自然の中、きれいな星空の下、澄んだ篠笛の音色で素晴らしい曲が山に響き渡り、心洗われた1時間でした。
登山客も加わり即興。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山客も加わり即興。
3時半に出発。真っ暗です。ひたすら九十九折りの岩道を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3時半に出発。真っ暗です。ひたすら九十九折りの岩道を登ります。
東の上空には金星が輝いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の上空には金星が輝いている。
少し明るくなってきた稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきた稜線。
退屈なので、ヘッドライトでお花をライトアップ。心が和む。紫色がキタダケトリカブト(北岳鳥兜)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
退屈なので、ヘッドライトでお花をライトアップ。心が和む。紫色がキタダケトリカブト(北岳鳥兜)。
次第に東の空が明るさを増してきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に東の空が明るさを増してきました。
お花のライトアップその2。シロバナサンプクリンドウ(白花三伏竜胆)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花のライトアップその2。シロバナサンプクリンドウ(白花三伏竜胆)
お花のライトアップその3。夜明けまじかのハクサンフウロ(白山風露)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花のライトアップその3。夜明けまじかのハクサンフウロ(白山風露)。
尾根でご来光を見たい。何とか間に合いそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根でご来光を見たい。何とか間に合いそう。
登り切りました。小太郎山分岐点に到着。山頂方面。この尾根上からご来光タイムを迎えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切りました。小太郎山分岐点に到着。山頂方面。この尾根上からご来光タイムを迎えます。
ちょうどご来光が始まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどご来光が始まりました。
頭を出し始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭を出し始めました。
周りに登山者はまったくいません。8月4日〜5日で登った富士山を背景に自撮り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りに登山者はまったくいません。8月4日〜5日で登った富士山を背景に自撮り。
完全に姿を現しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に姿を現しました。
富士山のアップ。富士山モルゲンロート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。富士山モルゲンロート。
北岳モルゲンロート。いい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳モルゲンロート。いい感じです。
イワツメクサ(岩爪草)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ(岩爪草)
左側がコバノコゴメグサ(小葉の小米草)、別名ヒメノコゴメグサ(姫の小米草)。右側がトウヤクリンドウ(当薬竜胆)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側がコバノコゴメグサ(小葉の小米草)、別名ヒメノコゴメグサ(姫の小米草)。右側がトウヤクリンドウ(当薬竜胆)
北岳の肩、標高3,000m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の肩、標高3,000m
北岳肩ノ小屋を背景に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳肩ノ小屋を背景に。
影北岳とブロッケン現象
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影北岳とブロッケン現象
北アルプスを背景に、影北岳とブロッケン現象。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスを背景に、影北岳とブロッケン現象。
最初のピークは山頂ではないのでスルーし、山頂との間にあるもう一つのピークに登り、最初のピークを撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピークは山頂ではないのでスルーし、山頂との間にあるもう一つのピークに登り、最初のピークを撮影。
振り返って、山頂を撮影。平坦で広い山頂です。すでに多くの登山者。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、山頂を撮影。平坦で広い山頂です。すでに多くの登山者。
北岳に到着!この瞬間、1ケ月以内に日本のトップ3の頂を制覇‼ 達成感を噛みしめ、いつものポーズ、全身で表現!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳に到着!この瞬間、1ケ月以内に日本のトップ3の頂を制覇‼ 達成感を噛みしめ、いつものポーズ、全身で表現!
白峰三山縦走にして行きたかった間ノ岳、農鳥岳を背景に。またいつの日か来ますから、待ってて下さいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山縦走にして行きたかった間ノ岳、農鳥岳を背景に。またいつの日か来ますから、待ってて下さいね。
晴天で富士山が明瞭に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天で富士山が明瞭に見えます。
富士山のアップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。
最高の晴天で、北アルプスがくっきりと見えます。中央アルプス、八ヶ岳、富士山も、ぜ〜んぶ、くっきりと見えましたよ。感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の晴天で、北アルプスがくっきりと見えます。中央アルプス、八ヶ岳、富士山も、ぜ〜んぶ、くっきりと見えましたよ。感謝。
仙丈ヶ岳を背景に百名山標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳を背景に百名山標識
山頂が混み合ってるので、早めに下山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が混み合ってるので、早めに下山開始です。
吊尾根分岐点に到着、ここから八本歯のコル経由で広河原を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐点に到着、ここから八本歯のコル経由で広河原を目指します。
ガレ場を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を下ります。
ガレ場の途中、振り返って吊尾根分岐点をのぞむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場の途中、振り返って吊尾根分岐点をのぞむ。
右側の薄紫がサンプクリンドウ(三伏竜胆)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の薄紫がサンプクリンドウ(三伏竜胆)
イワベンケイ(岩弁慶)の雌株?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワベンケイ(岩弁慶)の雌株?
北岳山荘、中白根山、間ノ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘、中白根山、間ノ岳。
雲上の頂、富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上の頂、富士山。
タカネナナカマド(高嶺七竈)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナナカマド(高嶺七竈)
急斜面の木製階段を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の木製階段を下ります。
北岳バットレス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳バットレス。
北岳バットレス。引いて撮影。こんな壁を登ってる...。左側中程。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳バットレス。引いて撮影。こんな壁を登ってる...。左側中程。
携帯電話から緊急速報の大きな音が鳴り響きました。地震かと思いびっくりしましたが、防災訓練で良かったです。周りの下山者の携帯電話はまったく鳴っていない...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯電話から緊急速報の大きな音が鳴り響きました。地震かと思いびっくりしましたが、防災訓練で良かったです。周りの下山者の携帯電話はまったく鳴っていない...。
階段をゆっくり下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段をゆっくり下ります。
北岳バットレス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳バットレス。
北岳バットレスのアップ。中程にクライマーがいます。カッコいいです。しかし、こんな所で本当に地震があり落石があると、非常に危険ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳バットレスのアップ。中程にクライマーがいます。カッコいいです。しかし、こんな所で本当に地震があり落石があると、非常に危険ですね。
ヤマガラシ(山芥子)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマガラシ(山芥子)
ミヤママンネングサ(深山万年草)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤママンネングサ(深山万年草)
タカネナデシコ(高嶺撫子)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ(高嶺撫子)
雪渓を背景に主役は、タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を背景に主役は、タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)。
雪渓の上には、所々大きな落石が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の上には、所々大きな落石が。
イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ(伊吹虎の尾)
ホウオウシャジン(鳳凰沙参)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホウオウシャジン(鳳凰沙参)
後ろにバイオトイレ。もちろん有料です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろにバイオトイレ。もちろん有料です。
サラシナショウマ(晒菜升麻)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ(晒菜升麻)
キタダケトリカブト(北岳鳥兜)?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キタダケトリカブト(北岳鳥兜)?
左岸崩壊地。下山時は、ここを避けて右岸迂回路となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸崩壊地。下山時は、ここを避けて右岸迂回路となります。
この橋で右岸迂回路から左岸に戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋で右岸迂回路から左岸に戻ります。
フジアザミ(富士薊)。こんなところにポツンと巨大な花。初めて見て、その大きさに驚きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジアザミ(富士薊)。こんなところにポツンと巨大な花。初めて見て、その大きさに驚きました。
フジアザミ(富士薊)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジアザミ(富士薊)
分岐点に戻って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点に戻って来ました。
白峰三山は、昔は白根三山と書いたんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山は、昔は白根三山と書いたんですね。
この橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡ります。
広河原山荘のテントサイト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原山荘のテントサイト。
橋の上から撮影。広河原インフォメーションセンターが見えます。あと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上から撮影。広河原インフォメーションセンターが見えます。あと少し。
ドアに貼り出された熊目撃情報。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドアに貼り出された熊目撃情報。
バス停に向かい、まずはザックを置いて順番キープ。一番乗りです。バス出発まで1時間45分もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停に向かい、まずはザックを置いて順番キープ。一番乗りです。バス出発まで1時間45分もあります。
休憩を兼ねて、広河原インフォメーションセンター見学に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩を兼ねて、広河原インフォメーションセンター見学に。
登山道情報と熊目撃情報。出発前に2Fで確認すると良いと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道情報と熊目撃情報。出発前に2Fで確認すると良いと思います。
熊の活動サイクル。これから秋は冬眠に向けて活動が活発になります。注意しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の活動サイクル。これから秋は冬眠に向けて活動が活発になります。注意しましょう。
音とニオイに敏感で足も速い。朝方、夕方に活動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音とニオイに敏感で足も速い。朝方、夕方に活動。
周りの環境に注意しながら、音やニオイの変化を意識しながら、登りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの環境に注意しながら、音やニオイの変化を意識しながら、登りましょう。
熊を見ても近づかない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊を見ても近づかない。
出会ってしまったら、目を離さずにゆっくり離れる。熊スプレーがあるといざという時に便利。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出会ってしまったら、目を離さずにゆっくり離れる。熊スプレーがあるといざという時に便利。
ツキノワグマは、南アルプス全般に生息しています。
熊について、勉強が出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツキノワグマは、南アルプス全般に生息しています。
熊について、勉強が出来ました。

感想/記録

初めての南アルプス。

今まで行こうとしても、タイミングがなかなか合わずに行けませんでした。1ケ月前に9月中旬に白峰三山縦走の計画を立てていたのですが、年休の許可がもらえず、あきらめていました。そんな中、10月異動の内示があり、何とか行こうという思いが再燃。白峰三山縦走計画から変更、週末2日間で名古屋から北岳アタック。8月5日に富士山、8月26日に奥穂高岳、この1ケ月の間に、日本のトップ3の頂を制覇しました。

甲府駅に到着。広河原行きのバスが来るまで予定通り2時間潰すことに。まあ、バスの待ち時間の長かったこと...。

広河原に14時到着。白根御池小屋分岐から樹林帯の急登が結構キツく、汗が止まりませんでした。1時間50分程で白根御池小屋に着くことが出来ました。

小屋で受付を済ますと、登山靴を入れる大きなビニール袋とハンガーを頂き、玄関脇にある乾燥室を紹介頂きました。なんと親切な心配り。疲れなど忘れてしまいました。早めの夕食の後は小屋周辺を散策、明日のルート標識を確認しに行きました。

当日は、篠笛奏者の山崎泰之さんのコンサートが1時間ありました。今回で6回目とのこと。「東京ノスタルジー」で始まり、白根御池小屋のテーマ曲「空山一路」、「愛燦燦」、TSUBASAなどのオリジナル曲、ティンホイッスルで「タイタニック」、登山客も参加しての即興など、約10曲が演奏されましたが、あっという間の1時間でした。大自然の中、きれいな星空の下、澄んだ篠笛の音色で素晴らしい曲が山に響き渡り、心洗われた1時間でした。奏者の山崎泰之さん、白根御池小屋ご夫妻並びにスタッフの方々、本当にありがとうございました。

小屋は女性スタッフが多く、南アルプスのお水が無料で頂け、早朝出発登山者に対して、温かいお茶をポットで用意しているなど、本当に心配りの素晴らしい小屋です。

部屋は、チングルマという部屋で、同年代のクライマーのお二人と会話が弾みました。明日は北岳バットレスを登られるとのことでした。

翌朝、3時半過ぎに小屋を出発。山頂でのご来光タイムとしたくて本当は1時に出発しようと思っていたのですが、そんなに早く出発する人はいませんよ、早くても2時か3時出発ですと聞いたので、アドバイス通り予定を遅らせて出発、汗をかかないようにスローペースで小太郎山分岐点まで登りました。

熊情報が広河原インフォメーションセンターと白根御池小屋に貼り出されていましたので、熊と遭遇しないかだけが心配でした。熊鈴は装着はしましたが、結局鳴らしませんでした。寝てるのを起こして、活動されても困るので、ストックを片方だけ石突きカバーを外して、耳を澄ませて周りの音やニオイに変化がないかなど、注意を払いながら歩きました。
途中で、ガォーと鳴き声が聞こえましたが、それが熊なのか何の動物の鳴き声なのかは、今でもわかりませんが、その鳴き声を聞いてからは、一層注意深く、つづら折りの道をゆっくり登りました。

何とかご来光タイムまでに稜線に出ることが出来ました。富士山とご来光をセットで見ることが出来ました。神々しく、清々しい充実したひと時でした。

山頂はすでに多くの登山者でにぎわっていました。おそらく全員、北岳肩の小屋か北岳山荘宿泊者でしょう。当日は快晴で、富士山、北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳など全部をくっきりと一望出来ました。

今回の北岳登頂で、1ケ月以内に日本のトップ3の頂を制覇することが出来ました。

広河原では、バス出発まで1時間近くあったので、広河原インフォメーションセンターの2階で熊についての勉強をしました。

10月には登山者には便利な名古屋を離れ大阪に戻りますが、機会があれば、白根御池小屋には篠笛コンサートの日にまた行きたいと思います。
訪問者数:75人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ